Category : 外交
170319-1-001.png

みんなが注視する中日関係問題

他の同じようなスレを見てもみんなのレスを読んでると笑いが出てくる。
たしかに中日は今いい関係ではない。
だがみんなは責任を日本とアメリカに押しつけているだけだ。
特に安倍に対しては顕著。
これは笑うしかないだろう。
やはり中国人はこんなもんだな。
他人にばかり問題があると考え自分の問題としては捉えず、同じようなスレが本当に多すぎる。
そして中日友好の障害となる大きな原因は我々のメディアだ。
今のニュースメディアは十中八九日本の悪いところを風刺するような語気で報道する。
そしてこれらのメディアが誰のコントロールを受けているか・・・
上層部は中日友好を望んでいないということだ。
他者を責めることばかりで・・・





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170318-1-001.jpg

日本人「新しいご主人に媚びを売る日本より、中国こそ米国と平等の関係で付き合っている」

日本では、大手マスコミ各社が米中の首脳会談について報道した。
産経新聞は、トランプが習近平を招待しているフロリダ州にある別荘は、かつて安倍晋三をもてなす時使う場所であることを協調した。
「安倍総理の時と違って、トランプは習近平をゴルフに誘うことはないだろう」とコメントした。
それに対して、日本ヤフーの掲示板にこんなコメントがあった。

「新しいご主人に媚びを売る日本より、中国こそ米国と平等の関係で付き合っている」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161212-1-001.jpg

安倍がプーチンからの手紙を受け取る 日ロ領土問題は一度で解決するのは難しい

日本メディアの報道によれば、今月5日、日本の安部晋三首相は政府与党連絡会議で北方領土問題を含む日露平和条約締結について、「一度の会談で解決できるほど簡単な問題ではないが、信頼関係を一歩ずつ着実に前に進めていきたい。」と語った。

その前に、安倍首相は官邸で外務大臣岸田文雄からプーチンからの親書を受け取っている。

報道では、岸田は安倍に対しプーチンらとの会談の結果を報告。安倍は「努力を続けてください」と、岸田の15日、16日の日ロ首脳会談を最終段階の準備と協調に向かわせることを要求した。安倍は岸田の報告と親書の内容を基礎に問題の解決が容易ではないと語り、領土問題が「進展の難しい段階にある」ことを反映していた。

安倍は連絡会議で首脳会談を強調し「15日に山口県でプーチンを迎え、腹を割って討論し、平和条約締結談判の進展があることを望む」と語った。

岸田は1日ロシアへ赴き、首脳会談の前に北方領土問題と平和条約締結談判の進展につとめた。プーチン、ロシアの外相ラブロフと会談後4日に帰国した。

日本の内閣官房長官菅義偉は5日の記者会見で日露外長会談について「平和条約締結問題についての深い討論に入っている。」と語った。

会談後の連合記者会で安倍がプーチンに対し北方四島について「共同経済活動」を提案したことは、菅義偉は「この件の性質に照らし、首脳会談の具体的交渉についてはノーコメントである」と述べた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161207-1-001.jpg

中国が何をしたというのか?日米が中国を「挟み撃ち」

日本の財務省の最近の発表によれば、日本は中国等5カ国への関税優遇措置を取りやめるつもりのようだ、そしてアメリカの新大統領トランプ氏が選挙期間中にも「中国製品への関税を45%増加する」と繰り返し強調していた。簡単に言えば、日本とアメリカが「歩調を合わせて」中国輸入商品への関税を高めようとしているのだ、一体中国が何をしたというのだろうか?


いわゆる関税優遇とは、一国が他国に対し、一部の国が別の国の全部あるいは部分的な商品の輸入について、免税などの優遇措置をとることで他国が関税制度を免れることができるものである。日本では、この制度は日本政府の開発援助等と同じで、途上国経済の発展促進、対象国へのほとんどすべとの化学品等の関税免除(平均3%以上)を行っている。

アメリカの新大統領トランプ氏は選挙期間中にも中国の対米輸出の動向を指摘し、「45%の関税をかける」と繰り返し強調していた。貿易相手国のレート操作を攻撃するという主張も提唱していた。彼は選挙の際に、大統領になったら中国がレート操作国であると認定し、中国からの輸入商品に対し45%の関税をかけると主張していた。もしアメリカが中国から45%の関税をとったなら、中国も同様にアメリカへの関税を高めるのだ、そうすれば双方が傷を負い、双方の輸出が縮小し、物価は上昇するだろう。

中米日はすべて世界の貿易大国だ、今の世界経済の復活発展はみんなで協力して努力しないことには実現できない、なぜ日米はそんな時に関税問題で「対華包囲」を行うのだろうか?


161207-1-002.jpg

米日がどのように中国を「包囲」しようと、中国は発展をその状況に任せることはない、積極的に色んな関係を処理し、もし日米が本当に中国への包囲を奨めたなら、中国は反撃の政策を打ち出すだろう。それ以外に、中国は積極的に一路一帯を推し進め、新興市場でのシェアを拡げていくだろう。

12月11日、中国はWTOに加入して15周年だ、中国への「市場経済国」としての待遇、そしてその後の輸出拡大を希望する!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161027-1-001.jpg

日本 フィリピンに5000万ドルの援助金、中国は240億ドルを投資

「日本、フィリピンへの経済援助に意欲」 日本メディア:中国が先に行動したため、日本の好意が受け取られるとは限らない

BBCによると、安倍晋三日本首相はドゥトルテ フィリピン大統領との会談で、50億円の援助金を約束するつもりだそうだ。
ただし、フィリピンは中国からも250億ドルの投資を受け取る見込みが大きいとのことです。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161025-2-001.jpg

日本が発狂、フィリピンに南シナ海仲裁裁判を守るよう呼びかける

中国 「日本は世間知らず」

中国とフィリピンが南シナ海の領有権争いを「一時棚上げできる」で一致した。「日本政府は南シナ海仲裁裁判の結果を尊重するようフィリピンに呼びかけている。

(共同通信)菅官房長官は記者会見で、「フィリピンは地域の重要な戦略的パートナーであり、この機会をとらえて、フィリピンとの間で、戦略的パートナーシップの一層の進展に向けて、しっかり取り組んでいきたい…、フィリピンは地域の重要な戦略的パートナーであり、この機会をとらえて、フィリピンとの間で、戦略的パートナーシップの一層の進展に向けて、しっかり取り組んでいきたい
などと述べました。それに対して、中国外務省の報道官は記者会見で、日本は直ちに関係国を離間させるような発言をやめるよう促した。

中国外交部報道官:「日本政府の言動について、「世間知らず」としか言いようがありません。南シナ海問題を対話で解決することに一致することは、中比両国国民の利益に適うもので、地域の安定と平和にも有益だ。日本政府は「地域の安定と言いながら、それが本当に実現しようとするとなぜか焦りを感じ始めた。日本がこれ以上南シナ海問題に介入するような行動をやめていただきたい。現状をしっかり認識できる人なら日本の本当の意図に気づいたはずです。日本がこれ以上、関係各国を離間させるような言動をやめ、地域の平和にも建設的な役割を果たすよう求める。」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160817-1-001.jpg

日本が反省しないのはアメリカが背後にいるからだ

日本の極右勢力は大戦でなぜ勝てなかったのかを反省しているが、侵略したことについては反省していない。
彼らは侵略の歴史を美化し続け、国際秩序を挑発し、隣国の一般人の神経を逆撫でしている。
しかし、アメリカが日本の背後にいるおかげで、中国は日本に強く出られない。
こういった挑発の目的は我々の怒りを煽ることだ。
日本への破壊事件でも起これば、彼らはそれを利用して自分たちの政治目的を達成しようとするだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160804-1-001.jpg

何故みんながあんな小さな日本を恐れているのか

日本の国土は小さいが、経済と軍事力は大きい。この点は第二次世界大戦で実証済みだ。
工業技術と経済においては日本にかなり勝っていたアメリカも、軍事力の面では負けていた。
戦後から現在に至るまで、アメリカは日本のために平和憲法をつくり、日本が軍隊を持つ事を禁止している。アメリカはこのような手段を利用し、日本がまた人を傷つける事を防いでいる。

中国の軍事力はすでに世界一流である。アメリカとロシアに肩を並べるほどだ。日本の海軍のレベルは高く、将来的には4艘のF-35搭載小型航空母艦を所有するつもりだ。


160804-1-002.jpg

そして、日本は核兵器を造ろうと思えば造れる技術がある。必要であれば、短期間に1500発もの核爆弾を造れる実力がある。
もし日本の核所有が実現すれば、アメリカは日本をコントロールできなくなるだろう。
今の日本の右翼勢力は、戦後最大に盛り上がっている。日本の一挙手一投足は、国際社会とくにアジア各国は注目しておくべきだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160801-1-006.jpg

日本は中国を三番目の敵だと思っているらしいが、一番目と二番目の敵は誰だろう

1923年、当時の裕仁皇太子は22歳で、病気で亡くなった天皇に代わりその座について2年が経とうとしていた。このとき、重大な軍事戦略の問題に直面していた。大臣たちの意見は、彼をとても悩ませた。
2年前、アメリカ・イギリス・日本などの国が参加し、太平洋と東アジアの利権について話し合うワシントン会議が行われた。イギリス・アメリカ・日本の太平洋艦隊の比率は5:5:3となった。これの意味するところは、日本は戦勝国だが、海軍の軍事力を削減しなければならないという事だった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160729-1-001.png

日本との関係はこうすれば良くなると思う

日本との関係はずっと手を焼く問題だ。
どんなに中日関係を改善しても複雑な政治問題になってしまう。
この問題を解決するなら、中国側と日本側はこうすることはできないだろうか。

日本側は過去に中国に対して行った大罪を認め、中国への謝罪を世界に公表する。
中国側は抗日映画、ドラマの放送を止める。

歴史は逆流しない。
変えることもできない。
社会の発展、進歩は平和とは切り離せない。
だから我々は歴史を記憶し、歴史を反省し、過去の歴史を書物にして残し、教科書に記して人々の心に残すしかないのだ!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ