160919-1-001.jpg

日本が中国東北部を占領していた期間にやりたかったができなかったこと

“島国であることに甘んじない”日本は、明治維新後、侵略戦争という手段によって中国や朝鮮などの周辺国家を手に入れてきた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!






160919-1-002.jpg

日本の関東軍が、1931年9月18日に満洲事変をおこす。
そして3カ月という短期間で、中国東北部を占領することに成功した。


160919-1-003.jpg

日本は中国東北部で石油を発掘しようとした。
当時の日本は石油の90%以上をアメリカから輸入していた。石油がなければ、航空母艦も、戦闘機も、ただの鉄だ。

1928年、アメリカのコーネル大学石油地質学科を卒業した新帯国太郎を牡丹江に送り、油田の発掘を試みたが、発見することはできなかった。
新中国成立後、この地で油田が発見された。


160919-1-004.jpg

現在、日本の歴史教科書には、「もしも日本が中国東北部で油田を見つけていたら」という文言が書かれている。
もしも当時日本が油田を発見していたら、東南アジアへ侵攻することはなかったし、真珠湾を攻撃してアメリカを敵にまわす事もなかっただろう。

また、日本人は中国で発見したウランを使い原爆を製造しようとしていた。
1938年、日本の満洲鉄道調査部は、中国東北部の海城地区でウランを発見した。
しかし、日本陸軍の技術が乏しかったため、六フッ化ウランしか造れなかった。


160919-1-005.jpg

1945年7月、日本の原爆開発は完全に途絶えた。
その後も核兵器という夢が現実になると幻想を抱いたが、1945年8月15日、天皇が投降を宣言したため、日本の核兵器は夢で終わった。

もしもあのとき原爆の製造に成功していたら、日本が投降することはなかっただろうと信じている人は、今でもたくさんいる。





1.とある中国人

あのときの日本人は気が狂っていたよな。




2.とある中国人

ドイツと日本は戦争を仕事のひとつだと思っているからな。




3.とある中国人

ウランも奪っていったのか。
やはり倭寇だな。




4.とある中国人

アメリカと戦争してなくて研究を続けてても、日本がアメリカより早く原爆造れたとは思えないけどね。




5.とある中国人

神様が日本に原爆を持たせないように配慮してくれたんだよ。
日本が原爆持ったら、世界は日本に滅ぼされてしまうから。




6.とある中国人

日本は高度な知識を持つ専門家を派遣しても油田を発見できなかったが、中国は発見したんだよな!
中国すげー!




7.とある中国人

今も油田が欲しいんじゃないのか?
なら攻めてこい!




8.とある中国人

小日本よ、歴史に「もし」はないんだよ!
「もし」あのときチンギスハンが日本に上陸できていたら、お前らを滅ぼしていたのに!とか、何とでも言える。




9.とある中国人

日本が東北部で油田を見つけていたら、東南アジアに侵攻しなかったしアメリカを敵に回さなかったかもしれないけど、中国の抗日戦争は今でも続いていたかもしれない。




10.とある中国人

あの時はなかなか投降しなかったから、日本は被爆国になった。
今は謝罪しないから、日本はきっと2度被爆した国になるぜ。




11.とある中国人

安心しろ。
日本がまたやろうと思っても、今度はチャンスをやらないぜ。




12.とある中国人

地図で見ると、中国が鶏の身体で、朝鮮半島は鶏の口ばしで、日本は鶏が食べてる米粒みたいだよな。
我々は北朝鮮さえ掌握すれば、日本は攻撃できないだろう。




13.とある中国人

原爆開発して中国に置いてってくれればよかったのに。




14.とある中国人

中国東北人が弱かっただけだろ。
西や北にたくさんの隣国があるのに、東北人は攻めて行かなかったんだから。




15.とある中国人

この件は我々に「人に優しくしすぎてはいけない、いじめられるから」という事を教えてくれている。




16.とある中国人

歴代の外敵って、みんな北方から攻めているよな。




17.とある中国人

東北で油田が見つかってれば歴史は大きく変わっただろうなぁ。




18.とある中国人

>>17
当時の列強が奪いに来るから日本が敗戦する歴史は変わらなかったと思うぞ。




19.とある中国人

日本が油田を発見していても、どうせそのときの日本の技術じゃ採掘できなかったよ。




20.とある中国人

日本が東北部を占領してくれてよかったよ。
もしもソ連に占領されていたら、東北から南下してきたはずだ。
そして今ごろ東北部はロシアだったかもしれない。




21.とある中国人

小日本が南ではなく北へ向かって侵攻していたら、いま違う世界になっていたかもね。




22.とある中国人

俺は日本にもう一度中国を侵略してほしい。






 






海外と直接交流する掲示板を作ってみました。
まだまだ未完成ですが、よろしくお願いします。





更に海外の反応を見に行く→海外の反応アンテナN


海外の反応アンテナ





コメント

317138. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 22:34:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時の中国は小銃すら作れず逃げ回ってたくせに大口叩くな!
あと日本はアメリカに負けたのであって中国にも西洋列強にも負けてない!
317140. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 22:44:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国東北部侵略?
満州国建国は満州人と日本人との間に合意された事
何で関係のない漢人が被害者ぶってるんだ?
そもそもあの時代の漢人に中国東北部は自分たちの領土だという認識があったか?無いだろ
317145. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:07:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦争で金稼いでるアメリカが戦争に参加しないわけがない。
イギリスとアメリカは一連托生だからね
317147. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:11:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317138
そういう屁理屈は良くない。
確かに中国が武器的には劣っていても
ゲリラ戦的に日本軍の多くを足止めされてたのは事実で
ある意味ベトナム戦争的な意味では中国は日本の疲弊に一役買ってる。

ちゃんと歴史を見ないと中国人を批判するのに朝鮮人なみの知能になるぞw
317148. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:14:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>今も油田が欲しいんじゃないのか?なら攻めてこい!

コイツは現代にタイムスリップでもしてきたのかな?
317149. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:15:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本がなければ、アジアは白人の植民地奴隷。今でもそうだったかも知れん。
317150. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:17:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「もし」ってどこの教科書だよ脳内ファンタジーで日本を語るなよそんなこと言ってる限り日本に勝てねーよ。
317151. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:18:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時は列強の草刈場だった事を忘れてないか?
317152. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:19:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317140
そういう面は大きい。現代の中国人の意識は当時とかなりズレてる。
当時だと中国東北部は清の元になった満州族が多くて漢民族から逆差別的な意識があった
だから満州国建てても中国自体からの批判は少なくて批判の大半は利権狙いの列強だった。
まあ日本も天然資源目当てが一番目的であったことは目をつぶってはいけない事実。

あと当時の満州はコウリャンを育てるのが精一杯の寒冷地で今のように生産性は無かった。
日本の入植によって飛躍的の農業技術が進歩して中国にとって魅力的になったのも
忘れてはいけない事実。
317153. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:20:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本は原爆は作れないが原発で自爆したぞ(笑)
317154. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:24:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317140
強欲な蒋介石は満洲を中国にしようとしていただろうな
盧溝橋以降の強硬な反講和抗日にそれが表れている
その欲が結果として日本との全面戦争へ発展してアジアのパワーバランスを崩壊させ支那全土を失う結果に繋がった皮肉
欲張りすぎちゃいけないって事だぞお前らこそ教訓にしろよ中共
317155. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:26:18
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317153
福島当時の科学水準なら、原爆や水爆を軽々と作れてたでしょうね。

戦争当時だと遠心分離器の性能が充分でなくて濃縮ウランが作れなかった。
残念ながら工作機械の精度とか金属の精錬技術では
ドイツやアメリカの足元にも及んでなかったというのが事実だよ。
317156. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:29:59
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本軍 731部隊 恐怖の人体実験

731部隊とは
731部隊は6キロ四方の広大な敷地の中で、ありとあらゆる人体実験を行なっていた。
実験材料のために捕らえられた人々は「マルタ」と呼ばれ、特別監獄(7棟、8棟)に隔
離されていた。
 日本軍の憲兵によって捕らえられた抗日組織の人々が、特別移送扱い(特移扱い)と
して731部隊に送られ「マルタ」とされた。なんら裁きをうけないまま、(731部隊の)実験
材料として死刑を宣告されたのである。
 その中に抗日組織とは無関係な住民や赤ん坊まで含まれていた。人体実験のために
犠牲となった人は3000名を超えたといわれる。
317157. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:31:01
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317154
まあ、もともと中国だしなwww

もし満州国を作るのが正統だとしても
何で日本が絡んでくるの?
という意味では日本の論理には歩が無いぞ。

あくまで日本の国益としてのロシア南下の防衛戦的位置づけ
中国自身がロシアを跳ね返せる国力あったら
満州国なんて作る必要なんて無かったはずなんだよねw
317158. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:31:43
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317154だが考えて見りゃ漁夫の利も支那の故事なんだよなあ
かつての漁夫の中共が同じ道を歩んだとして次の漁夫になるのは誰なのかはてさて
317159. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:32:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
細菌実験
細菌を使った生物兵器は資源の乏しい日本にとってコストパフォーマンスに優れた兵器であり、また世界各国も生物兵器の研究にすでに着手しているというものであった。1932年の陸軍軍医学校への防疫研究室の設置も、石井の働きかけによるとされる。実際に石井は、戦後のノーバート・フェル博士による尋問で、炭疽菌の効果について次のように語っている。「炭疽菌についていえば、もっとも有効な菌であると確信しました。量産できるし、抵抗力があって猛毒を保持し、致死率は80%~90%にのぼる。最も有効な伝染病はペスト、媒介節足動物による最も有効な病気は流行性脳炎であると考えました
後述のように、731部隊が生物兵器開発に関与したことを示す証拠は多く、ペストやチフスなどの各種の病原体の研究・培養、ノミなど攻撃目標を感染させるための媒介手段の研究が行われていた。ただし、終戦直後にアメリカ軍が元部隊員に行った尋問の記録とされる「田中淳雄少佐尋問録」によると、1943年に防疫研究の余暇を使ってノミ増殖の研究を命ぜられたものの、大量増殖は不可能であるとの結論になっている。
出典
731部隊 - Wikipedia
731部隊における人体実験の主目的は伝染病の研究であると同時に対人用生物兵器の開発であった。マルタにはペスト、コレラ、チフス、赤痢、梅毒スピロヘータなどの生菌を注射する細菌学的な人体実験が頻繁に行われた。通常、人体実験とは生体解剖を意味し、マルタは生きたまま解剖された。これは、被験者が死亡してしまうと人体に雑菌が入るため、マルタが瀕死の重症で、人体に雑菌が入らないうちに解剖して臓器などを取り出す必要があったからである。
317160. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:33:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
全採血(体中の血を抜き取るとどうなるか見る実験)
松本博さん(元1644部隊員)

1644部隊では、感染実験をした”マルタ”から全採血(身体中の血をぬきとる)した。

 “ロツ“ほまるで鳥かごのようで、高さ1m、縦約1m、幅約1m20cmくらい、大人が座っているのがやっとの広さしかありません。
 鉄棒で囲われ、床板だけが5寸角の角材をボルトで締めて敷かれていました。
 彼らは全裸でその中に入れられていました。
 一瓶ほど採血した頃、“マルタ“はものすごい痙攣を起こしました。
 もちろん“マルタ“は眠ったままです。その痙攣がおそらく死の瞬間だったのではないでしようか。採血も終わりの頃になるとガクッ、ガクッといって気泡が出てくるんですね。
 そうすると軍医といっしょに来た兵隊が靴のまま“マルタ”の心臓の上に乗り、踏みつけるんです。血をしぼり採るために
317161. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:35:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
実験
体の凍り具合
●凍傷は日本軍が極寒の地を征服するためには、どうしても克服しなければならない課題だった。以前は、凍傷に対する最も有効な治療法は、患部をわらでこすることだった。凍傷実験を担当した吉村寿人(ひさと)班では、以下の手順で実験を行った。
1、零下20度以下の屋外に被験者をしばりつけ、腕などに塩水をかけて人工的に凍傷を作る
2、棒でたたいて、凍り具合を確認する
317162. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:37:11
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
低温実験
日本人は中国の被害者の手を超低温の冷凍庫(おそらく零下数十度から百度ほど)に入れ、急速冷凍した。
完成後、中国の被害者が両手を取り出すと灰白色になっていた。
表面には霜の層ができており、完全に人間の体ではないようだった。
ある日本人が棍棒で打つと、つららのように砕けてしまった。
中国の被害者の指を一本ずつ打ち落とし、音を鳴らしていた。
中国の被害者は絶望と恐怖の叫び声をあげ、傍観していた日本の実習生は目を閉じたりしていた。
だが目を閉じることは許されない命令が下された。
317163. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:37:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317156
それってアメリカの調査で全否定されてるじゃんwww

731部隊は、軍部の中国風土病対策班にすぎないよ
毒ガスも無かったし、特別な人体実験の証拠も無い。
治療のための手術写真や、死亡後の解剖の写真を人体実験だと捏造しているだけ。

人体実験と言えるとすれば
致命的な患者に新薬とか無理な治療を施した可能性くらい。
というかデータと採るのが重要な人体実験なんて中国僻地でやらないで
東京の帝国大学の施設とかでやると思うのが普通の知識人の常識だと思う。
317164. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:38:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317157
日本が絡む理由はかつての戦争の結果として正式に認められた利権があって、その利権保護と満洲の元々の主権者の利害が一致してるからで十分だろ
日清の戦争は侵略じゃなくて対等な覇権争いみたいなもんでそこから全部繋がってるんだから日本の視点としては筋が通ってる
満州事変は工作としてお粗末そのものだから欧米に介入の口実にされるのも当然だとは思うが
317165. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:38:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
生体解剖 (生きたまま解剖する)
中国の乞食と日本の子供を皮のボールで遊ばせて友達にし、日本人が日本の子供を使って中国の乞食を731大院に入らせ、食べ物を使っておびき寄せて「身体検査」を受けさせた。
中国の乞食は服を脱ぐときに子供のように恥ずかしがって笑顔になった。
手術台に上がり、麻酔をかけて、日本人は慣れた手つきで中国の乞食の腹を開き、心臓、肝臓などの器官を取り出し、準備しておいた生理食塩水に浸けた。
身体を離れた心臓は日本人の血まみれの手の上でもまだ鼓動していた。
「手術」が終わると日本の子供は中国の乞食の残骸を焼いた。
317166. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:39:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317159
それって、アメリカの資料で全否定されてるやんwww
317167. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:41:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
肺切除実験(人間は片肺を失っても生きていけるか調べる)
肺切除実験
人間は肺を切り取るとどうなるのか。

A.肺手術のここがコツだぞ。教授は肺切除手術を成功させた。人間は方肺でも生きていけると…教授は満足感があったのではないかと。
肝臓を一部除去して縫合する実験はうまくいっていなかった。(肝臓)は血の塊で出血多量で…。しかし、当時、胃と肝臓の切除をしたのは覚えている。
317168. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:42:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
海水実験(血管に海水を注入し血液の代わりになるか調べる)
当時、医学部に入学したばかりの東野利夫

薄めた海水を代用血液とする実験だった。

Q、実際には海水が血の代わりになる?
A.実際には余り役に立たないと思うけど、何にもないですし、戦争中は代用血液になるものがない。血液がない。
血液に代わるものとして手に入りやすい海水を生理的食塩水にどうかと。
317169. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:43:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
低圧実験(被験者を低圧室に入れ観察)
被害者は減圧室に入れられ、減圧されながら極度の苦痛の表情になり、叫びたくても声が出ず、最後には眼球が飛び出し、腸などの内臓が腹から飛び出し、地面に流れてしまった。
※この実験に関しては真空状態に人間がさらされてもこのような事にはならないことが証明されている。
317170. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:45:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
細菌爆弾の効果判定
炭疽菌爆弾の場合、マルタは榴流弾の弾子で負傷し、血だらけとなる。マルタは担架で部隊に運ばれ、どのような傷であれば感染が起こるか、何日間で発病するか、そしてどのように死んでいくかが観察された。多くの場合、全員が感染し、数週間以内に死亡している。最後には内臓のどの部分が最もダメージを受けたかを明らかにするために、解剖された。
317171. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:46:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
生理学的実験
731部隊では、凍傷実験、ガス壊疽実験、銃弾実験などのように、人体を極限まで破壊すると、人体はどのくらいの期間持ちこたえることができるのか、あるいはそこからどのように治療すれば回復させることができるのか、といった生理学的な研究も頻繁に行われた。こういった実験は、731部隊以外の陸軍病院などでも行われた。
出典
常石、1995年、155頁
731部隊の憲兵班の曹長であった倉員サトルは、ハバロフスク裁判において、凍傷実験を目撃した様子について次のように証言している。 「生きた人間を使用する実験を私が初めて見たるは、1940年12月のことであります。第1部員である吉村研究員がこの実験を私に見せてくれました。(中略)私が監獄の実験室に立ち寄リました時、ここには長椅子に5人の中国人の被実験者が座っていましたが、これらの中国人の中2人には、指が全く欠け、彼らの手は黒くなっていました。三人の手には骨が見えていました。」
317172. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:46:53
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317164
「利権を行使して良いというのと」「主権を交代して良い」の間には天地ほどの差があるよ。

日本に認められた権利内では、どう考えても「主権を持った独立国を作って良い」にはならない
日清戦争の台湾割譲のような、主権移譲が無いと国際法的に認められないでしょうね
だから満州事変で実効的支配地域にしたわけだし。

満州国設立を正当だと認めるなら、韓国の竹島占領も正当ってことになってしまうぞw
317174. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:53:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
これらの人体実験は全て事実である当時に写真も残っているし中国から毒ガスも出てきている。
残虐な日本が、このまま放置されているので相模原の植松の様な輩がいる鬼畜日本人。
317175. 名無しの日本人
  • 2016/09/19 23:59:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317149
いや、中国は列強に利権奪われて死に体だったけど
別に植民地として大きく切りろられてはいなかったし
多分沿岸部以外は植民地には出来なかったんじゃないかな。

日本が植民地にならなかったのは、日本の生産性がなかなか高かったから
日本の全人口は3000万人くらいいたので船舶での侵攻では全然落とせない。

そういう意味では沿岸から砲撃の届かない地域の多すぎる中国は
全然全体を植民地化出来たとは思えないよ。
317176. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 00:01:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那ってWW2開始直前の状態は現在受け持ってる領土の大半が英国領になってたじゃん
支那は国旗こそ自国らしさを装えてるだけで実態は英国の影響を今も大きく受けてるはずだよ
日本が米国からの影響を大きく受けてる様にね、でなきゃ支那は常任理事国メンバーに成れてないはずだよ
通貨の人民元だって米国より経済規模が小さいのに流通量は米国以上に出回ってることや
偽札が銀行のATMから出てくる程に偽札大国化してしまっていながらもゴミにならずに済んでるのも
全ては金融立国の英国がバックにいてくれてるお蔭でしょ、チート可能なタックスヘイブンも英国生まれだよね
最近になって臭菌ぺーが英国で無礼者扱いされて以来、関係どう? ロシアは空気読んでるかの様な動きしてる
G20で臭に対して手土産にアイスクリームだったろ、あれだって噂じゃ甘い関係は解けてなくなるぞって
そんなメッセージが込められてるとか云われてる、最近は米国が世界から孤立化なポッチに成りつつあるなんて
云われてはいるけれど、支那なんて米国以上にポッチで切り盛りしなきゃいけない流れにしかならないでしょ
またしても不動産バブル巻き起こして誤魔化そうとしてる感じだけど物の売れ行きからして良くないからでしょ
ま、終いには歴史は繰り返すという法則によって内乱で膨れた風船が萎むように小さくなるんだろうけどね
だって、支那には領土らしい言葉無いんだから、風船のように膨らむか萎むかの意味な言葉しかないんだから
九段線なんて風船が膨らんだみたいに見えてるだけで、そのうちに萎むよ、萎んで貰わないと地球も困るしね
ま、今の支那から何を言われても断末魔にしか感じないよ… ま、好きな事言えるのもお互いに今の内だけね
317178. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 00:05:43
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>22.とある中国人

俺は日本にもう一度中国を侵略してほしい。


日華事変は通州や上海への攻撃に対する防衛として始まったので侵略したという事実はありません。
317179. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 00:09:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
こんな記事みつけたんだけど後2年で国債が紙切れだってばれて日本がデフォルトしちゃうって本当ですか?➡

ジョジョの奇妙な黒田バズーカ~イカサマは2018年にバレるんだぜ…
317180. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 00:13:24
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本は福島第一原発事故で放射能いっぱいばら蒔いて更に追加で今迄の基準値の80倍の1kg8000ベクレルの汚染土をばら蒔いて人体実験して日本人全滅計画してるって本当ですか?
317181. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 00:18:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
NHKでやってたけど朝鮮人が井戸に毒入れるって因縁つけて大量虐殺したって本当ですか?
317182. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 00:57:29
  • #86CE.Nao
  • 編集
▼このコメントへ返信
関東大震災時に朝鮮人が殺されたのは本当。
そして、朝鮮人がここぞとばかりに暴れたのも本当。

朝鮮人が井戸に毒を入れた、というのはデマ。
そして、朝鮮人が大勢虐殺されたというのもデマ。

一部の本当と、一部のデマを融合させた「関東大震災朝鮮人大量虐殺」は慰安婦問題と同じ反日プロパガンダ。
317183. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 01:15:39
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317156
小説じゃん。作者もフィクションって言ってるし
317184. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 01:16:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
いつ朝鮮半島と戦争したんだっけ?
317185. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 01:18:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
満鉄の路線を恐ろしく伸張する計画があったからその事かと思ったわ下らん
満洲の石油って粘度が高いから当時の技術じゃ活用は難しかったんじゃなかった?
原爆予算も米国が数十億に対して日本は数千万程度で予算なりの乏しい結果しか得られなかっただろうし
仮に出来たとしても大量虐殺は天皇が許さなかったんじゃねえの?

中国東北人が弱かったんじゃないの、には笑った
そいつらに攻められて清朝建てられて植民地にされてたんだろうに

731は風土病の多い満洲に応じた給水防疫部隊だろ
証拠の写真て支那の教科書に載ったという通州事件の検視写真の事か?

>>317181
被害者名簿も無いっていうし捏造じゃないの?
朝鮮人が災害に乗じて火付けや暴動起こすってのは可能性高いと思ったけど
317187. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 01:53:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本が満州を統治したら、漢民族、朝鮮民族が数百万人なだれ込んだんだ。
それまで、漢民族も朝鮮民族も満州はすむことは禁じられていたんだよ。
清は革命で倒れても、その故郷である満州が漢民族、朝鮮民族のものになったわけではない。
だから、日本は清の皇帝をおしたたて満州国を作ったんだよ。
蓮舫は祖国の人間に教えてやれ。
今住んでいる漢民族や朝鮮民族は移住によって満州族の土地を侵略したんだわ。
317188. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 02:05:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
やはり歴史を直視出来ないジャップは原爆で全滅させるしかないなw
317190. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 03:17:03
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317188
そう言うお前はさっさと祖国へ帰って兵役に就け
317191. 真実史観
  • 2016/09/20 03:33:27
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本精神の自浄回路がやっと作動し、戦後71年の捏造史観から覚醒して、真実史観へ!
①人間脳欠落欠陥ヒトモドキの、人間化包囲網!
戦後71年の今年も、日本極悪軍人ご先祖極悪とお考えの方へ!
 世界が、食民治宗主国や後の凶産カルトの白人に侵略され尽くし、タイ(英仏の緩衝国)と日本の有色人国家が、最後に残った。そして人類が完全征服される直前の、最後の最後に、前門の虎(凶産ソ中)後門の狼(食民治宗主国)に挑んだのが、日本と仲間の同胞(有色人や、弱小国白人)です!
日本は、戦いには敗れはしましたが、同胞が引き継ぎ、戦争目的(互恵・平等・ブロック経済破壊しての自由貿易)は完遂しました(1960年の植民地独立付与宣言)。もし日本、戦わざれば、支配者と奴隷の二極世界のままで、国名も失せ、大和民族は日本族と呼称されていたでしょう。
 日本開国当時、独立国は日本とタイ(英仏の緩衝独立国)のみ!これで一般常識人は完全氷解し、職責者文系凶授の「善悪史観」など、論外となる。

太平洋(白色対有色)戦争
 前門の敵(ソ中凶産主義傀儡毛沢東と欧米列強食民治主義傀儡蒋介石)と交戦(反共戦争)中に、後門の敵(食民治主義の欧米列強)が宣戦布告(ABCD通牒)し、日本(最後の有色人独立国)壊滅を謀った、白人による有色人国家殲滅戦争!

大東亜(有色人自存自衛蜂起)戦争
日本の自存自衛戦争!

 知識操作(整合)回路(思索回路)があれば、「資源無き小国日本は無法の戦国時代に、自存自衛の適者生存戦を展開」は、子供でも解ることだ!

白人残滓の黄禍(有色人のリベンジ)論払拭して「真実が基」の真の同盟へ!
「黄禍(有色人リベンジ)」が白人の恐怖
 日露戦争日本勝利以後の白人(食民治主義・凶産主義)の恐怖は、「有色人連合の黄禍」で、水と油の白人両者は、西安事件以後、この「黄禍論」一点のみで連合した。

②結果、蒋介石汪兆銘中国と共同の日本の反共戦は、西安事件以後、蒋介石軍が裏切って分裂(蒋介石と毛沢東の国共合作)したため、汪兆銘南京政府と日本連合軍との、反共戦に変化。
 そして、隠れていたもう一方の白人、食民治主義国が正体を現し、白色連合の有色人潰し、「黄禍殲滅戦争」が、開始されたのである。「水と油」は、戦後すぐの朝鮮戦争、米国の赤狩り、そして冷戦が、証拠!もし日本戦わざれば、ソ中凶産か米英、いずれかの属国と成り下がり、国名も失せ、日本族呼称となっていた。
 日中戦争ではなく!日中連合反共戦争が、正当呼称!
 日中合作は即座に、有色人対白人の「黄禍」と成り得る。戦後の台湾韓国、そして、日中条約以後の中国の大躍進(世界第二の大国)は、日本抜きでは語れないのが証拠。
 有色人対白人のキーは日本の手中に有るのであって、中国や韓半島ではないことを、このことは実証した。
 食民治主義と凶産主義の白人連合に追い詰められた大東亜戦争は、八紘一宇の「互恵・平等・ブロック経済の破壊」で、対峙が目的なので、「白色対有色戦争」は、先人の意志ではない!目的完遂(凶産国や捏造国のみが残滓)の現在は、もちろん、先人の遺志でもない!
 これ等を踏まえ、「白人の黄禍の恐怖」を払拭すれば、「白人と有色人連合」による、中国と韓半島のドーナツ包囲網が構築可能となり、亜人間(人モドキの支那人や朝鮮人)を、人間へ導くことが出来る。
 田中角栄や中曽根が米国や戦勝国等と歩調を合わせておけば、遅くともソ連崩壊時に、中国凶産解体しての軟着陸は、可能であった。角栄や中曽根等職責者(教授・NHK・報道各社)の無知が、消えかかった火(中国凶産)に油を注ぎ、大火となった!

ソースは下記(選択し検索)
米国が7年と30億かけた慰安婦最終報告書が炙り出す真実
真実史観目次子孫へ遺す血と汗と涙の表意文字で書かれた日本適者生存史

真実史観

① 侵略戦争原爆空爆大虐殺60万人の負い目を持つアメリカは、払拭に匹敵する日本軍の悪行を、必死になって探していた。731部隊の情報に当然米軍はとびついた。
 人体実験や細菌兵器攻撃が事実なら、わずかな捏造で負い目払拭可能なので、石井四郎をはじめ731部隊の幹部を徹底的に調べた。結果は、捏造不可の真っ白だった。
 仕方なくアメリカは対アメリカ開戦4年前の南京掃討戦を、大虐殺と捏造した。東京裁判で731部隊の関係者は1人も裁かれていない。
 
 731部隊の情報を欲した米軍は、石井四郎をはじめ731部隊の幹部との間で、731部隊が行った人体実験のデータを提供する代りに、731部隊を法廷で裁くことを免除するよう取引をした。との情報があるが、当時戦勝国は何でもできた。南京掃討戦を、大虐殺と捏造したではないか、東條を自殺と捏造したではないか、取引などしなくても何でもできたのが、戦勝国だ。
 東京裁判で731部隊の関係者は1人も裁かれていないので、これは、捏造者が辻褄合わせのため流した、デマ情報なのだ。つまり731部隊は、汎神の米軍さえも捏造不可な程、真っ白だったと言える。

 この捏造は元隊員と称する、匿名証言の情報提供者個人で出来ることではない。読者の皆さんはもう気付かれたことでしょう。この偽情報(1980年)は、ハバロフスク裁判(ソ連のハバロフスクの士官会館で、1949年12月25日~30日まで行われた日本軍に対する軍事裁判)の荒唐無稽な証言(拷問されての証言なので、非現実な証言をした。後日専門家が検証したら、余りにも荒唐無稽なので、ハバロフスク裁判でも採用しなかった。米国と同様に捏造不可だった)を台本にし、中国凶産党が愚民化教育を隠蔽し、負い目払拭のために放った思想戦第三弾なのだ。

② 米国もソ連も捏造をあきらめた話を捏造し、凶産党の手先となった売国奴森村誠一、下里正樹は、印税をもらい、ぬくぬくと悪魔の飽食生活だ。製造業ではあり得ない事だ。
 
 弱肉強食の当時、攻撃に使うかは別として、防御のためにも、毒ガスや細菌兵器をどこの国も研究するのは、当然のことである。研究しない方がむしろおかしい。やられたら、やり返せの時代なのだ、報復のためにも用意するのは当然である。それを放送せずに、あたかも日本だけがしたかのように2007.8.12.TV朝日と鳥越が「大日本帝国陸軍731部隊の実相」と題して「捕虜をマルタと呼んで、日本陸軍は細菌兵器の研究をし、生体実験を行った」と捏造放送。故人の証言なるものも、すべてつまみ食いしている。証言者が生きていてこれを見れば、反論するのは間違いない。
 2007.9.24.TV朝日と鳥越が、米国もソ連も捏造をあきらめた程真っ白な731部隊の話を、性懲りも無くまた捏造した。TV朝日と鳥越が、嘘を繰り返し真実にしようとたくらんでいる。TV朝日、朝日、NHK、TBS、毎日、本多勝一、筑紫、田原、鳥越、石原都知事、大江、森村誠一は、あたかも日本だけがしたかのように極悪を捏造する狼少年であることは、今やネチズンの常識だ。捏造作家や捏造報道人、捏造報道社は、滅びるのが世の習いだが、いまだに売国奴がはびこっている。白紙の子孫が染まらぬように真実を伝え、売国奴を一掃しよう。

詳細は下記を選択し検索
真実史観中国凶産捏造中帰連中国の旅本多勝一731悪魔の飽食森村誠一田中上奏文

真実史観
317193. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 05:28:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317147
ベトナムのように、現地の兵士や軍隊が疲弊したかどうかってのは怪しいが、大陸方面にもそれなりに戦力を配置して維持しなければならなかったという面では、日本帝国全体に対しての疲弊を強いていたのは事実だな。
どのくらいの割合だったのかとかは、知らん程度だけど。
317194. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 05:38:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317191
相変わらずどこでもコピペ爆弾みたいな事してコメント欄荒らしてんのかよ。
まるでVANKか五毛党だぞ。
TPOとか理解できない人か?
所謂アスペとか、テンション上がったコミュ障オタクみたいに、自分のやりたい事をやらなきゃ気が済まない性質?
どっちにしろ硬直した人間の主張など、誰がまともに取り合うっていうんだよ。
指先やHDDを利用するだけじゃなく、頭と感情もちゃんと活用しろよ。
317196. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 08:13:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那人は、アジア及び有色人種の裏切り者である。
支那人は、フィリピン・マレーシア・インドネシア・シンガポール等で、自らの利益の為に白人側に立ち、搾取してきた。
日本は戦時中に、そんな事をしてきた支那人に対抗した為に、現在まで支那人に我が国わが民族は恨まれているのである。
我が国を支那人が恨むのは見当違いで筋違いである。
317197. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 08:35:01
  • #AAW3JkWM
  • 編集
▼このコメントへ返信
小説と、現実の区別のつかない朝鮮人が顔真っ赤にして泣きながらコピペするも
基本放置プレーでワロタ
317198. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 09:48:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317147
いや、
中華民国ならまだしも、少なくとも中華人民共和国には負けた覚えはないな。
実際、戦勝国に中華人民共和国は含まれてないし。。

…戦った覚えはない、と言うべきかな。
317199. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 10:26:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
この件とは、違う話だけど、テレビで国連復帰45周年と報道していた。
出鱈目を言うな。中国は国連復帰じゃなくて新規加盟だろう。
中華民国時代のキャリアを中華人民共和国に加算するな。
317200. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 11:07:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
はいはい、日本軍が満州に駐留していたのは、駐留を認めた北京議定書によるものですからね

駐留していたのは日本軍だけではなく欧米列強も居ましたよ。

はい、以上、事実だけ述べました。

デモクラシーからくるプロパガンダや

アイデンティティから来る発言ではございませんので

悪しからず。
317201. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 11:31:50
  • #GUErQxd2
  • 編集
▼このコメントへ返信
›日本の歴史教科書には、「もしも日本が中国東北部で油田を見つけていたら」という文言

これは本当なのか?もしそうなら歴史の教科書としては屑だな。どこが出してる教科書なんだ?
317204. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 14:50:02
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317156
それは日本の小説が元で、著者自身がフィクションだと言っている。
ちなみに物証とされるもののすべてがごく普通の医療器具や設備に
恣意的な説明文を付けただけで、それ自体は何ら証明力を持たないもの。

伝染病発生地域で調査や治療を施したら逆に病原菌をまき散らしたと思い込まれるほど
中国が未開の地だったというだけ。
だいたい伝染病患者を作り出しても、当時の貧弱な隔離技術と消毒なしの下水処理で
毎日解剖していたらそこで生活する自分たちの身が一番危険じゃないか。
当時の世界中の伝染病研究者の死因は大概が研究中の病原体に感染したことによるものだし、
殉職者や感染で離脱した人員の記録がないのはおかしい。
317206. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 15:38:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まず、大前提として当時は油田は沿岸部にのみあると思われてた。
(石井正紀著:陸軍燃料廠)
だから大陸の内陸部で本格的な調査とかしなかった。

原爆はもっとまともに研究してない。だってお金無いし。
マンハッタン計画なんて当時の費用で19億ドルもつぎ込んでるんだぞ。
大和が50隻造れる予算なんか当時の日本では逆立ちしても無理。
317207. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 15:39:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317156
それは元々”共産党”の機関紙に連載されてた小説な
作者は共産党の議員から資料渡されてこういう風なものを書いてくれと言われて書いていたと言っている
小説自体はフィクションだと作者も認めてるし、小説内で描かれている実験についても現代科学で人体を○○しても○○にはならないと否定されている
317213. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 17:03:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
経済発展は目的ではない

文化的発展が人類の夢だ

米がとれても料理はできない


日本人が漁夫の利だ

日本船にのった漁師は

一度は中国に寄ったものの、
元寇に負けた中国に見切りをつけ独立し
文化を独立させ
欧米に寄り
アメリカについて近代日本は西洋文化を取り入れた

次は中国に侵略される日本
しかし日本は離島であるため侵略の害を受けず
文化を発展させるのだ!

西洋社会
東洋社会
両方の文化を取捨選択し取り入れ
世界中のエッセンスが余すことなく取り入れられた贅沢な料理だ

317215. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 17:31:44
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本人は中国と併合して

レアメタルではなく

レア知識を手に入れるべきだ

国民は見たことのないものを期待している

日本人は西洋文化を学んで退屈になっている

本来の中国文化を知らないまま欧米化するのは忍びないのではないのか?
317216. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 17:39:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
石油やウランの前に、満州には鉄鉱石と良質な石炭があったから。
それで製鐵関係だけでも沢山の投資をした、本土での製鋼と同規模。
WW2後から改革解放まで、中華人民共和国が成り立ったのも、
この時投資した製鋼所と高炉が残っていたから。

日本のODAで作った宝山製鋼所の高炉は戦後の設計だから豪州炭仕様、
十分に打合せをしていれば満州炭仕様も作れただろうが、何でも最新と見栄を張るから、
豪州から石炭を輸入しないと、まともな鋼が作れないと。
317217. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 17:41:17
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
今の中国に侵略するなんて、自分から火の中に飛び込むようなもんじゃん。
まるで利益がない
317218. 負無しの日本人
  • 2016/09/20 17:47:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本人というのは自由な文化だ

文化を手に入れるために中国の一部になることぐらい朝飯前だ

中国人は相手の力が強ければこれを取り入れて自らの利とする

中国人が欧米人の力を利用している
その間に更に日本人が中国から文化を取り入れることなど
朝鮮人が中国の東でご飯を食べている
その東で日本人がラーメンを売りに出した

中国人が日本人を利用しようとして来ている
これに対して更に利用しようとすることなど
今まで西は中国
東はハワイ
北はロシア
南は南極
どこへ行っても戦勝を飾ってきた偉大な列島民族
日本人の能力をもってしてみれば簡単なことだ
317222. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 18:11:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本に原爆落とされたのは小説だろ?
アメリカ兵に殺された日本人なんて存在しないだろ?
被害者面するなよタカリ屋のキチガイどもw
317223. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 18:35:34
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
『悪魔の飽食』は、小説家の森村誠一が下里正樹との共同取材に基づいて、関東軍731部隊が行った人体実験の実態を明らかにしたノンフィクション作品である。 ウィキペディア
初版発行: 1983年

バカはノンフィクションの意味も理解出来ないんだなキチガイに何言っても無駄かwww

どーせまた出鱈目のデマで誤魔化す※書くんだろ鬼畜ジャパニーズw
317224. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 19:13:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317223
内容が科学的に不可能な物ばかりなんだよ
さらに証人も中国内の被害調査だから匿名にする必要がないのに全て匿名なため、実在しないと言われている
317226. 通りすがりの名無し
  • 2016/09/20 20:41:26
  • #JtsMQf3s
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317215

>本来の中国文化を知らないまま欧米化するのは忍びないのではないのか?

そんな「本来の中国文化」は元や清など数々の外来王朝を経てどれだけ中国で生き残ったのやら。とどめに文化大革命はそれらすべて含めて壊しちゃったし。実は「本来の中国文化」の文化財、文献を含めた良質文化の色合いを世界で一番残しているのって日本じゃないかな。もちろん色々日本人に合うようにアレンジしているからそのままではないけれど。

傍証を1つ。中国人は知らないかもしれないけど、日本の高校(底辺高校は知らない)では漢文という授業があって、李白など中国の有名な詩人が作った作品を勉強します。まあ実利というより大学受験に必要(配点は低い)とか、教養としてですけどね。教科書には日本人用の補助記号がついているけど、試験ではそれもないから、ある程度中国語文法の理解が必要。まあ漢字で書いてあるから試験で正解出せるほど正確でなくても、何となく意味は分かるんですけどね。

中国でも同じような教育をしているんでしょうか。しているとしたら簡体字しか勉強してない生徒は苦労しているのかな。(笑)

>日本人は中国と併合して

そんなことは大多数の日本人は絶対に賛成しません。ただどんな国にも変な人はいますから全員ではないです。(笑)
それより中国経済がハードクラッシュして、中国が「日本が中国<strong>を</strong>併合して」ってお願いをする羽目にならないように心配したほうがいいと思いますよ。
317227. 名無しの日本人
  • 2016/09/20 20:56:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
›日本の歴史教科書には、「もしも日本が中国東北部で油田を見つけていたら」という文言

こんなん教科書に書いてるわけないじゃん。嘘つきだなぁ。
これ、「海賊とよばれた男」に書いてあったんでしょ?
百田さんが書いた言葉。
317323. 名無しの日本人
  • 2016/09/21 09:33:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
31755
>ドイツやアメリカの足元にも及んでなかった

ドイツのほうがおくれていたよ。米国では気密性の問題に苦しんだが 日本は植物樹脂をぬりこむことでかいけつした。このてんだけは日本が米国原爆開発をリードしていた
317324. 名無しの日本人
  • 2016/09/21 10:43:53
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ホントだー。日本は鶏に食われそうな魚に見える。
317350. 名無しの日本人
  • 2016/09/21 20:51:44
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
第二次世界大戦の当時の戦況の中で、原爆はドイツ、日本、ロシア、アメリカが開発競争をしていたという
世界的な戦略としてアメリカは出来るだけ早く自国が開発成功したと世界に告知する必要があったので哀しい事ながら敵国となっていた日本でそれを行うという事が非情なる選択となったという
日本人は民主主義を助ける人柱となり、と同時に、その恩恵を受ける結果になった、複雑な心情である
317409. 名無しの日本人
  • 2016/09/22 05:59:47
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317223
勝手に個人で書き込めるウィキの、それも上文しか読めないバカがここにいま~すw
317418. 名無しの日本人
  • 2016/09/22 10:50:31
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317166
ユタ州のダグウェイ細菌戦実験場から731部隊による人体実験の、
数百ページに及ぶ詳細なデータ(いわゆる、ダグウェイ文書)が発見されている。
これには、炭疽菌について400ページ余にわたり、30例の解剖所見の人体模型図入りの記録や、
さらに心臓・肺・肝臓・胃というように、臓器ごとの顕微鏡写真入りの記録が記載されている。
317428. アフィ応援いただけるとありがたいです!
  • 2016/09/22 15:19:16
  • #WltPrPF6
  • 編集
▼このコメントへ返信


ttp://i.imgur.com/vz4qXVl.png

パヨク /\ 拡散希望 /\ 共産 /\ 民青 /\ 反日 /\ 偏差値28 /\ ブサヨ /\ 半島
       
        

     ( 平野滋紀 赤尾光治  042―321―1359 )

317431. 名無しの日本人
  • 2016/09/22 16:54:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317418
人体解剖は現代でも普通に行われているし、
その資料に人体実験や生体解剖をしたという記録は一切ない。
317468. 名無しの日本人
  • 2016/09/23 07:23:47
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
満州は中国の一部ではありませんでしたよね
あんたがた漢族が女真族から奪い取った土地ですよね
誰が侵略者だったのかよく自覚してくださいね
318261. 名無しの日本人
  • 2016/09/29 05:47:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※317431
石井四郎は医学研究において「内地でできないこと」があり、それを実行するために作ったのがハルビンの研究施設であった、と戦後に語っており、この「(日本)内地でできないこと」とは主に人体実験を指していると常石敬一は主張している[30]。

元陸軍軍医学校防疫研究室の責任者で、石井四郎の右腕といわれた内藤良一(のちの「ミドリ十字」の設立者)は、戦後のニール・スミス中尉による尋問で次のように証言している。「石井がハルビンに実験室を設けたのは捕虜が手に入るからだったのです。(中略)石井はハルビンで秘密裏に実験することを選んだのです。ハルビンでは何の妨害もなく捕虜を入手することが可能でした。」[31]さらに、細菌部隊のアイデアは石井ひとりのものだったとし、「日本の細菌学者のほとんどは何らかの形で石井の研究に関わっていました。(中略)石井はほとんどの大学を動員して部隊の研究に協力させていた」と供述している[32]。

実験材料「マルタ」と呼ばれた人々 編集
郡司陽子によれば、人体実験の被験者は主に捕虜やスパイ容疑者として拘束された朝鮮人、中国人、モンゴル人、アメリカ人、ソ連人等で、「マルタ(丸太)」の隠語で呼称され、その中には、一般市民、女性や子供が含まれていたという[33]。ハル・ゴールドは、731部隊が性別、年齢層、人種を超えた、幅広い実験データを必要としたためであり、女性マルタは主に性病治療実験の材料になったという[34]。

マルタの人数は、終戦後にソ連が行ったハバロフスク裁判での川島清軍医少将(731部隊第4部長)の証言によると3,000人以上とされる[35]。731部隊の「ロ号棟」で衛生伍長をしていた大川福松は2007年に「毎日2〜3体、生きた人を解剖し(中略)多い時は1日5体を解剖した」と証言している[36]。犠牲者の人数についてはもっと少ないとする者もあり、解剖班に関わったとする胡桃沢正邦技手は多くても700 - 800人とし、別に年に100人程度で総数1000人未満という推定もある[37]。終戦時には、生存していた40-50人の「マルタ」が証拠隠滅のために殺害されたという[10]。こうした非人道的な人体実験が行われていたとする主たる根拠は、以下に示す元部隊員など関係者の証言である[2]。

また、石井四郎付き運転手であった越定男は、野外の安達細菌爆弾実験場で脱出を試みたマルタたち40人をトラックで轢き殺したと証言している[38]。

細菌学的実験 編集
731部隊における人体実験は生体解剖を意味した。これは被験者が死亡してしまうと人体に雑菌が入るため、人体に雑菌が入らないうちに解剖して臓器などを取り出す必要があったからであるとする[39]。

元731部隊員で中国の撫順戦犯管理所に1956年まで拘留され[40]帰国後は中国帰還者連絡会(中帰連)会員として活動してきた[41]篠塚良雄は、当時14歳の少年隊員として「防疫給水部」に配属され、ペスト患者の生体解剖に関わったという[42]。篠塚は帰国後、高柳美知子との共著において、中国人マルタの生体解剖の様子を次のように語っている[43]。

「ワクチンなしでペスト菌を注射されたその男性は(中略)、2、3日後には、高い熱が出て顔色が悪くなり、その翌日くらいには瀕死の状態で顔が黒っぽく変わっていきました。(中略)この男性はまだ息のある状態で裸のまま担架に乗せられ、私たちが待機している解剖室に運ばれてきました。(中略)大山軍医少佐から「はじめよう」の命令がでました。細田中尉が、目でメスをわたすように私に合図します。足かせ手かせで固定された男は、カッと目を見開き、この凶行を確かめるように首を回しましたが、体の自由はききません。男は無念の涙を目にたたえ、天井の一点を見つめています。何か叫びを発しようとしているようですが、乾ききった口からは声は出ず、わずかに口を動かすだけです。男の首をなで回していた細田中尉が、右手のメスでズバリと頸動脈に沿って切り下げました。血がジューッと流れ出しました。男は、ペスト病の苦しみと、切りさいなまれた痛さで首を左右に振り回します。そのたびに顎にかかっている首かせが食い込み、ついにガクリと首をたれ失神しました。私はあわてて血を抜き取りました。(中略)ビタカン(ビタミン剤とカンフル剤を混合したもの)を4本打っても、男の鮮血を絞ることはできません。「鬼子ッ!」男は憎しみの火と燃える一言を絞り出すとスーッと顔色が代わり、呼吸が止まりました。「解剖刀をよこせ」細田中尉は、解剖刀を逆手に握ると、上腹部から下腹部へ得意然として切りさいなみ、骨を切るノコギリを引いて肋骨を引き切り、内臓の全部を露出させました。」

篠塚はペストに感染した友人の少年隊員であった平川三雄の生体解剖に立会った時の様子を、次のように語っている [44]。

「平川三雄は、すでに特別班の隊員によって真っ裸にされ、解剖台にかつぎ上げられているところでした。(中略)うつろに開かれた眼には涙が溢れ、口をダラリと開けてハーハー苦しそうに息をはき、そのたびごとにビクビク腹を波うっていました。(中略)「少佐殿、少佐殿」平川の必死な叫びが、部屋にむなしく響きます。私の頭の中には、石井部隊に入隊するとき、「三雄と仲良くしてやってネ」と私の手に小さなくだもの籠をわたしてくれた平川の母親の顔が浮かびました。また、それ以来、共に過ごした生活が渦を巻いて脳裏に押し寄せてきました。「助けてやりたい」そう思った私の手が、止血剤を取ろうと薬物箱に伸びようとした瞬間、平川の全身をつつきまわして検査していた大山少佐の命令がかかりました。「はじめろッ」(中略)江川技手は、解剖刀を逆手に握ると上腹部を刺しました。「助けてくれーッ」平川の口からうめきがもれると、江川技手の手が震えました。「その態はなんだ」後ろから一喝を食った江川技手は、サーッと解剖刀を下にひくと、かえす刀で胸部の皮膚をさきはじめました。血は解剖台の血流しを通じて、下にボタボタ流れ出しました。「畜生!」平川の口から、血をしぼる叫びが出ました。それと同時に、解剖台上に内臓がズッズーッとはみ出て、彼は絶命しました。」

なお篠塚は、当時若かった自分の罪を悔やんでいるとして、2007年には中国のハルピンへ行き、遺族や被害者に謝罪をしている[41]。

田辺敏雄は、こういった中帰連関係者などの証言について、撫順戦犯管理所での「教育」によって「大日本帝国による侵略行為と自己の罪悪行為」を全面的に否定(自己批判)させられた者の証言であるとして、信憑性を疑問視している[45])。

生理学的実験 編集
731部隊では、凍傷実験、ガス壊疽実験、銃弾実験などのように、人体を極限まで破壊すると、人体はどのくらいの期間持ちこたえることができるのか、あるいはそこからどのように治療すれば回復させることができるのか、といった生理学的な研究も頻繁に行われた。こういった実験は、731部隊以外の陸軍病院などでも行われた[46]。

731部隊の憲兵班の曹長であった倉員サトルは、ハバロフスク裁判において、凍傷実験を目撃した様子について次のように証言している。 「生きた人間を使用する実験を私が初めて見たるは、1940年12月のことであります。第1部員である吉村研究員がこの実験を私に見せてくれました。(中略)私が監獄の実験室に立ち寄りました時、ここには長椅子に5人の中国人の被実験者が座っていましたが、これらの中国人の中2人には、指が全く欠け、彼らの手は黒くなっていました。三人の手には骨が見えていました[47]。」

731部隊の「ロ号棟」で衛生伍長をしていた大川福松は2007年4月8日、大阪市で開かれた国際シンポジウム「戦争と医の倫理」に出席し、子持ちの慰安婦を解剖した時のことを次のように回想している。「子どもが泣いている前で母親が死んでいった。子どもはどうするのかと思っていると、凍傷(の実験台になった)。それをざんごうに放り込んで埋める。本当に悲惨なことがたくさんあった[48]。」

さらに、同じく731部隊の印刷部員だった上園直二は、「2人の白系ロシア人の男性が零下40度から50度の冷凍室の中に素裸で入れられていました。研究者たちが彼らが死んでいく過程をフィルムに撮影していました。彼らはもがき苦しんでお互いの体に爪をめり込ませていました。」という証言をしている[49]。

石井部隊長の私設秘書的存在として活動していた、731部隊の郡司陽子は、同じく731部隊の隊員であった弟の友人から次のような証言を聞き出している。「ときには、マルタが3、4人ずつで中庭の散歩を許された。この時は、手錠だけで足枷は外されたようだ。自分が見た中で忘れられないのは、この中庭の周りを、土のうを背中にくくりつけられたマルタが、食事も睡眠も与えられないで、走らされている光景だ。何日生きておれるか、という実験をしているとのことだった[50]。」

1935年から1936年にかけて背陰河の東郷部隊に傭人として勤めた栗原義雄は、水だけを飲ませる耐久実験について、「自分は、軍属の菅原敏さんの下で水だけで何日生きられるかという実験をやらされた。その実験では、普通の水だと45日、蒸留水だと33日生きました。蒸留水を飲まされ続けた人は死が近くなると『大人、味のある水を飲ませてくれ』と訴えました。45日間生きた人は左光亜(サコウア)という名前の医者でした。彼は本当にインテリで、匪賊ではなかったですね[51]。」と語っている。

細菌爆弾の効果測定 編集
常石によれば、マルタを使用した安達実験場での爆弾実験は、新型爆弾の開発が追い込みにかかる1943年末以降に活発化した[52]。

731部隊の女性隊員郡司陽子は、同じく731部隊の隊員であった弟から、安達実験場での細菌爆弾の効果測定にマルタが使用されていたことを示す次のような証言を聞き出している[53]。

「やがて特別出入口から、その日の「演習」に使用される「丸太」たちが、特別班の看守に護衛されて出てきた。一列に数珠つなぎにされている。だいたい、1回に2、30人だった。中国人、ロシア人、ときおり女性の「丸太」も混じっていた。服装は私服のままだった。(中略)覆面トラックから降ろされた「丸太」たちは、いましめを解かれ、一人ひとりベニヤ板を背に立たせられた。後ろ手に縛られ、ベニヤ板にさらに縛りつけられる。足は鎖で繋がれていたように思う。胸にはられた番号と位置とが確認されていく。「丸太」たちの表情はまったく動かず、抵抗もなかった。なかには、目隠しを拒否する「丸太」もいた。毅然と胸を張ってベニヤ板を背に立っている「丸太」の水色の中国服の色が、いまだに瞼にやきついている。(中略)「標的」と化した一団の「丸太」たちを、幾人かが双眼鏡を目にあてて観察している。まもなく鈍い爆音とともに黒点があらわれ、みるみるうちに大きくなってきた。低空で近づいてくる双発の九九式軽爆撃機だ。爆撃機は「標的」の中心の棒をめがけて、20キロ爆弾、30キロ爆弾を投下した。「ドカーン」という爆発音が、黒煙を追いかけるように、自分たちの耳にひびいてきた。爆撃機が飛び去り、黒煙が収まると、すぐに現場にかけつける。防毒衣、防毒マスクで完全に防護された自分たちが見た現場は、むごたらしいものだった。そこは、「丸太」の地獄だった。「丸太」は、例外なく吹きとばされていた。爆撃で即死した者、片腕をとばされた者、顔といわず身体のあちこちからおびただしい血を流している者‐あたりは、苦痛のうめき声と生臭い血の匂いとで、気分が悪くなるほどだった。そんななかで、記録班は冷静に写真や映画を撮り続けていた。爆弾の破片の分布や爆風の強度、土壌の情態を調べている隊員もいた。自分たちもまた、てきぱきと「丸太」を収容した。あとかたづけは、実験内容の痕跡を残さないように、ていねいに行われた。「丸太」は死んだ者もまだ生きている者も一緒にトラックに積みこまれた」

性病実験と女性マルタ 編集
731部隊では、性病実験も頻繁に行われた。戦時中の性病治療法は極めて限られており、主な方法は注射しかなかったが、性病の蔓延は陸軍内部で深刻なほど拡大していた。例えばシベリアでは多くの日本兵が現地のロシア人女性をレ〇プしたために性病が蔓延し、1個師団相当の兵力が失われたとされ、軍紀が乱れる大きな原因となった[54]。司令部は、731部隊がこの問題を解決するよう期待したのである。

当初、731部隊では注射で女性マルタに梅毒を感染させていたが、現実に即した実験結果が得られなかったため、マルタを強制して性行為を行わせることで梅毒を感染させ、梅毒にかかった男女を小部屋に入れて再び性行為を強制した。性病に感染すると、その経過を丹念に観察して、1週間後、3週間後、1ヶ月後における病気の進行状態を確認した。研究者は性器の状態など外部的兆候を観察するだけでなく、生体実験を行って様々な内部器官の病気がどの段階に達しているかを検査した[55]。また、731部隊の研究員だった吉村寿人(のちの京都府立医大学長)が戦後に発表した論文には、乳児を氷水の中に漬けた際の温度変化が記録されていることから、実験中のレ〇プにより生まれた乳幼児、あるいは731部隊に捕えられる前から妊娠中だった女性マルタが出産した多くの乳幼児が凍傷実験に使用されたものとハル・ゴールドは考えている[56]。

元731部隊員の胡桃沢正邦は、生体解剖時の麻酔から目覚めた女性マルタの様子について次のように証言している[57]。

(インタビューワーの女性) 「眼は開いているの?」 (胡桃沢正邦) 「眼は開く場合もある。」 (インタビューワーの女性) 「叫んだりする人もいた?.....何と言ったの?」 (胡桃沢は力なく泣き始め) 「そのことは2度と思い出したくない!」 (胡桃沢は謝罪し、数秒後しゃくりあげながら答えた) 「『私は殺されてもよいが、子供の命だけは助けてください』と言った」

証拠隠滅 編集
731部隊の施設建物が大量の爆薬によって破壊されたが、「軍医学校跡地で発見された人骨問題を究明する会(人骨の会)」代表常石敬一は、破壊は証拠隠滅であったとする[58]。
325584. 名無しの日本人
  • 2016/11/26 09:34:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
小説をいくら引用しても、物証がことごとく否定してるぞ?

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する


「http://」「https://」を含む文字列は検閲させていただいてます。
ブランドコピーのスパム宣伝がヒドイ。
URLを投稿する時はそれらの文字列抜き、若しくは検索キーワード等でお願いします。
他の規制ワードはコチラ


ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ