150714-1-1.jpg

地位―慣性

日本の歴史上では、天皇は最高の権威を抱いている。
けど、あまり実際の権力を行使しない。
将軍、大名は権力を持っていたけど、超越性の権威ではなく、政治と道徳が離れていた。
天皇は権力を行使しないから、政策ミスの責任を負わない。
だから立場を永久に保つことができる。
実権者は権威が乏しいから、間違いを修正しやすい。
これは地位の一貫性がないといわれる。
中国の難しいところは地位が一貫すぎて、憲政が難しいのだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!






1.とある中国人

東周の実質的な権利のない周皇帝は地球上一番最初の例だったな。




2.とある中国人

中国がもし立憲君主を実行したら、今よりずっと良くなってるよ。
日本の天皇は今はただの象徴だ。
中国はそれと違って、10年に1回変えるから政策はあまり一貫性がない。




3.とある中国人

政策を行うものはそれに責任を持つべきだろう。




4.とある中国人

中国は西漢の時、相権が大きく、君権とほぼ同じだった。
漢武帝が相(丞相)を廃除してから、君権が唯一で最大となった。
東漢の末になって、曹操、諸葛亮の相権は一時的だった。
このあと相権はだんだん小さくなって、明清までに徹底的に相が廃除されたんだ。




5.とある中国人

中国は中国。
日本は日本。




6.とある中国人

じゃあアメリカとドイツは?




7.とある中国人

鎌倉幕府は1192年に建幕し、300年の間、天皇と貴族は反抗している。
天皇は権力が欲しくないと思っているのか?
権力が欲しくないのなら、後醍醐天皇の倒幕の動きはなんなんだ?
明治天皇は権力が欲しくなければ、西南を連合して倒幕したのはなんのためだったのか。
地位一貫性って?
日本史をよく勉強してから、スレ主の低い知恵のショーをしてよ。








8.とある中国人

中国の祖先はいいものがたくさんあったのに、継ぐことがやっぱりできなかったんじゃないか。




9.とある中国人

「王侯将相寧有種乎」(帝王、諸侯、将軍、丞相などの身分や地位は、血統で決まるものではないという意味)という言葉が後代に好まれるのは平等を追求するのか、それとも特権への憧れなのか。
どうして実権を握る幕府、将軍、大名は実際的な権力のない天皇を廃除し、取り入れようとしないのだろう。
日本人の忠に対する理解は中国人と違うのかね。




10.とある中国人

権貴世襲制度はずっと昔から世界で公認されてるからなぁ。
要するに、お父さんの勝負ってこと。




11.とある中国人

中国は世襲制がなくなったからな。
北朝鮮の勢いを見てみろよ。




12.とある中国人

私たちは日本の侵略者を憎んでるけど、日本が短時間で偉大な民族になったのとは関係ない。




13.とある中国人

どっちにも短所と長所があると思うわ。




14.とある中国人

国情が違う。
国民性も違う。
どっちが良いとかはないと思うよ。




15.とある中国人

問題は制度にはない。
人間のほうにある。




16.とある中国人

これが政教分離と政教合一の違いだな。








17.とある中国人

違う文化が科学技術と文化レベルの差異を作ったんだ。
アメリカの軍艦が開国させなければ、日本は私たちとなんの違いもなかったはずだよ。




18.とある中国人

日本は法政国家だ。
天皇は政権を握ってないけど、法律が代わりに政府官員への監督権を実行することが出来るよね。




19.とある中国人

「天皇には実質的な権力がない。」

これが肝心なことなんだよ。
実際的な権力がなければ神格化されても、独断専行しないってこと。




20.とある中国人

結局、天皇と総理大臣ではどちらが偉いんだ?




21.とある中国人

日本の歴史にはずっと立憲君主制の影がある。
こんな早く立憲君主制にできるのには理由があるんだろうね。




22.とある中国人

>>21
アメリカはもっと短期間で法制国家を作ったが。




23.とある中国人

中国が立憲君主制にできないのは中国の一部の人が卑劣だから。
自分のことしか考えてない。
天下を思ってないんだよ。




24.とある中国人

私は立憲君主制を支持するね。
汚職を容認することがないからな。






翻訳元:地位一贯性
 






海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





更に海外の反応を見に行く→海外の反応アンテナN


海外の反応アンテナ





コメント

241119. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:25:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国はいまさら誰を君主にするんだ?
241121. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:30:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
確かに東周に似ている
241122. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:32:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>アメリカの軍艦が開国させなければ、日本は私たちとなんの違いもなかったはずだよ。
日本の歴史どころか中国の歴史も碌に知らないんだろうなあ。
中共の政権下では仕方ないか。
241123. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:34:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
メリケンは、非実在の女王様。
ドイツは、かつて存在した、
今はドイツ国民の心の中に存在する
皇帝陛下。
241124. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:39:49
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
イギリス映える位置は?
241126. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:51:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241123
神聖ローマ帝国でもドイツ帝国でも皇帝は各諸侯の推挙・承認を建前にしての帝国内の諸侯貴族の中からの代表でしかないよ

諸侯の盟主的存在だった幕府の征夷大将軍とたいして変わらない
その征夷大将軍の任を与えた天皇のような存在はドイツ、神聖ローマ帝国にはない(あえていうなら、神聖ローマ帝国では天皇のような存在はローマ教皇だった。 ドイツ帝国ではローマ教皇の許しは得ていない)
241128. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 22:57:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人はまだ「公」の概念が有る。
だから天皇制・大統領制・立憲君主制・民主主義の核心的な話ができる。
(例え、現状がそれが機能してなかったとしても・・・)

韓国人には、これが希薄なんだよね。
なんでだろ?
241129. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:00:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人は冷静で多角的な分析が出来る点が脅威だな
どっかの何かとは別次元だ
241130. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:05:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国に今更王政は無理だろ

共産と比較的親和性の高い共和制しか無理じゃねーの
241131. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:09:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
政体がどうだろうと支那土人がゴミクズってのは変わり様ないから・・・。
今と違う何かになったら何もかも良くなるって妄想止めた方がいいよ。
241132. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:11:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そうそう、非常に良く出来たシステムなんだぜ。
241133. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:13:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
儒教による易姓革命の弊害が大きい
君主の徳など謀略でどうにでも操縦できる
負けて倒されれば罪人では、権威は成り立たない
この価値観が特亜の思考を歪め、中国の歴史、韓国の歴史、さらには民族の発展を阻害してきた
そういう意味では、旧来の価値観をぶった切った文化大革命にも一定の評価があって然るべきかと考える。
241135. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:19:41
  • #ftr86F3A
  • 編集
▼このコメントへ返信
「権威」と「権力」と「武力」の三権分立は政治システム上けっこう重要だからなあ。
侍以前の時代だって「斎王(権威)」と「天皇(権力・武力)」で分立はしてたもの。

中国は何を「権威」に設定すれば、うまく国家がまわるんだろかね?
241136. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:25:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
マジレスすると、武家の本家が天皇家だから。
分家である武家の権威の根源が天皇だから、それを否定して打ち倒す事はなかなかできない。
だから武家は距離を置き、封じ込めることにした。

武家は所詮分家なのよ。実際に血がつながっていなくても、つながってる事にして武家の頭領である氏の長者になったりできるんだから、そりゃ、敬わないわけにはいかない。
241137. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:27:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241123
欧州の場合、国家の概念が日本とはだいぶ違うんだよ。

たとえば今のイングランド王家はドイツ諸侯のザクセン・コーブルク・ゴータ家からイングランド王国領の継承権得て統治しに出向いた貴族でしょ。

神聖ローマ帝国構成国のザクセン・コーブルク・ゴータ公国の領主だった家系の貴族。
イングランド王国を統治してもイングランドは神聖ローマ帝国の権限の及ばない別の王国だったから、貴族が同じでも神聖ローマ帝国構成国にはよほどのことがない限りならない。
領地・領国の継承権が他家に移れば、領主貴族は常に変わり続けた。

プロイセン王国の事実上の本体だったブランデンブルク辺境伯国(帝国外の別の国家ポーランド王国構成国プロイセン公国は実際はブランデンブルクに乗っ取られて、併合された側)も建国当初から代々ホーエンツォレルン家の領地ではないし、永久に領有を保障されるモノでもない。

ブランデンブルク領主: ザクセン公アスカーニエン家→バイエルン公ヴィッテルスバッハ家→ルクセンブルク公ナッサウ家→ニュルンベルク伯ホーエンツォレルン家と継承権が移動している。
皇帝は彼等ドイツ諸侯貴族内の単なる代表・盟主的存在なだけ。(神聖ローマ帝国時にも皇帝の輩出貴族家系は幾度も変わっている。 選帝侯選出皇帝)

241139. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:31:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人が漢民族の後継者だと思っているのが笑える。
若い人だけだよそう思っているのは。
241140. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:38:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
歴史の偶然
織田信長があと数年生きていたら天皇は廃止だっただろう
241141. 名無しの日本人
  • 2015/07/20 23:40:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人よ、おまえらには理解できまい。
天皇と日本国民の関係を本当に理解した時、日本の恐ろしさを思い知るだろう。
241146. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:07:26
  • #q/6E7.vk
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241141
厨二病乙
241147. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:08:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
幕末の倒幕運動は薩長が勝手にやった事で、天皇は関係ないよ。
錦の御旗も、岩倉具視が勝手にレプリカ作って利用しただけ。

いつの時代も権力者が天皇の権威を利用して権力を手に入れてきた。
241148. 名無しのミリオタ
  • 2015/07/21 00:11:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
せっかく溥儀をたててやったのにぃW

けっこう良スレだった
241149. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:12:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
独系貴族と仏系貴族と言われるのができたのは、ゲルマン民族統一国家だったフランク王国と分裂に由来する。
カロリング朝本家西フランク王国(後のフランス)のカロリング朝が断絶して西フランク王国カロリング家家臣貴族が王位を継承し、領内の臣下貴族合わせて仏系貴族。

分裂したカロリング朝分家の中・東フランク王国でもカロリング家が断絶して、配下の貴族が諸国に大分裂してしまい、本家西フランクに対抗するために作ったのが神聖ローマ帝国。 こちらの貴族系が独系や伊系貴族(神聖ローマ帝国は最初フランク王国北イタリア領も含んでいた)。

欧州貴族の大元は同じ。 フランク王国に連なるカロリング家臣下だったゲルマン貴族。
領有する領地によって王権、皇帝権の権限の及ぶ領国・領地が変わる。
同族が支配しても、権限及ばない域外の国だと形式上は全く別の国となる。(同君連合王国みたいな形での統治になる場合もある)

仏系も伊系もゲルマン言語・文化を捨ててローマラテン化したケルト・ゲルマン系。
独系はローマラテン化を拒否したノルマン・スラブ・ゲルマン系。
ただ、名残として、西欧貴族同士での公用語はフランス語を長年用いてきた。(教会・聖職者はラテン語が公用語)

カロリング家が続いていれば、もしかしたら西欧全体で天皇家みたいな存在になり得たかも知れない。

ローマ教皇は西ローマ帝国のカトリックの宗教主で正教会・旧東ローマ帝国の方とは仲違いした存在だし、反カトリック、反教皇のプロテスタント勢力ができたために、西欧全体を宗教的に統括できるだけの象徴にもなり得なくなっている。
241150. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:12:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241140
実は信長は天皇を敬っていたという説も有るよ。
安土城には御幸の間という天皇を御迎えする為の部屋を作っていたり、馬揃えも脅す為ではなかったという逆の説も有る。
歴史は信長が討たれた後に作られるから悪者にされたというのもあるかもよ?
241151. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:16:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国の皇帝も王朝は変われど社稷・国体の維持が主務で、 政務は家臣が担当って期間の方が トータルで 長かったのでは?
ただ清貧の文化が無く、多くは家臣の暴走で世が乱れたって話・・・あれ 今も そう?
241153. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:22:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人のくせに、なかなか有能かつ的確なレスが頻発してて草
やっぱりあいつらは侮れん。どこかの馬鹿ミンジョクとは格が違う。心してつきあわねばならんね。
※241136
いや、別に、武家が天皇の権威を飲み込んでしまうことは、いくらでも可能だったんだよ。
足利義満はこれに着手して、完遂寸前までいった。
それでも、このようなことをした武家は、他にはほとんど誰もいない。織田信長は実は何もしてない。
なぜかといえば、そのほうが日本という社会では権力を行使しやすかったから。
天皇の役割は、権威を生身の人間に可視化することにある。
日本人は、宇宙的抽象論が何より大嫌いだから、いくら「天」だの「神」だの言っても、全く誰も信じない。
それこそ「現人神」でも立てておかないと、為政者が依って立つ権威を存立できない。
241155. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:26:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
漢の国も漢の皇帝もいないのに漢民族名乗るのかぁw
それに、中華王朝は漢だけじゃなかったのに。
中華人民共和国なんて言う名を付けるくらいだったら、漢共和国とでもしておけばよかったのにw
241156. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:29:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>中国が立憲君主制にできないのは中国の一部の人が卑劣だから。
いや権力に富も集中するからでしょ。
4000年もたつのにもう何度言えば。。。。
241157. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:32:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中大兄皇子が蘇我氏を潰して易姓革命を防いだ。
多分皇室以外の人間が天皇の地位を狙ったのはこれ位で、以降自身が天皇に成り替わろうって人間は出ていない。(将門は一応皇室の血を引いてる)
陛下に弓を引いて日本中からフルボッコにされるより、陛下に認められてその権威でもって政治の実権を握ろうというのが、古代から現代まで一貫したこの日本の仕組みになっている。おかげで民族浄化レベルの内乱が起きない。
そして国民も尊いお方がいらっしゃるのを理解しているから、「あ、幕府じゃ頼りにならない」って感じると陛下の元に赴くんだよ。だから飢饉の時は御所をグルグル回ってお賽銭投げた。その民衆の数にビビった幕府が慌てて米の放出したりしてる。
陛下の御仕事は国民の平和を願うこと。ちょくちょく陛下が皆が忘れかけたような不便を強いられてる人について言及するから、幕府にしろ政府にしろ弱者切り捨てが出来ないようになっている。今上陛下も自主停電とかしてたし、先帝は皇居を直さず長年環境の悪い御文庫にお住まいだったしね、自らも国民と苦労を共にされるお方だから、どっかの国の権力者のように下々に恨まれたりしないし。
シナにもう一度皇帝を置いたところで絶対失敗するよ。散々恨まれて妬まれて易姓革命起こされちゃうからね。
241159. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 00:56:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「王侯将相寧有種乎」

晏嬰も似たようなこと言ってるけど、陳勝のセリフだと思うと途端に説得力なくなっちゃうのは何故だろうw

てか、中国人なんて先祖遡りまくればほとんどの人が帝堯とか帝瞬の血ひいてんじゃねぇの?

帝堯・帝瞬は神話チックであれだとしても、春秋戦国あたりの王なら1人くらいヒットしそうだけどなコイツら
241160. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:09:40
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>それとも特権への憧れなのか。
>どうして実権を握る幕府、将軍、大名は実際的な権力のない天皇を廃除し、取り入れようとしないのだろう。
>日本人の忠に対する理解は中国人と違うのかね。

お前らだって国家主席になるのには天皇陛下に謁見してからで政治利用してるだろw
そんでオワダや某宮様使って乗っ取り企んで取り入れ失敗してんじゃねーかww
もう長野行く度1億献上とかしてもらえないよ東宮の会計監査もはじまってるしwwwwwww
241161. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:09:43
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241150
>馬揃えも脅す為ではなかったという逆の説も有る。
説もあると言うか、馬揃えを「脅しの為だ」と言っているのが在野史家。
根拠は示せず、想像を際限なく広げた「信長は皇位を狙っていた」との本を書いた立花京子と、
元大蔵官僚として「足利義満は皇位を狙って、その寸前までいっていた」で名と本を売って、
第二弾として「信長が皇位を狙い正親町天皇に負けた本」を出した今谷明(この頃には教授になっていたかな)。
今谷明(当時は横浜大教授)と山室京子(当時、東工大助教)の対談が面白くて、今谷が自由に想像の翼(wを広げて、
山室が控えめながら史料を持ち出して反論と言う、コントのような対談。
司会の遠藤周作が「学者さんは史料から離れた主張をしませんね」とか今谷を庇っていたが、
史実の研究なら、そら史料から離れちゃあイカンわなと言う話。
241162. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:13:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
現状は国民幕府ともいえるのかな
あくまで天皇陛下の認可の下に人民による選挙式の統治がおこなわれているにすぎないのであって
仮に誰かが陛下に征夷大将軍として任命されれば新しい国家になるのだろうか?
241163. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:16:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
面白いスレだった。為政者が責任を取らない、天皇も責任がない、そして誰もいなくなったという日本古来のシステムなんだよね。
241164. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:22:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
キンペーは権力闘争の末に中国の皇帝にでもなろうとしてるんじゃね。
だって権力を手放した途端、迫害されるのは実証ずみだしな。
241165. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:27:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国の立憲君主制ってどんなものになるか何か想像つく。
241166. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:40:43
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241162
武家に国家運営の権限委任したのが征夷大将軍、幕府で
公家なら太政大臣
民衆主権の現在は内閣総理大臣、国民議会・政府がそれでしょ
241167. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:47:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明治政府も最初は公家政治で、天皇ー太政官ー太政大臣
241168. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 01:59:40
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
権威と権力が同じところにあれば、権力者が変わるたびに前の権威をつぶすはめになる
権威が生み出す国の秩序の核となる部分をつぶすことは、その秩序が生み出す文化を
すくなからず棄損させることになる。秩序・文化の継承ができなくなるんだ。
外的要因もあるけどそうなってしまったのが中国だし、そうしなかったのが日本。
幸運も多分にあるけど日本の先祖は偉いね。
241169. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 02:06:16
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
岩倉具視、三条、鷹司、初期の明治政府首脳陣の主な面々は皆、藤原氏の家系の公家だよ
241170. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 02:28:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
一応日本にも昔は欧州内同様に宗教勢力が領主の国家があった。
欧州の場合は、司教・大司教・騎士総長が統治する宗教独立国家。
ローマカトリック系宗教組織である教皇を頂点とした、ドイツ騎士団領国、ヴュルツブルク司教領国(シーボルトの出身国)、リエージュ司教領国など。 もちろん総本山であるバチカンも。 (各王侯諸国内においても、教会は貴族領主の権限の及ばない完全治外法権)

日本だと本願寺総本山だった大阪の石山本願寺、加賀国の僧侶守護大名本願寺家とか。

民衆自治都市国家も日本は堺や長崎などがあった。
欧州の場合は、ハンブルクなどのハンザ同盟都市、バルト海都市国家でプロイセン同盟結成したダンツィヒ、現イタリアのトリエステなど多数。
241171. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 02:34:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241140
如何なんだろうね?もともと織田家は越前の織田つるぎ神社の神官の家系らしく、神官は大抵尊王家なんだけどね?
それと下剋上は一度起こると連続しやすいから、皇室の否定までやるかね?
直接の主家の尾張守護代織田家を滅ぼす時に、守護の斯波氏を守護代家が滅ぼした事を理由にしてます。
いくら乱世でも、大義名分は重要な気がします。それと、足利将軍と対立した時に、皇室を担ぐ形になってませんかね?
将軍は武士の頭かもしれないけど、天皇が任命するものだから、皇室を担げば謀反じゃ無いって理屈ですよね。
もし皇室を否定すれば、家臣の謀反の正当化が容易ってのは大問題だと思うんですけどね?
多分、皇族を担いで謀反する人が続出する気がします。
241172. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 02:39:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本の立憲君主制は中国の影響のお陰だよね。しかも仏教を通しての治世制度の導入は大きかった。
厩戸王子バンザイだな
241173. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 02:48:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
判断の間違いも穢れの範疇に入ると聞いたな。御聖断言われる所以だけど普段の生活の意思決定とかどうすんのか疑問
241175. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 02:54:18
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241171
織田包囲網で足利将軍家を筆頭とした各地の武家、本願寺などの宗教勢力をけしかけていたのが当時の帝、畿内の公家勢力じゃなかった?
241176. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 03:04:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
こんなスレでも後醍醐天皇を持ち出してくるあたり、ちゃんと勉強してる中国人も結構いるんだろうな
でも後醍醐以後は実際の権力を行使しようと表に出て来る天皇はいなくなったね
明治天皇(明治政府)が西郷を倒したのは天皇自身の権力維持の為ではないわな
時代はすでに天皇個人から権力は完全に切り離され、近代的な立憲君主国になって行く過程だった
241177. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 03:07:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
信長の家臣だった秀吉は、信長が犯した帝、公家を敵に回す愚を嫌と言うほど思い知っていたからこそ、京の公家、正親町天皇を味方に付けることに腐心したわけで・・・

そのおかげもあって、庶民出身の秀吉では本来不可能だった、摂関家以外の公家以外はなる事のできなかった公家朝廷政治の最高職、関白・太政大臣に任命されたわけだし
241178. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 03:08:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
清も末期に立憲君主制をやろうとしたが閣僚が皇族だらけになって失敗している
君主が権力から離れる出来事が起こらないと立憲君主制は難しい
241180. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 03:15:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241176
倒幕後の体制の主導権を巡る、公家と下級士族の争いだねえ・・・

西郷と領主島津とも反りが合わなかったし
241182. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 03:39:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>17.とある中国人
 違う文化が科学技術と文化レベルの差異を作ったんだ。
 アメリカの軍艦が開国させなければ、日本は私たちとなんの違いもなかったはずだよ。
---------------------------------------
また願望丸出しの「たられば論」か、まるで朝鮮人だな。
中国の惨めな実像を投影されても迷惑だよ。

日本が開国後に急速に近代化を果たしたのは確かだが
その土台は数百年前から貿易と留学によって準備されていたことを知れ。

だいたい、中華人民共和国と言う名前自体、
[人民]と[共和国]の2つは和製漢語だと言う事実。
中華のどこに人民が共和国を築いていると言うのか。笑わせるな。

ちなみに貿易や留学についてだが、1582年には
[天正遣欧少年使節]が当時のスペイン国王や大公メディチ、
そしてローマ教皇に謁見している一方で、
中国は中華思想による停滞の泥濘に塗れていた。

[李時珍]の逸話に見られるように、
古代に記された医学経典を絶対とし、
その再編をすら禁止していたのだ。

時代錯誤の中華思想は現代の国際社会に適さない。
不和と争乱を招く危険な思想だと言うことに気付くべきだ。
241185. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 04:31:12
  • #SFo5/nok
  • 編集
▼このコメントへ返信
建国の祖の末裔が今も続いていたら国民は疎かには出来ないでしょう。
当然、最大の権威を国民が抱くことが出来る。政治はそういう歴史的な感情とは別なので、
権威と権力が分かれたのは必然だったのです。
241187. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 05:05:16
  • #G0VbINhw
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241140
それはないと思うけどなぁ。自身は官位とかからも退いたけど全部嫡男の信忠に継がせてるし
公家とのパイプも信忠に任せてる。信忠は家督をすでに継いで尾張美濃を領有してるし
官位、朝廷、実質的な領地、の面で引き継ぎは終わってたので信長が天皇を廃するという
考えは状況からは考えにくい気がします
241188. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 05:29:16
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
閔妃と西太后とかいうハイパーポンコツババアコンボ
241189. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 05:33:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241129
まあやってる議論は19世紀レベルだけどな。
立憲君主制だの法治主義だのと、康有為や
梁啓超の論議と変わらん。
241190. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 05:35:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中共は天皇を政治利用し中共に近づける反日戦略をとってきた。
241191. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 05:52:49
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
後醍醐天皇は例外中の例外
天皇が実権を露骨に握りに来たのは後醍醐天皇だけかと。それによって天皇のあり方に変化が生じ明治に至った。
明治天皇も後醍醐天皇の名残みたいなもの。平成になって多少戻った感じかと
241192. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 06:17:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
割と単純な話で中国のように古い王朝を打ち倒して自分が新しい王だ!ってやると
こいつは王を殺して地位を簒奪した逆賊だ!って名目で後続に打ち倒されるから
帝王の地位はそのままで、実権を握る政府の頭を群雄が奪い合ったつか…
たまたま、そういうシステムで天皇の地位が固定されたからで
民族性とかあんまり関係ない気がする。
(基本は世界中である王の下の貴族の権力争いと同じなので)
241195. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 07:46:47
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
陛下は絶対の権力を行使できるけど、それを行う必要がないように国家組織が出来上がってるんだよ。
241199. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 08:48:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国の認識がこの程度なのに安心する。永久に日本は安泰不変だわw 天皇陛下の御存在とその権威の恩恵に預かっているのは日本の民全てであるという事実にすら気づけていないし、理解できないだろう。そしてそれは魂と精神の安定に役立っている。中国人がたとえ一時的に気づいて実行したとしても獣じみた欲やエゴに邪魔され唾棄するだろうしね。日本だけの特別なんだよ、どこまでも
241201. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 09:47:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人よりもはるかに血統思想だったがゆえ日本人は平等になり、
日本人よりもはるかに合理的だったがゆえに中国は不平等な国になってしまった。
これだから歴史は面白い。
中国では軍事力で勝ちさえすれば、誰もが皇帝になれた。逆に言えば、誰もが皇帝の地位を脅かしかねないということになり、信頼できる人間で周囲を固めなくてはいけなかった。
日本では、天皇になれるのは血統である。努力しようとこればかりはひっくり返せない。(それでも皇室に権力があった時代は、皇族が軍事力でもって政権争いをした。)そのため皇族以外のものから地位を脅かされる危険性がない。そのうえ平家・鎌倉幕府以後は権力もなくなったのでなおさら脅かされる危険性が減った。また権力がないから失政から民心が離れるということもなくなった。
日本のこの件は、キリスト教文明が資本主義に脱皮した逆説的現象と双璧をなす面白い逆説現象だと思う。
241206. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 10:20:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
権力と権威の違いだね。
241208. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 10:36:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241119
パンダじゃねぇの。
241213. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 11:08:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
韓国人の意見よりはるかにマトモだな。外国人なのに日本のことをけっこう勉強してるし、客観的にものごとを見ている。
韓国人ははじめに結論ありき(何が何でも日本は悪者)の単細胞的な意見が多い。
241215. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 11:19:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241189
矛盾点、論点、論破を理解できるからね。
ほぼすべての人種・民族と何ら変わりない。
だから困る・・・
241235. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 12:49:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241146
短絡者おす!
241237. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 12:56:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ここの中国人はインテリ揃いだな、判で押したようなバカミンジョクしかいないトコと違って
241238. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 12:57:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241191
「天皇自身にやらせてみたけど、やっぱり駄目だった」の象徴的な出来事。
それ以来ないって事は、日本は、歴史に学んでいる。
241248. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 13:13:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本のことに詳しいなぁw
241277. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 14:23:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
北方三国志の「日本の天皇制に似た漢王朝」を作って中国に平和と安定をもたらそうという構想は良かったな。
中国人が読んでどう思うかはわからんが。
241280. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 14:44:43
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
凄い!
ちゃん権力と権威分けて考えてる上に、天皇制が存続し続けている理由として正しく理解している!
さすが中国。
侮り難き相手よ。
241288. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 15:20:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241175
当時の帝を退位させようと圧力を掛けてたみたいですけど、これは相性の良い皇族に天皇に成って欲しいって意味で、皇室の否定じゃ無い
と思いますよ。
足利義満の死も、行き成りすぎて毒殺を疑える状況ですし...当時の高名な医者は官位持ちが多く、実質的には下級公家なんで皇室を敵に廻すとおちおち医者にもかかれませんよ?
確かに古い権威の否定が好きな人ですけど、信忠の官位が秋田城之介だったりしますし完全否定はしない気がします。
右大臣をやめたのは、圧力を掛ける意味合いでしょうけど、そもそも一度官位を受けてますしね。
241291. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 15:26:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ほとんどの凶悪な犯罪は在日韓国人、
在日韓国人の3分の2が無職で、6人に1人が、生活保護。
日本人の1%にも満たない在日韓国人が、日本の暴力団員の3分の1を占めているということ。
大変なことです。


天皇ご一家並びに各宮家の内廷費年間約5憶円は、国民一人当たりの税金負担約5円。
日本を代表する仕事しているわけだし、むしろ、そんなに少ないの?って思ったりします。たいした額ではない。

それに比べて、日本国籍も持たず、本来、支給の資格の無い 在日韓国人への生活保護費は、年約3兆円と聞く。なんと国民一人当たり税負担約3万円。皇室の6000倍の国民負担。
百万人にも満たない在日韓国人・朝鮮人への在日特権は、各自治体の在日特権免税並びやいろいろなものを合わせると、年数兆円。日本人が、生活保護を申請しても、よほどのことが無い限り、通りません。在日韓国人や帰化人は、簡単に通ります。
国籍を持たない本来、資格の無い外国人に生活保護をしている国は、日本だけです。
日本人は、生活保護さえ受けれずに、「おにぎり食べたい!!」とささやかな願いの中で、餓死するだけです。
在日韓国人・朝鮮人の生活保護の比率は、日本人の数倍といわれていますが、実際のところ、帰化した在日韓国人・朝鮮人は、生活保護数の カウントでも日本人の数に含まれているから、どれだけ、多いのでしょう。おまけに、国税の在日特権である海外親族送金は一人15万円免除やところによっては、税金の半額免除やいろいろと在日特権のてんこ盛り。
在日特権を周知させる運動をすると日本人擬態して、「ヘイト」に仕立てて、
潰そうとします。挙句に、在日韓国人・朝鮮人は、犯罪や反日活動のし放題!!
反日で、日本人を酷い目にあわせている在日韓国人に、私の納めて税金から、年 3万円以上、使われていると思うと、腹立たしく思います。
241295. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 15:53:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人と朝鮮人の違いが
よく分かるコメ
241301. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 16:26:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そりゃあんたらの先祖が過去の皇帝を全否定して皆殺しにしちゃうからだよ。
自分の正当性を主張する為に過去の全否定をしなきゃならんって状況だったのだろうが。
日本の場合その正当性を担保するのが天皇だったってこと。
国の大きさそのものが違うし、何よりほぼ単一民族の日本とそうでない大陸の違いもあるし。

人民達にはとりあえず共産党一党独裁の弊害について学ぶ事をお勧めする。
241319. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 18:51:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国も春秋時代は、周の王が日本の天皇みたいな権威の存在だったよ。
そこに楚とか秦のような異民族が関わってきてから周の権威がなくなった

だから日本も「異民族」には気を付けないといけないよ
241321. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 19:01:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
立憲君主国にして王が政治に不関与になれば王政は続きやすい。

つい数年前にネパールの王政が廃止されたのは王が時代錯誤の独裁をしようとしたから。
数千年もの歴史を持っていたエチオピアですら、皇帝が独裁を始めたため、反対勢力によって打倒されあっけなく滅びた。
241329. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 21:07:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
誰を君主にしてもおまえら従わないだろw
ほんと見栄ばっかりなんだよなこいつらって
241330. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 21:33:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
コメ欄熱いなw
241358. 名無しの日本人
  • 2015/07/21 22:30:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※日本人を装った成り済ましコメントに注意※

最近、海外記事翻訳ブログの読者コメント欄に日本人を装った在日や工作員による成り済ましコメントが散見されます。
日本のイメージダウンを狙ったコメントや中国のイメージアップのための不自然な中華アゲコメントにご注意ください。

○日本の領海・領空侵犯による軍事的圧迫
○裏政治献金による政策の誘導
○論壇、学会・マスコミの乗っ取りによる世論誘導
○購入した不動産物件を利用した犯罪者隠匿や違法物品の製造工場化
○各種麻薬、危険ドラッグの密輸、密造
○尖閣諸島・小笠原諸島など日本領海での密漁・自然破壊
○著作権を無視した違法コピー、偽ブランド商品の製造・密輸・販売

悪の枢軸”中国”の横暴を赦してはなりません。
241398. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 00:27:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
器が何であろうと泥水は泥水だろ?他国の話はいいとしても
中国を持ち出して何になる?中華思想は中華思想。全て飲み込み捻じ曲げ
最後に吹き飛ばす。それでも残る人はいる。作った人はそれを知ってたんだろうな。
中国人はそれでよくてもこっちは御免だ。距離をおいて貿易だけでもいいじゃないか。
何が不満だというんだ。
241405. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 00:43:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241189
でも、「19世紀レベルの、政治と法律に関する大枠の議論をきちんと出来る」って、とんでもなく高度かつ重要な話だぞ。
これ、西側先進国のほうが、軒並み怪しくなってるからな。
日本については敢えてコメントしないが、まさかのヨーロッパが悲惨なことになってる。
リスボン条約を読んで「笑撃」を受けたよ。あいつら、19世紀の政治思想を完全に忘れてるぜ?
ギリシャ問題の大混乱なんて、あの一読して笑い死にそうなリスボン条約を読んだ後なら、
予言者か何かになったような気分で、生暖かく見るしかなくなる。
241411. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 01:50:13
  • #.ZWFf9ps
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241191
いや、天皇親政、中央政権を画策した天皇ってのは後醍醐天皇以前に結構いるんだよ。
鎮護国家の時や藤原氏全盛期~院政期に入るまでの時期がそうだったし、そもそも院政自体が天皇家による集権思考から生まれている。
後醍醐帝が悪目立ちするのは、もともと後醍醐帝自身が本来帝位につく筈じゃなかったのに、棚ボタ的に帝位についたために
国家経営を行うスタッフを持ってないのに自分に権力を集中させて国家を運営しようという、螺子を締めてない自転車で走りだすような所業をしたから。
後醍醐帝は異形の者を関係を持った革新者とか言われてるけど、この頃は既に朝廷は商業利権を認めてそこから税収を得ているから格段目新しくはない。
ただ色々飛び越えて直にスタッフに入れているのが異端だし、身分制度の崩壊を加速させた原因であり、天皇の権威を著しく下げた張本人は後醍醐帝に違いない。
従来の集権を目論んだ/達成した天皇と同じように、自分で引き上げた官僚系寒門貴族も後醍醐帝にはいたんだけどね。面白いことに彼らの大半が後醍醐帝の集権ビジョンにNOを突きつけているんだ。
ビジョンが合わずに早々に隠居して距離をおいた万里小路藤房はまだしも、北畠親房は建武政権にあって露骨に後醍醐帝と政治方針で対立(親房は地方分権思考)して、
後醍醐帝を飛び越えて政策を実行している。この辺も後醍醐帝の政治能力の無さであり、権威低下の一因でもある。
まあ親房の政治力・理念も息子に「現実見ろや!」と言われてしまう程度で、親房本人が企画した藤氏一揆は大失敗して挫折するんだけど。

つまるところ後醍醐帝と愉快な仲間たちはビジョンはあったけど、実現することはできず
それまでの価値観を変えるどころか、それまでの積み重ねてきたものを終了させてしまった。まあ真っサラになったことを変化というなら、間違いなく変化だが
241426. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 07:04:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
とある中国人 7
「明治天皇は権力が欲しくなければ、西南を連合して倒幕したのはなんのためだったのか。」

あの時は天皇が中心になって動いたのではなく、
朝廷内の窓際に追いやられた倒幕派の岩倉具視が勝手に天皇の権威を利用して、
「錦の御旗」とかざして徳川慶喜の兵を引かせて大政奉還→江戸無血開城に繋げた。

第二次大戦開戦も同じで、陛下はアメリカとの開戦について色々な情報を取ろうとし、
結果「日米開戦に利無し」として御前会議にて開戦派に苦言を呈した。
しかし、明治の大日本帝国憲法から天皇の実権は象徴的なものに限定されていて、
御前会議での開戦拒否は実らず、議会による開戦決定に渋々調印を押すしかなくなった。
大日本帝国憲法に天皇による専制が認められていれば別の歴史を歩む事になった。
241430. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 08:34:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241208
ちょっと中国の新皇帝様に拝謁しに和歌山まで行って来るわw
241432. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 08:53:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
遥か古代の「みんなで天ちゃん支えてやろうぜ。」
って約束が今もいきてるからだよ

241463. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 13:44:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「ただの象徴」というけど、この位置の特異さと代えのきかなさってのは奇跡的なんだけどな。
天皇より日本の歴史を体現する存在はない。日本の歴史のほぼ全てに存在し続けている。こんなことはもう一度やれといわれても不可能だ。
悠仁様しか若い人がいないことがこわい。いますぐにでも旧宮家の方々に皇籍復帰して欲しい。
241497. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 19:32:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
天皇という存在は、日本人の精神構造に「必要不可欠」なんだよなあ。
政府の権力を支える権威が、天皇という具体的な生身の人間に化体されて、現実の人として実在していないと、
権威というものが観念できないし、さらに言えば、「日本人というまとまり」があることも全く理解できない。
これ、実は、日本人が、「文系の抽象思考が全く出来ない」という、特異な民族性を持っていることに由来する。
天だの神だの抽象的民族性だの、全く理解できないし、そもそも理解する気もない。
権威が、あくまで天皇という実在する人間に体現されていないと、どうしても理解できない。
241531. 名無しの日本人
  • 2015/07/22 23:10:54
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>4.とある中国人
中国は西漢の時、相権が大きく、君権とほぼ同じだった。
漢武帝が相(丞相)を廃除してから、君権が唯一で最大となった。
東漢の末になって、曹操、諸葛亮の相権は一時的だった。
このあと相権はだんだん小さくなって、明清までに徹底的に相が廃除されたんだ。

もっと語ってくれ。好物だ。
ちょと待て、酒もってくるから~
241562. 名無しの日本人
  • 2015/07/23 02:42:08
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241119

HAHAHA!愚問だな。
新しい君主なんて、易姓革命というシステムで
中国人は何度でも新しいのを出してきたじゃないか。

出てくるのに100年ぐらい動乱するけど気にしない。
241582. 名無しの日本人
  • 2015/07/23 08:19:11
  • #NL852uQM
  • 編集
▼このコメントへ返信
※241238
後醍醐天皇って「血は穢れ」な天皇家の方なのにわざわざ自分で流血起こした天皇陛下じゃありませんでしたっけ?
何で神道で血が「汗」と呼び換えて呼ばれるくらい穢れとして嫌がられるかというと
呪いと考えられるからなんですよねー……
本当は血の、しかも死の穢れを起こしちゃったからその時点で神道的には「天皇」と考えちゃいけなかったり
他の人と交代すべきだった人だった思います。

因みに、神道の神官さんが祟られるのは不味いんです。
″身内”に祟りが行ってしまうので。

さてここで問題、
ツクヨミがウケモチを殺したとき絶縁状叩きつけた(昼と夜の別れ)アマテラス様、
自分をまつる神官が血まみれッテ……嫌がらないはずないんですよ……
(知ってらっしゃると思いますがアマテラス様は一人飯が耐えられなくてウケモチ様を一緒にまつってもらった
 結構自分の意思は通すところは通す神様。
 ちなみに弟のスサノオ様もヤマト王子の使う草なぎの剣がその化身と言われていますが
 その剣、ヤマト王子の旅道中かなり自由に暴れます、意志通しまくり)。

神道的には
権力争いするにしても(担ぎ出される?)おみこしになってないといけないんですのに
(馬宿の王子含め各王子も戦場に出ても、出たからこそ天皇は継げなかった)
(大化の改新の時、現場にいた女性天皇もすぐ奥に引っ込められましたし皇位を譲られたのも
目の前で死人が出た=死の穢れ絵が出た=あたったから
とも言われています)
後醍醐天皇は自分で兵をあげてしまわれた……

なんでだろう???いや斎王がいらっしゃったらいいやと思ったのか??
241589. 名無しの日本人
  • 2015/07/23 09:19:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
どこの馬の骨かも知れない習豚が天皇になれるわけがないだろw山賊の親分が似合っているよ。
241593. 中国人は
  • 2015/07/23 09:32:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国は軍治政権なんですか? 文化大革命で共産党になってから民主化したんですか?誰が一番偉いんですか?
241598. 名無しの日本人
  • 2015/07/23 10:49:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本では「権威」と「権力」と「富」の全てを持つのは良くないと考えられてきた。
江戸時代、権威は天皇に、権力は武士に、富は商人にあった。
241790. 名無しの日本人
  • 2015/07/23 21:11:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
天皇制って、言い方は悪いが正直奴隷制度に近いよ。
長男として天皇家に生まれたってだけで職業の選択もほとんどできなくなっちゃうし。
頭が下がるわ。
267730. 名無しの日本人
  • 2015/11/22 18:33:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
 だったら出雲安来の十神山から遷宮した八雲神社はいったいどうなっているのか。
268344. 名無しの日本人
  • 2015/11/25 00:27:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
 いずれにしても古事記神話を眺めると、中国は出雲一部、属州となる。中華皇帝を持ち出すと帝国主義だと中国共産党はいう。
思想のチキンレースが中国という国をゆがめている。とにかくキチガイ大国で精神分裂的な構造は思考の発展を阻害しやすい。
ダブルバインドとかダブルスタンダードが思考の組織化をする上で阻害か要因となると脳科学が教えている。しかし、それでもさすがに
一神教はまずいのではとニーチェはいった。統一感と多様性を包含するあらたな民主主義以上の効率のよい哲学が21世紀に訪れ
ることを期待する。
275223. 名無しの日本人
  • 2015/12/26 20:43:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
纏足とか宦官は理解できない
276275. 名無しの日本人
  • 2016/01/02 01:03:54
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
 沢山の人口を抱える不自然な国家の中華皇帝以来の信念が政治力学のベースになっている。
実は、これは文明の起こりから話を進めないといけない。古代文明は表音文字と表意文字をつかって
はってんした。エジプト文明なんかはもろそれよ。しかし不思議と表音文字となり明確な民族の概念が
出来た。東洋は違った。表意文字(象形文字・絵文字)をつらぬき、民族を超えた文化交流を建設しえた。
その成果が漢字なのだ。しかし文章を圧縮できる技術として表意文字は圧倒的優位。
 こう考えると、日本人はき天才民族に見えるのは私だけだろうか?英語ができないから世界で認められない
とかいっていた時代があったけれど、世界で一番濃密な言語通信を行っている人類は、表意文字+表音文字
を貫いた奇跡の文明日本だけだとおもう。この意思の共同性は重要である。ドイツはEUをまとめドンになった。
アメリカは英語を世界言語に高め人数を稼いだ。ロシアは変なアルファベットなのに偉そうなことを言い続けてしょぼい
中国はあんなにも人口があるのに実は多民族国家で漢字で繋がっているだけなのに、漢字をものすごい可笑
しな物にした。これは表音文字への歩み寄りに見えるかもしれないが、何十年もかけて地域の文化を崩壊さ
せている。韓国の完全ハングル化も稚拙な結末にあると聞く。台湾はわりとまともで、よくよく考えると国語は
重要な経済も含めた基礎効率を担っている。流行で改定するのが最も危険だが、以上を含めた観点から進化を
模索することも重要である。

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する


「http://」「https://」を含む文字列は検閲させていただいてます。
ブランドコピーのスパム宣伝がヒドイ。
URLを投稿する時はそれらの文字列抜き、若しくは検索キーワード等でお願いします。
他の規制ワードはコチラ


ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ