Category : 中国のニュース
170920-1-001.jpg

「スパイ容疑で日本人逮捕」中国紙報道 大連で5月に拘束の男性と同一人物か

中国遼寧省の日刊紙「大連日報」は18日、大連市国家安全局がスパイ活動に従事した疑いで取り調べていた日本人1人について同日、正式に逮捕されると報じた。
大連では5月に60代の日本人男性が拘束されており、同一人物の可能性もある。

同紙は拘束した日本人を「ビジネスマン」とし、実名も掲載した。
中国外務省の陸慷報道官は18日の記者会見で、報道に関して「関係部門が中国の国家安全に危害を加えた疑いのある日本人を調査している。領事協定に基づいて日本側に通報した」と述べた。
5月に拘束された男性と同じ人物なのかや、逮捕の真偽については言及しなかった。

北京の日本大使館によると、18日夕の時点で中国側から日本人を逮捕したとの通報はない。
ただ拘束と違って逮捕手続きでは連絡がないケースもあるという。

18日は満州事変の発端となった柳条湖事件から86周年にあたり、「逮捕」情報と関連付けて報じる中国メディアも目立つ。
治安当局が愛国心をあおるため、この日を選んで逮捕手続きに踏み切った可能性もある。

2015年以降、スパイ行為に関わったなどとして明確な情報公開もないまま中国当局に拘束された日本人は12人に上り、7月に解放された4人を除く8人が現在も拘束されている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170716-2-001.png

170716-2-002.jpg

日本人「ありがとう中国。そのまま死刑でお願いします」 中国で邦人35人拘束 振り込め詐欺容疑

振り込め詐欺事件を捜査していた日本の警察からの協力要請を受けて、中国の公安当局が、南部の福建省で日本人35人を詐欺の疑いで拘束していたことがわかりました。
複数の関係者によりますと、中国南部・福建省の公安当局から日本人35人を詐欺の疑いで拘束したと今月初めに日本政府に連絡があったということです。

拘束された日本人らは、千葉県で被害が確認された振り込め詐欺事件に関わり、電話をかける役回りを担っていた疑いがあるとして、日本の警察庁から中国の公安当局に対して、捜査協力を要請していたということです。

日本と中国の間には、容疑者の身柄を引き渡す条約がないため、35人の身柄の扱いは今後、中国当局が判断することになります。

振り込め詐欺をめぐっては、日本での摘発を逃れるため、中国など海外に拠点を設けて、電話をかけるケースもあることから、中国の公安当局による捜査で活動の実態の解明につながるのか注目されます。

これについて中国外務省の耿爽報道官は、12日の記者会見で、「6月30日に、35人の日本人を中国の地方の公安当局が詐欺の疑いで刑事拘留した」と述べて、日本人35人の拘束を認めました。

そして、「日中のあいだの領事協定にもとづき、すでに領事通報を行った」と述べて、日本側に通報済みであることを明らかにしましたが、事件の具体的な中身については、言及を避けました。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160710-1-001.jpg

香港人が“七七事変”記念日に日本領事館前で抗議活動

7月7日は“七七事変”の79周年記念日。つまり日本が侵略戦争を始めて79周年である。7月7日当日、香港のたくさんの団体が日本領事館前で抗議活動を行った。
民建連、工連会及び香港索償協会等、多数の団体の代表100人余りが日本領事館前でデモ活動。日本政府が中国侵略の歴史を認め、責任をとり、軍事拡張を止め、中国主権を尊重することを要求した。
香港には悲惨な三年八か月間の日本占領時期がある。香港人は一致団結し、日本の軍国主義復活を警戒しようと呼びかけている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160702-1-001.jpg

北京「毒運動場」の小学校が復帰 保護者は改善の効果を未だ疑問に思う

修繕を終えた元毒運動場が開放され、北京の二小白雲路分校は授業に復帰した。朝授業の前に、ある保護者が子供を連れずに来て、学校の環境整備の効果に疑問を持ち、学校を「考察」させるよう求めた。

朝7時過ぎ、白雲路小学校西門にある保護者と子供が北。校門の外から校内の舗装された地面が見え、元々あった運動場は緑に囲まれており、開放後の臭いは門の外からは嗅ぐことができなかった。

ある4年生の子供の保護者は自分だけで学校の情況を見に来ていた。運動場施工時にもの北が、作業員が運動場を黄土と砂で覆っているのを見かけ、昨晩は学校の外からタイヤのような臭いを嗅いだという、今日はその臭いはなかったが、運動場の具体的な開放の程度と、今後どうするかについては、学校側は明確に回答していないようだ。よって校内の空気に問題がないか確定するまでは、今後二週間、あるいは次の学期まで子供を登校させないという。


別の2年生の保護者は、運動場から異臭がしたことはなかったが、各教室内の空気が基準に達するものかどうかについてははっきりと答えなかった。更に記者に対し、子供の日の前後に学校を見に来たことがあるが、室内の空気は悪く、一週間前に家属委員会を通じてある会社に室内の空気を検査させたが、検査報告を受けていないという、ここから彼女は室内の空気の情況に疑いを持っている。

ある3年生の保護者は、運動場が開放されて満足だと言う、だが室内の空気の質については不満があるようだ。子供にはまず学校で授業を受けてみて状況をよく見るように言っている。「たくさん水を飲ませ、教室に異常はないか感じさせ、何人が授業に出ているかを見させる。」彼女が言うには、子供は既に二週間学校に来ていない。家でも自習はしているが、学校の環境で勉強をする必要があるようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160624-1-001.jpg

数百万人の集団が玉林犬肉祭に抗議

今月下旬、玉林で恒例の犬肉祭が挙行される、活動家たちは犬肉を消費するこの行為を阻止しようと考えている。記者たちは、動物の権利が中国でだんだん重視されるようになったと発表している。

中国では、もっと人道的に動物を扱うよう24名の活動家と犬たちが一緒に呼びかけている、彼らが玉林駐北京事務局に対し嘆願書を提出した。彼らは横断幕を広げ、上には彼らのペットの写真が、下には「私はあなたの晩餐ではない」という文字が書かれていた。

玉林犬肉祭りは6月21日に始まり、かなり多くの犬が屠殺され、人々のランチに変わるようだ。「ワシントンポスト」から引用したデータによれば、アジア全体で毎年3000万匹の犬が殺され食肉にされているという、そのうち中国が占める割合は三分の一である。犬肉祭の反対者たちが言うには、多くの犬が盗まれたものであり、捕まえてきた野良犬もいるという。屠殺の前に、多くの犬が狭い檻の中に押し込められるのだ。

新華社の報道によれば、中国、韓国やその他の国での犬肉食の歴史は4、500年前にさかのぼる、人々は犬肉を食べれば身体を冷やせると信じていたようだ。だが新華社によると、玉林犬肉祭は最近になって始まった祭りのようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160613-2-001.jpg

香港メディア:安倍首相は南京大虐殺80周年のときには南京に行くべき

香港の『南華早報』は、「日本は中国と友好的になりたいのなら、南京大虐殺80周年の際に安倍首相が南京に行くべき。そうすれば釣魚島の問題も収束する。」と報道。
両国は正式な国交があるが、関係が“平和的”とは言い難い。第二次世界大戦は70年前に正式に終了している。大西洋側では平和が続いているが、太平洋側では人々を不安にさせている。

近代以来、フランスとドイツは三回の戦争を行った。しかし、現在では両国とも良好な関係を築いている。ドイツは罪を認め、謝罪した。今ではドイツが悪かったと認めないドイツ人はいない。

日中も近代以来三回の戦争を行った。三回とも、日本は侵略者だった。日本は中国で虐殺を繰り返し、中国軍は日本本土の土を踏むことはなかった。

ドイツは罪を認めたが、日本は罪を認めない。前東京都知事の石原慎太郎みたいに、南京大虐殺を否定している。

共産主義の中国は、ヨーロッパのようにはいかないと言う人もいる。しかし、日本の政治や靖国参拝が当然の事だとは思わない。

安倍首相は真珠湾を訪問するべきだと言う人もいる。いいアイディアだが、重要性は低い。なぜなら、アメリカと日本はすでに良好な関係を築いているからだ。
日中友好のためには、来年の南京大虐殺80周年の際に、安倍首相が南京を訪れるべきである。それこそがアジアの平和を永遠のものにする重要な一歩となるのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160604-1-001.jpg

中国開発のガス田、10基目で炎確認…東シナ海

中国が東シナ海の日中中間線付近で開発を進めるガス田を巡り、日本政府が今年3月、中国の海上施設1基でガス生産の際に出る炎を確認していたことが分かった。

5月下旬には別の2基で施設が増設されていたことも確認した。

岸田外相は2日の閣議後記者会見で「一方的な開発は極めて遺憾だ」と述べ、外交ルートを通じて中国側に抗議したことを明らかにした。

外務省によると、中国の海上施設16基のうち、ガス生産の際に出る炎が確認されたのは10基目。増設した2基はこれまで土台部分しかなかったが、上部で構造物の建設が進んだ。

外務省は1日までに、同省ホームページに防衛省が提供した新たな航空写真を公開した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

160312-2-001.png

なぜ日本人は鯨を食べずにはいられないのか?

鯨を捕食するというのは日本の魚食文化に由来する、これは島国の地理的特性と歴史的選択による必然の結果だ。文書として現れたのは天武天皇(673~686)が頒布した肉食禁止令以来、明治時期に牛肉が解禁されるまで、千年ほど、日本民族はずっと魚介類を食べて生きてきた。海洋で最も大きな魚類-鯨、その高タンパク、低カロリーでおいしい肉は、島国の人民をとらえて離さなかった。

組織的な捕鯨産業が形成される前、日本はとっくに鯨肉を食用にしていた。旧石器時代の「貝塚」(人類が捨てた貝類魚類の食べ物のカス)の中、それに弥生時代の遺跡の中には小型の鯨の歯の化石が見つかっている。歴史上、日本は何度か宗教的な理由で「食肉」を禁止している、だが鯨は魚類として食用にされていた。「古事記」には「712年に神武天皇に鯨が供された」と記載されている。和歌山県の太地町は日本の捕鯨産業の発祥地とされている。1606年、人々は熊野灘の鯨を組織的に捕らえ始めた、同時に日本の捕鯨史の最初のページが始まった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151215-2-001.jpg

南京大虐殺国家公祭日 大学生がろうそくを寄せて悲しみを表す

各界で様々な形式の追悼、平和法会、ろうそく祭りなどの活動が行われ、30万人の被害同胞のために祈った。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

151213-2-001.jpg

GDPに騙されるな!2015世界革新企業に日本企業は世界一入っているが中国は一社もない

トムソン・ロイターが発表した「2015世界革新的企業TOP100」に日本企業は40社ランキング入りで世界一、2位はアメリカの35社。しかし中国は1社も入っていない。
中国メディアは日本の“失われた20年”を強調しているが、彼らは“未来への投資”をしているのだ。経済能力はGDPで見てはいけない。技術と企業の経営能力が重要。中国はこの点において遅れている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ