Archive
150529-4-1.jpg

日本の首相官邸HPの子供向け版に中国語版がある

日本の首相官邸のHPは、かわいいアニメを使い、子供たちにどうすれば首相になれるかを教えている。
日本人は子供のころから職業選択の自由を教育され、首相にもなれると説いている。
日本の学校の給食は最も安全で、学校バスは最も可愛い。
子どもは大切な祖国の花で、未来の大黒柱なのだ。
かつて、ネルソン・マンデラは「こどもたちにどう対応しているかで、その社会がわかる」と言った。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150529-3-1.jpg

日本は全世界の指導者を広島と長崎へ訪問するよう誘った。中国は聞き返した。いつ南京にくるか?

日本は広島と長崎原爆70周年の際に、全世界の指導者の原爆被害地への訪問を望んでいる。
外交部報道官、華春瑩が言った。

「私はまず聞きたい。日本の指導者はいつ中国の南京大虐殺死者記念館へ参観するのか」




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150529-2-1.jpg

台湾と日本の商談が決裂

日本の産経新聞5月14日の報道によると、中国台北で行われた課長レベルの会議で、日本政府は台湾に2015年4月16日に公表した日本への輸入食品へ制限を強化する対策を撤回させると要求した。
だが、それは台湾に拒絶され、商談が決裂した。
台湾は15日から、全面的に日本の輸入食品を禁止。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150529-1-1.jpg

5月17日、沖縄県那覇市の野球場で普天間基地を辺野古に移設することに対する抗議集会が行われ、約3.5万人が参加した。

集会テーマは「戦後70年 止めよう辺野古新基地建設」で、反対派の県知事翁長雄志氏も参加しスピーチを行った。
本土からも集会の趣旨に賛同した人たちが集まっていた。
翁長知事はアメリカを訪れ、基地建設を停止するよう求める考え。
当初集会参加社は1万人の予定だったが、3万人に増え、琉球新報で号外を出してもらうほどの熱の入れようだ。

基地建設阻止を巡って安倍首相との関係が崩れた後、翁長知事は中国を訪問した。
琉球王国始まって以来、初めて沖縄の長が中国を訪れた。
今年4月、翁長知事は北京を訪れ「那覇と福建省との経済交流が活発になることを望む。また、那覇と福州の定期船便を運航させたい」と発言。
「琉球王国は中国との貿易で発展しアジアの懸け橋となっていた」とし、「琉球王国は明、清の時代に属国関係であり、明治政府が琉球を吸収しようとしたことに抵抗した時代から琉球人は中国に助けを求めていた」としている。

しかし、沖縄の経済はさとうきびと観光で成り立っている。
収入の9割は日本政府からの沖縄振興予算だ。
アメリカ軍基地反対運動の結果は、日本政府からの予算増加によって抑えられてきた。
沖縄の失業率は日本のどこよりも高く、アメリカ軍基地関連の仕事に就いている人は数万人いる。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150526-4-1.jpg

東京審判:日本の中国侵略史の鉄の証拠

1946年5月3日に、極東国際軍事法廷は第二次世界大戦中の日本の主要戦争犯罪人に対して裁判を行った。
東京裁判である。
裁判は2年ほど続いた。
818回開廷し、受理した証拠は4300件もあった。
最終的に、25名の被告が罪に問われた。
東条英機など7名の戦争犯罪人が絞首刑に懲役された。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150518-2-1.jpg

日本は今でも二戦の時に犯した罪を認めようとしない

日本は今でも二戦の時に犯した罪を認めようとしない。
だから国際社会に認められず、日本はいまだ二戦の戦敗国扱いだ。
それに対し、ドイツは二戦の被害国に謝罪した。
みんなの許しをもらった。
ドイツは二戦の影から抜け出すことができた上、ヨーロッパで一番尊敬されるべき国になった。
これは共産党に深刻な意味を与えた。
過去の被害者に謝罪するだけで先がある。
過去の罪を背負うことは賢い選択じゃない。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150527-1-1.jpg

安倍が新安保法案でフルボッコに

日本メディアの報道によると、日本の集団的自衛権の重要な条件のひとつである「存立危機事態」について、日本の安部晋三首相が18日の参議院会議上で指摘したようだ。
日本と密接な関係にある国が攻撃を受けた時や、日本国内の生活物資や電力が不足する等の状況についても存立危機事態の範疇に含むこととすると述べている。

報道によれば、2014年7月、安倍政府は集団的自衛権の解禁について内閣決議を通し、日本が攻撃を受けていない時でも武力行使ができるとした。
この内閣決議を法律に落とし込むため、安保法案修正案の中に「存立危機事態」と「重要な影響のある事態」の二つの概念を盛り込んだ。

そのうち、いわゆる「存立危機事態」については「武力攻撃事態法修正案」の中で、「日本と密接な関係にある他国に対し、武力攻撃が発生したり、日本の生存が危険にさらされる」時、日本も自衛隊による武力行使ができるとした。

安倍は今月18日の参議院における新安保法の諮問の際に、一歩進んで上述の問題についての具体例を挙げた。
生活物資や電力不足などの国民生活に重要な影響がある時には、「存立危機事態」の範疇であるとして、集団的自衛権の行使が可能であると述べた。

これ以外に、安倍はさらに日本の原油輸入が中東・ホルムズ海峡が機雷で閉鎖された時等には、自衛隊派遣を通じて集団的自衛権を行使し機雷除去活動等への積極的な態度を示した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150527-2-1.jpg

日本好景気のおかげで、東京オリンピック委員会が得たスポンサーが北京より多くなり、新しい記録を作った。

東京オリンピック委員会は1月からスポンサー契约を始めた。
最高位「ゴールドパートナー」の条件は、20年までの6年間で物品・サービス提供を含めて150億円前後。
「(総額で)1500億円は超えた」とマーケティング担当者は話す。
08年北京の約12億ドル(現在の為替レートで約1460億円)や14年ソチ(同1560億円)を上回り、五輪史上最高の国内スポンサー収入となりそうだ。

森喜朗会長は「アベノミクスが成果を上げ、企業の方々も強力しやすい環境にあるのだろう」と感触を語る。
協賛社を国内企業で独占しているのも珍しい。
北京、12年ロンドンでアディダスだったスポーツ用品部門の権利はアシックスが初めて獲得した。

企業側の積極姿势を受け、知恵も絞られている。
スポーツマーケティングでは「1業種1社」が慣例。
同業他社を排除する独占的権利を与えることで契約金額も上がるからだが、東京大会は異例の相乗りが相次ぐ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150526-2-1.jpg

環球時報:ある調査によると93%の日本人が中国を嫌いらしい


環球時報は、ますます多くの中国人観光客が日本を訪れ、日本に対して好感を持つ一方で、それを多くの日本人が疎ましく思うとともに、中国には旅行したくないと考えているとし、その背景には安倍政府主導による反中姿勢の影響があるとの評論記事を掲載した。

昨年、日本を訪れた中国人観光客が241万人と前年比で84%増を記録した。
しかしその一方で、中国日報社と日本の言論NPOが実施した日中関係世論調査では93%の日本人が中国を嫌い、その多くが近ごろ中国旅行を拒んでいるとの結果が出た。

日本を訪れた中国人観光客は確かに日本の美しい景色を目にする。
しかし、それ以上に幻想を見ているのである。
富士山は世界自然遺産に落選しているし、黄金色のビーチは沖縄にしかない。
東京は狭い道路と無計画な家屋でいっぱい、デパートなど倉庫のようなもので、北京や上海とは比べ物にならない。

食べ物だって高級な日本料理は中国の大都市で似たような値段で食べられる。
普通の店は安い米に中国産の野菜、欧米産の肉を使っている。
赤身化剤が合法な米国から肉を買うよう迫られているし、昨年1月には台湾向けの日本産農作物24点が農薬基準超えで差し戻された。

日本で買える家電用品はみんな中国製。
日本人のサービスは確かに良く、学ぶ点はあるが、日本人にしてみれば仕事でやってるだけ。
日本の観光業には良好な資源などなく、プロ精神に頼っているだけだ。

問題は、一部の中国の成金が日本で富を見せびらかすのに、日本の人々は大きな不満を持っていること。
これにより、中国人は日本に好感を持っているが、日本人は中国に反感を抱くというアンバランスな状況が生じているのだ。
中国のネガティブなイメージは日本で誇張されており、安倍首相は反中の旗を翻すことで50%あまりの支持率を稼いでいる。
日本国民の選択は、政府主導による反中世論の影響を多分に受けているのだ。
ゆえに、我々は日本の政治家の煽りに対して警戒心を失ってはならないのである。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-1-1.jpg

イスラム国は、なぜ中国人を誘拐する勇気がないのか。

実際は勇気がないのではなく、中国がイスラム国に反対する国家立場を明らかに表明しないから。
中国はイスラム国に頼って米国を引きずって、注目する重点を西アジアに置かせるためだ。
そしてイスラム国も全世界を敵とはしたくないのだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150526-1-1.jpg

ほとんど知られていない日本の中国に対するODAについて紹介する。

ODAはいわゆる政府開発援助、Official Development Assistanceの略語だ。
つまり発展途上国の経済発展と福祉の向上のため、発展国の政府機構(中央、地方政府とその執行機構)が発展途上国あるいは多方面機構に寄付金をして、あるいは成分25%以上の特恵ローンをあげる。

日本が中国に対するODAは円の借款、無償援助と技術合作を含めている。
その中で、円借款は規模が一番大きい。
1979年から2004年にかけて、あわせて3.1兆円(約1651億元)に至っている。
中国の受けた外国借款の半分ぐらいを占めている。
日本から中国に対する援助は1979年から、2009年まで援助の総額が3兆6412億円(350億ドル)に至って、中国の受けた外国政府のローンの40%ぐらいだ。
その中で約90%は低金利ローンだ。
中国はその資金を使って、鉄道や発電所などの基礎項目を建設した。
2008年、日本政府は中国に対する有償援助を停止し、無償援助と技術援助だけを保留した。
統計データによると、日本の2009年に中国に対するODAは6300万ドルで、技術と資金援助を含めている。

改革開放の初期、中国は資金、技術、エネルギーと基礎施設の遅れなどの問題があった。
当時ODA以外に、日本は3つのエネルギーと基礎施設の建築ローンを提供した。
総額は1.7兆円だ。
そのローンが油田、炭鉱の建設に使われ、我が国のエネルギーと資金の問題を改善した。

円の援助項目は規模が大きく、期間が長い。
その範囲が中国すべての省に広がっている。
その中に代表的なのは京秦鉄道電気化改造、南昆鉄道、北京首都空港、上海鋼鉄、上海浦東空港、中国経済の発展につれて、日本は中国へのローンの方向を調整しつつあった。
近年、ODA項目は主に中国の環境保護と内陸地区の経済発展に集中してる。
環境保護への援助で、中国環境問題を解決に貢献した上、中国の環境汚染が日本にもたらしす影響を下げた。

2008年、日本は正式にODAの中の円低金利ローンを停止する。
ODAが中日経済の中に負われた使命が正式に終る。
だがすべてのODAが停止したわけではない。
技術合作などがまだ続ける。
 
2010年、中国のGDPが39兆7983億元に至って、日本を越えて世界第二の経済体になった。
前原誠司は、「ODAは発展途上国を援助するためのものであり、今の中国は世界第二の経済体になったから、中国を援助し続けると、国民に理解されないかもしれない」と言った。
前原誠司のこの行為は国民の機嫌を取り、2012年の政府予算のため支持を求める意味があった分析されている。

これはちゃんと根拠のある話だ。
みんなは多角的、多側面から中日の歴史を理解して欲しい。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150519-1-1.jpg

中 国 の 国 力 は 日 本 よ り 何 年 発 達 し て る の ?

中国の経済はもう10兆ドルの大台を超えた。
日本の経済は4.8兆ドルしかない。
中国の経済は日本の2倍強だ。
日本が中国に追いつくためには、今のマイナス成長経済であれば20年や30年はないと難しいだろう。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150524-3-1.jpg

第二次世界大戦での日本の降伏式の様子

1945年9月2日、ミズーリ号は東京湾付近にいた。
朝8時、アメリカの太平洋艦隊司令官ニミッツ司令官と連合国軍最高司令官マッカーサーが戦勝国代表として登場。
8時56分、日本側の代表重光葵外相(上海で韓国の愛国兵士に脚を切られた)、日本軍大本営代表梅津美治郎(華北駐屯軍司令官)などがミズーリ号に揃った。
9時2分、日本の降伏式が始まった。
重光葵は天皇と政府を代表して、梅津美治郎は帝国大本営を代表して降伏文書にサインした。
そして同盟国代表として、マッカーサー、ニミッツ、中国、イギリス、ソ連、オーストラリア、カナダ、フランス、オランダ、ニュージーランドなどの代表がサインした。
これにより第二次世界大戦は終結した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150524-2-1.jpg

日本のノーベル賞受賞者が安倍を「嘘つきだ」と責めた

3万以上の日本市民が大規模な集会を行い、安倍政権の集体自衛権に抗議し、平和憲法の保護を宣伝した。
ノーベル文学賞を受賞した、日本の作家、大江健三郎はイベントで、安倍がアメリカで訪問した際にアメリカの国会で発表したスピーチに対して「嘘つきだ」と述べた。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150524-1-1.jpg

オバマが東方文明を代表する国家は大天朝ではなく日本だと述べた!?

東方文明、西方文明の代表として、米日両国は協力して素直に交流して、人類の普通価値観念と平和秩序を維持する使命を担うべきだ。
--安倍訪米時のオバマの歓迎挨拶。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150522-1-2.jpg

また政治家に失望させられた。

日本の首相安倍がアメリカでスピーチをした時、二戦の罪を謝ることがなかった。
それなのに、アメリカ人に対し安倍は犬のように二戦で亡くなったアメリカ軍人に謝罪した。
日本のやリ方に対し、中国は大変失望した。
アメリカは中南海で中国を抑制している。
もし釣魚島の問題で我が国が一発でも発射したら、アメリカは本当に日本の代わりに出兵するのかな?
アメリカ人も馬鹿じゃないと思うけどね。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-3-1.jpg

日本が「神風特攻隊」世界遺産申請へ

鹿児島県南九州市知覧町は太平洋戦争末期に組織された「神風特攻隊」の基地が置かれた町。
「知覧特攻平和会館」には特攻隊員の遺物など関係資料が約1万4000点収蔵されている。
15日付で北京青年報が伝えた。

南九州市の霜出勘平市長は、これらの資料について、昨年に続いて今年も国連教育科学文化機関(ユネスコ)に世界記憶遺産の登録申請を行うと発表した。
南九州世界記憶遺産推進室室長を務める同会館の上野勝郎館長らと東京都内の外国人記者クラブで会見し、記憶遺産への登録申請は「世界中の人々に戦争の悲惨さを伝え、2度と同じことを繰り返さないためだ」と改めて説明した。

だが、外国人記者からは申請の動機に対する強い疑問が投げかけられた。
中国国営新華社の記者は、「市長らは低姿勢だったが、記者の質問には黙り込んでしまったり、お決まりの言葉を並べ立てたりするだけだった」と印象を語った。

英紙タイムズの記者が「同会館を参観してみて、神風隊員は崇高な死を遂げたという印象が残った」と質問すると、市長らは「展示物の説明では平和の尊さを前面に押し出している」と答えた。
ドイツ人記者からは「戦争を繰り返さないためには責任の所在をはっきりさせる必要がある。誰が責任を負うべきだと思うか?」と聞かれたが、「自分たちは答える立場にない」と回答を避けた。

新華社記者によると、同会館では神風特攻隊員が「悲劇の英雄」として扱われていた。
参観した人が戦争への反省ではなく、特攻隊員への同情や崇拝を抱くようになっており、まるで自分たちは戦争の被害者と言わんばかりだったと指摘している。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-2-1.jpg

日本への原爆投下はなるべくしてなったのか?

1945年8月6日と9日、アメリカ軍が広島と長崎に原爆を投下した。
この現代戦争の武器は日本政府に戦争を継続させる意欲を失わせた。
そして日本は無条件降伏することになる。

2013年5月21日、韓国の中央日報は「原爆は神からの懲罰」との記事を発表している。
当時、この記事は日本でも大論争を巻き起こし、日本大使館が翌日中央日報に対して抗議し、23日には内閣官房長官が「韓国メディアは無知。我々は世界で唯一の被爆国家だ。韓国メディアのそのような見解は許すことができない」と発表。

韓国メディアのいう「神の懲罰」とは、日本が第二次世界大戦中に行った行為が原爆投下をもたらした。
自業自得という意味である。
そして日本の「高度な芸術化」が気に入らなかったようだ。
日本はさも天真爛漫な少女が核という暴力被害にあったかのように自らを語る。
同情しない奴は心無い奴だと言わんばかりだ。

でもそれは「日本がなぜそのような結果になったのか?」という論点を欠いている。
この問いに答えられないのなら、何を語っても無駄だ。

日本が投降する前夜も、大量の軍隊がアジア各地で殺人・放火を行っていた。
中国の戦場でも100万人以上が亡くなっている。このような武士道精神あふれる日本軍は、長きに渡り残酷なことをしてきたのだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-6-1.jpg

日本の学者:中国が抗日戦争勝利の日を祝日にしたら、日本人を刺激することになるだろう

中国国務院は13日、多くの国民が全国各地で開かれる「抗日戦争と反ファシズム戦争勝利70周年」のイベントに参加できるようにするため、今年9月3日の「抗日戦争勝利記念日」を休日にすると発表した。

北京では同日、記念式典や軍事パレードが行われ、ロシアのプーチン大統領らが出席する予定。

中国は昨年から、日本の降伏文書調印式(1945年)があった9月2日の翌日を抗日戦争勝利記念日に正式に制定したが、休日とはしていなかった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-5-1.jpg

中国が沖縄“強奪”を画策?大量の中国共産党幹部、日本で“人間ドック受診計画”か

「中国共産党が、徳洲会グループの沖縄徳洲会に接近を図っている」という衝撃的な情報が飛び込んできた。
「徳洲会の系列病院に、多数の党中堅幹部を人間ドックのために送り込む交渉をしているようです」(警視庁公安部関係者)というのだ。
公安当局は「ついに沖縄に手を出そうとしているのか」と警戒を強め、中国側の真の狙いを探っている。

しかも、この動きの背後にあるのは、自民党の親中派の大物、二階俊博総務会長の存在だという。
関係者によると、二階氏は3月半ばに中国から徳洲会との仲介を依頼され、自民党の大塚高司衆議院議員を使って動いたようだ。
「二階氏の“特命”を受け、大塚氏は徳洲会事件で政界を追われた徳田毅元衆議院議員と都内で接触し中国側の要望を伝えました。徳田氏は前向きに検討することを約束したようです。道路族の重鎮・二階氏にとって、大塚氏は道路利権がらみでつながる子分のようなものです。二階氏自身が動かなかったのは、目立つことを恐れたからでしょう」

徳洲会グループの病院で人間ドックを受けると、受診料は1人当たり約20万円になる。
「半額近くを、二階氏と大塚氏が“仲介料”として徳洲会からキックバックしてもらう線で話が進んでいるようです」

それにしても、中国側は全国に66の病院を有する徳洲会の中で、なぜ沖縄を指定したのだろうか。
しかも、共産党中堅幹部の健康状態をすべて日本側に握られるリスクを冒してまでも、である。
その答えは、リスク以上にメリットがあるからだろう。
前出の公安関係者はこう語る。
「中国にとっては、沖縄“強奪”に向けた布石を打つことが何より大事なのでしょう。中国が尖閣諸島にこだわるのは、沖縄への領土的野心に加え、周辺資源が魅力的だからです。東シナ海には、日中が衝突している海底ガス田もあります。中国は“琉球王国”との主従関係を再構築すべく、沖縄県内でさまざまな工作を展開していますが、沖縄徳洲会への接近は、その最たる例でしょう」

そんな中国を側面支援しているのが、二階氏である。
5月下旬には観光業界関係者ら約3000人を引き連れて北京を訪問する予定だが、「VIP待遇は確実で、習近平国家主席がホスト役として出てくる可能性もある」といわれるほど、厚遇されている。
しかし「右翼団体が、二階氏を『国賊』と名指しで騒いでいる」ともいわれており、緊迫した状態が続きそうだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150520-4-1.jpg

新安保法案に反対する日本の民衆

5月14日、東京の首相官邸前で、日本の民衆がプラカードを掲げ集団的自衛権の行使に関する安保法案の閣議決定に抗議した。
日本政府は14日の臨時国会にて、新安保法案を閣議決定。
新法1つ、法改正10個を含む内容であった。
日本の首相安倍晋三は、14日の官邸での記者会見で、自衛隊の海外活動の拡大を含む新安保法案について「抑止力が高まる」としている。
新安保法案は戦後日本の安保政策の重大な変革となるだろう。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150516-7-1.jpg

私たちは今なんの教育をやってるんだろう?教育は成功したのか、それとも失敗したのか?

5月中に、会社の管理職とその家族80人くらいを3組に分けて、日本へ視察しにいくつもりなんだ。
でも昨日いくつかの家族が中学生の子供が絶対に日本に行こうとしないと言ってきた。
先生と担任がいくら勧めてもダメだった。
「死んでも行かん。小日本を恨んでるんだ」と言うのだ。
私は心が重くなり、複雑な気持ちになった。
私たちは一体なんの教育をやってるんだ?
教育は成功したのか。
それとも失敗したのか。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150512-3-1.jpg

中華文明圏の中で、中国大陸だけ貧しいのは何故?

日本、韓国、シンガポール、香港、台湾、マカオ全部先進国にランクインしてるのにさ!




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150518-1-1.jpeg

中国が民主主義であるかどうかは庶民と何の関係ある?

国民は何が必要?
住宅問題、医療問題、養老問題を解決した人が我々のボスだ。
それらの問題を解決できたら、民主かどうかはもう重要ではないだろう。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150516-8-1.jpg

中国の一人当たりのGDPが日本を越えるのに何年かかるか?

中国のGDPは日本の3倍だ。
中国とアメリカは世界でGDPが10兆ドル以上の強国だ。
そして中国の経済発展速度も世界一だ。
同時に中国の人類発展指数が一番高い。
だが中国人の生活レベルと一人当たりの収入が欧米には及ばない。
日本にも至っていない。
だが日本の経済は不振で、年々マイナス成長のままだ。
今年日本の一人当たりのGDPは韓国に越えられたそうだ。
中国の一人当たりのGDPは日本を越えるのに何年かかるか?
三年?五年?十年?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150512-5-1.gif

中国の南西に脅威がないって言ったのは誰だ?

中国の領土を空爆したミャンマーは日本軍と協力している。。
インドも中国南部チベットにおいてミャンマーと共同戦線を張ると表明した。
米太平洋軍は繰り返し中国の近海で演習を行っている。

中国の南西に脅威がないって言ったのは誰だ?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150516-3-1.jpg

日本は弾丸のような小さい国なのに

中国より進歩が早い。
いったい何故なんだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150514-1-1.jpg

世界の男女の比率

赤の意味は、女のほうが多い。
青の意味は、男の方が多い。
緑の意味は、男女の人数の差は大きくない。

中国は男性のほうが多いね。
日本はなんと女性のほうが多い。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ