160725-1-001.jpg

明の滅亡は日本のせいって本当?

日本が朝鮮半島に軍を送ったのを受けて、明も朝鮮に派兵した。
明、朝鮮、日本は朝鮮半島で数年戦った後に講和。
明はその戦争で大きな痛手を負い、それが明の滅亡に繋がったと日本人が言っているけど、本当なのか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!






1.とある中国人

講和?
日本人は逃げ帰ったんだけど、こんな風に伝わってるのか?




2.とある中国人

>>1
どこの国でも歴史を美化する傾向があるからしょうがない。
史料から推測した当時の人たちの価値観を歴史に代入し、その真実性の裏付けを追加し続けるのが歴史学者のやり方だ。
あくまで個人的な意見だからあんまり真に受けるな。




3.とある中国人

日本人は自分たちを持ち上げすぎたろう。
朝鮮援兵は万暦の三征の一つに過ぎず、使った兵力も予算もたいしたものではないよ。




4.とある中国人

2、3万人程度しかない規模の軍隊で、あくまで援軍という扱いだから仕方ない。
それにしてもなぜ当時の地方政府はその軍隊に補給物資を提供してなかったんだろうな。




5.とある中国人

講和したと言うが、それは違うと思う。
豊臣秀吉が死んだせいで、日本は撤退せざるを得なかったんだよ。




6.とある中国人

それにしても明はダメすぎ。
なぜ海軍は日本なんかに負けたんだ。




7.とある中国人

明海軍はショボかった。
朝鮮の李舜臣は頑張ったけど。




8.とある中国人

>>7
白村江の戦いはおもしろかった。
その時の唐海軍はまだそこそこ強かったんだけどな。








9.とある中国人

こんなことで滅亡するわけないだろ
五万人未満の末端軍が、ド田舎である朝鮮で日本軍と一戦交えただけ。
たぶん明朝はその作戦には乗り気ではなかったんだろうね。
使った予算も誤差レベルだし。




10.とある中国人

>>9
その通り。
当時の政府は朝鮮をあんまり重視しなかったんだよ。




11.とある中国人

前後併せて約10万人が朝鮮に派兵されたんだぞ。
軍隊の質はわからないが、軍費自体は決して馬鹿にできないレベルだ。
ただ国の滅亡に関しては、内因によるものがほとんどだ。
外因は国内の対立を激化させるものに過ぎない




12.とある中国人

>>11
初期は4万程度だったが、末期にやっと渋々と7万人まで増やした程度だよ。




13.とある中国人

それ以前に明はすでに腐り始めてたからな。
寝返る人も続出した。
そんなのでも負けなかったのは日本軍がダメだったとしか思えない。




14.とある中国人

>>13
7万人にどれだけ金を使ったと思ってんだよ。
日本の侍たちはみんな命知らずだぞ。
むしろ明はよく頑張ったと褒めたい。








15.とある中国人

朝鮮援兵の時の明軍と、その後に後金と戦った明軍の戦力の差はなんだったのか。




16.とある中国人

>>15
博打に負けたんだ。
明は最後の掛け金まですってしまったってことだよ。




17.とある中国人

日本軍が朝鮮を占領すれば中国の東北地方は必ず影響を受ける。
なら明は出兵しないほうがよかったかもしれない。




18.とある中国人

>>17
明は最後に出兵し漁夫の利を得ようとしたんだよ。




19.とある中国人

数年前に豊臣秀吉の朝鮮出兵をテーマとしたドキュメンタリー番組(日本の歴史学者数名と韓国の歴史学者一名が出演した)を見たが、その事件の影響が議論された。
まず最初に議論されたのは東アジアの局勢に対する影響だが、そのせいで明が滅亡したと専門家たちは同じ結論にたどり着いていたよ。




20.とある中国人

明の滅亡はじわじわと芽生えた資本家と農民の対立によるものなので、朝鮮に出兵しなくても滅亡は避けられなかったはずだ。
あの時の資本家は社会の主流とは決して言えない勢力で、職人と農民の数もだいぶ差があったんだ。
飢饉が起きると、資本家は農地税を上げざるを得なくなって、それに不満を感じた農民が資本家を潰しにかかった。
農民の力は侮れないからね。




21.とある中国人

>>20
明の滅亡は資本家と何の関係もないだろうが。
それっぽい適当なことばかり言うなよ。
明にはまだ資本家というものすら現れなかっただろ。




22.とある中国人

明軍は強かっただけに日本に負けたのは悔しい。
清は実力がないくせにクズな上ずる賢いだけ。






 






海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





更に海外の反応を見に行く→海外の反応アンテナN


海外の反応アンテナ





コメント

310341. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:19:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
眠眠打破
310342. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:23:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
李舜臣は韓国が美化してるだけ。
310343. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:26:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
こいつら馬鹿だ。
財政難じゃなきゃ五万ぐらい大したことないが、一条鞭法の時ですら日本の岩見がなかったら破綻してたって言うのに。
純粋にアフリカまで艦隊進めたのは凄いと思うが、それと日本との戦いで殆ど予算つきてんだよ。
310344. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:28:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
確か中国の史書に秀吉が死んで助かったって書いてなかった?
310345. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:29:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「自倭亂朝鮮七載 喪師數十萬 糜餉數百萬 中朝與屬國迄無勝算 至關白死而禍始息」

中共に洗脳されてるアホと中国に伝わる歴史書なら歴史書の方を信じるよw
日本にボコボコにされて勝ち目も無かったけど秀吉が死んだ事によって何とか終わってくれたってよ
310346. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:38:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時の明王朝は管理への給料を銀で支払っていた。中国では銀鉱石はあらかた掘り尽しており
海外の銀に頼るほかなかった
当時銀の採掘量で世界有数だったのはどこか?日本だ
明は日本と貿易し銀を獲得しなければ死ぬ国になっていた しかし、海外との貿易はご法度が国是
貿易商人は全員密貿易になるほかない 明は彼らを「倭寇」と呼んだ
310347. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:38:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
『明史』に、「正直、勝算はなかった。秀吉がたまたま死んだから朝鮮は平定されたのだ。動員した兵は十万に及び、多くの兵糧を失った」って書いてある。つまり、明とって痛手だったんだよ。真の勝者は家康とホンタイジ。
310348. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:40:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明滅亡の主要因ではない。間接的な影響はあった。実際明は第一回戦くらいしか完勝してないだろう。倭城を一つも落とせなかった。ドキュメンタリーの件は韓国側の思惑が影響して日本軍を過大評価したのだと思う。
310349. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:41:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本と戦った明軍の多くはそのあと後金と戦った。
有力な騎兵と砲兵を欠いていた日本軍に通用した軍隊は後金には通用せず、連携の悪さもあって壊滅した。
ただし日本に倣って鉄砲で固めた歩兵隊を殲滅するのは金軍にもこたえたらしく朝鮮軍には降伏を勧告している
全体としては歩兵は騎兵に勝てないという前近代の戦の常識を繰り返しただけのことだった
日本軍は確かに東アジア有数の強さだったが、それは歩兵に限っての話。精強な騎兵を持つ金軍はやはり最強だったんだよ
同じ歩兵主体の日本に苦戦していた明軍が勝てる相手では無かった。
310350. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:42:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
つうてもあのまま日本がずるずる駐留しても日本も財政きつかったろうし(補給が杜撰すぎ)
政権立てるの厳しいし、収奪したから住民の感情最悪だし
ほんとあの戦はだれも得しいないよね……某たぬき以外
310351. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:44:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
碧蹄館の戦いで明がボロクソに負けてるの無視かよ それで日本に勝てないと判ったから講和の方向へ模索したのは明の方からだぞ
秀吉がくたばりかけてたので石田三成と小西行長がその話に乗っかったから講和したの 現地武官の加藤清正なんかは大反対だったがな

これが直接の原因じゃなくてこの派兵した時の兵士たちへの論功行賞が不味くて(勝った訳でもなく被害もあったのに何も得るものも無かった)
将兵が不満を持ったのが後の反乱の原因の一つになってるのだよ
310352. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:44:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まあ、多くある遠因の一つに過ぎないだろ。
それより、皇帝も官吏も何もかも明らかに、圧倒的に清より明のほうが腐ってるのに、何か清のほうが腐されるだよなあ。
漢族贔屓かね。
310353. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:46:02
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
宗主国(笑)とか見栄張って対日本にかかずらわってる間に、
いつのまにかヌルハチが勢力を収斂して強大化したからじゃね?
310354. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:46:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那って昔から雑魚だったんだね
虐殺滅亡されほうだいwwwww
310355. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:47:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
結論:大友義統はゴミ
310356. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:50:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
秀吉が死んで、日本は引くしかなかったというけれど、実際のところ歴史書によればヒデヨシの死を隠したままの撤退命令が出ただけで、出征軍の観点からすれば「秀吉が死んだから引くしかなかった」という訳でも無い。

もっとも、出征していた各大名それぞれが、独自の情報網などで秀吉の死を知っていた可能性は十分にあるけどね。

何にせよ講和した上での撤退。
明と朝鮮、一部の武将が馬鹿やって追撃かけたけれど、どっちも撃退されて海の藻屑になっているという事実も、「日本側劣勢により撤退」というには無理のある話さ。
310358. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:56:51
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時の明軍の総兵力は約320万
朝鮮出兵に対して動員された明軍は全体の10%程度のもので、小規模な遠征の一つに過ぎない
それで滅亡したって冗談か何かだろw
310359. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:58:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>3.とある中国人
>日本人は自分たちを持ち上げすぎたろう。
>朝鮮援兵は万暦の三征の一つに過ぎず、使った兵力も予算もたいしたものではないよ。

確かに、唐入りだけが明滅亡の原因というわけではないな。
中国人の言うとおり、その日本人は持ち上げすぎ。
中国の歴史に無知なだけだね。

310360. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:58:47
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
現地での食料調達は朝鮮任せにしても10万もの大軍を僻地に送るのだからその出費は尋常では無い
そして終戦までに半数以上の人員を失ってる時点で被害は甚大だろう
しかも友軍が役立たずの朝鮮人ってのが可哀想な話だよ…
勝利も無く、何も得ずに下僕のために明の兵士さんたちは無駄死にしましたって奴だ

WIKIとかだと朝鮮軍も善戦したんだよみたいな嘘がさらっと混ぜ込んであるが実際は明軍VS日本軍の戦いだ
中国人や朝鮮人がなんと言おうが文禄・慶長の役が確実に明王朝の寿命を縮めたのは歴史的事実だ
310361. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 22:59:24
  • #kwzMfkEo
  • 編集
▼このコメントへ返信
明朝を滅ぼしたのは
イエズス会の工作員です
310362. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:00:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
白村江の戦いを持ち出して自慰するなよ(笑)

倭の属国であった百済を助けるため援軍を送ったが負けた

しかし畿内にあったヤマト王権は白村江の戦いに加わってない

九州の王権が負けただけ
310363. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:03:21
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
明滅亡の原因の一つだよ
朝鮮は外野だが明と日本とのあいだではちゃんと講和がなされた
ちなみに滅亡寸前に明は徳川に助けを求めたがスルーした
310364. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:05:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310347
明史は、漢族王朝の明を滅ぼした、女真族が興した清の時代に編纂された歴史書。
前の他民族王朝を貶め、自らを正当化するために捏造した可能性もある。
310365. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:07:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
朝鮮が雑魚だったのは疑いようもない事実(笑)
310366. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:08:16
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まあ間接的に二つの要因につながった
一つは財政への影響、こちらが大きいが満州族への軍需景気とそれによる民族の台頭
ただし直接的には明は自滅に近い
310367. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:15:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
衰えたりといえど明と日本ではそもそも経済規模が違う当時の日本との差は
現在のアメリカ・日本以上のすさまじい差やぞ、真面目な話日本が継戦を続けたなら間違いなく日本が先に詰む
310368. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:17:49
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人「明の滅亡は日本のせいって本当?」
日本人「うそです、遠因ぐらいになったかもしれないけど、、、、南朝時代は徳川幕府に援軍要請してるし、、、」
衰退のきっかけを作ったのは、日本かもしれませんけど、、、ごめんな
310369. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:19:49
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
結果的に内陸まで進まなくて良かっただろうね
進めば進むほど敵も増え武装した放牧民族と対等したら到底勝てると思えない
310370. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:20:10
  • #gR1vAfIU
  • 編集
▼このコメントへ返信
数十年後に清に負けるから「明は弱い」ってイメージあるけど、
秀吉の朝鮮出兵当時の明は軍事的には最盛期か最盛期をちょっとすぎた程度の状態だったというね。

>朝鮮援兵は万暦の三征の一つに過ぎず、使った兵力も予算もたいしたものではないよ。

『明史』王徳完伝によると「寧夏用兵(ボハイの乱)、費八十余万、朝鮮之役七百八十余万、播州之役(楊応龍の乱)二百余万」、『明史』陳増伝には「寧夏用兵(ボハイの乱),費帑金二百余萬。其冬。朝鮮用兵,首尾八年,費帑金七百余萬。二十七年,播州用兵(楊応龍の乱),又費帑金二三百萬」とあり、数字に違いはあるが、万暦の三大征の中でもこの戦役がボハイの乱と楊応龍の乱とは比較にならないほど財政上に大きな負担であったと認識されていたことが窺える。
310371. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:23:08
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
朝鮮出兵(唐入り)に徳川軍は参加してない

西日本だけの勢力で大陸をボコボコにしてた日本人はやはり戦闘民族
310373. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:27:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
田植えも知らない朝鮮を統治したいとも思わないから武将のモチベ最悪だし、
補給はそれこそ海越えてだから大変だし、長期に及んで栄養不足&不衛生&密集だから
疫病が蔓延するわで散々だったから撤退したんでしょ?
明軍なんかは普段からコーリャンとか雑穀食ってたから慣れてたんだろうけど。
310374. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:35:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
なあに宦官ひとりで数年で黄金だけで250万両賄賂集められる国家だぜそれで考えれば三征なんて余裕余裕

ちな清代はさらに増えて黄金だけで800万両集める模様
310375. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:36:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
兵士相手には勝てないから、補給船だけを狙って戦ったっていう李舜臣の話ですか。
戦略としては正しいけど、武勇ではないでしょw
310376. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:37:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
元寇の報復だよ^^
支那は雑魚ってのがわかったから撤退しただけ
310377. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:40:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
昔、豊田有恒のSFで読んだ。
「旗閃けば勝ち、馬嘶けば至る」
戦国期に鍛えられた日本軍はそりゃー強かったって話。
310378. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:45:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
このサイトは翻訳風のポエムです
本気にしないでください
310379. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:47:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本征討を命じられて参戦した軍閥が戦費を中央に請求
もっと寄越せもっと寄越せとやってる内に莫大な支出となって財政が傾いた
当然全てが正しく戦費に使われた訳もなく軍閥の懐に
日本側の大名と同じく朝鮮なんぞに駆り出された明軍も大してやる気もない
ただでさえ大して強くない明軍はますます弱くなった
これに味をしめた軍閥と要求に答え続ける余裕は明王朝には無くなり
へそを曲げた軍閥が女真に与して終了
直接では無いが間接的に大きな影響があった事は確か
310381. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:52:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
世界の銃の半分が日本にあった
日本の最強の時代だな
秀吉が死んだおかげで、元々乗り気でなかった大名たちは撤退したと
310382. 名無しの日本人
  • 2016/07/25 23:54:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ちなみにこの時も朝鮮農民は日本軍に協力した
支那事変と同じだね
310383. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:02:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明史は清が書いた書物だからマイナスで読んでも良いけど、影響あったのは間違いない
馬ごと切られたアル、まじ野蛮アルとか泣き言綴ってあるぞw(日本人は現代中国人より原文読めるんだからな?w)
つか、水戸黄門のところに明の亡命者来ただろ(ラーメンの最初と言われる・・・)
国姓爺合戦の主人公も明・日(あしたじゃないよパパ明人の海賊)ハーフだぞ?(これ知らん本土人多いみたいだけど)
台湾親日はこれも影響あると思うよ?(鄭成功のお話だね、日本刀持ってたって言うけどね~確証は無いけど、奥さん一応下級でも武士の娘だからね)
310384. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:06:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
実際には内乱で疲弊しつつあった所で日本と戦って戦力をすり減らし
とどめに後金が決起して踏み潰されちゃったからなぁ

明は末期症状を呈してたから日本と戦わなくても滅んだとは思うが
秀吉のせいで滅亡が早くなった可能性は高い。
310385. 名無しの明国人
  • 2016/07/26 00:06:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
カスの朝鮮でも見捨てたとなりゃあ、示しってものがつかないんだからさ。
親分としては辛いところよ。
310386. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:08:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まあその弱かったという明軍や日本軍より圧倒的に弱くどうしようもなかったのが朝鮮軍ですがね
いつもいってるじゃないですかヒデヨシガーって
310387. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:12:54
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310364
そんなこと言ったら
中国の歴史書全てが信用できないと言うことだよww
310388. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:19:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310387
まあ歴史書だけが資料ではないし具体性を伴わない表現は単なる印象論に過ぎないからな
そういう意味でそこまで重要な一文ではないのは確か
310389. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:20:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
清ならわかるけど、明はトップがバカで自滅しただけだろww
310390. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:21:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310358
それ書類上の数字で実在の兵力じゃないから
実際のところ万暦の三征で金使い過ぎてすぐに動員できる常備兵が払底していたのが実情で
サルフの戦いでも8万動員するのがやっとくらいに金が無かった
しかもこの戦いで兵力に劣る女真騎兵の機動力を活かした内線作戦で各個撃破でボロ負け
そういう意味では確かに明の滅亡の遠因にはなってるな
対日戦は他とは比べられないほど金使ってるし
310391. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:36:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明国滅亡で愛新覚羅ヌルハチの名があがらないのはどういう状況なの
310392. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:37:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
朝鮮に肩入れしたから滅びたんだろw
310393.  
  • 2016/07/26 00:40:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ほとんどの日本人がどうでもいい情報での言いがかりだな。
310394. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:52:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
一つだけ言えるのは豊臣にしても日本軍にしても
半島に手を出すのはひとつもいいことがなかったってことだけ
半島に関わるな
310395. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 00:53:50
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310349

>日本軍に通用した軍隊は後金には通用せず、連携の悪さもあって壊滅した。

日本軍(豊臣軍)に通用した?明軍は豊臣軍相手に連戦連敗で終わってるぞ。

>精強な騎兵を持つ金軍はやはり最強だったんだよ

碧蹄館の戦いについて朝鮮側はこう記述してる。

・このとき(李如松)提督が率いていたのは、みな北方の騎兵で、火器を持たず、
ただ切れ味の鈍い短剣を持っているだけであった。
(一方)賊は、歩兵であって、その刀剣は、みな三、四尺の、切れ味無比のものであったから、
これと衝突激闘しても、(長刀)を左右に振り回して切りつけられ、人も馬もみな倒れ、敢えてその鋒先に立ち向かう者もいなかった。

女真族や韃靼相手なら、李如松軍は切れ味の鈍い短剣でも制し得たということ。
要するに女真軍や韃靼軍の鍛造技術は日本よりはるかに劣るということ。

310396. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:04:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
財政破綻寸前で派兵する余力が無いときに派兵せざるをえない状況になったのは痛手だったろうね
それが直接の原因というには内乱が多すぎたし、外憂のせいでどちらにも中途半端な手しか打てなくなったとしたら破綻の原因でもあるか
日本の悪名増やしてもしょうが無いので中国の自滅と言う事でよろしく
310397. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:08:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そもそも朝鮮⇒明遠征が秀吉流の大名粛清だったからな。
戦果を上げた大名に対し、褒美の地に朝鮮・明の地を外様の大名達に与え、恩賞の名目で体よく国外追放する為の戦役だった。
ところが朝鮮の土地が農地に不向きであった為、大名達に魅力が無く、特に戦線が停滞した朝鮮北部~中国東北部は寒帯に位置し、とても農地に使える様な地ではない。
これにて、勝利=現地の土地を貰えるという大名の夢は木っ端みじんに打ち砕かれ、戦意を喪失した。

この要因のみで、朝鮮出兵は瓦解したと言っても良い。
やがて秀吉が死亡し、大名達は嬉々として帰還した訳。

補給の難易度はあるが、もし最初の上陸地が、山東省~江蘇省あたりだったら、大名達は目の色を変えて奮戦しただろうな。
当時は日本は世界最大の鉄砲を保有する銃大国であり、さらに戦乱の地で鍛え抜かれた強兵を持っていただけに、本気モードの対中国戦になりそうな歴史のifは興味が尽きない。
310398. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:08:19
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人も万暦朝鮮之役についてあまり知らないようだな。なんだ海軍が負けたって?
ヌルハチやタイ王国は明側に加勢すると伝えてきたけど彼らは知ってるんだろうか?

>五万人未満の末端軍が、ド田舎である朝鮮で日本軍と一戦交えただけ。

慶長の役では浙江省や苗族の部隊も遠路はるばる動員された。
提督の麻貴は回族だし、明は領内の津々浦々から兵士を集めて朝鮮に送り込んだ。


310399. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:08:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310395
装備では劣るかもしれないがやはり騎兵の機動力は最強の戦力と言っていい
後金と明の戦いでも日本戦を経験した明軍は交替射撃戦術なども取り入れた火力主体の兵力だったが
巧みに機動分断包囲して下馬戦闘(けして騎兵突撃ではなく)を仕掛けてくる女真兵の敵ではなかった
310400. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:10:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
特亜が地球のお荷物って本当?

本当です。
310401. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:10:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
師(軍勢)を失う事数十万、ビショウ(軍事費)数百万。 「明史」

兵隊と金、たくさん消費したって書いてあるよな。
310402. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:15:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>そもそも朝鮮⇒明遠征が秀吉流の大名粛清だったからな。

だったらなんで子飼いの大名ばかり九州に領国を集めたんだ?
遠征は成功すると思ってたし子飼いの大名にもっと多くの領地を与えたいと思ってたに決まってるだろ
310403. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:19:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
秀吉「大陸攻めるやで~」
日本「ええ……まあお上が言うならしゃーない」
朝鮮「やめてください死んでしまいます。明さん助けて」
中国「ちょっと日本強過ぎんよ~」

日本「秀吉死んだわ、目的無くなったから帰ります」
朝鮮・中国「やったぜ」

これが逃げ帰った扱いなのか
310404. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:30:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
蒙古が来た時も日本は防衛成功したけど
武士に払う報酬が払えないとか財政の圧迫で戦国に突入する原因になってるじゃん?
それと同じことが明でも起こっただけだろ
原因の一つには間違いなくなってる
310405. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:31:06
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
女真族が成功して豊臣軍が失敗したのはなぜか?

朝鮮制圧に関してのみ言えば、その答えは小西行長が朝鮮王を捕まえようとしなかったから。
丙子胡乱では女真族はその起動力を活かして朝鮮王が江華島に脱出する前に捕まえたもんな。

310406. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:34:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
清>>明

ヌルハチ>>朱元璋

満州族>>漢族

310408. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:37:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明の皇帝はどうしようもない暗愚が多すぎる
対して清の皇帝はしっかりしてたよね
やはり民族の差だな
310409. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:37:54
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
答えは出てる
「朝鮮と組んだ」

みなまでいわすなww
310410. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:43:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
全く関係無いな
日本云々以前に明は既に死に体だったし
死期が若干早まったか程度だろ
310411. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:43:43
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明は滅亡寸前のときに江戸幕府に援軍を依頼してきた。幕府は応じなかった。ほら、日本のせいだろ。
310412. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 01:48:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
両班に虐げられていた朝鮮の庶民があっという間に日本側に寝返って、明がやって来た時には日本兵の半分は朝鮮人だった、っていう明側の記録があるらしいなw
何が秀吉が朝鮮を破壊しただよ。そりゃ大名たちに着いて日本にやって来て、帰国しなかった職人が大勢いる筈だよ。
陸戦ではほぼ一方的に日本が勝ちまくってたから、秀吉が死ななかったらほんとどういうことになってたんだろうな。
晩年の秀吉は色々血迷ったのかと思ってたけど、西洋のアジア侵略を理解していて、国内の敵を倒した後は国外の敵(西洋人)と対峙しなければならないことを、見据えていたという見方もある。
310414. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:04:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明の武将なんて全員連敗、逃亡、捕縛されてんのによく上から目線でものが言えるな。
麻貴なんて連戦連敗で逃走した挙句、なぜか栄転してるしクズばっかじゃん。
どんだけ嘘の報告すればこうなるんだ?つか、それで通用するのが怖いわ。
310415. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:11:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>明軍は強かっただけに日本に負けたのは悔しい。
>清は実力がないくせにクズな上ずる賢いだけ。

支那の歴史上最も領土拡張し強かったのが清だろw
クズ漢族の王朝は数十年しか持たなかったり腐敗が激しかったりどれもゴミばかり
明代で目を引くのは400万人を虐殺し20万人を塩漬けにして食べた張献忠の軍隊くらいか?
それも南進した清の軍にボコボコにされたけどwww
310416. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:20:27
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
そ の 前 に そ も そ も 明 と 中 共 や ら 

漢 族 と か 基 本 的 に 無 関 係 で

中 国 と か な か っ た 時 代 だ か ら 落 ち 着 け よw
310418. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:27:55
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310405
女真は李自成のどさくさで漁夫の利を得ただけ、李自成の乱がなければ山海関すら抜けなかった
当時はもはや重火器が発達して弓騎兵では関を抜くのは至難だったから
310419. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:28:22
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
#4
>それにしてもなぜ当時の地方政府はその軍隊に
>補給物資を提供してなかったんだろうな。

中国大陸は現地調達ってことも知らんのかw
間抜けだなw 皇帝の命によりって言ってだな農作物は食い漁り、
それで足りなければ農民を殺して人肉を食っていた時代だろうにw
310420. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:32:14
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本が撤退したのは食料が尽きたからだけどな
310421. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:40:32
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
李舜臣も大嘘w

大体、李舜臣が強かったなら、なぜ今でいうソウルまで攻め込まれてるんだw

ばかめw
310422. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:43:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
李舜臣が輸送船を攻撃したせいで物資を現地調達するしかなくなって
朝鮮の一般市民に多大なる損害を与える結果になった事は韓国ではタブー
310423. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:48:13
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
蹂躙されまくったのに何故か上から目線で語っててワロタw
いや被害者意識があるから上から目線なのかw
310424. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 02:50:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
朝鮮に関わるとろくな事にならない
これは世界にとっての真理
310427.     
  • 2016/07/26 06:18:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
美化してるのは支那人共だろう、秀吉が死去してなければ敗北確定だった程のボロ負けしてたのが大陸側だからな。
歴史を常に直視してない支那人は頭悪すぎで反日しか発言できない無能集団。
310429.      
  • 2016/07/26 06:25:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310412
その通り、なにせ宣教師や商人などから情報を得て居たからな。
信長時代でも交易重視で宣教師の神社仏閣、婦女子拉致の人身売買など外人の横暴は有名。
明智はそれで反逆を起こした程だからね。

キリスト教追放や外人への取り締まり強化した秀吉の判断は正しかった、外国の侵略主義を予知して大陸に派兵したまで。
支那大陸が外人の植民地になり日本に脅威を振りまく近代史を考えても秀吉はかなり進んでたと言える。

バカで無能な中国人は近代史すら正しく理解できてない。
基本がまったくできてないので世界史や過去の出来事が更に理解不能になる訳。
310433. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 06:39:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310364
自王朝に都合の良い歴史書を編纂するのは毎度の事。
だけど、自軍の能力や成果の喧伝って考えると、捏造するなら、後金>明>日本みたいに書くと思うなぁ。
わざわざ、関係ない日本を持ち上げる必要が無いと思われ。

日本との戦いは、幾つか有る遠因の一つ程度だと思ってるけど。
310434. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 07:23:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時の朝鮮も二股外交。日本と明の言ってる事と違う内容で朝鮮が仲介して戦争に。w
あと日本が朝鮮半島に軍を送ったのは通過して明に向かうためで朝鮮が目的ではない。
310435. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 07:26:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本の侍の戦闘能力の高さは従軍した明兵が書き残してるな。とにかく剽悍で手が付けられなかったとか。
特に島津と交戦した相手は恐怖のどん底だったろう。
李舜臣とかいう奴を返り討ちにしたのも島津だったか。
310436. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 07:48:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明は、ジュルチン(女真)族の後金の影響が一番だよ。日本の一部歴史家が
言うほど、秀吉の遠征は影響を与えていない。ケンブリッジの東洋史の教授も
その見方には懐疑的だったからね。
310437. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 08:01:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
最終的に10万の派兵と考えるだけでも誤差程度の出費とはとても言えないんだけど
310438. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 08:27:41
  • #BikgAKP6
  • 編集
▼このコメントへ返信
そもそも朝鮮出兵は当時世界征服しようとしていたスペインへの対策だということがまるで言及されないのな。
日本が当時強いと思われていた明をボコボコにすることで鉄砲保有数世界一、兵士の強さも世界一だと示し、諸外国の侵略を防ぐという遠大な構想。
江戸時代250年の平和は、これによってなされたと言ってもいいくらいの偉業だよ。
310439. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 08:55:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時の朝鮮王の悩みは、日本が朝鮮に作った城(城下町)に領民が自ら住み始めたこと。
310440. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 11:10:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本人はそんなこと思っていないけれど、日本にいる中国人がそうだと言っている。
作家の陳舜臣氏がそうだ。

秀吉軍のほうが愛新覚羅軍よりも組織的かつ強大であった、と。

しかし、より主因となるのは明内部の腐敗であったとも書いている。

日本は明の腐敗勢力や反対勢力と共謀できるほどの情報を持っていなかった。
逆に満州軍は明側と付き合いがあり、その腐敗も協力者を得ることのできる可能性も知っていた。
清建国が成ったのもそのためで、軍事力だけのことではない。
310441. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 11:17:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310421

ソウルは開戦初戦であっけなく落ちた。李舜臣の出るヒマもなかったwww

朝鮮軍は日本で言えば源平合戦のような軍。イザ鎌倉!!で兵権を持った将軍が振れ文を出して各地の兵を集めながら進軍する。信長以降登場した城下に住む兵団なんてものは無かった。

日本軍は文字通り、無人の野を行くがごとく進軍。予想外に早くソウルに着いた。
日本側も朝鮮は日本の倍ぐらいの広さがあると誤認していたので、早すぎる到着に驚いたとか。


310443. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 11:48:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
遠因の一つではあるが主因では無いな。

出兵理由としては大陸分割を持ち掛けてきたスペインへの牽制が最も大きいのではなかろうか。
又中央から見て未だ侮れない戦力を保持する西国諸侯の疲弊を狙った感もある。

秀吉にとって不運だったのは、後の大英帝国の様に天津を直撃でき沿岸部を席捲出来る程の圧倒的な海運海軍力が無かった事であり、不毛の糞地である朝鮮半島を通過しようとし余計な道糞を食わされた事である。
310444. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 11:59:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>講和


これは日中双方で全く逆の認識になっているのには原因が有るのだよ。

対馬藩の宋氏が明皇帝と講和するにあたり、国書を偽造して双方に逆の内容の文書を渡した。
一度目の文禄の役では明皇帝が負けを認め秀吉の要求を呑む旨を伝える講和だったのに、秀吉に謁見した明の使者から渡された文書には「秀吉を日本国王に任ずる」と秀吉が明皇帝の配下になったかのような言葉が書かれていたので、秀吉が激怒して二度目の慶長の役になった。
慶長の役の途中で秀吉が死んだので、再び偽の国書を交わして日本に帰ってきたというわけ。

対馬藩の宋氏は戦後の朝鮮通信使の時も徳川の国書を偽造している。
朝鮮通信使は徳川幕府に朝貢に来ていたのだけど、それだと朝鮮側のメンツが立たず対馬藩が朝鮮との貿易ができないので、国書を偽造して朝鮮の機嫌を損ねないようにしていた。
徳川としては朝貢使節団だと思っていて返礼使節も出さなかった。
代わりに対馬藩が返礼していた。
310446. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 12:54:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
フビライは南宋を滅亡させてから日本侵攻を企てたんだろう。
明の滅亡と言うことは清の勃興、中国の南北抗争と日本は関係ござらん。
310447. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 13:44:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
宣教師「ご一緒に明を征服しませんか?」
秀吉「・・・」

数年後 ↓

秀吉「おいバテレン、明はわしが征服するから。てか、ルソンもわしに寄越して降伏しろや。ぼこぼこにすっぞ」
宣教師「」
310451. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 15:58:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310367

その理屈だと日本よりも一回りも二回りも人口=経済規模が小さい満州族は瞬く間に詰んでいた筈だが?
頭数が無駄に多いだけの支那を全てにおいて突出してるアメリカと比べるのはナンセンス
310452. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 16:09:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
大丈夫
俺のPCの中にも明朝体として生き残っているさ
310453. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 17:20:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310437

上で※310370が言ってるように明は朝鮮之役に700万両以上を捻出した。
しかも明の国家予算は400万両くらいだったから、
誤差程度ってのはまあ無理があるわな。
310454. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 17:48:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310396
>日本の悪名増やしてもしょうが無いので中国の自滅と言う事でよろしく

敵を滅ぼすのが悪名? 自虐史観に洗脳されるのも大概にしろ.
だいたい日本にとっては大陸は適度に混乱してた方がいいんだよ。
下手に纏まると岩礁を不法占拠して飛行場を勝手に建設するとか、碌な事をしない。
310455. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 18:03:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310342
日本人が朝鮮人に教えたのが悪いw
310457. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 18:22:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
絵本朝鮮征伐記に出てくる李舜臣の絵は「大明」の
旗を掲げた軍艦に乗ってるんだよなwww

朝鮮?何それ?って感じで日中から小物扱いwww
日本vs明であって、日本vs朝鮮+明ではない
310459. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 20:03:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310399
女真族が強いのは間違いないけど
サルフの戦いまでは百数十年間、明が女真を圧倒してたからね

百万の野人(女真族)さえ、十万の倭卒の敵ではない。
看羊録

朝鮮の儒者の言葉だけど、どちらの国も強く、また明兵の中では
万里以北に遼陽に陣取る李如松率いる子飼い5万は西麻東李(西域の麻一族、東の李一族)と呼ばれ
中国最強部隊だった。
(西麻の麻貴も慶長の役には参戦、慶長の役は一種の中華オールスター)
310460. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 20:08:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310399
朝鮮半島の山がちな地形的に、騎兵の機動力を発揮させずらい、というのもあるな。
だだっ広い平原で騎馬民族相手に戦ってた明軍が、狭隘な地形で鉄砲足軽隊と対戦するわけだからw
310463. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 20:35:41
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310397
>そもそも朝鮮⇒明遠征が秀吉流の大名粛清だったからな。
この理屈がどうしても俺には理解できない。こんなやり方日本
では不自然だ。関係無いのに殺された朝鮮人は可愛そすぎ
出し。後に続く文化である江戸時代に全く繋がらない。

俺が読んだ霊能ブログでは真実こうだ。明と朝鮮がつるんで
琉球を侵略(学問的には冊封?)しようとした。琉球の使者
が秀吉に泣きついて半島に出兵した。ソースが全く無いので信じ
貰えないだろうが、誰か~説とかうまいこと命名して広めて貰えな
いだろうか。
310464. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 20:57:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
しらんがなw
310465. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 21:17:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
満州族にやられたから明が滅亡したのは事実。秀吉が満州族を助けたわけではない。
310468. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 21:38:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本の歴史を全然知らないということは分かった。
310474. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 22:21:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本の歴史というか明の歴史も知らないのはよくわかった
まぁ中国の歴史長いからしょうがないかw
310478. 名無しの日本人
  • 2016/07/26 22:30:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310364
捏造も何も日本側の資料と照らし合わせれば判ることだろ?

頭湧いてんの?w
310507. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 00:11:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
朝鮮出兵がなくても明は内紛でゆくゆく滅びる予定だったが、
それを加速させただけ。これが事実。
310511. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 00:25:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那は万歴朝鮮戦争で財政が大赤字になったからね。
310535. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 09:22:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明の国力から言って、まあ、徐々に衰退していた時期だしな。
もし、明に大きな打撃を与えたというなら、とうに当事国朝鮮は滅んでいたな。

先に滅んだのが豊臣氏だよ。これは事実。
310553. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 15:04:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
じゃ、じゃぁ・・・
鎌倉幕府が滅亡したのは宋がだらしなかったから!
余計な労い費(恩賞)が払えなくなったから!
310555. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 15:07:35
  • #TYr5mYUY
  • 編集
▼このコメントへ返信





植松聖「カジノ建設頑張ろう」「安倍晋三様によろしくお願いします。大事なことなので2回言いました」「パチンコ排除したい」 「日本軍設立を」
フォローリスト:高須克弥 /\西村幸祐 /\ケント・ギルバート /\朝青龍 /\つるの剛士/\中山なりあき /\百田尚樹 /\上念司 /\山際澄夫 /\野口健/\テキサス親父/\渡邉哲也/\福島香織/\孫向文 /\安倍晋三
/\9条叩き /\自称愛国者 /\自民党信者 /\沖縄叩き /\在日叩き /\美しい日本連呼 /\相模原市障害者施設


( 赤尾光治 平野滋紀 042―321―1359)
310561. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 16:54:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310465
いいえ李自成です、まあ女真の蠢動の余波で内政がどうしようもない状態になったのだが
310567. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 19:43:54
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
秀吉が30才若かったら、半島と明は日本になっていたか、封じられて朝貢していただろう。
310574. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 22:35:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そういえば明って隋代より失われていた漢民族(自称)の王朝なんだよな
いやあほとんど死に絶えていた漢民族にトドメさすような真似しちゃって申し訳ない(棒)
・・・いや本当に余計なことをしてしまったのではないか、日本は
310576. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 22:40:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
哀れな。

萬暦の三征も総て中華内の事なのに。
そんなコリアのことを中華の矜持も何も捨てて真に受けるなんて。
310578. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 22:49:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
明が滅んだのは魏忠賢による。
萬暦崇禎、ましてや蒙古は愚か日本のせいじゃない。

強いて言えば、李如松などの遼東から動員された女真族が、
はじめて中華帝国軍が蹴散らされる様を見て考え方を変えた可能性はある。
310580. 名無しの日本人
  • 2016/07/27 22:54:53
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
魏忠賢は、それまでの皇帝専制統治のシステムを悪用し、
わずか十数年やそこらで、自分の欲望と名誉のために明を潰した。
逆に言えば、それこそ歴史にも出ない見えない部分で、
皇帝専制統治のシステムは見事に機能していた。
まあ、コリアを独立した国であることを当たり前の常識にするレベルの中国人にはわからないだろう。
310643. 名無しの日本人
  • 2016/07/28 09:07:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※310578

キミ小説や教科書に載ってることしか知らないのだね、勉強不足もいいとこ。
310657. 名無しの日本人
  • 2016/07/28 12:11:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
はいはい、日本のせい、日本のせい。
310671. 名無しの日本人
  • 2016/07/28 15:03:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
遠因のひとつだとは言えるだろうけど……
っつーか、明は劣勢だったんだから、当時の日本を舐めてる中国人は歴史を知らなすぎ
310692. 名無しの日本人
  • 2016/07/28 21:45:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
あのままいっていれば萬暦帝は確実に南九州から日本を攻めていた。
310769. 名無しの日本人
  • 2016/07/29 01:50:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
主要因ではないけれど、日露戦争のロシアといっしょで
派兵が内部的な崩壊を速める結果にはなったろうね。
だいたい末期の帝国はなんか戦争やった後に
昔日のように国力を回復できなくて滅んでる例が多いんで。
310837. 名無しの日本人
  • 2016/07/29 12:26:40
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
侍が強すぎたからなぁ、進軍スピードや拠点をどのタイミングで取ったかとか
史料に残ってるのにまだわからんのかねぇ
310840. 名無しの日本人
  • 2016/07/29 12:41:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
 何でも、間でも、日本に、悪い事を、押し付けてくるな~

 都合の悪い事は、皆日本のせいにするんだな、あ~あ日本の隣国は、

 中国、韓国、北朝鮮と言った連中は、嘘つき、責任転換、無責任と

 言う意味では、同じ穴のムジナだな。
310879. 名無しの日本人
  • 2016/07/29 21:06:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
光栄だねw
当時、国力は日本の数十倍もあったとされる明を滅亡させたなんてww
それに比べりゃ、今の中国なんてゴミ同然wwwwwwwww
312862. 名無しの日本人
  • 2016/08/18 14:43:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本はスペインの大陸進出を防ぎたかっただけなので目的は既に果たした。
問題は明が満州に進行されるほど日本との戦いで疲弊してしまった事だ

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する


「http://」「https://」を含む文字列は検閲させていただいてます。
ブランドコピーのスパム宣伝がヒドイ。
URLを投稿する時はそれらの文字列抜き、若しくは検索キーワード等でお願いします。
他の規制ワードはコチラ


ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ