Category : 外交
181024-1-001.jpg

なぜ日本人はアメリカ人を恨まないの?なのに、なぜ中国人はアメリカ人も恨むんだ?

中国人が日本人を恨むのは理解できる。
ずっと前に中国を侵略して、中国に大きな損害を与えたからね。
でもアメリカも日本には手を緩めなかったし、原爆も落としたんだ。
それなのに何十年も経って、どうして日本人はアメリカ人を恨まなくなったんだ?
日本はどうして恨みを表に出さないようになったんだ?
第二次大戦期、アメリカは全世界の反ファシズムに対する戦争で貢献をし、その功績は言うまでもない。
中国の抗日戦争への援助も非常に大きかった。
例えばアメリカ義勇軍なんかもね。
それから数十年が経ち、中国に対して外科手術をするように核で威嚇をしていたソ連を破り、中国と国交を樹立し、中国の発展を手助けし、国際的な地位の向上や、常任理事国入りも推薦、先端技術も提供してくれた。
どこを探してもこんな友人はいないのに、何故中国人はアメリカを罵りたがるんだ?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180808-1-001.jpg

本当に日本に対し強硬政策をとる必要があるのか?

最近、色んな方面から中日関係改善の声が聞かれる。
だが多くの人はやはり反対している。
ほとんどの人は中日関係の悪化の責任は日本側にあると考えている。
「だから日本が中国に向けて実質的に譲歩し、真に反華政策を変える前に、中国は譲歩してはならない。
でなければメンツでも負けて、日本の政治家に悪い暗示を与えることになる」と。

だがそうだろうか。
中国なら平和友好のために譲歩できるだろ?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180524-1-001.jpg

日米貿易戦争勃発でついに日米決別か?

日本がアメリカへの対抗措置として450億円の関税引上げ検討

3月初旬、アメリカのトランプ大統領は鉄鋼とアルミニウムに高関税を課す措置を取り、関係各国は深い傷を負い、撤回して欲しいと考えている。
そのうち、アメリカと最も親密な関係にある日本は、関税による報復が世界の自由貿易体系を崩すかもしれないと考えつつも、アメリカに対し圧力を与える構えだ。恥ずかしいことに、日本だけが高関税の適用を除外されていない状況にある。日本はアメリカに対し、報復としての関税を検討中だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180520-2-001.jpg

中日関係に改善の兆し、前途は明るいか?

隣国間ではやはり友好的であるべきだ、それが人類の運命をも左右すると言ってもいい。中日関係が改善されることで、未来のより良い共同体が作られることにもなるだろう。


【中日韓が協力してアメリカの貿易政策に対抗】
中日が10の文書に署名。海空緊急発進、コメの対華輸出、映画共同制作協定などを含む協議である。中日は地震の被災地の農産物の輸出再開について討論を進めた。署名した協定の中でも社会保障協定が重要で、外務省によれば約47万人の在日華人が利益を受けることになるという。日本での労働が5年以内の中国人は日本の年金制度に強制加入することなく中国の養老年金にのみ加入できるようになる。二重払いが防止される形だ。映画共同制作については、中日の政府が共同制作を認可し、両国が国産の映画と同じ待遇を受けられるようにし、日本の映画が容易に中国市場に入っていけるようにするものだ。

李克強「安倍首相を正式に中国に招待する。」
安倍首相「年内には中国を訪問したい。」




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180515-1-000.jpg

数日前の中日韓首脳会談について

数日前に李克強総理が日本で日韓の首脳たちと経済の共通認識について確認したようだ。李総理は北海道のトヨタ自動車の展示会を参観したが、東アジア三国は団結すべきなのだろうか?商務部も日本といくつかの協議を行ったが、これは釣魚島返還があり得るのだろうか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

180201-1-001.jpg

河野外相が中国外務省の華春瑩との自撮りツーショットを公開!!!

中国外務省の華春瑩副報道局長が、河野太郎外相のツイッターで満面の笑顔を披露し、話題になっている。

華氏は記者会見で硬い表情で中国政府の公式見解を繰り返すことで知られ、最近表情を崩したのは、パンダをめぐる答弁の勘違いを指摘されたときぐらいだ。

河野氏は2018年1月27日から28日にかけて中国・北京を訪問し、王毅外相、楊潔チ国務委員、李克強首相らと会談。関係改善に向けた意見交換を行ったり、中国の潜水艦と軍艦が尖閣諸島の接続水域を通過した事案について再発防止を求めたりした。
河野氏が外相として訪中するのは初めてだ。

河野氏は帰国直後の1月29日朝、「中国の有名な女性と!」の英語の説明とともに、華氏とツーショット写真をツイッターの英語アカウントに投稿。
1800件ほどリツイートされた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

171005-1-001.jpg

今の世界は平和に向かっているのか、それとも戦争に向かっているのか?

私は戦争に向かっていると思う。
どこの国も多くの軍事演習や新兵器の研究開発しているし、外交官の口調もどんどん強気になっている。
日本は平和憲法を変えようとしているけど、これは絶対に良い流れじゃない。
先見性のある政治家は絶対にこれに対して警告し続けなければならない。
各国の庶民は更に気を付けなければならない。
政治家が戦争を起こしても、最後は庶民が埋め合わせをしないといけないからだ。
みんな声を上げよう。
事態が取り返しのつかない状態になり後悔しないように。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170814-1-001.jpg

170814-1-002.jpg

中国空軍司令官、日本の防衛白書に反発「日本海は日本の海ではない」

2017年8月10日、中国空軍の馬暁天(マー・シャオティエン)司令官(空軍上将)は、日本が2017年版の防衛白書で中国の東・南シナ海での活動の拡大に懸念を示し、中国海軍艦艇と爆撃機などが今年1月に日本海で共同訓練を実施したことを踏まえ、今後、日本海での活動が強まると予測したことについて、「日本海は日本の海ではない」と述べ反発した。環球網が伝えた。

馬司令官は吉林省長春で記者団に対し「目下、中国空軍の日本海での活動は多い方ではない。日本は話を誇張している」とした上で、「日本海は日本の海ではない」と強調。
「中国の海上での訓練は必ず行わなければならないものだ。中国空軍はずっと地上にとどまっていることはあり得ない」と述べた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170803-1-001.jpg

世界各国の中国への好感度。ベトナムと日本が世界で最も我々を嫌っている

アメリカの調査会社が「世界38カ国41,953人に聞いた中国への好感度ランキング」を発表した。

調査結果では、世界の47%の人が中国に好感を持っていた。
アフリカ人からの支持率が最も高く、59%であった。
アジア太平洋地区では、両極端な結果となった。
オーストラリア人からの支持率は過去最高だったが、韓国人からの支持率は過去最低だった。
日本人とベトナム人からの支持率は15%程度と低かった。

「どの国が世界一の経済大国だと思いますか?」という問いには、42%の人がアメリカと答え、32%の人が中国と答えた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです