Category : 社会
170709-1-001.jpg

JR東日本の新幹線試験車「ALFA-X」2019年春完成…「営業360km/h」を検証へ

JR東日本は7月4日、新幹線の試験車両としてE956形電車(10両編成)を新造すると発表した。
愛称は「ALFA-X(アルファエックス)」で、2019年春の完成を予定。
「営業運転での最高速度360km/hの可能性」を技術的に検証する。

「ALFA-X」は、JR東日本が技術開発の中長期計画(2016年11月)に盛り込んだ「次世代新幹線の実現に向けた開発」を進めるための試験車。
「さらなる安全性・安定性の追求」「快適性の向上」「環境性能の向上」「メンテナンスの革新」の4点を開発コンセプトとした。
愛称の「ALFA-X」は「Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation」の略。
「最先端の実験を行うための先進的な試験室(車)」を意味しているという。

開発コンセプトの「安全性・安定性」では、地震発生時に車両の揺れを抑える「地震対策ダンパ」などを搭載し、脱線しにくくする。
また、雪が付着しにくい車体構造などの試験も行って「雪や寒さに強い新幹線」を目指す。
「快適性」では、動揺制御防止装置の搭載や吸音性・遮音性の高い車体構造などの試験を実施。
さらに「車内を家やオフィスのように過ごしていただけるサービス」を実現するための開発にも取り組む。

車体下部は、ブレーキディスクの回転で発生する空力騒音を低減するため、ディスク裏面形状の開発に取り組む。
屋根上に設置されているパンタグラフもシミュレーションや風洞試験などを活用し、空力騒音を低減できる新型パンタグラフを開発する。
これにより開発コンセプトの「環境性能の向上」を目指す。

また、地上設備や車両の各機器をモニタリングする装置を搭載。
劣化の兆候を把握することで、劣化の状況に合わせてその都度メンテナンスを行う「状態基準保全(CBM)」を実現する。
このほか、新幹線の速達性を高めるため、営業最高速度360km/hの可能性を技術的に検証する方針だ。
試験運転では最高400km/h程度を目指す。

過去の新幹線試験車両の試験最高速度(実績)は、952・953形「STAR21」(1992~1998年)が425km/h、E954形「FASTECH360S」(2005~2009年)が398km/h。
このうち「FASTECH360S」は営業最高速度360km/hを目指して開発されたが、騒音の低減やコスト面などで課題が残ったため、営業最高速度を320km/hとしたE5系電車が開発された。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170628-1-001.jpg

日本人「中国人はゴミをポイ捨てする。日本から出て行け!」

2017年6月24日、中国台湾網は、中国人観光客が街を汚すため、日本では「中国人は出ていけ」との声が聞かれると伝えた。

埼玉県のある公営団地は住民の過半数が中国人だとして知られている。
台湾・東森新聞はある日本人ネットユーザーの投稿を紹介。
マナー意識のない中国人が住んでいるため、団地内の公園ではごみのポイ捨てやタン吐きが横行し、さらにはトイレではない場所で大小便をする人が多く、大混乱に陥っているという。

こうした状況に近隣の日本人住民の間では怒りが広がり、「中国人は出ていけ」との声まで上がっているという。
中国では日本というとともかく美しく清潔だというイメージが強いが、この団地ではまったく別の光景が広がっているようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170604-1-001.jpg

北海道が中国の”北海省”になる日も遠くない?

昨年1年間で外国資本に買われた森林は実に“東京ディズニーランド15個分”--4月28日、農林水産省が発表した調査結果が永田町や霞が関に衝撃を走らせている。

同省が森林法に基づく市町村等への届け出情報などから全国の森林の土地所有者を調査したところ、昨年1年間で202ヘクタールもの土地が所在地を海外に構える外国資本によって買収されたことが判明したのだ。

前年の同67ヘクタールと比べると3倍もの伸びを示し、調査を始めてから最大となった。
かねて取り沙汰されてきた海外からの土地買収攻勢が、急激に拡大していることを窺わせる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170531-1-001.jpg

日本人はいつもおじぎをしている

日本人は世界で最もお辞儀をする国だ。
日本人は生まれた時から死ぬまでお辞儀をし、一生のうち何回お辞儀をしたのか数えきれないほどだ。
「お辞儀」は、日本において人間関係維持のために必要な礼儀だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170519-1-001.jpeg

中国メディア:日本には旭日旗の正当化を試みる動きがある

2017年5月17日、環球時報は旭日旗をめぐる日本メディアの報道を取り上げ、「日本には旭日旗の正当化を試みる動きがある」とする記事を掲載した。

環球時報が着目したのは、日本の大手紙が掲載したサッカーJ1川崎フロンターレのサポーターがアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の試合で「旭日旗」を掲げた問題をめぐる記事だ。
「旭日旗に政治的な意味合いはなく、現在の日本で軍国主義を代表するものではないことが指摘された」としており、「“侵略の象徴”とみなされる旭日旗に含まれる意味は、いつの間に変わったのだろうか?」と疑問を投げ掛ける。

環球時報はさらに、日本側の記事で菅義偉官房長官の「旭日旗は大漁旗や出産・節句の祝い旗などとして日本国内で広く使用されている」との発言が取り上げられたことも紹介。
「“戦犯旗”はいつ、日常的に見られる装飾デザインや祝い用品になったのだろうか?」とした上で、「旭日旗と日章旗はいずれも明治維新の時期に誕生。日本の伝統文化の中で、旭日旗にはかつて幸運を願う意味合いがあった。1870年に正式に日本陸軍の軍旗となり、89年に日本海軍でも採用された」と説明する。
また、「神風特攻隊は米国の軍艦に突撃する際、旭日旗を掲げていた。日本の敗戦に伴い旭日旗の使用は禁じられたが、1950年代に自衛隊が再び使い始めた」とも指摘し、現在の日本社会における旭日旗の存在感について次のようにつづる。

まず、日本滞在歴の長い同紙の記者によると、「旭日旗やそれに類似したデザインは日本の日常生活でほとんど見かけない。一般の人は旭日旗に特別な関心を持つことはない」という。
同紙は「日本の若者の旭日旗に対する理解はそれほど多くない」とし、実際に多くの若者から「旭日旗について知ってはいるが、旗が持つ具体的な意味はあまり分からない」という声が聞かれたと説明。
これらを基に「日本の市民の反戦感情は比較的高い」と分析した上で、日本国内と対照的な動きとして「国際的な場面でたびたび出現する旭日旗」について触れる。

同紙がここで言及したのは前述のフロンターレの騒動や、2014年のサッカーワールドカップ(W杯)で日本代表が着用した最新ユニフォームのデザインをめぐる問題だ。
さらに漫画「ONE PIECE」を例に挙げて「海外で人気の高い日本のアニメ、漫画作品の中に“旭日旗”が登場するがこれは偶然だろうか?」とも。
「日本のスーパーの中で旭日旗関連商品を見つけたことはないが、大手通販サイトで『旭日旗』を検索すると腕章やアクセサリーなど101件がヒットした」ことを説明し、「日本で旭日旗関連の商品を手に入れることはそれほど難しいことではない」と紹介する。

同紙は記事終盤で日本に新たな安全保障関連法が登場したことや、安倍晋三首相が2020年をめどに新憲法施行を目指すと発言したことに言及し、「このような背景の下、日本の政府高官やメディアの旭日旗を正当化しようとする動きは驚くべきことではない。だが、示された根拠にはいささか無理があるようだ。旭日旗の図案が日本で別の用途で使われているとしても第2次世界大戦時の特殊な意味合いを消すことができるのだろうか?サポーターが持ち込んだ旭日旗に差別的、政治的意図がないということは信じられるのか?旭日旗の意味合いについて、戦争被害国の人々は大きな発言権を持てないのだろうか?」と次々に疑問を提示。
「実際のところ、中国、韓国などを除き、多くの国の人々は旭日旗についてほとんど知らない」「一部の西洋人は旭日旗を日本を代表するマークの一つと考えている」とする一方、西側メディアや学者らが日本の動きに対して警戒感を高めていることを伝えた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170501-1-000.jpg

日本が中国の二人っ子政策を心配している

2017年4月23日、中国紙・参考消息は日本メディアの報道を引用し、中国の中小都市では二人っ子政策ゆえに病院や学校が足りずに苦労していると伝えた。

中国では15年に一人っ子政策を廃止してから、中小都市ではベビーブームが到来し、多くの子供が産まれている。
しかし、産婦人科や小児科、幼稚園はパンク寸前で、出産数の増加に対応しきれていない都市もある。

記事は、多くの専門家が二人っ子政策の効果があまり見られておらず、高齢化や労働力不足問題を解決するほどには至っていないと考えているものの、中小都市では生活の負担が比較的軽く、2人目を産む人が大都市より多いと指摘する専門家もいると紹介。
しかし、こうした中小都市では医療や教育施設が受け入れの限界に近づいているとの問題があるという。

これに対し、中国のネットユーザーから「産んでも育てるお金がないという感じだ」「全くその通りだ。産婦人科はベッドが足りず、公立幼稚園に入るのが難しく、私立はべらぼうに高い」などのコメントが寄せられた。

また、「つまり政府は2人目を産むことを奨励するが、ベビーブームを迎え入れる準備ができていないということか。これは興味深い点だ」との指摘もあり、関連する問題とその対策を考慮する前に政策を実行してしまった感が否めない。

しかし、「日本製のおむつが売れるんだから日本は喜んでしかるべきだろ」「別に苦悩はしていない。この子供たちが大きくなった頃に経済は大幅成長する。人口ボーナスこそわれわれに必要なもの」との主張もあった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170405-1-002.jpg

よく言った!村上春樹:歴史修正主義的な動きとは闘っていかなくてはいけない。物語という形で闘っていくことは可能

2月に長編小説『騎士団長殺し』(第1、2部、新潮社)を刊行した作家の村上春樹さんが、毎日新聞などのインタビューに応じた。
新作に込めた思いや小説家の役割について聞いた。

「騎士団長」はモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」の登場人物に由来する。
オペラの冒頭で殺されるシーンがあるが、執筆前にまず『騎士団長殺し』というタイトルが浮かんだという。

「言葉の感触の奇妙さに引かれた。最初にあったのはタイトルと、(主人公が住む神奈川・)小田原の山の上というシチュエーション。画家というのは書いているうちに出てきた」

妻と別れ、喪失感の中で描くべき絵を求める主人公が住んだ山の上の家は、友人の父親で高名な日本画家のもの。
92歳の日本画家は高齢者養護施設に入っており、空き家になっていた。
その屋根裏で「騎士団長殺し」と題する絵を発見した後、主人公は不可解な出来事に巻き込まれていく。

「騎士団長殺し」と題する絵の背景には、ナチスのホロコーストや南京虐殺事件にまつわる歴史の傷も影を落としている。
どのような著者の思いが込められているのか。

「歴史というのは国にとっての集合的記憶だから、それを過去のものとして忘れたり、すり替えたりすることは非常に間違ったことだと思う。(歴史修正主義的な動きとは)闘っていかなくてはいけない。小説家にできることは限られているけれど、物語という形で闘っていくことは可能だ」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170404-1-001.jpg

日本の調査捕鯨って何を調査してるんだろう・・・

調査捕鯨船、南極海から下関に帰港 ミンククジラ333頭捕獲

日本の捕鯨船団が南極海(Southern Ocean)での調査捕鯨を終え、捕鯨船5隻のうち調査母船「日新丸(Nisshin Maru)」を含む3隻が3月31日、山口県下関市の港に帰港した。
水産庁が発表した。捕鯨船は昨年11月に南極海に向けて出港し、当初の計画通りミンククジラ333頭を捕獲した。

調査捕鯨活動はこれまで、国際水域で反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」による妨害をたびたび受けてきた。

しかしある水産庁職員は、今回はシー・シェパードのメンバーから捕鯨船の安全を脅かすような妨害行為は受けなかったと述べ、理由の一つとして、捕鯨船団を守る監視船の派遣を開始したことを挙げた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170325-1-001.jpg

なぜ日本の出生率は世界224ヶ国のうち222位なのか?外国メディアが日本に警鐘を鳴らす「独身で結婚への情熱を持たず、政府が手をこまねいている」

報道によれば、日本家庭計画協会の2013年の調査結果では、16歳から24歳の女性の45%が「性に対する興味がないか軽視している」と答えた。同じような感覚を持つ男性は25%だった。30歳以下の三分の一がデートを一度もしたことがなく、35歳から39歳の四分の一は性経験が一度もなかった。

なぜ日本の出生率は世界224ヶ国のうち222位なのか。政府は2060年までに人口が1.27億人から8700万人にまで減少すると予測しており、そのうち40%が65歳以上になりそうだという。日本の成人用おむつの販売数量はすでに赤ちゃん用よりも多くなっている。
報道によれば、政府が国民に真実の性愛に対し興味を持ってもらいたいというのももっともな話であり、それが重要な任務となっているようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170322-1-001.jpg

旧日本軍の中国侵略資料に日本人学生涙こぼす

長春東北淪陷史陳列館にここ数日、日本の戦争反対者や元満蒙開拓団メンバー、日本人残留孤児、日本人大学生からなる交流訪問団が訪れた。中央テレビニュースが報じた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ