Archive
150629-1-1.jpg

米カリフォルニア州の歴史の教科書に載っている南京大虐殺の残虐行為証言

南京攻略戦(昭和12年12月)での旧日本軍の「残虐行為」について証言した元日本兵が出演する米テレビ番組のビデオが、カリフォルニア州の公立高校の世界史の授業で教材として使用されていることが分かった。

この元日本兵は、過去に発表した中国戦線での旧日本軍の蛮行に関する著書の内容が「事実でない」として訴えられ、日本の最高裁から「真実と認められない」との判断を下されている。

しかし、米国の教育現場では証言は「真実」として扱われており、生徒らに旧日本軍の偏った印象を植え付ける恐れがある。

問題の番組は1999(平成11)年から全米で放映されたケーブルテレビ局ヒストリー・チャンネルの「ザ・センチュリー/アメリカズ・タイム」(全15回)で、同州ロサンゼルスや近郊の複数の高校で番組のビデオが継続的に使われていることが在米日本人らによって確認されている。

ビデオのうちの1本で証言しているのは、陸軍歩兵として中国戦線に派遣された東史郎氏(平成18年死去)。東氏は「南京で軍務についている間、日記をつけていた」と紹介され、「隠れている女の子を見つけると、100%犯した。1人ではなく5人で犯した。その後は殺し、火をつけて燃やした。罪悪感はなかった」などと述べている。

東氏は昭和62年から平成元年にかけて、南京攻略戦の際の日記を基にしたとされる3冊の著書を出版。
上官だった元陸軍第16師団歩兵第20連隊伍長の男性が、「中国人を郵便袋の中に入れ、ガソリンをかけて火をつけ、手榴弾を袋のひもに結びつけて沼の中にほうり込んだ」などと描写した。

男性は東氏や出版社を名誉毀損で提訴。
裁判は最高裁まで争われたが、東氏らが敗訴した。
裁判では、著書の基になったとされる日記の多くの記述も「疑問が生じる」と指摘され、「主要な部分を裏付ける証拠はなく、真実と認めることはできない」とされた。

同じビデオでは、日本の歴史家や研究者から証言の信憑性を疑われている別の元日本兵(故人)も「多くの中国人女性らを焼き殺した」などと語っている。

この元日本兵の証言は、中国系米国人作家、アイリス・チャン氏(故人)の著書「ザ・レイプ・オブ・南京」にも載っている。
同書は多数の事実誤認や写真の誤用が指摘されているが、ビデオは南京での旧日本軍の行いを「“ザ・レイプ・オブ・南京”として知られる」と紹介している。

東史郎は京都府竹野郡丹後町出身。
1937年8月、25歳のとき入隊。
1937年12月から南京大虐殺に関わり、1945年8月、上海にて中国軍に投降し日本に帰国。
2006年1月3日11時45分、病気のため京都の病院で死去、享年93歳。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150626-4-1.jpg

中国は本当にそんなに落ちぶれているのか?

中国は少なくともアメリカに30年遅れをとっていると言う人がいるんだけど。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150624-2-1.jpg

間接的に日本の敗戦を招いた七不思議、どれがいちばんの原因か?

日本が大戦で敗戦した原因は多方面にわたる。
多くの直接的な原因がある。
例えば海軍の思想の落後、戦艦の重視。
そして間接的な原因も多い、これから間接的な原因について語る。
多くの日本の軍人も荒唐無稽だと考える「海軍七不思議」
どれが一番大きく重要で、致命的だっただろうか?

1.17メートル艦載魚雷艦型の艦艇の改良を上層部が認めなかった。

2.畝傍の沈没
スレ主:これはわけがわからない。

畝傍 (防護巡洋艦) -wikipedia-
畝傍(うねび)は、大日本帝国海軍の防護巡洋艦である。1886年、フランスで建造され、日本に回航される途中に南シナ海で行方不明となった。艦名は奈良県の畝傍山より名づけられた。正式な艦名は「畝傍艦」である。

3.「陸奥号」の自爆
スレ主:これもどういうことなのだろう?

陸奥 (戦艦) -wikipedia-
陸奥(むつ)は、かつて日本海軍に所属した戦艦である[1]。青森県から福島県にかけての旧国名・陸奥国を名前の由来に持つ。日本海軍の象徴として日本国民から親しまれたが、1943年(昭和18年)6月に主砲火薬庫爆発を起こして沈没した。

4.旧日本海軍の月月火水木金金
スレ主:日本には土曜日が足りていなかったのか。

5.駆逐艦が軍艦ではなかった・・・
スレ主:戦場の死体を掃除する道具だったのだ。

6.資力に基づき、能力に関係のない人事をやった・・・
スレ主:多くの人材の意見は握りつぶされた。

7.潜水艦を輸送艦として使っていた・・・
スレ主:敗戦まで半分も戦闘に投入されなかった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150627-1-1.jpg

「面白いネットニュース」

中国が抗日戦争勝利70周年を記念するため、9月3日を全国の休日にするというのを聞いて、日本は大量の中国観光客を迎える準備が出来ていると宣言した。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150626-3-1.jpg

今の中国には思想家が最も足りていない

昔から今まで、中国が最も多く思想家を出した時期は、間違いなく春秋戦国時代だ。
この時期の諸子百家は広く深い中華文化の堅実な基礎を作ったのだ。

だが紀元前134年、漢武帝の治国方略で、儒術の主張だけが漢武帝に採用され、中華文化は埋もれてしまい、表面的な病根だけに注視するようになってしまった。

もっと悲しいのは、北宋や南宋の朱熹の集大成である理学が、儒家思想を進歩させ、中華文化の雪に霜を加えたのだ。
非常に小さな空間に禁錮され、生気を失わされてしまったのだ。

清朝末期になり、中華文化は既に病気になっていた。
ほとんどすべての読書家の思想も儒家の四書五経につなぎとめられ、無感覚になってしまった。
一日中アヘンに頼る精神しか持たなくなったのだ。
ほとんどの女性の足は纏足となり、身体の醜さが美とされた。

今日に至るまで、中国は二千年以上儒教だけだった。
儒家の虚栄と面子の思想が国民の心に深く根ざしているのだ。
もし今中国に多くの思想が現れなければ、完全に春秋戦国時代の諸子百家の思想を超越できない。
中華文化は古代ギリシャ文化と同じく、歴史の河の中に埋もれてしまっているのだ。

中国の思想家は全員文革で殺されたのだ。

中国の大学のほとんどは思想家を育てられない。
思想家を出せるのは民間だけだ。
インターネット上だけだ。
掲示板なくして生まれるものではない。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150624-1-1.jpg

日本首相・安倍晋三について紹介する

隣国日本の男性は、極端な矛盾体である。
彼らの首相が最たる典型例だ。
安倍晋三は中国人の目には右翼野心家に映っている。
しかし、日本人の目には彼は代々の坊ちゃまに映り、欧米人の目には多重人格の政治官僚に映っている。
彼は外ではしっかりしているが、本当は“マザコン”である。
彼はやくざ映画が好きで、女子と同じようにスイーツやアイスが好きである。
彼は一度失脚したが、また表舞台に戻ってきた。
彼はおじいさんの政治の道を受け継いだが、彼自身には子供がいない。
今週、安倍首相は首相官邸で中国メディアのインタビューを受け、日本は決して再度戦争をしないと答えた。
安倍晋三はいったいどんな人物なのだろうか?
彼の話は信用できるのか?
この61歳の日本の最高権力者を紐解いていこう。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150421-2-1.jpg

中国人はいったいどうなるの?

ひたすら外国のことに憧れて、自分の国のものなら、全部悪いと言う。
外国のものなら、全部良いと思う。
同じことなのに、中国で起こったら外国で起こったときとの評価が全然違う。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150620-1-1.jpg

なんだか悲しいな!漢文化は日本の方がずっと体現してる。

儒家文化は時代遅れだけど、諸氏百家を含め、儒家文化はずっと改善しつつある。
儒家文化は中国文化と言っても過言ではない。
なぜ儒家文化に欧米文化を吸収しないの?
なぜ捨てるの?
今の人は文化精神がない。
日本人は節句のとき、着物を着る。
我々中国人は自分の民族象徴も見つからない。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150622-4-1.jpg

日本、W杯招致決定後に投票の謝礼金渡す?スペイン紙が報道

サッカーの2002年ワールドカップ(W杯)日韓大会招致決定後、日本サッカー協会会長を務めていた長沼健氏が南米サッカー連盟に投票の謝礼金として150万ドル(約1億8500万円)を2000年に渡していたとスペインのスポーツ紙アス(電子版)が19日付で報じた。
南米連盟で15年間働いた元職員の話としている。

長沼健氏は2008年に亡くなっている。
日本のサッカーが職業化される前、1960年代から長沼氏は日本サッカーチームのコーチを務め、その後日本サッカー協会の会長となった。
日本のサッカー界に半世紀以上も身を置き、2002年のワールドカップ招致の際には、世界中と飛び回り票をかき集めてきた。
そのとき持って行ったビジネスかばんは、今日本のサッカー博物館に展示されている。

元職員はかつて国際サッカー連盟(FIFA)理事を務め、米司法当局に起訴されて自宅軟禁下にある南米連盟のニコラス・レオス元会長が、世界中から集まった金を着服してきた実態を明らかにしている。

謝礼金は南米の各国協会に分配する予定だったが、120万ドルをレオス元会長が個人口座に入れて20万ドルが南米連盟の事務局長、10万ドルがFIFAとの渉外担当を務めた南米連盟職員に渡ったとしている。

この報道に対し、日本協会の小倉純二名誉会長は「それはあり得ない。どうしてそんな話になるのか」と否定。
FIFA理事を務める日本協会の田嶋幸三副会長は「分からない」と困惑した様子だった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150622-3-1.jpg

中国、魚釣島に海警局の大型基地建設計画 日本のネット民「魚釣島に自衛隊常駐を」


日本のメディアが、中国が魚釣島に近い沿海部に海警局の大型船が停泊できる大型基地を建設する計画を進めていると報道。
中国による魚釣島への“侵入”は常態化している、としている。
日本のメディアは「中国は侵略する気が満々のようだ」とし、日本のネット民は「自衛隊を魚釣島に常駐させるときがきた」と言っている。

「日本の反応は過剰すぎる」と中国海洋発展研究会の研究員は言う。
「日本は数年前から東シナ海での力を強め、千人規模の“尖閣列島部隊”を結成している。
もともと日本は東シナ海を2隻の巡視船で監視しており、現在は3隻になっている。」と。

日本は海域での警備体制を強めているようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150622-1-1.jpg

1.6万人の日本の民衆が安倍政権にNO

6月13日、東京で民衆が手にプラカードを持ち安倍政権に反対する抗議デモを行った。
1.6万人が集まった。
安倍政府が日本国憲法を無視し、国会で戦争法案を強行採決したことに抗議するデモであった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150623-1-1.jpg

米太平洋軍司令官、日本政府に強い期待 「南シナ海は(中国の)領海ではない」「自衛隊哨戒を歓迎する」

在日米軍や太平洋艦隊などを統括する米太平洋軍のハリー・ハリス司令官は東京・赤坂の米国大使館で日本メディアと会見し、中国の人工島造成などで緊張が高まっている南シナ海は「公海であり、領海ではない」と指摘した上で、海上自衛隊の哨戒活動を「歓迎する」と述べた。

また、日本の国会で審議が続いている集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案の成立に強い期待を示すとともに、新たな「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」の具体化とあわせ、日本がアジアの安全保障に積極的に貢献しようとする姿勢を評価した。

司令官は南シナ海での中国の活動について「砂で作った城で主権を築くことはできない。主権はルールと規範、そして国際法を基にしなくてはならない」と指摘。
中国が東シナ海で一方的に設定した防空識別圏については「無視している」と述べ、南シナ海で識別圏が設定されても活動を続ける構えを示した。

一方、司令官は北朝鮮に関し「日本や韓国にとって最大の脅威。米国のグアムやハワイにとっても最大の脅威だ」として、日米韓の協調の重要性を強調した。

司令官はこの日、首相官邸で安倍晋三首相と会談した。
首相は「同盟関係をさらに確固たるものとして地域の平和と安定をより確かにしたい」と述べ、司令官も「日米間では共有する問題も多い。緊密に協力することを約束する」と応じた。
ハリス司令官は神奈川県横須賀市生まれの日系人。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150622-5-1.jpg

被爆70年に合せ、ワシントンで「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」開幕

被爆70年にあわせアメリカのワシントンにあるアメリカン大学で、13日、広島と長崎の原爆に関する資料や写真などを展示する「ヒロシマ・ナガサキ原爆展」が始まりました。

20年前の1995年は、スミソニアン航空宇宙博物館(ワシントン)で計画された被爆資料の展示が米退役軍人らの反発で中止され、その後、アメリカン大で原爆展が開かれました。
核兵器の非人道性を訴えるものとなっています。

会場のアメリカン大学には、原爆投下後の惨状を描いた「原爆の図」がワシントンで初めて展示されたほか、原爆により溶けた十字架、破損した軍服など、当時の悲惨さが伝わるものが並べられています。

アメリカン大学の教授は「アメリカは世界で唯一核兵器を使用した国。
核廃絶を推進する責任がある」と述べています。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150622-2-1.jpg

自民党がこともあろうに東京裁判を検証、改憲を後押しへ

産経新聞の16日付記事によると、第2次大戦後に連合国軍総司令部(GHQ)の定めた占領政策、東京裁判、および現行憲法の制定過程を検証する新組織の設置を自民党が検討していることが15日に判明した。
順調に行けば、国会での議論も進める。

自民党は戦後70年を契機に、東京裁判で「争われた内容」、憲法制定の背景などを検証することで、「正しい歴史認識」を確定し、今後の改憲議論にも反映させるつもりだ。
上海国際問題研究院アジア太平洋センターの廉徳瑰副センター長は16日、環球時報の取材に「現在自民党内部にこうした動きがあることは、右翼の声が公然化しつつあることを示している。これは改憲の1つの口実になる恐れがあり、警戒に値する」と述べた。
環球時報が伝えた。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150619-2-1.jpg

日本の国語教科書がまさか中国の真似をするなんて・・・見てびっくりした

後ろに中国の地図もある。
それに彼らは唐詩と論語なども勉強するんだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150621-2-01.jpg

日本には文明なところが多いと思っていたんだけど、今は日本が怖い・・・

生活のプレッシャーが大きい。
何かにつけ自殺する。
極端な恥文化がある。
キャンパスには不良のいじめ現象が深刻だ。
プレッシャーが極端になって、極端な変態男が生れる。
礼儀が正しすぎると、お酒を飲むと狂うようになる。
個人の意見だ・・・
別に日本の文明と強大さを否定するわけではないんだけど。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150617-1-1.jpg

日本にも差別される地域はあるのか?

テレビとネットのニュースで日本にも中国のように差別される地域が存在すると出ていた。
日本の関東人は関西人を見下しているというのだ。
例えば東京人は大阪人を田舎者だと考え、大阪人は東京人をつまらない奴だと思っている。
私のイメージでは日本人はみんな仲良しのはずだ!
違うのか?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです