150624-2-1.jpg

間接的に日本の敗戦を招いた七不思議、どれがいちばんの原因か?

日本が大戦で敗戦した原因は多方面にわたる。
多くの直接的な原因がある。
例えば海軍の思想の落後、戦艦の重視。
そして間接的な原因も多い、これから間接的な原因について語る。
多くの日本の軍人も荒唐無稽だと考える「海軍七不思議」
どれが一番大きく重要で、致命的だっただろうか?

1.17メートル艦載魚雷艦型の艦艇の改良を上層部が認めなかった。

2.畝傍の沈没
スレ主:これはわけがわからない。

畝傍 (防護巡洋艦) -wikipedia-
畝傍(うねび)は、大日本帝国海軍の防護巡洋艦である。1886年、フランスで建造され、日本に回航される途中に南シナ海で行方不明となった。艦名は奈良県の畝傍山より名づけられた。正式な艦名は「畝傍艦」である。

3.「陸奥号」の自爆
スレ主:これもどういうことなのだろう?

陸奥 (戦艦) -wikipedia-
陸奥(むつ)は、かつて日本海軍に所属した戦艦である[1]。青森県から福島県にかけての旧国名・陸奥国を名前の由来に持つ。日本海軍の象徴として日本国民から親しまれたが、1943年(昭和18年)6月に主砲火薬庫爆発を起こして沈没した。

4.旧日本海軍の月月火水木金金
スレ主:日本には土曜日が足りていなかったのか。

5.駆逐艦が軍艦ではなかった・・・
スレ主:戦場の死体を掃除する道具だったのだ。

6.資力に基づき、能力に関係のない人事をやった・・・
スレ主:多くの人材の意見は握りつぶされた。

7.潜水艦を輸送艦として使っていた・・・
スレ主:敗戦まで半分も戦闘に投入されなかった。




1日1回応援いただけるとありがたいです!






1.とある中国人

そんな細かいことを話してどうする。
ひとつの原爆が広島を、もうひとつが長崎を攻撃した。
これだけだよ。
投降しなければ日本は沈没していただろう。




2.とある中国人

実は主な原因はアメリカが強すぎたことにある。




3.とある中国人

アメリカのせいとしか。
8年の抗戦もアメリカ無くして日本が投降したとは思えない。
中国に倍の戦力がなければ無理だっただろうな。




4.とある中国人

国軍がなければさらに倍だろうな。
ソ連軍がなければその倍だ。




5.とある中国人

国軍、米軍、ソ連軍がなければ、可能性すらなかったよ。




6.とある中国人

こんなんじゃなく原爆のせいだろ~




7.とある中国人

日本はハワイを攻撃しただけなのにな。
アメリカ本土にすら辿りついていない。




8.とある中国人

>>7
気球爆弾などの裏歴史の科学の過去があるぞ。
実際の効果は大きくなかったけどね。








9.とある中国人

もうひとつ足すべき。
最初に空母を作った国なのにその価値を見出せなかった。
巨艦大砲等を作っていたからだな。




10.とある中国人

戦艦を重視したんじゃないでしょ。
工業がアメリカに及ばなかった。
日本は当然のように空母を重視していたはずだよ。




11.とある中国人

日本を高く評価しすぎだろ。




12.とある中国人

潜水艦を輸送艦として使ったことについては、実際は更に多くの潜水艦を哨戒艦として使っていたぞ。
輸送はその副業だ。
それに海軍の潜水艦の配備は戦前の過激な思想を減らすためにやったことなんだよ。




13.とある中国人

月月火水木金金の問題については、本来は海軍がワシントン条約の後で、鬼畜米英の艦艇との戦力差を埋めるために兵士に厳しい訓練を課したものだ。
月月火水木金金はそのことについての兵士による揶揄だ。




14.とある中国人

月月火水木金金・・・これは海軍だけの問題ではなく日本社会全体の問題だ。
今日まで、日本の会社はずっとこんな感じ。




15.とある中国人

このスレを見ても、表面的には何の問題も見えないな。
だが一人の中国人として見れば、細かく見ればおかしなところがある。
これは日本に同情するということではないが、見ていて気持ちのいいものではない。




16.とある中国人

日本は一部の熱血分子にコントロールされ、戦略上大きく間違えたんだよな。
同時に多くの戦場を作り出してしまったのが敗因だ。








17.とある中国人

我々の歴史書には中国の抗戦の勝利は主に共産党の功労で、国民党は抗戦に消極的で、後ろで縮こまっていたと書いてある。




18.とある中国人

ミッドウェーでニミッツに勝てなかったのが敗因だろう。




19.とある中国人

日本の敗戦の原因はパールハーバーを攻撃したことだ。
その結果ドイツも負けてしまったという・・・




20.とある中国人

人口にも問題があるだろ!
後期になって、日本は15、6、7歳の子供すら戦場に出していたんだぞ。
人がいなくなったんだ。
子孫を絶やしたくないなら負けを認めるしかなかったんだ。




21.とある中国人

最も主要なのは国力の問題だろ。
日本の能力はアメリカの3分の1くらいだったんじゃないか?




22.とある中国人

野心が大きすぎたんだよ。
間違いを犯したからアメリカにやられたってだけ。




23.とある中国人

侵略戦争をすれば負けるのは当然のことだ。




24.とある中国人

ああ、そうだそうだ。
米軍が強大すぎたな。






翻訳元:间接导致日本战败的七大不可思议,哪一件最大?
 






海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





更に海外の反応を見に行く→海外の反応アンテナN


海外の反応アンテナ





コメント

236527. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:23:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>23

現にこいつら侵略してるだろ
236528. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:27:18
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本が負けた原因なんて、中国に手刀の使い手がいたからに決まってるだろ?
236529. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:36:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
便乗戦勝国(自称)なだけあって結構な割合がずれた考察してやがる。
もしかしてWW2の戦争資料って中国共産党指定の非公開資料にでもなってるのか?
236530. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:41:44
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
我が国の歴史書ね、
現支配層による偽史ですよね。
236531. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:42:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
別に日本が戦艦重視だったわけじゃなく
アメリカもイギリスもやたら戦艦作ってるんですが
日本はむしろ開戦後は建造してないので作ってない方
ただイギリスもアメリカも戦艦を作りつつ空母もいっぱい(アメリカは超いっぱい)作ってるからな
工業力の違いとしか
236532. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:57:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
アメリカさえ居なかったら、今頃中国大陸は大日本帝国の一部だったのに。
236533. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:58:34
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
月月火水木金金・・・警視庁特車二課の日常。
236534. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 22:58:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
あれが日本の限界だ。
健闘したと思うよ。
236535. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 23:05:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
無能が多すぎたせいだよ
あれだけ馬鹿ばかりだとドイツ軍の装備持ってても負けるから。
一番有名なのは牟田口だけど、あいつだけじゃないからなぁ。
236536. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 23:14:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
海軍大国と陸軍大国は兼ねるが出来ない、普通に言われた言葉。日本は海軍大国アメリカと陸軍の国中国と同時に戦争してしまった。
島国である日本は海軍大国だから陸軍を引き上げなければいけなかった。
しかし百姓民族日本は土地が増えることを喜び陸軍に力を与えてしまった。こりゃ戦争に負けるわな。
236537. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 23:20:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
陰謀論は安易に信じたくないけど
日本軍上層部に相当数のスパイが入り込んでいて
わざと日本を敗戦に導いたとしか考えられない
そんな事例が多すぎる
236538. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 23:39:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
1.17メートル艦載魚雷艦型
水雷艇は日露戦争で効果が限定的だから止めようと言う話(太平洋戦争でアメリカが効果を上げたのは限定的な戦場のみ)
2.畝傍の沈没
…日露戦争前の話やんwwその戦争は勝ってる
3.「陸奥号」の自爆
当時は火薬の精度が悪かったので明治~昭和までで他にも自爆で沈んだフネは多い(清国も自爆している)大和はエアコンで火薬室を冷却して自爆事故を無くす設計だった。
5.駆逐艦が軍艦ではなかった・・・
水雷艇駆逐艦なので損耗も多いし少佐艦長で軍艦扱いしなかった。(尚、海防艦:シュムシュは大佐艦長で軍艦)
6.資力に基づき、能力に関係のない人事をやった・・・
おまえさんの国に言われとう無いわいwww(派閥は国を滅ぼすで?)
7.潜水艦を輸送艦として使っていた・・・
制空権無いとそんな感じ。ネズミ輸送とかなw
236539. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 23:41:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
工業力の差は莫大
ところが緒戦での日本軍の精強さは日米ともに予想外のもので、アメリカもほぼ戦略の見直しを余儀なくされ、日本は日本で勝ちすぎて一気に版図を広げてしまいその後どうするのかという所が曖昧になってしまった
日本の国力ではそれをさらに広げて米国本土まで蹂躙するなど考えもしないことだったし、アメリカにとっても自国の豊富な資源と潜在的工業力を考えれば慌てることもないところではあった(まあ結構慌ててパニックも引き起こしてはいたけれど)

日本が勢いを活かしきれず力を持て余してしまった間にアメリカがみるみる戦力を増強させた時点で日本の勝利は相当に遠のいてしまったね
236541. 名無しの日本人
  • 2015/06/29 23:54:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那は何の役にも立ってなかったけどな
236543. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 00:05:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
毎月ペースで正規空母量産されて、物量で勝てるわけがない…
なら質で勝つしかないわけだが、ミッドウェー辺りで腕の立つパイロットがこぞって失われた辺りで絶望しかない
236544. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 00:13:22
  • #1Nt04ABk
  • 編集
▼このコメントへ返信
工業力の差もそうだが
国民を戦争に駆り立てて、
軍部の後戻りを許さなかったマスコミ。

なお負けたあとは手のひらクルーして
いまだに国民を導いている気で居やがる。
236545. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 00:18:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まあ日本軍のアホな部分については、割と正確な指摘と言わざるをえない。
1942年後半で戦線を日本本土に縮小し、東京湾に大和、大阪湾に武蔵、日本各地にその他軍艦を配備していたら、B-29はじめ本土空襲の編隊を全滅出来ただろうに。ほんで1944年中に終戦交渉締結していれば、本土が灰燼に帰すことはなかった。
236547. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 00:46:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
歴史の切り口なんて幾つもある。中韓が隣と言うのはいささか痛かった。
弱過ぎる、と言う点が。これが250年と言う停滞を招いた。
250年の差を埋めてあれなら健闘と言う他ない。つくづく技術者で持ってる国だな、
とは思う。工が下から二番と言うのは、体制のためとは言えいささか低過ぎだったと思う。
まあこれは見方の一つでしかない。とは言え今後を考えると結構重要。
特アを基準としてみるのはグローバル社会では綱渡り。
236548. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 01:05:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時は日本も所詮途上国の1国に過ぎなかったからねぇ
ただ途上国日本から見た場合、さらに途上国が多かったからそれらの地域に関しては常勝してただけで
ロシアに勝てたのも学説的には非常に運が良かったにすぎないという説も強い

イギリス、ドイツ、アメリカは当時としては間違いなく先進国のトップを走ってたので、決定的に技術差がありすぎた。
まぁそれでも先進国各国に追いつこうとした日本の経済力・技術力への野心は、相当凄いものではあったんだけどな。
戦後になってアメリカの工業力、特に「規格」という考え方を取り入れて、日本は埋められなかった差を急速に埋めていくことになる
236549. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 01:11:53
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
君もタメ張れるほどの阿保ですな
236554. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 01:45:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
マジレスすると、白人にやられっぱなしだった中国は恥ずかしいと思えよw
本来、アジア諸国を解放するのは中国の役目だろw 中華思想のくせにw
236555. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 02:02:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
なまじ戦争に勝ち続けた結果、外交を軽視しすぎて国際的に孤立。経済的に追い詰められ、開戦せざるを得なくなった。これだけの話
開戦のはるか前、アメリカと正面から利害対立して、交渉で解決できなかった段階で詰んでいた
運用兵器だの、戦術だの見なおしても、敗戦まで少し長くなるだけで結果は変わらないよ
236556. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 04:07:49
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人に的外れの分析をしていただかなくても結構。
日本人は独自に分析をしており、過ちを繰り返さないようにして現在の日本がある。

戦後70年、かつての日本が歩んだ道をなぞっているのがお前らだ。
236557. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 04:36:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236528

いやいや、甲羅の様に中華鍋を背負ってるんだぜ。

背中を見せたら天下無敵、遮るモノ無し。
236558. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 04:55:02
  • #mhQZtlZc
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236555
というより黄色人種国家である時点で詰んでた。
236559. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 06:16:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
スレ主が一番バカであとは割とマトモだと思う。
236560. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 06:25:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
細かいことを言い出したら戦勝国各国にも理不尽というか不可解というか「何じゃそりゃ」な事例は山ほどあるわけで。
236561. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 06:43:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
1945年5月にドイツが降伏した事で、実質上、最後の3ヶ月を日本は一カ国で全世界と戦わなければならなかった。ミッドウェー敗戦の時点で敗北が確定したようなものだったが(和睦の可能性もあったかもしれんが)、負け戦が確定した上でこれだけの期間を粘ったという事の方が、世界的に見て稀だと思う(というか、アメリカ以外に全世界を相手に勝利できる国なんて存在しないだろう
236562. 真実史観
  • 2015/06/30 07:22:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
佐久間象山頭山満孫文汪兆銘等々悲願の、大アジア主義の具現!
①人間脳欠落欠陥ヒトモドキの、人間化包囲網!
戦後70年の今年も、日本極悪軍人ご先祖極悪とお考えの方へ!
 世界が、食民治宗主国や後の凶産カルトの白人に侵略され尽くし、タイ(英仏の緩衝国)と日本の有色人国家が、最後に残った。そして人類が完全征服される直前の、最後の最後に、前門の虎(凶産ソ中)後門の狼(食民治宗主国)に挑んだのが、日本と仲間の同胞(有色人や、弱小国白人)です!
日本は、戦いには敗れはしましたが、同胞が引き継ぎ、戦争目的(互恵・平等・ブロック経済破壊しての自由貿易)は完遂しました(1960年の植民地独立付与宣言)。もし日本、戦わざれば、支配者と奴隷の二極世界のままで、国名も失せ、大和民族は日本族と呼称されていたでしょう。
 日本開国当時、独立国は日本とタイ(英仏の緩衝独立国)のみ!これで一般常識人は完全氷解し、職責者文系凶授の「善悪史観」など、論外となる。

太平洋(白色対有色)戦争
 前門の敵(ソ中凶産主義傀儡毛沢東と欧米列強食民治主義傀儡蒋介石)と交戦(反共戦争)中に、後門の敵(食民治主義の欧米列強)が宣戦布告(ABCD通牒)し、日本(最後の有色人独立国)壊滅を謀った、白人による有色人国家殲滅戦争!

大東亜(有色人自存自衛蜂起)戦争
日本の自存自衛戦争!

 知識操作(整合)回路(思索回路)があれば、「資源無き小国日本は無法の戦国時代に、自存自衛の適者生存戦を展開」は、子供でも解ることだ!

白人残滓の黄禍(有色人のリベンジ)論払拭して「真実が基」の真の同盟へ!
「黄禍(有色人リベンジ)」が白人の恐怖
 日露戦争日本勝利以後の白人(食民治主義・凶産主義)の恐怖は、「有色人連合の黄禍」で、水と油の白人両者は、西安事件以後、この「黄禍論」一点のみで連合した。

②結果、蒋介石汪兆銘中国と共同の日本の反共戦は、西安事件以後、蒋介石軍が裏切って分裂(蒋介石と毛沢東の国共合作)したため、汪兆銘南京政府と日本連合軍との、反共戦に変化。
 そして、隠れていたもう一方の白人、食民治主義国が正体を現し、白色連合の有色人潰し、「黄禍殲滅戦争」が、開始されたのである。「水と油」は、戦後すぐの朝鮮戦争、米国の赤狩り、そして冷戦が、証拠!もし日本戦わざれば、ソ中凶産か米英、いずれかの属国と成り下がり、国名も失せ、日本族呼称となっていた。
 日中戦争ではなく!日中連合反共戦争が、正当呼称!
 日中合作は即座に、有色人対白人の「黄禍」と成り得る。戦後の台湾韓国、そして、日中条約以後の中国の大躍進(世界第二の大国)は、日本抜きでは語れないのが証拠。
 有色人対白人のキーは日本の手中に有るのであって、中国や韓半島ではないことを、このことは実証した。
 食民治主義と凶産主義の白人連合に追い詰められた大東亜戦争は、八紘一宇の「互恵・平等・ブロック経済の破壊」で、対峙が目的なので、「白色対有色戦争」は、先人の意志ではない!目的完遂(凶産国や捏造国のみが残滓)の現在は、もちろん、先人の遺志でもない!
 これ等を踏まえ、「白人の黄禍の恐怖」を払拭すれば、「白人と有色人連合」による、中国と韓半島のドーナツ包囲網が構築可能となり、亜人間(人モドキの支那人や朝鮮人)を、人間へ導くことが出来る。
 田中角栄が米国や戦勝国等と歩調を合わせておけば、遅くともソ連崩壊時に、中国凶産解体しての軟着陸は、可能であった。角栄等職責者(教授・NHK・報道各社)の無知が、消えかかった火(中国凶産)に油を注ぎ、大火となった!

詳細は下記を選択し検索
米国が7年と30億かけた慰安婦最終報告書が炙り出す真実
真実史観目次子孫へ遺す血と汗と涙の表意文字で書かれた日本適者生存史

真実史観
236563. 
  • 2015/06/30 07:28:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本が大平洋戦争で負けた理由?簡単。

一つが、米国との総合的な工業力の差。
一つが、自国近郊の有効的な資源の乏しさ。
一つが、無駄な戦域の拡大に拠る兵力の分散。これに拠る兵站の崩壊。
一つが、陸軍と海軍の武器弾薬の規格の違いに拠る無駄。

大まか処だと、こんなもんかな。
236565. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 07:54:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
流石、よく調べもしないで、つらつらといえるもんだなw
1次大戦から戦間期と2次大戦がごっちゃだし、そのうち現用自衛隊と平安時代くらいまでのもいっしょくたにされるぜw
236569. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 08:47:08
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
軍艦についてはいっつも素人の人が「この船種が欲しい!」って思えば
翌週にできてるもんだと思って発言するからちょっと困るんだよなぁ…
建造に2年とか設計からなら5年とかかかるんですよ!
空母が欲しい!っていま思っても普通の国は2年先にならないと完成しないの。

…アメリカは末期には商船船体ベースの護衛空母を毎週就役させてたけど…
236570. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 08:53:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本が負けたのは大国と渡り合ったからだ。
そのの原因は報道が加熱して政府や軍の弱腰を責め立てて
過激な世論の醸成に積極的に関わったからだ。
その結果過激な日本人が出現し、政治家軍人本人やその家族まで脅迫するに至った。
現在の日本でもそうだろう❔。
特に朝日などはその筆頭だろう。
戦前は過激なナショナリズムを煽り、戦後は戦勝国側の共産主義者側に立って反体制を煽った。
その結果が過激な社会主義運動や左翼テロ集団が発生して公務員や民間人の殺傷
公共財産私有財産の破壊に走った。
一部は海外にまで出張ってテロ活動を行った。
これは全て朝日などの報道姿勢の結果だった。
報道が騒ぎ立てる時は決して信用してはならない。
報道は昔から針小棒大に煽る集団だからだ。

236571. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 09:08:08
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「学校のかいだん不思議の、一体どれが原因で廃校になったのだろうか?」

そんな的外れな議論して楽しいのか? 中国人は。
そりゃたまにはバカな事を大真面目にやるのも面白いものだが、それはと別の意味で、本気で真面目な話をしようとしているようにしか見えんぞ。

236573. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 11:37:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦争せざるを得ない状況に追い込まれた戦前の外交に問題がある。
開戦の勢いで講和停戦に持ち込むまでの具体的な計画がなかった。
236575. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 12:04:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ちょっと考えれば分かることだが、この七不思議とやらがすべてなかったとしてもアメリカには勝てない。
決定的な敗因を上げるなら国力差としか言いようがない。

運用や性能、指揮能力とか日本軍に問題点が色々あるけど、
例えアメリカと同じ戦い方をして互角の被害を出したとしても、
(実際は性能、数による戦力差があるから、同じ戦い方でも相当不利になるが)

戦中の正規空母建造数が9対22でアメリカは13隻も余るわけで結局勝てない。


236576. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 12:12:23
  • #2NKnmN5w
  • 編集
▼このコメントへ返信
敵を知らず、己を顧みず戦に臨めば運にも見放されるというもの。
仮に国力がアメリカと互角であったとしても勝てなかっただろうな。
236577. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 12:17:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
全部近衛が悪い
236615. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 17:39:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>月月火水木金金

おれ理容師なんだけどこれだと完全週休二日制だな。www
236644. 名無しの日本人
  • 2015/06/30 22:46:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
敗戦は最初から予想されていたことだけど、
やっぱり一番大きい出来事はソ連軍の参戦だね、これで決定的となった。
原爆など空襲の1つでしかない。空襲での民間人虐殺だと決定的な理由にはならないね。
兵士が攻めてこないと駄目。
236743. 名無しの日本人
  • 2015/07/01 11:43:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
元々負けると分かってたのに軍部がアホだから突っ走った。国益よりも省益なのは
今も昔もかわらん。
欧米列強ガー!白人の植民地ガー!!ハルノートやABCD包囲ガー!!!とか言って反省しないのはただのアホ。
相手の悪意なんてあって当然。それを織り込んだ上でどうそこを切り抜けるか考えるのが外交だろう
236841. 名無しの日本人
  • 2015/07/01 16:11:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>元々負けると分かってたのに軍部がアホだから突っ走った。
誰が負けると分かってたの?軍部でしょアホなら負けると事自体が分からないよ。開戦半年前に陸軍がやったシミュレーションで、
相当なインチキでもやらなきゃ勝てないことも分かっていた。かといって中国を手放すなどしたら、当時のマスコミ、特に海軍旗を
モチーフに社旗を作った某新聞が黙ってなかった。めっちゃ国民を煽ったんだよ。太平洋戦争は情報操作された民主主義の一つの
形だよ。
236853. 士農工商
  • 2015/07/01 17:18:13
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236547
>工が下から二番と言うのは、体制のためとは言えいささか低過ぎだったと思う。

「士農工商」を指してるのだと思うが、あれは一種の捏造だとばれて教科書から削除されたよ?
もともと古代中華を起源とする「みんな」という意味の四字熟語で、中華圏でも日本でも序列を意味する言葉として使われた事実は無い。

ちなみに「士農工商」という身分制度が存在しないだけで、日本に身分制度はあったし、かの四字熟語も本来の意味でなら使われていた模様。

そんな事より、誰がどのようにどういう意図でこのような出鱈目を定着させたか調べて欲しい。
「江戸しぐさ」と同じ臭いがする。
236868. 名無しの日本人
  • 2015/07/01 19:57:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
実は日本は米海軍の空母を11隻も撃沈しているが
その間にアメリカは102隻の空母を建造している
まあ勝てるわけないね
236880. 名無しの日本人
  • 2015/07/01 21:36:18
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
正直、今の新国立競技場の顛末見ていると

・・・笑えねぇ
236951. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 00:44:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まあ中国人も、近いうちにアメリカ相手に自分の力を試すことになるだろう
日本並みに粘れたら褒めてつかわすw
236991. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 08:58:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
月月火水木金金は、平時でも訓練で一度出航したら燃料等の運用コストの問題から寄港せずに土日(休日や半休)がないことを表現したもの。
寄港すれば、しばらくは土日土日土日土みたいになる。

例えば、実際には月の第1~3週までが月月火水木金金で第4週が土日土日土日土、みたいな感じ
世界中の外洋に出て行く船なら、軍艦・民間問わずみんなそうだろ
236993. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 09:15:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
6番だけがマトモな意見で後は問題にならない。
237003. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 11:27:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
なんで日清戦争で日本に敗北したのか。そっちの分析でもやってたら、日米決戦は支那・中国山賊強盗集団には分析不能の決戦。
237063. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 15:31:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
1.とある中国人

そんな細かいことを話してどうする。
ひとつの原爆が広島を、もうひとつが長崎を攻撃した。
これだけだよ。
投降しなければ日本は沈没していただろう。


↑やっぱり完全にアメリカが世界中でプロパガンダした内容と完全一致

GHQが著書で既にゲロったよ。
アメリカは日本の降伏の通達を黙殺して原爆を落としたと。
最初から核兵器が間に合えば落とすつもりでいて落としたに過ぎない。予定じゃ日本の都市に12発。
さすがシナ朝鮮はネットフィルターのある情報統制国家だよ。世界がどんどん情報更新して歴史の真相が明るみに出ているのに。
237075. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 17:23:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
2.英のコントロール下にあるよう指導された
3.陸奥号は機関の整備を必要としていた(最大船速が21kt程度)。損傷を期待して最前線に投入したかったが、
結局、速度不足で護衛の駆逐艦を必要としたという英東洋艦隊戦艦以下のマイナス戦力(負債)となった。
日本の艦隊運用は18kt巡航だったので囮に徹するなら運用出来た筈なのだが。
ちなみに米軍は日本近海で24kt機動を行い、38、58の名称による混乱も含めて、米軍の空母数を過大に算出して
戦意を喪失している。
237084. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 18:27:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日清・日露戦争及び第一次世界大戦が日本が勝ったのには、内部に裏切り者がいなかったからであり、逆に太平洋戦争では内部は裏切り者だらけ、シナ盧溝橋事件も半島人が仕掛けて日本を戦争に巻き込んだし、太平洋戦争、硫黄島でもアメリカ軍上陸した途端半島出身日本兵すぐ降参し、栗林仲條率いる守備軍陣地塹壕を正確に米軍に教えてそのせいで硫黄島1ケ月で陥落日本兵は玉砕したことアメリカもこの頃、気が付いてきた。

竹林はるか遠く」「和夫一家惨殺事件」等、8月15日終戦を機会に、韓国朝鮮人が裏切り満州開拓団ほかをポアしまくった半島人の残虐さ、戦後それを隠し侵略されたと国家的に日本を騙す悪賢さ、いかに韓国朝鮮とは付き合わない方が日本の為と言うことが理解できるがいまだそれを理解できない民主党などが存在する。
237099. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 20:57:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
大日本帝国陸海軍を天皇直属から、内閣総理大臣麾下へ大日本帝国憲法改正が出来なかった事。
今なお日本国憲法改正が出来ないという、同じ失敗を繰り返している、バカ民族。
237104. 名無しの日本人
  • 2015/07/02 21:58:11
  • #Z5pQUshY
  • 編集
▼このコメントへ返信
フリーメーソン山本五十六。

空母8隻、「大和」、「武蔵」など戦艦11隻、巡洋艦22隻、駆逐艦65隻、潜水艦20隻など合わせて艦船200隻、総トン数150万トン、さらに飛行機700機を含めて動員数10万人の将兵。ミッドウェイ。こんな陣容でなぜ負ける。虎の子の空母4隻と大勢の熟練パイロットが一度に逝った。

裸同然で空母部隊を突出させ、自らは大和ホテルで、その主力部隊と共に400キロ後方で高見の見物。防御力の高い主力部隊が護衛していたら4隻もの空母が撃沈されるなど有り得ない。これが大方の反対意見を押し切ってやった彼の作戦だ。真珠湾、珊瑚海・ミッドウェーと彼は作戦を発案し、暗号変更の薦めに耳を貸さず、日本軍を壊滅させる為に情報駄々漏れ状態で戦いに入って行く。

そしてほぼ目的を達成すると、氏を偽装してトンズラした。こんなスパイが中枢にいてまともな戦いになる訳がない。
237370. 名無しの日本人
  • 2015/07/04 14:21:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人のコメを読んで
中国が歴史的に弱い理由が非常によくわかった
237386. 名無しの日本人
  • 2015/07/04 15:30:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
理由は挙げ始めたらきりがないがこの7つは全部関係ない
原爆も関係ない、原爆投下前に日本は講和を申し込んでる
物量的にそもそも勝てない相手と無謀にも戦ったこと、そしてそうなった理由として
※237099で指摘されてるところだろうな
237522. 名無しの日本人
  • 2015/07/05 05:23:43
  • #/9VDcN2M
  • 編集
▼このコメントへ返信
この程度の認識で太平洋の半分ヨコセとアメリカにのたまわったあんたらはスゴイ。
237689. 名無しの日本人
  • 2015/07/05 20:43:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
外交だろ、ドイツと同盟した時点で負け
お互い国内貧富差激しくて反共同士だったんだけどね
238176. 名無しの日本人
  • 2015/07/07 22:17:09
  • #irtB94os
  • 編集
▼このコメントへ返信
石油資源が不足していた,これに尽きる.そもそも潤沢に石油があれば戦争する必要も無かった.
エネルギー源を自国に持つ,これが日本が明治維新以来,求め続けてきて未だに実現できていないことである
238323. 名無しの日本人
  • 2015/07/08 11:09:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
な、なんでこいつら日本の事こんなに知ってるんだよ・・・
日本人が喋ってんのかと思ったわ
238608. 名無しの日本人
  • 2015/07/09 21:40:54
  • #4nHpPTls
  • 編集
▼このコメントへ返信
※238176
オランダ病とかあるし経済的には二次産業より三次産業の方が儲かるしその点日本国民は良質な労働力だから最適。
オランダ病は一次、二次産業が資源の遍在性に振り回されて弾三次産業に発展しない上経済基盤が作れなくなる病やけど日本はこの心配がないともいえる。
問題は資源がないと戦争できないことだよな。
フランスは第一次産業から第三次産業まで飛び越して第二次産業をほったらかしにしたら第二次世界大戦が起きてドイツに対抗する兵器を作れなかったのも敗因。
それの反省で国産メーカーにこだわったりエネルギー自給のために原発に依存したりしてる。
まあ何が言いたいかって言うと資源があるないは戦争には有利だけど経済には不利だったり長所でも短所でもあるってこと。
日本って戦争に向いてないんだよねえ。
やっぱ平和主義でいいんでないのって思う。
まあ事実上軍事同盟の国連に加わって軍事力でも平和に貢献するっていうのは賛成だけど。
238739. 名無しの日本人
  • 2015/07/10 09:29:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
シナ人にまで、○カにされる旧日本海軍
そう日本人は有能な○カなんです。
軍隊の戦闘能力は素晴らしいが、政治家と国民が○カなので
戦争には勝てない。これは今も同じ。

シナ人は、無能だけど人間の本質的なところが狡猾残虐冷酷なので
戦闘には負けても戦争には勝つ。これも今も同じ。
238758. 名無しの日本人
  • 2015/07/10 12:28:01
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
流れぶった切るようで悪いけど、指揮官がまともで山本五十六がスパイじゃなかったならば
そもそもミッドウェーで負けなかったし講和もしてた。
あと敗因として国力の差が上がってるのよく見かけるけど、
国力の差が影響してこないうちに短期決戦で片をつけるのが山本五十六の基本方針じゃなかったっけ?

とりあえず中国は尖閣諸島かえせ
238839. 名無しの日本人
  • 2015/07/10 15:50:04
  • #4nHpPTls
  • 編集
▼このコメントへ返信
※238758
総力戦の時代だから。
短期決戦とかトレンドじゃない。
あとミッドウェーで勝ったからまだ戦おうってアメリカが決意したわけじゃなくて、真珠湾の不意打ちってことで国民は「リメンバーパールハーバー」とか軍隊は「キル・ジャップス」を合言葉にしてる。
つか、イギリスに借金してたアメリカはイギリスに日英同盟破棄させたりワシントンのあれで日本の海軍力抑えようとしたり相手を仮想敵国として考えたのはアメリカの方が早い。
勝つまでやるのは計画の内だから、米国民が日本に勝つまで戦うってモチベーション作るためにメディアコントロールも計画のうち。
238930. 名無しの日本人
  • 2015/07/11 01:31:34
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
対アメリカでの緒戦では戦力的に日本軍の方が上だった。しかしそれは最終的な勝利とは関係ない。
だけど、せめてまともな戦いをしていれば兵士も情けない思いをしなくて済んだかもしれない。
空母を中心に円陣組まなきゃいけないのに戦艦は遥か後方で負ける所を確認してるだけ。
中枢が腐っていればいくら戦力があっても、大きな標的にしかならない。

最後の2年間、アメリカは日本に石油を輸出して戦争を継続していた。原爆を落とす為に。
政府から配信された歴史に何の真実もない。勝てなかったし勝つ気もなかった。
正直者だけが罠と知らず国を想って戦ってたんだ。
238968. 名無しの日本人
  • 2015/07/11 08:21:18
  • #4nHpPTls
  • 編集
▼このコメントへ返信
※238930
日本の軍部は官僚制でどう見ても必要なことが提案する人の立場や組織間のセクショナリズムで実行されなかったり、
海軍がミッドウェーから続く大敗を陸軍に隠し続けたりした点、日本最大の売国奴。
天皇も止めればよかったのになあと思う。
239038. 名無しの日本人
  • 2015/07/11 14:12:15
  • #F/m716PQ
  • 編集
▼このコメントへ返信
誅瑕が日本に勝利したってなら、WW1では、日本はドイツに勝利したって事になっちゃうが、そんなことを思う日本人は一人もいない。これは中華人民共和国人民と日本人の大きな違いだ。また、テーハンミングック人民と中華人民共和国人民の大きな共通点だ。
239210. 名無しの日本人
  • 2015/07/12 07:56:55
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日露戦争以降の外交がクソ過ぎたのが原因
あと現代の日本もそうだが情報戦が脆弱すぎた
239219. 名無しの日本人
  • 2015/07/12 09:16:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
敗因っつーか最初から勝つ気なかったというか別にそこまで勝利に固執してなかった。
主目的はアジア諸国の開放。支配権は既に押さえていて開放するタイミング伺ってただけだろうし。
何の後ろ盾も無く開放すればまた支配されるだけ。後ろ盾になるには日本は非力すぎた。そこで白羽の矢が立ったのがアメリカってことだ。
南北戦争やったアメリカならまさかもう植民地支配なんてもうしないだろうし。
適当なところで講和に持ち込むつもりだったけど復讐に燃えるアメリカはそれを許さなかった。そんだけのことよ。
あくまで日本にとって戦争てのは外交手段に過ぎなかった。それが敗因っちゃ敗因になるね。
アジア諸国の開放の功績を自分のモノにしたかったアメリカ。その辺は戦後の歴史教育に如実に表れてる。
ベトコンで全部台無しになったけどなw

239235. 名無しの日本人
  • 2015/07/12 11:08:24
  • #4nHpPTls
  • 編集
▼このコメントへ返信
※239219
>南北戦争やったアメリカなら植民地支配なんてしないだろうし
いや、フィリピンとか抑えてるし。
そもそもなんで南北戦争やったから植民地支配はしないって結論になるの?
239302. 名無しの日本人
  • 2015/07/12 21:33:09
  • #Z5pQUshY
  • 編集
▼このコメントへ返信
日露戦争で作った借金を1980年代まで日本は返済し続けた。
利益を得るのは借金取り。そして彼らが主導して起す。それが戦争。

何の為の戦争か。いつも議論されてることは、本当の理由を紛らわす為の屁理屈でしかない。
239495. 
  • 2015/07/13 16:41:58
  • #
  • 編集
▼このコメントへ返信
このコメントは管理人のみ閲覧できます
239509. 名無しの日本人
  • 2015/07/13 20:54:55
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236562
と、貴殿は真実と見なしている事実を認めましょう。

勝てなければ、負けない戦略を選ぶべきで【大東亜戦争開始】が最良の策とは思えない。
口だけ約束、はぐらかし、ごまかし(稀に協調)なんでもござれ。

過去は変えられないから、当時の日本人全体を批判しない。
これからの時代を面白可笑しく切り開きましょうね。(笑)
239511. 名無しの日本人
  • 2015/07/13 21:19:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※237063
長崎にプルトニウム原爆を投下した後、アメリカには“その次”がなかったと聞きますね。

怯える相手にブラフは有効と言う事で。
239719. 名無しの日本人
  • 2015/07/15 00:40:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
アメリカと開戦した時点で負け確定でしょう。
国力があまりにも違いすぎる。 元の条件、すべてミスなくても、
真珠湾で完勝しようがミッドウェイーで勝とうが、終戦が遅れるだけで
必ず負けていた。
239730. 名無しの日本人
  • 2015/07/15 01:33:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
パールハーバー攻撃→開戦はアメリカの差し金なのに、
何を言ってるんですかねぇ・・・所詮は情報統制された中国の妄想か。
239823. 名無しの日本人
  • 2015/07/15 14:32:39
  • #rq.2RHBs
  • 編集
▼このコメントへ返信
真珠湾攻撃は日米共に予想外の戦果だったんだよ。アメリカはもちろんわざと攻撃させたんだが
まさか全滅に近い被害を受けるとは夢にも思っていなかったし、日本もここまでの戦果を上げられるとは
思っていなかった。  で、日本の軍の上層部は”日本ってすごくね?アメリカってチョロくね?”って
慢心してしまって逆にアメリカは”こりゃちょっと本気出さないとまずいな”と国を挙げて対応してきた。
日本は本当ならソビエトが日本側につくと思っていたのにドイツが攻め込んでしまってアメリカと停戦交渉を
する予定が出来なくなってしまった。あとはズルズル消耗戦になって国力の差が出てしまった。
ドイツと同盟を結んでいなかったら落としどころがあったかもしれないと思うんだが・・まあ終わったことだし
たらればは、まさに敗者の言い訳にしかならない。
240157. なんなっしーの日本人
  • 2015/07/17 03:35:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>最も主要なのは国力の問題だろ。
>日本の能力はアメリカの3分の1くらいだったんじゃないか?

粗鋼生産能力で言えば日本は昭和13年で設備800万t生産400万トン。米は開戦時8000万t。
これが昭和19年日330万t対昭和19-20年米1億tと30分の1。
火薬生産は100分の1まで格差がついた。1/3までの格差は軍用機生産数くらいじゃアルミホイル。

米は総合的国力の1/3を対日戦域に振り向けたというのが定説なので、3倍の格差なら日本近海でのパリティは日本が
数倍有利となり米軍は通常戦力では攻めあぐねるね。
昭和19年末史実は日本近海換算で10倍程度の戦力差、距離比率で逆算すると100倍の差。
これは太平洋南東方面で無駄に消耗したのがたたっている。戦争がへたくそすぎた。
うまく守備していれば30/10の根、1.7倍差で戦い守備群勝利で負けなかったはずだ。
240373. 名無しの日本人
  • 2015/07/18 09:44:17
  • #sW.pyMog
  • 編集
▼このコメントへ返信
細かな話かもしれんが、真珠湾の軍港機能をもっと叩いておけば勝機はあったかのも知れない。
国力の差が出だすのはもう少し後になってからで、初戦時には日本の方が圧倒していた。
空母ヨークタウンが真珠湾で大修理の末、ミッドウェーに出てこれたのは軍港機能を残したため。
ヨークタウンが居なければエンタープライズ1隻しか残されていなかったのが当時の米海軍。

米機動部隊を叩き潰す唯一のチャンスを逃して負けてしまった。

南雲中将の責任は重い。
240568. 名無しの日本人
  • 2015/07/19 00:13:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
栗田ターンが入っていないとか・・・
240642. 名無しの日本人
  • 2015/07/19 10:53:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
開戦に踏み切った理由も負けた理由も資源。
240969. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 09:52:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
太平洋戦争って日中戦争を止めないために始めたようなもんなんだよな
今やってる割といっぱいいっぱいの戦争を継続させるためにさらに強大な敵に第二第三戦線を開くという無能っぷり
それを進めたのが陸軍の躍進ぶりに危機感を抱いた海軍
よーしそれならパパアメリカに勝っちゃうぞーと始めた太平洋戦争の結果はご存知のとおり
戦争に至る経緯から実際の戦局までみても海軍の出鱈目っぷりは際立っている
組織のものが腐っていたとしか言いようがない
軍人も所詮は官僚
日本人が最強を信じて疑わなかった海軍は
実際は過去の実績の上に乗っかって甘い汁を吸っていただけの連中の集まりに過ぎなかったということ

241095. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 18:46:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まず戦争に対して戦略が無かった。目の前の戦争ばかり見て、その戦争の終結方法、そこにもっていくまでの道筋、必要な戦闘、それに必要な資源。それらに対して無関心で、ただただ敵を倒すことしか考えてなかった。
これに尽きる。

あとは誰も責任を取らないことか。ダンピールなんて
現場「制海権ないのに輸送とか無理だから!」
上「軍議で作戦として決定したから、全滅覚悟で行け」
とかやったくせにお咎めなし。インパールも同様。

負けるべくして負けた。
241310. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 17:13:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本は負けてはいない。降伏をしただけ。
241341. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 22:08:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
さすが白人に泣きついて日本人に出て行ってもらっただけの哀れな中国人は言うことが違うwww本気でバカだなwww
実は侵略してたのはアメリカのほうなんだよ!地図見りゃ馬鹿でもわかるぞww
確かにあの当時日本はグアムサイパンも陥落しその領土としていたが、その前はアメリカによって植民地化されていたのさ
ハワイだってもともとはハワイ王国であってあれもアメリカに植民地化された被害者がわでフィリピンも同じくだ。
つまり第2次大戦開始前まではすでに日本は包囲されていたのさ。戦争しようがしまいが奴隷的植民政策が待つだけだった。
だから戦うしかなかったってのが本当の歴史。そしてB29の開発は1935年に始まっているってことも重要だ。
つまりアメリカは最初っから日本を空襲する計画を立てていたわけで、あとは日本から宣戦布告させるだけってとこまで準備できていた。
日・独・伊・三国同盟もマフィアを味方につけてイタリアから先につぶす計画で、これもあっさり成功しており、イタリアが真っ先に降伏している
これによりドイツはヨーロッパ戦線で孤立し・日本との技術供与もできなくなり、包囲されるように降伏に追い込まれる。
この時点でも日本だけはあきらめず、そして仕掛けられた罠に気付かず、ボロボロにされていったってのが正解だ。中国人が日本に抵抗できた理由は簡単だ日本は立場上同じアジアの人間を攻撃できなかった。飛行機も戦艦もない中国がもし日本が本気で攻めたら勝てたか?考えるまでもなく日本が本気で中国を責めていたら2か月もかからず焼野原になっていたよ。
241544. 名無しの日本人
  • 2015/07/23 00:02:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
負けた理由なんて腐るほどあるけど、1番はゴールである油田地帯が遠すぎたってことでしょ
日本の戦力であんな長い輸送路を国力の勝る国から維持できるわけないやん
満州あたりで石油と資源がガッポガッポ出れば、防衛一本で負けは遅らせられたかもね
そもそも、それなら戦争しないか
242024. 名無しの日本人
  • 2015/07/24 21:41:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>侵略戦争をすれば負けるのは当然のことだ。
せやな(ベトナムを見ながら)
242283. 名無しの日本人
  • 2015/07/26 14:39:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※240969
その通り。前大戦の敗北は日本海軍の敗北に他ならない。
戦後に元海軍関係者が流布した「海軍善玉論」に毒された連中が多すぎる。
242360. 名無しの日本人
  • 2015/07/26 23:06:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そういや満州権益で、アメリカと揉めたのが諸々の遠因とかって話を聞いたことがある
それが正しいかどうかは別にして
満州権益あたりまで遡って、アメリカと仲良くしてたら
その後、アメリカと戦争しなくて済んだのかな?
242424. 名無しの日本人
  • 2015/07/27 11:00:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※240969
多分日中戦争自体最終的に勝てなかっただろうしなあ。あの国は広すぎる。
242746. 名無しの日本人
  • 2015/07/28 23:41:18
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※242360
満州については義和団事変の後
勝手に居座ったロシアが尾を引いてるからねぇ・・
もうロシアとやるしか無いってイケイケになった日本に
アメリカが脅威を感じていったって流れだと思う。

当時のアメリカは国際的には日本と同じ新興国扱いって感じだったし。
のし上がるには戦争で勝つことが主流な時代だしね。
243013. 名無しの日本人
  • 2015/07/30 21:59:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
6と7はまあ正解
あとは向こうのマニアのジョークネタだな
243651. 名無しの日本人
  • 2015/08/02 22:24:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
これでわかるのは、近代戦史や政治史は日本では大衆小説になってる程度のことさえ中国では隠匿されているということだろうな。
244336. 名無しの日本人
  • 2015/08/06 02:43:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
朝鮮人を根絶やしにしておけば
満州国も必要なかったし
15年戦争もなかった
つまり第二次大戦が起きても双方に武器を売る立場になれたって事だ
244376. 名無しの日本人
  • 2015/08/06 12:40:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
しょっぱなから特攻しとけば有利に講和出来たかもね
244520. 名無しの日本人
  • 2015/08/07 01:00:02
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
最も大きな原因は軍内部に紛れ込んだ共産コミンテルン活動家の作戦妨害活動だね。
ベルン駐在中国国民政府の武官が米国からの最重要情報として「日本政府が共産主義者たちに降伏している」と打電した
と言う話もある位だからね。
近衛、東条英機の両首相をはじめ、『戦争と共産主義』序文で大東亜戦争を指導した我々は
スターリンと尾崎に踊らされた操り人形だった」と振り返っている。
20世紀の共産主義によって殺された人々の概数は約1億人にも達するのだ。
日本がドイツと同盟したのもコミンテルン第7回大会(1935年7~8月)、日独を公然と敵視し、
国際的に敵対行為を活発にしたからだ。これが「日独防共協定」の事情である
正式名は「共産インターナショナルに対する日独協定」である。
決して共同で国防に努めるなどと言う協定では無い共産 主義の脅威からの共同防衛を約したものなのだ。
244522. 名無しの日本人
  • 2015/08/07 01:23:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ドイツと手を組んだ癖に、全く共闘を考えなかったアホの所為だろ。
なんのために同盟結んだんだかわかりゃしない。

245189. 名無しの日本人
  • 2015/08/10 16:30:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
 太平洋戦争の前のハワイの人口約100万人
全家庭で銃器を持っていると推定される。
(フィリピン・中国大陸と大きく違うところ)

 日本陸軍がハワイに上陸、占領するには
最低80万人(約50個師団・当時の陸軍の全戦力)
で半年以上1年くらい掛かる。其の間、80万人分の
武器食料の補給が必要

 日本陸・海軍の力だと3万人(2個師団)
の武器食料の補給も難しいでしょう。
(ガナルカダルで実証)

 ハワイを占領出来ない以上
日本に勝つ見込みは在りません。
245484. 名無しの日本人
  • 2015/08/12 10:30:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
アメさんがソ連にいいように操られて、本来味方につけとかなきゃいけない日本を敵認定しちゃったからだろ。

マッカーサーやら何人もの人が戦後に後悔してるじゃない。

強い日本を解体したもんだからソ連と対峙する仕事をアメさんが受け持つ段になって初めて気が付いたってさ。
245564. 名無しの日本人
  • 2015/08/12 21:01:47
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本海軍海軍力第三位とかいわれてるけど、絶対二位イギリスじゃなくて日本だろ
245586. 名無しの日本人
  • 2015/08/12 23:09:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※244376
あんた、後ろ見てみな・・・
246337. 名無しの日本人
  • 2015/08/15 23:41:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
国際連盟脱退とか意味わからんかったんやが
246397. 名無しの日本人
  • 2015/08/16 10:22:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
清は領土が広大だから、西欧列強に少しくらい割譲しても鷹揚に構えていた。
日本は土地が狭く、割譲されたら死に体になるから必死で明治維新を成し遂げた。
清は官僚の地方支配が強固で、中華民国樹立までの道のりが長かった。
日本は藩の寄せ集めで、幕府の力が清ほど強くなかったから帝国成立が速かった。
中国は現在拡張政策を取ってるが、あまりにも遅すぎるよ。
次に世界から叩かれるのは中国だから。
248765. 名無しの日本人
  • 2015/08/28 22:08:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※240969
日本海軍って陸軍と違ってやたら上げられてるけど
秋山の神がかり的な予測でへとへとのバルチック艦隊に勝った戦闘以外誇れる戦績あるの?って感じ
プリンスオブウェールズ撃沈があるか
後は日本の資源を徹底的に無駄にしたゴミ組織だよ、装備が派手なだけの
殆どは陸軍(つまり一般人)の根性で日本は勝ってきた
250261. 名無しの日本人
  • 2015/09/05 14:52:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
油が必要だ、南方から輸送しよう
→輸送船団に護衛つけてくれ
→海軍の仕事は決戦だ、護衛なんてやってられるか
→油が届かないよー、戦艦動かせないよー

ほんと海軍はやる気あるの?馬鹿なの?
250761. 名無しの日本人
  • 2015/09/07 16:03:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
アメリカに喧嘩売ってけっこうボコってやった国なんか日本だけだろ
250861. 名無しの日本人
  • 2015/09/08 00:09:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
工業力の差ってのが上がってるけど、「工業力を最大限に利用できるように、モジュール化、ユニット化をしてなかった」のもある。
250902. 名無しの日本人
  • 2015/09/08 08:08:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※250761
イギリスとかワシントン炎上させているがな。
252945. 名無しの日本人
  • 2015/09/16 20:03:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※250261
マジレスするとマジで護衛に付ける艦なんて無い
んな事やってたら制海権維持が出来なくなる。そして制海権が無ければ潜水艦なんぞ気にしてるどころじゃなくなる
(制海権を失えば護送船団なんてやった所で敵艦隊に一撃で食われる)
史実でも最終的にはフィリピンを取られて補給線が叩き切られている。

とどのつまりは前線と補給線護衛双方に当てる艦艇を建造するだけの生産力の差、と言う事になる
イギリスだって相手が制海権奪取力が枢軸国(日本以外)が相手だから船団護衛に全力出してただけ
アメリカ相手に前線を支え、補給線も守る海軍力を構築できる国なんて、それこそアメリカ以外にない
253690. 名無しの日本人
  • 2015/09/20 10:54:18
  • #jjTL4YWY
  • 編集
▼このコメントへ返信
どうあがいてもアメリカが存在する時点で日本の負けは決まっていた。

根本的な日本の悲劇の原因は、日本人が自分たちは強いと勘違いしたこと。
情報統制も行き過ぎれば、国民が現状を全く認識できなくなるから、今の韓国みたいに国民がまともな思考ができなくなる問題がある。
そうなると国がどのようになるかは見ての通り。

馬鹿な行動も止める事は出来ず、ただただ暴走していくだけ。
その点中国は国民を完全に奴隷として扱っているので、反逆でも起こさない限りこの問題が起きない。
情報統制は国民を人として扱う国には結果的には害にしかならない。
253874. 名無しの日本人
  • 2015/09/21 01:33:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236545
アホか…本土まで攻め込まれたらその時点で終わりなんだよ…
中国から攻め込まれないように朝鮮併合、ロシアから攻め込まれないように北方領土
連合国から日本を守る為に東南アジアを植民地にしてたんだろうが

255113. 名無しの日本人
  • 2015/09/26 13:45:45
  • #3un.pJ2M
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人は韓国人よりまともに太平洋戦争を評価できる人間が多い事がよく分かるね。
韓国人なら、こういう評価にはならないだろう。
255528. 名無しの日本人
  • 2015/09/27 23:31:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
愚かな海軍が、これまた大ばか者の山本五十六に「引きずられて、最初の防衛計画を放棄してしまったのが原因。
戦後も「海軍は戦争反対だったが、陸軍が戦争を選んだ」などとデマ宣伝作戦をGHQと共に広めたのも胸糞が悪い。

それでも、個々帝国の軍人さんは最高の勇気と努力で戦ったと思う。 我が国の軍隊こそは世界のなかで唯一、無益な
大量虐殺、非戦闘員の殺戮を行わなかった高潔な軍隊でありました。 ロシア人、アメリカ人、シナ人、イギリス人の振る舞いは
まさに「鬼畜」としか言いようがない。 
それでも250万人もの犠牲を払ってまで、アジア、アフリカを解放するべきであった、とはおもわない。

255865. 名無しの日本人
  • 2015/09/29 16:16:32
  • #SFo5/nok
  • 編集
▼このコメントへ返信
勝ったら(引き分けても)七不思議とかネタになるけど、負けたのには七不思議とかいらんやろ
256045. 名無しの日本人
  • 2015/09/30 11:45:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
細かい点は一杯あるけどさ、引き際、引き方を見出せなかった事でしょ。
あるいは、壮大な理想はあったけど、具体的な目標がハッキリしてないし、
最初から終わりを定義してなかった感じもする。
全て理想的にこなしてたとしてもアメリカ降伏に持ち込む国力/工業力はなかったのにさ。
256165. 名無しの日本人
  • 2015/10/01 00:53:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
主に満州事変を始めた馬鹿な関東軍のせい。実質満州は日本の物状態だったのに理想国家建設という誇大妄想にとらわれた石原らが陛下の命令も無視して満州国なんて国を作ってしまった。陛下も政党内閣も最初は正当性を否定していた存在なのだから当然の如く諸外国に認められるわけもない。陛下の命令に背いた時点で関東軍を逆賊として抹殺すべきだった。
256173. 名無しの日本人
  • 2015/10/01 06:25:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
対潜能力の差はかなり大きかっただろうな。
日本の潜水艦が活躍できていれば戦略は変わっただろう。
257082. そんな若菜
  • 2015/10/05 19:59:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
・国力とそれに見合った戦略立案ができなかった。
・情報軽視
・硬直人事(兵学校席次順のTOP人事、銃後の生産力を無視した召集令状)
・人命軽視(神風や回天以前に、飛行機に防弾装備がないといった以前に「生きて虜囚の辱めを受けず」といった個人レベルでの人命軽視思想。)

考えつくのはこれくらい。

国民党と共産党のそれぞれの軍については、現在の中国でどう表現されているかは知らないけど、
ハルバースタムの著作しか読んだことないけど、国民党軍は少なくとも賢くなかったというかバカだったらしいし、
共産党軍は精鋭だったらしい。まぁ1950当時生き残った軍人・兵は精鋭中の精鋭だろうし、
きちんと戦略があって動いていたから末端の兵まで賢かったんだろうと思う。周恩来とかむちゃくちゃ切れ者だったみたいだし。
257601. 名無しの日本人
  • 2015/10/08 08:16:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236537
上層部というか陸軍にも海軍にもいたソ連派といわれてた連中が一番の元凶という説が有力だと思うよ個人的に
257917. 名無しの日本人
  • 2015/10/09 23:06:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ハワイで打撃を与えて日本に有利に講和するつもりだったのに 今も昔も外務省の無能のせいだろ。

まったく役に立たない省庁だよ。その後も無能の限りを尽くした。
258077. 名無しの日本人
  • 2015/10/10 18:28:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
満州経営にアメリカを引き組むことができなかったのが最大の敗因
これは小村寿太郎という視野狭小な外交官が日露戦争後に引き起こした痛恨の大失敗であった
日露戦争終結時アメリカから満州鉄道の共同経営の申し出という日本にとって願ってもない話があった
それは決まりかけていて仮契約まで進んでいたが、あろうことかポーツマスから帰国した小村がそれを独断で破棄してしまった
アメリカの対日不信・反日はその日から増幅する一方で、やがてハルノートに至る
日本が1945年に全てを失った原因はこの小村の愚かな近視眼にあったと断定できる

258084. 名無しの日本人
  • 2015/10/10 18:59:18
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
追記
日露戦争において日本が単独でロシアに勝利したと考えるのはとんでもない妄想である
・戦費の調達~米英の協力・助力がなければ日本が海外から戦費を調達するのは不可能であった(ちなみに国内の金庫はカラッポ)
・ロシアに関する多方面にわたる情報~同盟関係にあった英国からの膨大正確な情報が提供された
・戦争終結交渉~米国のルーズベルト大統領が日本に親身であったことが終戦合意に大きな支援となった
・バルチック艦隊の行動への妨害~英国はその持てる総力をあげてバルチック艦隊の東洋回航を阻止し遅延させ、日本艦隊の大勝利につながった

このように日本の対ロ勝利は米英の支援なくしてはあり得なかった
にも関わらず日本は日露戦争勝利後米英に対してその恩義に報いることはまったくなく、むしろ米英の対日不信を増幅させていった
基本的な外交方針として当時世界の富・資源・情報をほぼ独占する米英と敵対するという選択肢はあり得ないはずである
どの国をパートナーとするか、これは国の基本戦略を考えるうえで最重要なファクターであり以って銘したい
259546. 名無しの日本人
  • 2015/10/18 08:51:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
連合艦隊司令長官に山本五十六がなったことで、そこで
日本の敗戦が決まった、天皇陛下に人を見る目がなかった
口では対米戦争反対といっているが、自分に近ずく対米戦争反対派を
ことごとく通報し抹殺した、これでは日本よどこいくのーだよね
261467. 名無しの日本人
  • 2015/10/26 20:15:01
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
山本五十六以下、外務省にも海軍にも売国奴がいすぎた。
262254. 名無しの日本人
  • 2015/10/31 14:05:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
人材軽視・武器の運用方法の間違い。
士官クラスの無能さがほとんどの原因でしょ。
防諜などや情報の活用も良くない。人命の軽視は結果的に士気に影響する。
結局は上層部の無能が起こしたものばかり。
今の世の中も変わらない。
上層部に行くほど保身と利権だけ。
262883. 名無しの日本人
  • 2015/11/02 04:50:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
・金が足りなくなった
・人が足りなくなった
・アメリカと比べて総合的な強さが足りなかった
263260. 名無しの日本人
  • 2015/11/03 01:02:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236841
もともと軍部の中でも
無能「勝てる!アメリカとか雑魚!余裕!」
偉い人「無理!たとえ大和魂を振り絞っても絶対無理!」
超エリート「は?あんな馬鹿の集まりの国余裕w」
的な感じはあった


まあなぜ負けたかと言うと年功序列のせいで超エリート組が無能や偉い人(チキン)どもに振り回されて
クソみたいな作戦ばっかりやらされて優秀な部下をどんどん失っていってたっていうのと
南雲さんを水雷畑から引き抜いてきて空母機動部隊の長官にしてしまったことかな

ちなみに最初の方は日本の航空隊は世界最強だった
真珠湾もあれでびっくりなんてことは全然ないぐらいの

もし航空隊の指揮が山口多聞でハワイの石油基地も木っ端に叩いてたら今頃アメリカでは日本語が話されていたかもしれない
263300. 名無しの日本人
  • 2015/11/03 08:11:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そもそも勝つとか負けるとかの概念がない。無能なのではなく、意図的にやったことだ。

油も無いのになぜ戦争できたか。アメリカが日本に油を供給してたから。
日米が協力して日本の有能な若者を消し去った。奴隷にする為に。

263793. 名無しの日本人
  • 2015/11/05 11:19:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ハワイをきっちり叩いてたら米は参戦出来なかった何の為に真珠湾攻撃するのか説明不足だったと思われ・・・
山本五十六が元帥だったことが敗戦の原因じゃない?
264106. 名無しの日本人
  • 2015/11/06 21:10:44
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
駆逐艦はどこの国でも使い方は似たようなもんだけど?
むしろ、長距離魚雷を駆使した戦い方で他の国よりも戦果挙げてる事実。
264576. 名無しの日本人
  • 2015/11/08 10:01:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
輸送に潜水艦(潜水艇)を用いたのは「海軍」ではなく「陸軍」。
海軍は輸送に潜水艦では無く「戦艦(航空戦艦)」を用いた。
264692. 名無しの日本人
  • 2015/11/08 18:52:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「戦艦の重視」って今でもこの勘違いしてる人多いんだよなぁ、日本はむしろ空母を重視してたんだよ
だから世界初の空母も作ったし、艦載機による敵艦破壊の有効性を示したのも日本だ
それによく「アメリカは空母の重要性に気づいて空母を沢山作ったのに、日本は大和と武蔵を作って負けた」と言う人もいるけど、それらが作られたのは開戦前の話
日本が負けたのは単純に国力と資源の差で、アメリカが日本の何倍もの数の空母やその他の艦を量産することが出来たからだ
264824. 名無しの日本人
  • 2015/11/09 02:30:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日米開戦してからは1隻も戦艦を建造し始めてないのに大鑑巨砲主義って
じゃあバッカみたいに作ってたアメリカ、戦後も作り続けてたイギリスは一体何主義なんだよ
大和しか知らないような連中が帝国海軍語んな
264861. 名無しの日本人
  • 2015/11/09 10:23:27
  • #Z5pQUshY
  • 編集
▼このコメントへ返信
フォーメーションというものがある。防空を受け持つのは戦艦になる。弾幕張られた所に簡単に近づけるもんじゃないから。
そのやるべき仕事を意図的にしなかった。空母を沈める為に。


264904. 名無しの日本人
  • 2015/11/09 13:59:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
外務省、山本五十六、など、売国奴が日本を牛耳ってたことが直接の敗因。
シナリオがすでにできていた茶番。
東条英機、他のA級戦犯は殉死。

唯一計算ミスだったのは、硫黄島などの日本軍の粘りや、終戦後のロシア軍の侵攻に対して戦った日本軍と、後世のカミカゼのヒロイズムに対する評価。
264927. 名無しの日本人
  • 2015/11/09 16:03:49
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
山本五十六はアメリカのスパイ
266122. 名無しの日本人
  • 2015/11/14 18:40:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236537
ここのコメントがお約束の戦後自虐洗脳コメしかないんで笑ったわ
さながら左翼じじいのオンパレードw
アメリカでさえルーズベルトの戦争責任論も出てるし日本は悪くはなかったって展開が普通に出てる
当時の当事者や政府の機密保持期間が過ぎて色んな工作資料が出まくってて日本人はまだ陸軍ガーだもんなあ
日本の戦争の裏には資金提供したユダヤが常に関わってるし
ユダヤの世界解放思想(世界制覇)が各国に対して共産主義を利用したスパイ工作をさせたことは多くの出典でバレてる

日本人の成長しない幼稚なワンパターンコメントが無能な子羊のようで哀れ
シェル石油の貝殻のマークの由来にしろ近衞文麿の長男がどうなったか、レイテUターンの回電報がどこから出たかも既に明らかになってるじゃん
266262. 日露戦との違い
  • 2015/11/15 11:39:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
陸海軍の対立がひどく結集度が低い 東条さんはミッドウェー敗戦知らず
終戦を 始める前に考えてない
英露対立のような情勢が無い
露国内のような紛争が米にない
負けは判っていたが自衛挑戦しかし真珠湾でなくフィリピン奇襲すべきだ
266450. 名無しの日本人
  • 2015/11/16 01:46:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
パールハーバー攻撃の際、軍事施設を完全に叩かなかったこと。空母をたたけなかったこと。ハワイを落とさなかったこと。
266454. 名無しの日本人
  • 2015/11/16 03:09:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明治政府がペリーの意向どうり成立! 天皇家も相乗り、日本浄化し国民まで半島人にして悲願の王朝再建を夢見た。
その合意を成立する為に、米留学の山本五十六を中心に負ける為の戦争をしかけ、主人の米に合法的に隷属させた。

そして、日本資産を食い尽くすと、増えすぎた世界人口の原発自爆の膨大な被爆で自滅させる実験が日本人でのデータ収集!
さらに福島6基すべてメルトダウンの暴挙に!  医師会に全身の被爆検査を禁止させ、実態を うやむやにして急減する人口に

唯一に対策は、自公の政策合意が 朝鮮人20万人の毎年受け入れ!  120年以上の完璧な白人様の計画に脱帽。
267154. 名無しの日本人
  • 2015/11/20 08:32:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦術面、戦略面は申し分なし。
技術力不足が敗因。
267366. 名無しの日本人
  • 2015/11/21 14:19:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
スレ主も回答者たちも凄い頓珍漢な事ばかり言ってるな。

まずは軍人達を律する法律の整備だろうが!勝手気ままにさせた結果がどうだろう?陰謀と恫喝、戦線の無秩序な拡大と
ろくな事にならなかったじゃないか。

そして硬直した戦略と戦術だ。何が申し分無しだ?笑わすなwww
海軍は大艦巨砲主義と夜戦思想に基いた太平洋上での決戦思想を抜けられず、
結局の所ソレが建艦能力と船の能力の縛りを生み、運用の柔軟性を失ってしまった。
単なる基礎工業能力だけの問題ではない。

陸軍は悪しき精神主義が最も盛んで、現代にも通じる最新鋭の研究結果を持て余して生かすこともせず、
結局両軍とも統一した意思の元で行動することは最後まで無かった。

軍側で最も愚かなのが軍人の人事だ。無能力者をエリート主義と年功序列だけで決し、こちらも柔軟性を欠いた。
法律の面と合わせて、思想に問題のある軍人を更迭することも出来ず、結局の所派閥の内ゲバの繰り返し。
それが民主主義・議会制度に対して止めを刺した。

政治側の最も愚かな事は、世界と同調した舵取りが取れなかったことだ。最たるものが当時の国連の脱退。
誤った国家戦略の元で行われた蛮行だ。状況としては現代の北朝鮮と言っても良い。
軍人だけ悪者にするのではなく、結局それらを正せなかった日本人全体が悪い。
268188. 名無しの日本人
  • 2015/11/24 12:54:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
海軍は開戦後はとっくに大艦巨砲主義を脱していましたが?
戦艦建造計画を空母に急遽変更したり、戦艦を空母に改造したりしてたでしょ。
まあ事実を知らない奴が何を言っても虚言にしかならんわ。
268542. 名無しの日本人
  • 2015/11/25 21:06:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
一にも二にも上層部の情報の軽視だよ
上層部がきちんと命令しないから情報収集体制が構築できないし、
有能な現場の人間が個人の才覚できちんと情報集めても、それを有効活用できないどころか、
自分の立場に都合が悪いと握りつぶしたり、その情報あつめた人間を左遷追放したりしてるしな
また自分たちの情報が敵に漏れてるかもしれないとか一切考えてないし、その可能性すら否定してた
だから生命線であるシーレーンの輸送船団に、護衛などしなくせに定時連絡までさせてた
米潜水艦はその定時連絡を傍受して、だだっぴろい海でやすやすと待ち伏せ攻撃ができた
269236. 名無しの日本人
  • 2015/11/28 22:37:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ミッドウェーは最初に軍部に持ち掛けた八木のアンテナを素直に採用して米が目を付ける事無く
日本軍だけで採用されてたら負けてなかった、序に米が航空レーダーとして使ってたドイツ戦線にも影響が出るから影響は大きい
今もそうだけど技術者軽視とかそこらへんで負けたな、あとは情報戦
269467. 名無しの日本人
  • 2015/11/30 10:10:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
情報戦の面でいけば、軍部のマスコミに対するいわゆる大本営発表でも陸軍と海軍がそれぞれ手柄を競い合っている感じもありましたし、
それによって真実ではない情報がずいぶん流れてしまいその情報を信じた人が軍にはいってくる悪循環ではないですか?

もちろん情報を統一化することによって規律をたもつことはできるでしょうが、将来性を考えるとまっとうな手段ではないと思います。
269636. 名無しの日本人
  • 2015/12/01 00:48:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦略的思考は海軍より陸軍の方が上だったのが大東亜戦争の現実
昭和天皇は海軍上層部の無能ぶりに呆れられていた。
271888. 名無しの日本人
  • 2015/12/10 22:48:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
現実的な戦争の終着点を設定せずにアメリカに喧嘩売ったのが間違い
色々と見通しが甘すぎた
272938. 名無しの日本人
  • 2015/12/15 20:25:10
  • #YrGnQh/o
  • 編集
▼このコメントへ返信
敗戦の原因は何かって1年以上戦いが長引けば勝ち目が無い事は開戦前からわかってたんだろう。
その間の戦局が有利なうちに話をまとめるという政治屋の甘い読みが失敗の元。
273045. 
  • 2015/12/16 04:55:21
  • #
  • 編集
▼このコメントへ返信
このコメントは管理人のみ閲覧できます
273108. 名無しの日本人
  • 2015/12/16 15:16:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
一番の原因は当時使われていた通信暗号が開戦前から全て解読されていた事
暗号の見直しを上告したが上層部が聞き入れずそのまま使われた
山本五十六が殉職したのもそれが原因
273125. 名無しの日本人
  • 2015/12/16 17:46:54
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
敗因は脳筋バカのおかげです
始まる前から終わってました
273447. 名無しの日本人
  • 2015/12/17 22:38:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
第一次大戦の勝利という驕りが最大の原因だろうな。 今のアメリカのように勝つと中々戦いを辞められなくなるのが人情。
273872. 名無しの日本人
  • 2015/12/19 15:20:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦争しなけりゃ「敗戦」て言葉も生まれなかった。

米ちゃんに手出したのが原因
275435. 名無しの日本人
  • 2015/12/27 22:35:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
この問いをまじめに考えると、月月火水木金金かな?
休みの日に落ち着いて考える余裕がないと視野狭窄になる。
275558. 名無しの日本人
  • 2015/12/28 13:33:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
総合的な国力ではるかに劣る当時の日本が、相手をひとつに絞れないまま手を広げたのだから、軍備がどうたら、戦術がどうたら以前の問題だろ。アメリカとどうしてもやりあいたいなら、最低中国宣戦は満州国境当たりまで引いてからだろうよ。逆に、あくまで中国でやりあうなら、絶対何があろうがアメリカには非戦だ。土下座してでも非戦でなきゃならんのだ。
結局、外交と戦略の失敗だわ。
ま、そのヘボ外交のDNAは今も日本を苦しめているけどな。
276454. 名無しの日本人
  • 2016/01/03 14:05:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本軍自体は強かったと思うが・・・国産の銃、戦闘機、戦車、軍艦まで全部そろってた。
あとは無茶な作戦司令。ミッドウェー海戦では艦載機の装備転換による状況判断の誤り。ガダルカナルなんかは輸送艦に対する考え方の違いから護衛機がいないままの輸送になり大半が物資と兵員の陸揚げ沈没。上陸した兵士は補給のないまま敵の銃弾、砲撃、飢えや病に苦しむ羽目になった。結果的に補給の軽視が一番かな、太平洋戦争の日本陸軍の死者の半分は病死・餓死っていわれてるしね。
海軍はアメリカに対して技術が劣っていたため、後継機の配備が遅れてしまったこと。潜水艦に対する対策がガバガバだったこと。
なお兵士は陸軍海軍共にクッソ優秀な模様。
277084. 名無しの日本人
  • 2016/01/06 17:52:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
国連を脱退したら、勝ち負けの審判まで敵に回してしまい、戦闘がやめられなくなったわけだが
277757. 名無しの日本人
  • 2016/01/09 16:13:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ハヤテのごとく!ファンが原因だろ
奴らはスレ違い板違いコピペ連投以外も滅ぼすだけにとどまらないどす黒すぎる悪
277926. 名無しの日本人
  • 2016/01/10 19:27:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
空母部隊指揮官に畑違い伸びしろ皆無のど素人を重用
ドイツのやってた通商破壊戦を実施せず(意見具申した現場を非国民呼ばわり)
航空関係の参謀が戦前戦闘機不要論病に罹ってた
輸送路の確保と護衛にほぼ全く戦力を投じない
前線に幹部を派遣しないくせに現場からの報告を信じない大本営
軍人精神注入棒の悪用
サボタージュ・寝返り・裏切りが怖いので「死ぬまで戦え捕虜にならず腹を切れ」
278205. 名無しの日本人
  • 2016/01/12 09:06:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
端的に言えばマスコミに安易に流された日本国民の判断が敗因だと思う。

軍縮会議、二二六、陸軍の政治干渉、支那事変、日独同盟、などを経て
何とか米国と事を構えないよう努力してきたが、日本の外交失敗と情報の限界かしらね。
279538. 名無しの日本人
  • 2016/01/19 03:43:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※277926
第一航空艦隊は世界初の空母機動部隊
その頃に航空戦に精通した艦隊司令官なんて地球上に存在しなかった

通商破壊ってどこでヤンの?アメリカ周辺なんてドイツのUボートでさえ瞬殺されるぞ
Uボートが活躍できたのは英米の間、米ソの輸送ルートで待ち伏せしたから
太平洋側にはそんなルートはない
279833. 名無しの日本人
  • 2016/01/20 11:17:37
  • #iafbVbwo
  • 編集
▼このコメントへ返信
世界最強の軍隊 = 司令:アメリカ人+参謀:ドイツ人+兵士:日本人
世界最弱の軍隊 = 司令:フランス人+参謀:日本人+兵士:中国人

と聞いたことがある。これに主な原因がありそうな気がする。
279835. 名無しの日本人
  • 2016/01/20 11:33:41
  • #iafbVbwo
  • 編集
▼このコメントへ返信
※279538
小沢や大西みたいに、水雷専門の南雲よりは航空戦に精通した人材がいただろうに
南雲は山本五十六と比べてさえも飛行機を使った経験が少なかったくらいだ

戦車戦術を提唱したグデーリアンやロンメルを機甲部隊の指揮官にしてドイツが成功したように
空母中心の戦術を主張してた小沢治三郎あたりに最初から機動部隊を指揮させてたら
元戦闘機パイロットの源田とかをうまく使って、もっと上手に戦っていたと思う
もっともあくまで戦術レベルでの話で、戦争そのものの勝敗は変わらなかったろうと思うが
279836. 279835
  • 2016/01/20 11:40:01
  • #iafbVbwo
  • 編集
▼このコメントへ返信
※279538
通商破壊については、インド洋ではそれなりの成果はあったと思うが
期間が短かったし
太平洋ではガダルカナル戦を誘発したりして米豪遮断に失敗した歴史があるわけで
これについては「やりたくてもできる能力が充分でなかった」という意見に
ほぼ同意する
279839. 279835
  • 2016/01/20 11:51:06
  • #iafbVbwo
  • 編集
▼このコメントへ返信
※277926
279538が反論してるように現実に可能な状況だったかどうかは疑問の余地もあるが
戦略レベルの論としてほとんどが妥当な指摘じゃないかと思う
「戦闘機不要論」もパイロット不足をもたらした原因のひとつだろうね、たぶん

ただ、「捕虜になるなら腹を切れ」は、サボタージュ対策というより、
日中戦争以前に日本兵の捕虜が敵軍にどう扱われていたかの影響も
大きかったんじゃないかという気がする
281099. 名無しの日本人
  • 2016/01/26 16:59:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
子供が大人にガチの喧嘩したら負けるにきまってるだろうw
日本の敗戦は戦争が始まった時点で決まってた
しかし子供相手に大人がガチギレして本気出したらいかんよwwww


281121. 名無しの日本人
  • 2016/01/26 22:24:55
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
外交が大きい、敵を作りすぎた・・・
戦中派の人の話を聞いたが、アノ頃は「名誉の孤立」と称して喧伝し
外交の失敗から目を背けていたんだそうな
281994. 名無しの日本人
  • 2016/02/01 02:13:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
暗号解読された時点でもう無理ゲ―
282286. 名無しの日本人
  • 2016/02/02 12:33:34
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
猪瀬直樹 著  「昭和16年夏の敗戦」
バカ閣下、参謀が多すぎた。
右翼と新聞が国民を煽った。
285161. 名無しの日本人
  • 2016/02/18 14:50:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>潜水艦を通商破壊戦に使わなかった

使ってたろう
開戦劈頭に米西海岸に10隻程度の潜水艦を貼りつけて通商破壊をやってたし、ソロモン海でも潜水艦隊を編成して積極的に展開してた
日系人の強制収容なんかはこの潜水艦の攻撃が原因になってるんだし
ただアメリカは海運より陸運が主体の国で、自前の資源でやっていける国だったから通商破壊戦をやろうにも効果が薄かった
むしろ通商破壊戦が致命的に効果が有るのは日本や英国のような資源の無い島国だったから、2度の世界大戦で徹底的にやられた訳で
285422. 名無しの日本人
  • 2016/02/19 23:11:10
  • #NnZxGIq6
  • 編集
▼このコメントへ返信
敵に毛沢東李承晩金日成と3人も天才がいたからな
287918. 名無しの日本人
  • 2016/03/04 13:19:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
こいつらは本当に中国人なのか・・・
288407. 名無しの日本人
  • 2016/03/06 06:38:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「アメリカと戦争したから=全く勝ち目の無い戦争をしたから」以外にどんな理由があると言うのだろう?
288428. 名無しの日本人
  • 2016/03/06 11:17:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
アメリカ VS 英仏独ソ日中蘭
でもアメリカの圧勝だったでしょ。
結局それだけの話。

日 VS 中ソ英仏 でも負けてないと思うよ。
289291. 名無しの日本人
  • 2016/03/11 20:35:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
畝傍と陸奥は本物のミステリー事件じゃんwつかコイツが本当に中国人だとしたらよく調べてんなーとは思う。
まあ一言言わせてもらうなら鼠輸送はそうせざるを得ない状況だったんだよ・・・責めないでくれよ・・・。
289316. 名無しの日本人
  • 2016/03/12 01:24:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236531
補給計画がでたらめだったからだよ。
日本軍は戦闘力はすごかったとアメリカ人もいってたが、
補給船はガンガン沈められた。

せっかく手に入れた東南アジアの燃料も、国民からかき集めた物資も、兵に届かなかった。
太平洋戦争でも、兵は餓死とマラリアで死にまくった。
上層が無能だったからみんな死んだんだ。
289317. 名無しの日本人
  • 2016/03/12 01:47:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236536
陸軍、、いや、日中戦争ほど意味不明なものはないわ。
満州の利権を守るための関東軍が、なんで中国内部に引きこまれたんだ?
あんな地域紛争を拡大させて、陸軍の事後報告についていった無能政府。

陸軍が暴走しなけりゃアメリカと開戦は回避できたんじゃないのかって思う。
満洲の利権を欲しがってきたアメリカを、拒否しなければ、、、。
まあ当時、唯一白人と植民地を奪い合う日本を、英米は黙っては見てなかっただろが、、。
289318. 名無しの日本人
  • 2016/03/12 01:59:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236541
蒋介石は奮闘しただろ。プロパガンダでアメリカを引き入れたし。
おかげでパールハーバー前にもうアメリカは参戦してるようなもんだった。

まあ、国民党軍が疲弊するのを、毛沢東は見てただけだけどな。
共産党軍ってホントに逃げてばっかりだった。
戦後の内戦に勝つために、毛沢東は力を温存してたって説は信じるわ。
289321. 名無しの日本人
  • 2016/03/12 02:20:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236554
それは思う。
欧米列強がアジアに達した時、清が白人に負けっぱなしだったのが悪い。

アジアは白人に取られ放題だった、極東の島国が反撃する時まで。
もし清が大国らしく白人と対峙してたら、極東の日本が反旗を翻す必要もなかった。
その後の運命も違ってたわ。」
289322. 名無しの日本人
  • 2016/03/12 02:24:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236537
スパイ戦と外交手腕で負けたってことじゃん。
289790. 名無しの日本人
  • 2016/03/16 05:28:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
馬鹿だから大敗した。馬鹿が出世するシステムを作り、愚かに敗北した。日本人同士で争い、国家の体をなしていなかった
289922. 名無しの日本人
  • 2016/03/17 04:22:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※288428
日本が無条件降伏しなければ負けたことにならないって言うならそうかも知れないけど
地上戦でソ連軍に日本軍が勝てたとは到底思えないし、大陸での利権を丸ごと失っても負けたことにならないってのはどうかと
289924. 名無しの日本人
  • 2016/03/17 04:32:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※289316
一寸調べた方が良いと思うよ?
補給計画がでたらめだったんじゃない
戦前からやばい事は分かっていたんだが、正面装備を整えるのが精いっぱいで、通商破壊への対策にまで手が回らなかったんだよ
要するにあれが当時の日本の国力の限界だった
因みに補給が万全でも日本は負けたよ?
戦力の差があまりにも圧倒的過ぎるので、ドイツの様に善戦は出来たかも知れないけど、結局は負けた
こればかりはどうしようもない
290608. 名無しの日本人
  • 2016/03/21 15:24:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※236532
そのアメリカを先に攻撃した日本の無能さよ
291574. 名無しの日本人
  • 2016/03/27 15:35:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
海軍からすると中国に引きづりこまれた陸軍が悪い。撤退できるのにひっこみがつかなくなった。
太平洋戦争の戦費なんかより、日中戦争で消費した戦費の方がずっと多いし。
そして後の欧米による経済封鎖を招いた。

陸軍からすると勝てる訳のない米国に喧嘩売って、オマケに勝手に負けた海軍が悪い。
日米が参戦しなければもう少しでドイツがヨーロッパで勝ってたので、それからならまた違う展開もあった。
日本の国力は限界まで消費済みだったから、まさかその上で海軍が米に喧嘩売るとは思ってなかった。
それに1年待てば反日家のルーズベルトは経済破綻の責任とって失脚してたはず。
数年単位で耐えれば原爆は登場するし満州油田も見つかるしで大規模戦争をする理由自体が消滅。
結局、陸軍全体で見るとろくに戦闘すらしておらず、多くの兵は終戦まで一発も敵に弾を撃ってない。
なのに一方的に悪者扱いされて口惜しやぁ。

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する


「http://」「https://」を含む文字列は検閲させていただいてます。
ブランドコピーのスパム宣伝がヒドイ。
URLを投稿する時はそれらの文字列抜き、若しくは検索キーワード等でお願いします。
他の規制ワードはコチラ


ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ