Category : 社会
190303-2-001.jpg

日本「深センは世界最先端の都市。QRコードで何でもできる」

中国南部の深セン。
秋葉原をまねて作られた巨大な電気街やIT企業などの高層ビルが乱立し、「中国のシリコンバレー」と呼ばれています。
街なかの小さな屋台でさえ、ハイテクが進んでいます。
現金を使う人はほとんどいません。

「世界最先端都市」とまで呼ばれるこの深センを象徴する企業があります。
今年1月には、時価総額でFacebookなど名だたる企業を抑え、世界5位に登りつめた「テンセント」です。
この会社が手がける中国版LINE「wechat」のユーザーは10億人。
電子決済機能が付き、爆発的に普及しました。

昨年できたばかりの新社屋を訪ねると…。
眺めの良い社員食堂。
最先端のIT技術が使われています。
テーブルにはQRコードが貼られ、社員は会計を自社の電子決済で行います。
部屋の入り口には、独自開発された顔認証システムが導入されていました。
社内には、社員が無料で利用できるジムやボルダリング施設まで。
平均年齢29歳という、若い人のアイデアが会社を支えているといいます。

取材中、4年前に起業したという若者に出会いました。
男性:「起業のために来た。深センは起業するための環境が良い。夢の実現まではまだ遠いですが、かなえる道を歩んでいます」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190302-2-001.jpg

沖縄の人に中国語話せるか聞いてみたら、少し話せる人が多かった。さすが元中国の属国

沖縄へ行ったYoutuberの動画。
沖縄の人へ「あなたは中国語話せますか」と聞くと、「少しだけ。海苔、苦瓜茶とか」「数字を言えるくらい」「全くできない」「四年間勉強したので、できますよ」などの回答があった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190302-1-001.jpg

日本人が中国人を見直した!?タイの認知症女性が失踪し7か月後に中国で保護 

日本のNHKの報道によれば、タイで去年失踪した認知症の女性が7か月後に中国でされ、娘と再会したようだ。この女性は640kmの距離を歩いて移動したとみられ、驚かれている。失踪したのはタイ北部チェンマイの59歳の認知症の女性である。

AFPの報道では、この女性は去年6月に息子に会うために家を出て、そのまま行方がわからなくなっていたようだ。約7か月後の先月下旬、640キロ離れた中国西南部雲南省昆明で女性は保護され、身分証を通じて失踪した女性であることがわかった。彼女はタイから来た娘と再会し、20kg痩せてはいたが、体調を崩した様子はなく、15日に飛行機でタイに帰国した。女性は「息子に会うために外に出て、会ってからも歩き続けた」と話し、空腹になると近くの店で食事をしていたようだ。

この女性はチェンマイから陸路で中国に入ったと思われ、ミャンマーかラオスと国境を接する地域から中国に来たようだ。本当に驚きの行動である。
この奇妙な事件について、日本のネット民たちがコメントを寄せた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190218-1-001.jpg

日本国内で良識ある活動をするレアな日本人たち

日本の話になると、人々の頭にすぐ胸がつまる単語が沢山ちらつく。
靖国神社、侵略の歴史、軍国主義・・・
でも人民日報の駐日記者がこんな人たちに注目していた。

彼らは日本の間違った歴史観に挑戦している。
日本の右翼分子を十分に不愉快にさせた。

記者は「ああいう良識がある日本人は滅多にいない。彼らは本当に尊敬に値する」と言った。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190210-1-002.jpg

日本のTV「日本はすでに中国に抜かれているのに、中国人を見下しているから、そういうVTRを作るんだ」

5日に放送されたテレビ朝日の「羽鳥慎一モーニングショー」で、コメンテーターの玉川徹氏が、同番組の中国に対する報道姿勢に苦言を呈したことが、中国でも注目を集めている。

5日の「羽鳥慎一モーニングショー」は中国の春節の花火・爆竹を特集した。特集では、10年前は北京市内だけで火災が100件以上発生し、けが人は400人以上とも伝えられたこと、爆竹の煙は深刻な大気汚染を引き起こし春節が明けると街は白いスモッグに覆われること、その後都市部では爆竹や花火を制限する動きが加速し、北京市内では天安門広場を中心とした半径15キロのエリアで花火や爆竹が禁止されたことを紹介した後、唐突に、いま中国で鉄道の他人の席を勝手に占拠する「覇座」が社会問題化していることを伝える映像に切り替えた。

これについて、玉川氏は「VTRを見て興味深いと思ったのは、ディレクターも含めた日本人の意識。花火の話で始まったのに『覇座』の話を間に入れる。全然関係ない。なんでこれ入れちゃうんだろう。ディレクターの心理ってなんだろうって考えてたんですけど、『中国でこんなにモラルが低いですよ』っていう話いっぱいあるじゃないですか。今まではずっと下に見てきたけど、経済ではもう抜かれてるし、どんどん置いていかれるんじゃないかという意識が、『中国こんなにまだ下だよ』というのをやりたくてしょうがないという意識があるのかなと思う」などと述べた。

中国版ツイッターのウェイボー(微博)では、この番組に中国語の字幕をつけた動画が多数掲載されている。中国紙・環球時報のウェイボー公式アカウントもこの動画を転載し、「突然の静けさ。日本のテレビ局が中国を中傷すると、コメンテーターが態度をがらりと変えた」などと伝えた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190208-1-001.jpg

日本人が中国のキャッシュレス社会を体験して衝撃を受ける!

日本のテレビ朝日の中国駐在記者が、北京でキャッシュレス社会を体験した動画。
自転車、ファストフード、市場でもキャッシュレスであることを体験した。
この記者は、「中国のキャッシュレス社会はとても便利だ」と語っている。


動画
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000144772.html




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190204-1-001.gif

開放的な性産業大国の日本よりも中国の方がAIDS患者が多い

日本の感染者数は約3万人。
中国の感染者数はなんと・・・80万人を突破している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190201-1-001.jpg

中国の身分証は日本が作ったものだった・・・

『中国青年報』によると、中国公民すべてが持つ第二世代身分証はある日本の会社が印刷しているため、中国公民に関する資料が漏れているのではと懸念がある。この懸念に対して、市の公安局の関係者は記者に対し、身分証上の公民情報は中国の公安機関にて入力されているので、それが外国に漏れることはないと説明した。

中国の第二世代身分証の業務は日本の富士通という企業が受け持っていた。警察は、第二身分証の型は、公安部の指定する企業で印刷されているとのことで、これは日本企業の参加の可能性が消えたわけではない。

しかし公安機関以外の企業で印刷されるものは第二世代身分証の型に過ぎないし、すべての内容は等しく空白であるとした。また、第二身分証のチップシステムには大量の個人情報が保存できるが、これはすべて国内企業が生産していて、ここからの漏れはないという。専門家が論証したとき、このシステムを破るには少なくとも20億元の投資が必要だと言っていた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです