Archive
161011-1-001.png

私は子供の頃から日本に対して名状しがたい憎しみを持っているけど・・・

中国を侵略し、災厄をもたらした日本は決して許されるべきではない。
その一方、私は日本のアニメから大きな影響を受けたことも否定できない・・・
感動したり、笑ったり、時に涙を流したり・・・
大人になって、「Butterfly」や「蒼い鳥」などの懐かしい曲を聴いて感動したりもする・・・
完璧な人間なんてこの世に存在しないと思う。
日本人も例外ではない。
彼らのかつての暴行はけっして許されていいものではないが、だからこそわたしたちは彼らのいいところを見習わないといけない。
一部の人が未だに日本に対して憤青的な感情を抱いているが、それは良くないと思う。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161010-1-001.jpg

日本は再び中国を侵略しようと企んでいる。中国はあらゆる手段を講じて反撃に備えよ

我々は日本右翼の挑発に乗って戦争を始める気はないが、相手が喧嘩を売ってくるなら徹底的に潰してやると言いたい。
侵略者に対しては、二度と侵略できないように徹底的に叩き潰す。
その為には我が国は海軍を中心に強化し、海上支配力を強め、国家の主権と領土を守る意志を高め、日清戦争の悲劇が二度と起きないようにしなければならない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161009-1-001.jpg

古い写真:1946年の日本国民の惨状

軍国主義は人の心を惑わす、対外的に戦争を発動し、他者を害するが、最後には自分自身も害するのだ。この写真は1946年の日本を反映したものだ、投降協定によれば、日本は連合国の占領を受けることになっていたが、実際にはアメリカによる占領だった。日本経済は1939年に停滞した、敗戦後、日本経済は20年代のレベルにまで落ち込んだのだ。無数の人が帰る家をなくした。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161008-1-001.jpg

日本の工業はレベルが高いのに、なぜ航空機エンジンは中国に負けてるのか?

エンジンは、見た目は単純そうだが、実際にはかなり高度な技術が必要である。特に航空機エンジンに関しては、たくさんの業界の知恵が結集されている。
つまり、良い航空機エンジンを開発できる国は、エンジン製造技術が高いといえる。
しかし、ある国では違うようだ。

日本車のエンジン性能が良い事は、皆が知るところだ。耐用性に優れ、燃費も良い。
しかし、日本はこと航空機エンジンに関しては、無能なのだ。

“心神”のエンジンには、仕切り板が3つ付いていた。外向き、内向きに動かす事ができ、エンジンの噴流の方向を変える事ができる。
しかし、中国のネット民は「これでは航空巡回どころか、基本飛行すらできない」と言っている。

中国の全体的な工業技術レベルは低いと言えよう。
しかし、航空機エンジンに関しては、最小の動力で最大の能力を発揮するエンジンを開発し始めている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161007-1-001.jpg

韓国とベトナムは中国の名字なのに、なぜ日本は中国の名字じゃないのか?

朝鮮とベトナムは長期にわたり中国の属国あるいは直轄の領土として存在してきたため、姓氏文化にも明らかな「名残」が存在する。
朝鮮半島では金や朴といった現地で生じた姓が存在すると同時に、孔・閔・印・左・朱・明・杜・徐・孫・崔など中国から伝わった、あるいは中国の皇帝から下賜された姓がある。
また、ベトナムについては人口の大半を占める阮(グエン)氏をはじめ、陳、李、黄、武、鄭、呉、杜といった中国由来の姓が存在する。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161005-1-001.jpg

日本メディア:中国は永遠にスポーツ強国になれない。日本が未来のアジア一だ。

中国メディア・順也競技は、「中国は永遠にスポーツ強国にはなれない」と日本メディアが報じたことを伝える記事を掲載した。

記事によると日本メディアが、「中国は五輪でどれだけ多くの金メダルを取ってもスポーツ強国にはなれない」と主張しているという。その理由として、「中国には国民がスポーツをする土壌や環境がない」ためで、「アジアでは日本だけがスポーツ強国になれる」としている。


161005-1-002.jpg


これに対して記事は、「確かに中国はスポーツ大国ではあるがスポーツ強国ではない」と認めつつも、「日本は競技スポーツではレベルが下がっている」と主張。「競技スポーツを向上させることのできない国がスポーツ強国について語る資格はない」と論じた。


161005-1-003.jpg





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161005-1-000.jpg

隣国の日本はノーベル賞を立て続けに獲っている。中国はいつそのレベルになるだろうか。

2016年のノーベル生理学・医学賞が発表され、日本人生物学者の大隅良典氏が受賞した。
2000年からの17年間で、日本人のノーベル賞受賞者は15人(現アメリカ国籍の2名は含まず)。アメリカ(72名)に次ぐ第二位だ。
アメリカは経済学賞に強く、日本は物理学賞に強い。
なぜ隣国の日本はノーベル賞を獲れるのに、中国は獲れないのだろうか。

1.まず、なぜ日本がノーベル賞を立て続けに受賞しているのか
それは、昔から現在に至るまで、日本は教育を重視してきたからだ。
日本は古来から教育を重視してきた。江戸時代末期には、成人男性の識字率は70%以上だった。その頃のロンドンでの識字率は20%、パリでは10%にも満たなかった。当時の日本では、僻地の農村でも識字率は非常に高かったという。
また、日本では基礎研究を重視している。今の研究が10年後20年後に役立つようにと考えている。
21世紀に入ってから日本が受賞したノーベル賞は、80年代~90年代の研究の成果である。ちょうど日本が経済成長していた時代で、基礎研究にお金をかけていたのである。

2.なぜ、中国が受賞したノーベル賞は少ないのか
発展が遅い。本当に発展が遅いだけだ。もう少し時間が必要だ。
中国の科学技術の歴史は浅い。
中国の北京大学が創立されたのは1898年、日本の東大が創立されたのは1886年とそれほど変わらない。
しかし、1890年~1940年の50年の社会状況は、中国と日本では全く違っていた。この50年で日本は外国を侵略し、中国は侵略された。
中国の大学で博士課程を創立したのは80年代だった。いまやっと30年。そして、この80年代に博士課程に在籍していた人は、そのときすでに40歳前後であった。真の博士課程教育が始まったのは、90年代と言ってもいいだろう。だからいまやっと20年経ったところだ。

3.中国はいつ日本のようにノーベル賞を立て続けに受賞することができるだろうか
日本の科学技術の未来は危うい。近年、日本の科学技術のレベルは下がり、中国のレベルは急速に上がっている。
80年代~90年代に日本が投資した結果が、今のノーベル賞につながっている。しかし、今の日本経済は急速に衰え、投資するお金がない。
中国は社会が安定し、教育も手厚く、科学技術に投資できるお金もできてきた。上記の日本がノーベル賞を受賞できた条件は、すべて整った。
10年後20年後、もしかしたら中国人がノーベル賞ラッシュになっているかもしれない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161004-1-000.jpg

日本人より中国人の方が韓国を嫌っているのはなぜだろう

俺たちは抗日ドラマを見ているけど、周りの友人の意見では、みんな日本に対しては日本の政治が嫌いなだけのようだ。
でも、韓国に対しては、心の底から嫌いなようだ。
おそらく、韓国と日本の態度が違いすぎるからだと思う。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161003-1-001.jpg

相手国に「良くない印象」、日本91%・中国76%

日本と中国の団体が共同で行った最新の世論調査が発表された。釣魚島や南シナ海問題を背景に、中国に「よくない印象」をもつ日本の人が9割を超えるなど、対中感情の悪化が目立っている。

この調査は、日本と中国の団体が今年8月から9月にかけ実施したもの。「相手の国に対する印象」では、日本では「よくない」が91.6%にのぼり、過去12年の調査で2番目に高くなった。中国側も7割を超えているが(76.7%)、3年連続で低下している。

印象がよくない理由として、「尖閣諸島をめぐる対立」が日中ともに6割を超え、日本では「中国の国際社会での強引な行動」が去年より20.3ポイント増の51.3%となっている。中国が、南シナ海問題の仲裁判決を受け入れない姿勢を続けていることなどが背景にあるとみられる。

また、日中の軍事紛争の可能性について、日本では「起こると思う」が28.4%だったのに対し、中国では初めて6割を超え、62.6%となった。

一方で、「日中関係は重要」とする声は両国とも7割を超えていて(日本70.4% / 中国70.8%)、現状を不安視しつつ、両国関係の発展を望んでいるという意識も読み取れる。

また、実際に日本を訪れた経験がある中国人の約6割が、日本に「よい印象」をもつと答えるなど、交流経験の有無がイメージに大きく影響を与えている構図もあきらかになっている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161002-1-001.jpg

日本と戦争になったら中国が負けるって言ってる奴は正気か?

日本の海軍が強いことは認めよう。
でも、陸海空軍、核ミサイル全てを加えても日本に勝てる見込みはないのか?
それに中国と日本という両大国の間なら第三者からの仲裁もある!
だから全面戦争はあり得ないだろうし、経済戦や局地戦になる可能性が高い!
そうなれば更に中国有利だ!





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

161001-1-001.jpg

何でお前ら韓国人や中国人を嫌うの?

1 : 名無しさん

実際に韓国人や中国人と話したりコミュニケーションとった訳でもない癖に




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ