Archive
150914-1-1.jpg

自民党総裁選で安倍がまた当選 日本には人がいないのか

日本自民党総裁選の立候補が8日午前締め切られ、現任の自民党総裁安倍晋三が無投票再選を果たした。
つまり現在の任期が終わった後も引き続き首相を務めるということである。
世論は不満があるようだが、何の影響もない。
日本には自民党に敵う政党がない。
自民党内にも安倍の権力に挑戦する人はいない。
日本の首相がこのように決められるのは、西洋式民主主義の社会からいうとおかしなことだ。

安倍はよい首相ではない。
安倍の決めた政策は“最も悪いもの”を選ばなかっただけである。
このような人物が今の日本にとって“替えの効かない人物”となり、自民党内で争う人物がいないということは、日本には“人がいない”という事だろう。

安倍の外交はとても簡単で、ただアメリカの犬になるだけだ。
中国・韓国・ロシアとは対立または疎遠となっている。
安倍が政権を執っているいるこの数年間、日本の外交戦略は収縮している。

安倍が日本のトップになったのは、日本社会の靄を表している。
国家経済と政治が長期にわたり低迷している状況下において、日本社会はそれを正視せず、誰かが言う事に追随し自分の意見がない。
安倍は日本人のそのような心理・焦りをまるで心理学者のように受け入れ、国を統治する者としての責任は逃れている。
たくさんの中国人韓国人は、安倍に対して好感を持っていない。
日本と隣国の関係はここ数年が最もひどい時期である。

安倍の計画や態度に対して、中国はいちいち闘争心を出してはいけない。
この前の軍事パレードのように、中国は世界に向けて強さをアピールすればいい。
安倍が軍事パレードに来るかどうかなんて、参加人数が一人増えるだけに過ぎない。

安倍は政策のなかで、中国との関係を谷底に突き落とした。
安倍首相は日中国交正常化以来最も野蛮な首相である。

中国は安倍を嫌いだ。
しかし彼は近年最も在任期間の長い日本の首相である。
我々は日本に対して平常心を保たなければならない。
安倍は日本国民が選んだのだから、日本社会が中国を嫌いだという事の表れだが、これは中国に対抗しているという事ではない。
我々はそこを理解しなければならない。



1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150914-2-001.jpg

中日友好が非常に重要だ。

次のような勘違いをしてないか?

1.右翼官僚は少なく、人気はない ←不正解!
2.日本人は中国の経済制裁を心配している ←不正解!
3.日本のメディアは日本の間違いを反省している ←不正解!
4.日本は中国に宣戦することが怖くて決心がついていない ←不正解!

…馬鹿な軍事専門家の推測を聞かないでくれ。
もし戦争が始まれば、中国海軍は2時間以内で日本に壊滅させられる。
そして国内では内乱が起こって、国民が苦難を経験する。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150914-1-001.jpg

私が目指す中国

私は、日本人のように中国人は文明的で、信号も守れる民族だと思う。
日本のように欧米諸国から、最も観光に値する国家といわれたい。
日本のように道路はきれいで、ごみを分類して捨てられるようになって欲しい。
日本のように教科書は世界の人々に見せても恥ずかしくないものにしたい。
日本の選挙制度を私が賛美するのは、私たちも同じように、権力者を支持したり批判したりする権利を持ちたいからだ。
みんなよく目を開けて、自分の生きる世界を見てほしい。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150913-2-001.jpg

なぜ日本では大規模な飢饉が起こらないのか?

日本は人口1億2千万、国土は37万平方キロメートル、そのうちの70%は山脈で、まともな平原は関東平野だけ。人口密度は中国と比べて遥かに高いのに、今まで大規模な飢饉やそれによる人肉食事件が起きた試しはない。
そうなったのは日本人の国民性のおかげだった。明治天皇は空母建造のために一日一食だったし、皇后は西欧列強から先進的な兵器を購入するために自分の装飾品を寄付していた。オイルショックの時には、日本国民は全員が国に寄付した。

一方、西太后は北洋水軍の軍費を頤和園の建設に転用し、戊戌変法の志士の殺害を命令した。中国人は古来から烏合の衆であり、一人の時は竜だが三人集まればただの虫とも言う。私利私欲に走って同胞を陥れ合うことは歴史上いくらでもある。
中華民族の国民性と言えるだろう。

日本と中国はそこが違うのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150913-1-001.jpg

前は日本が好きだったんだけど、今はそうでもない

なぜなら安倍晋三が首相になってからの言行が私を不安にさせるからだ!
お前らもそうだろ!?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150910-6-1.jpg

最強戦艦大和はただのゴミだった?

戦艦大和は人類史上最大の戦艦だった。
極東の島国だった日本がそれを建造できたのはなんとも不思議なことだった。
しかし、当時好戦的だった日本だからこそそんな馬鹿げたプロジェクトを進めることができたんだろう。
戦艦大和には日本海軍すべての希望が託され、あの時代もっとも優れた造船技法が凝縮されていた。
ただし、日本の国力ゆえ、戦艦大和が技術的に遅れたものになったのは避けられない。
進水して4年間も経たないうちに、戦艦大和は航空母艦に取って代わられただけではなく、技術的にもアメリカの戦艦に大きく遅れを取った。
大和型の没落は避けられないことだった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150910-5-1.jpg

日本の教科書には第二次世界大戦は”アジアの解放”と載っている

中学校で来年度から4年間使われる教科書が今夏、地域ごとに採択された。
「新しい歴史教科書をつくる会」の元幹部らが編集に関わった育鵬社の「歴史」と「公民」の教科書は、大都市の横浜市と大阪市で採択されるなどした結果、育鵬社の集計でシェアをそれぞれ6%程度に伸ばした。
公立学校の教科書は、国の検定に合格した教科書の中から、各地の教育委員会が最もふさわしいと考える教科書を選ぶ。
検定を通っているにもかかわらず、育鵬社版には今年も一部の市民団体から批判の声が上がった。
教科書採択を巡る現状を取材した。

●中学「歴史」「公民」
育鵬社は、フジサンケイグループの出版社「扶桑社」の教科書事業を継承する新たな出版社として2007年に設立された。
教科書採択は4年に1度行われるが、育鵬社版が採択の対象となるのは前回の11年に続き2回目だ。

育鵬社は発行する「育鵬社通信」4月号で編集の趣旨を説明。歴史は「我が国の歴史に対する愛情を深め、国民としての自覚を育てる」、公民は「『人ごと』でなく『自分ごと』として現代社会をとらえられる教材を充実させ、公民として必要な資質を育む」などと強調している。

一方、市民団体「子どもと教科書全国ネット21」(東京)は育鵬社の教科書について「内容が偏っており、中学生が学ぶのにふさわしくない」などと主張している。
具体的には、歴史教科書について「アジア太平洋戦争は『植民地支配と侵略によってアジア諸国の人々に多大な損害と苦痛を与えた』というのが日本政府の公式見解であるにもかかわらず、アジア解放のための戦争だったと描こうとしている」と批判。
公民は「天皇主権の大日本帝国憲法を『アジアで初の本格的な近代憲法』と持ち上げる一方、日本国憲法については連合国軍総司令部(GHQ)が原案を作ったことばかりを強調し、国民主権や平和主義などの原則が多くの国民に歓迎された事実には触れていない」などと指摘する。

●「人物紹介多い」
全国の市で人口1位の横浜市は、歴史と公民の両教科とも4年前に続き育鵬社版を採択した。
教育委員会の議論では、委員6人中3人が育鵬社、残り3人が別の会社の教科書を支持。
最終的には岡田優子教育長の判断で育鵬社版に決めた。
岡田教育長は記者会見で「歴史は、歴史的人物や文化遺産が多く取り上げられている。公民はグローバルで多面的」などと理由を述べた。

人口が2位の大阪市は、前回までは市内を8地区に分け、地区ごとに教科書を選んでいたが、今回から市内全域での一括採択に改めた。
教育委員6人による採決で、両教科とも4人が育鵬社版を支持した。
一方で、帝国書院の歴史教科書と日本文教出版の公民教科書も補助教材として活用するという。

両市以外では、大阪府の四條畷市(歴史、公民)、泉佐野市(歴史、公民)、河内長野市(公民)や愛媛県の松山市(歴史)、新居浜市(歴史)などが今回初めて育鵬社版を採択した。
これに対し、4年前に東京23区内で唯一、育鵬社版を採択した東京都大田区(歴史、公民)や愛媛県今治市(歴史、公民)はいずれも東京書籍版に変更した。

●現場に批判の声
育鵬社版の編集に関わった「つくる会」元会長の八木秀次・麗沢大教授は「各地の教育委員が、反対派の圧力に屈さずに自ら教科書を読んで考えた結果だ」と評価する。
「教科書全国ネット21」の俵義文事務局長は「現場教員には育鵬社版の教科書に批判的な意見が多い。もっと現場の声を聞いて教科書を選ぶべきだ」と話している。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150910-4-1.jpg

米国メディア:中国は核兵器持ってるから安倍は中国侵略は無理だとわかってるだろう

日本メディアは米国に「中国の脅威」を売り込み、米国軍艦に中国の南中国海の島礁を通るようけしかけている。
だが米誌「VICE」が5日の報道で取り上げたのは、「米中海軍が、第3次世界大戦触発の回避のためにいかに努力しているか」であった。

また同日の「ニューヨーク・ポスト」は、「中国は米国経済を元気づけている」と報道した。
これによると「アメリカン・ライフ」のCEOであるヘンリー・リーブマンは、「中国から米国には現在、不動産や株式市場など多くの場所に大量の資金が流れ込んでいる」と語っている。
全米不動産購入者協会のデータによると、2014年に米国が外国人客に売却した一軒家とマンションのうち16%は中国人客に購入された。

米誌「フォーブス」は4日、米国は中日衝突のリスクに巻き込まれないよう注意しなければならないと警告した。
これによると安倍首相のような日本の過激な民族主義者であっても、核武装した中国に対して新たな軍事侵略は不可能であることを承知している。
だが日本の高官は中国の敏感な神経を刺激し続け、過去の政権の犯罪の見直しをはかり、帝国の象徴である靖国神社を宣揚するなどしている。

報道によると、中日間で戦争が起こることは想像しがたいものの、戦争との距離は、酒に酔った軍艦の艦長や乱暴な戦闘機のパイロットによって簡単に乗り越えられてしまうほどのもので、民衆の情緒も政府に後退を許さない状況となっている。

ドイツ人学者のEverhard Holtmannは、日本は結局のところ米国の駒の一つにすぎないと指摘している。
西洋のことわざに、「尻尾を振っているのは犬であり、尻尾が犬を振っているのではない」とあるように、米国が日本に勝手を許すことはない。

米軍の偵察機が数カ月前に南中国海の人工島上を飛行した際には両国関係は緊張したが、米中関係は緩和に向かっており、緊張のネジが巻かれる状況にはない。

「リー・クアンユーとの対話」などの書がある米国人学者トーマス・プレートは5日、香港紙「南華早報」に寄稿し、各方面の人々が互いに依存せざるを得ない世界においては、もしも中国に不測の事態が訪れれば、その直面する困難は竜巻や暴風雨のように、遠く離れた米国のオクラホマ州にまで影響を及ぼすことになると指摘している。

中国の輸出する安価な製品がオクラホマ州の子どものクリスマスツリーの下での喜びを生み出してきたように、米国と中国という二つの国は多くの面で相互に関連している。
関係が決裂すれば、その結果は想像するに耐えない。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150910-3-1.jpg

70年前の日本の投降式のようす

70年前(1945年)9月2日、日本の代表団が東京湾のアメリカ軍艦ミズーリ号の船上で降伏文書にサインをし、正式に無条件降伏をした。
当時の国民政府は国を挙げて祝い、1946年から9月3日を抗日戦争勝利記念日とした。
たくさんの人がこの記念日の由来を知っているだろう。
しかし、9月2日、ミズーリ号の上で何があったかを知っている人は少ない。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150910-1-001.jpg

日本人こそ真の中国人

辜鴻銘は、中国の伝統的な文化思想を伝承しているのは、中国人ではなく日本人だと考える。
漢唐時代に中国文明が形成され、元時代や後にやってきた遊牧民族により失われてしまった。
日本は中国に侵略してきたが、国外で中国文化を広めていた。
「日本人こそ真の中国人。唐朝時代の中国人だ」と彼は断言している。


辜鴻銘 -wikipedia-
辜 鴻銘(こ こうめい)は清末民初の学者。中国の伝統文化と西洋の言語・文化の両方に精通しており、西洋人に東洋の文化と精神を称揚し、大きな影響を与えた。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150908-4-1.jpg

中国海警船が魚釣島近海を調査していたところ、日本の妨害に遭う

9月6日午前、中国海上警察の“海警2146”船が魚釣島近海を調査していたところ、日本の海上保安庁の巡視船に阻害され警告を受けた。
日本側は「中国が日本の経済水域内で無許可で調査活動をしている」としている。

以下NHKの報道。
第11管区海上保安本部によりますと、6日午前8時すぎ、尖閣諸島の大正島の北およそ120キロの日本の排他的経済水域で、中国海警局に所属する「海警2146」が、船の後部から箱のようなものを海に投げ入れたのを、海上保安本部の巡視船が確認しました。
海上保安本部は、この船が日本側の事前の同意なく何らかの調査を行っているものとみて、「同意のない調査活動は認められない」と中止を求めました。
調査船は7分後に箱のようなものを海中から回収しましたが、午後1時すぎまでに、日本の排他的経済水域で同じように箱のようなものを海に投げ入れ、数分後に引き上げる活動を、さらに2回繰り返したということです。
この船は、午後3時現在、久場島の北北西およそ136キロの日本の排他的経済水域で航行を続けているということで、海上保安本部が警戒を続けています。

尖閣諸島沖で、中国海警局に所属する船による調査とみられる活動が確認されたのは、去年9月7日以来およそ1年ぶりです。

ご存知の通り、魚釣島は古来より中国固有の領土。
中国外交部は、魚釣島近海の調査は、中国の正当な権利としている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150908-3-1.jpg

日本で降伏文書の原本が展示される サインもはっきり確認可能

日本の外務省外交史料館にて、第二次世界大戦時の「降伏文書」の原本が展示された。
20年ぶりの公開である。

1945年9月2日、日本は無条件降伏締結の義を東京湾に停泊していたアメリカ軍艦ミズーリ号で行った。
日本の外務省重光葵が天皇と日本政府を代表し、また参謀総長の梅津美治郎が日本軍を代表し降伏文書にサインを行った。

外交史料館に展示されている英語の投稿文書には、重光葵、梅津美治郎及び日本の投降を受け入れた各国代表のサインがはっきりと確認できる。

降伏文書のコピーは重要な史料として今までも外交史料館に展示されていた。
降伏文書の原本後悔は9月12日まで。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150908-2-1.png

日本の華僑女性選手が両親とともに勝利を祝う 中国から勝利を奪うなんて矛盾している


9月5日に武漢で開催されている2015バスケットボール女子リオデジャネイロ五輪予選兼アジア選手権の決勝が行われた。
日本85―50中国と中国が惨敗。
試合後、日本チームの華僑である王新朝喜選手は、両輪と抱き合いながら勝利を喜んだ。
しかし、彼女は中国で日本の国家を聞いているとき、複雑な気持ちだったと語る。

決勝戦で、王新朝喜は途中出場し、出場6分後2ポイントを決めた。
35ポイント差という大差で中国チームに勝ち、チームメイトと抱き合って喜んだあと、彼女は準備していた優勝Tシャツに着替えた。

授賞式が終わった後、王新朝喜はすぐに観客席にいる良心のもとへ駆け寄った。
両親と抱き合い、金メダルを母親の首にかけ、両親と記念写真を撮った。
他の日本チームのチームメイトも、王新朝喜一家と写真を撮り勝利を祝った。

試合後、王新朝喜は中国メディアのインタビューを受けた。
彼女は何度も「中国チームは負けたが、とても実力がある。今後の試合に勝利し、オリンピックに出られる可能性はある。」と言った。

王新朝喜は、自分が優勝して複雑な心境であると話し、「自分たちのチームが勝利し嬉しいが、中国で日本の国家を聞き、中国チームのファンが落胆しているのを見ると、心が痛い。」

授賞式では中国チームの選手は元気がなかったが、ファンは中国国旗を高らかに掲げ、「中国チームはがんばった!」と叫んだ。王新朝喜はこの言葉を聞き感動。
「中国チームのファンが選手を応援している。感動した。中国チームのファンは素晴らしい。」と語った。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150908-2-01.png

日本の欠点について語ろうぜ

日本は好きだけど、日本や日本人にはどんな欠点があるか。
冷静に挙げてくれ。
えっと、愛国の人たちは帰ってくれ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150908-1-001.jpg

なぜ台湾人は蒋介石に感謝しないの?

日本人も蒋介石も台湾に戦争をもたらしてきた。
また、日本の50年の統治は台湾を大きく進歩させなかった。
それは1945~1949年の間に福建から台湾への大規模の移民がなかったことから分かる。
しかし、蒋介石のおかげで台湾は先進経済体になり、大陸よりずっと優等生になった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150907-2-001.jpg

日本人は中国人が学ぶに値する民族!

日本人は仲間をイジメない。
そして外貨を稼ぐことが大事だって知っている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150907-1-001.jpg

鞭があると支配に帰順し、鞭がないと野蛮な人民

抗日戦争当時、中国人に駅で切符を買うのに並ぶ習慣は無かった。
しかし日本が駅を占領した後に秩序ができた。
何故か?
日本兵が鞭をもって常に監視して、割り込もうとしている人を見ると鞭で打ったからだ。
問いたい!
中国人には本当にあの鞭が必要なのか!?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150906-1-001.jpg

なぜ日本にたくさんの資源を売るのか?

我々の樹木から作った箸を日本に売っている。
なぜ日本は自分たちの樹木を切らないのか?
きっと自分たちではそんなバカな事はしたくないのだ。
彼らは資源を破壊するようなことはしない。
誰にやらせる?
中国人だ!
石炭や箸等で血反吐を吐きながら価値の下がる外貨を稼いでいるが、良く言えば輸出による外貨獲得だが、実際は罪悪の代名詞だ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150905-1-1.png

日本最大規模の動画サイトで中国抗日戦争勝利70周年軍事パレードを中継

9月3日、日本最大の動画サイト・ニコニコ動画で、中国抗日戦争勝利70周年軍事パレードを中継。
ニコニコ動画は先月『南京!南京!』『靖国神社』『1937 南京の記憶』などの反南京大虐殺の映画・ドキュメンタリーを放送していた。
ドワンゴと中国中央テレビが協力し、軍事パレードを中継。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150905-1-001.jpg

中国と韓国

中国と韓国では、どちらの国が良い国?
貧富の差や階級の差が大きいのかな?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150904-1-001.jpg

映画の事実も考証される必要がある

戦勝国としてのアメリカは心に余裕を持っている。
ナチスや日本軍を貶める映画やドラマを年間数十作も作るようなことはしない。
「バンド・オブ・ブラザース」や「ザ・パシフィック」などの名作はシナリオがしっかりしていて、時代的におかしな兵器は絶対ないし、敵は凶暴だが決して間抜けではない。
テーマとして戦争の残酷さを表現することに力を入れている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150902-1-1.jpg

ATD-X心神の盗撮画像が流出

海外のサイトが暴露した日本のATD-X心神先進技術実証機の盗撮画像。
日本の国産の第四世代戦闘機である。
エンジンの重要な部分には赤い幕が張られ隠されていた。
もしかしたら、もうすぐ飛行するのかもしれない。

日本の防衛省が8月下旬に発表した三菱ATD-X“心神”。
8月中には心神の画像は公開されなかったが、9月に試験飛行すると発表されていた。
もともとは今年1月に心神を公開する予定だったが、エンジンに欠陥が見つかり、延期されていた。
昨年もいろいろな原因から初飛行を延期していたが、今年の初めにも延期されていた。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150902-2-1.jpg

日本はなぜ中国を恐れているのに挑発してくるのか?

2015年8月27日午後、日本の“かが”が就役。
日本の二隻目のいずも型垂直離着陸型航空母艦だ。
現在のところ、日本の会場自衛隊はいずも型、ひゅうが型、しらね型で合計5隻の航空母艦を所有している。
日本は近年、軍事費を上昇させ、ここ三年は毎年前年よりも多くの軍事費を計上し、軍の装備拡張を行っている。

しかし、そうまでしても、日本の軍事費は中国の軍事費の35%~42%程度だ。
両国の軍事力の差はだんだんと拡大している。
日本が財政難に苦しんでいる中、解放軍は高速で現代化していった。

近年は、中国の周辺国家のほとんどが軍事に力を入れ、また中国と軍事提携をしている。
中国のような大国が良好関係にあるのは良いことだ。
しかし、日本だけが中国に対抗している。

日本政府が発表した2015年版『防衛白書』をみると、中国の威嚇に供えて大量の武器を用意するつもりらしい。
なぜ日本は中国との関係を悪化させるのだろうか?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150901-1-1.jpg

中国各時代の官吏と庶民の比率

西漢~唐 1:7945
元 1:2613
明 1:2299
清 1:911
現代 1:67
また、政治費用のGDPに占める割合が中国は25.6%、インド6.3%、アメリカ3.4%、日本2.8%である。
これは数年前のある学者によるデータだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150901-3-1.jpg

新華社が天皇に戦争の謝罪を要求、日本が強烈な抗議

新華社が25日発表した文章で、日本の天皇は侵略戦争について懺悔と謝罪をすべきだと書き、日本の強烈な抗議にあっている。

鳳凰衛視の報道によると、日本の岸田文雄外務大臣が「天皇に謝罪を要求するというのは失礼極まりない、今までの中国が一貫していた立場とは異なる。」として政府が移行を通じ抗議。

日本国内でこのような反応があることは意外であった。
日本国内の世論では、「これは中国政府が安倍談話に不満だから言っているだけ」との見方が多かったからだ。

新華社が発表した『誰が侵略戦争の謝罪を行うべきか』という文章において、日本の天皇は明治維新から第二次世界大戦の時期まで、絶対的な権力を持っていた。
裕仁天皇が在位していたときに中国侵略戦争と太平洋戦争を指揮していた。
だから戦争の首謀者だ。
日本政府は戦争中に戦略を練り武器を運んだだけだ。
裕仁天皇は死ぬまでに一度も日本が侵略した国に対して謝罪していない、と書かれている。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150901-2-1.jpg

12万人が日本の国会前に集まり”戦争法案”廃案要求

8月30日、日本のたくさんの民衆が東京の国会前に集まり、安保法案反対の抗議集会を行った。
“安倍辞めろ”“安保法案廃案”などと叫んだ。
主催者発表によると、12万人がこの抗議集会に参加した。
これは近年の日本で行われた抗議集会最大の規模で、安保法案反対に関する抗議集会では過去最多の参加人数。
当日は大阪、名古屋、沖縄、広島など日本各地約300か所で抗議集会が行われた。

国会前は身動きができないほど・・・

抗議集会の始まる1時間前、国会前はすでにたくさんの人で溢れていた。
日本各地から集まった老若男女が、国会前の歩道、車道、近くの公園にまで溢れていた。
主催者発表では12万人がこの抗議集会に参加している。
抗議者はプラカードを持ち、「安保法案撤廃」などと叫んでいた。

全国約300か所で“戦争法案”に抗議
主催者によると、大阪、名古屋、沖縄、広島など日本各地約300か所で安保法案反対の抗議集会が開かれた。
衆議院が今年7月に安保関連法案を強行採決。
法案は集団的自衛権の容認、自衛隊の海外派遣の拡大。
これは第二次世界大戦終結後の安保政策で最も重大な事件。
日本が憲法違反をする国策を決めたのだ。
現在、参議院で審議中だが、この法案は“戦争法案”と呼ばれ、日本国民は70年前の戦場に逆戻りするのではないかと不安に思っている。

警察は通常の倍の人員を動員し秩序を維持

8月30日は雨が降っていた。
国会議事堂周辺以外に、霞が関の官庁街や日比谷公園にもたくさんの抗議者が集まっていた。
BBCの報道によると、「このような光景は日本では前代未聞」だという。
NHKでは、「警視庁の調査で、今回の集会は安保法案抗議集会における過去最大規模。
ここ数日、国会周辺では何度も抗議集会が開かれたが、今日が最高潮だ」と報道。
警察は通常の倍の人員を動員、現場の秩序の維持に努めた。
警察は、「集会の規模は予想をはるかに超えていた。
しかしけが人や目立ったトラブルはなかった。」と発表。

誰が抗議しているのか?

新興学生団体が「首相は辞職しろ」
この集会は「国会10万人・全国100万人大行動」の活動の一部。
朝日新聞の報道によると、この集会の主催団体は「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」、若者の団体「SEALDs」、大学教授と学者による組織「学者会」などがある。
SEALDsの中心メンバーのひとり、明治学院大学4年生、23歳の奥田愛基さんは「もし憲法9条を無視するなら、安倍首相は辞職しろ」と演説。
日本の報道によると、SEALDsは今年5月に設立された団体で、“若者が政治に関心がない”というレッテルをはがし、現在400名近くのメンバーが在籍している。

日本の母親たち
「殺戮させるために子供を産んだのではない」
日本の母親たちが結成した「母親会」の代表・池田涼子さんは抗議集会で政府に母親たち2万人分の意見書を提出しに行ったが冷遇された経験を持ち出し、「安倍政権は民意を汲まない」と発言。
「殺戮させるために子供を産んだのではない」「母親たちはもう黙っていない」と。
千葉から参加した女性は、「安倍政権は近年で最もひどい政権。国民の声を聞かないのなら、安倍を辞職させなければ」と言う。
抗議集会の動画を見ると、幼稚園児くらいの子供さんも大人と一緒にプラカードを持ち現場にいるようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150901-2-001.jpg

日本は移民政策不可避なのか?

日本の人口は2048年に1億人を下回る。
2060年には7000万人ほどに減少し、人口の60%は高齢者となる。
以前は12人で1人の高齢者を負担していたが、今では3人で一人の高齢者を負担している計算だ。
年金はどんどん不安定になり、このままでは2050年以降、労働人口が減少し、年金は支給できなくなる可能性が大きい。
日本人は排他的で自分たちを単一民族だと考えているが、労働人口の不足を解決するために、移民政策を解放せざるを得なくなる。
留学ビザを緩和し、就労ビザに関連する政策を緩和しはじめた。
これらはすべて移民の為の準備であると言える。
今後、日本への留学と定住はどんどん簡単になるだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

150901-1-001.jpg

日本の世界への貢献は中国より大きい?

中国は13億の人口問題を解決できれば、これは世界への最大の貢献だという話があるが、言い換えれば、13億の人口が国の負担になっていて、馬鹿で価値のない動物を、国家が彼らを養っているいうことになる。
これは事実か?
それなら、中国人民は偉大で、勤労で、創造力のある民族といえるか?
中国より狭い土地しかない日本人がよほど世界に貢献しているという事にならないか?




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ