Category : 社会
181217-1-001.jpg

日本に行った中国人たちが激しく後悔・・・日中の生活レベルは逆転していた


日本の「プレジデント・オンライン」で、日本に住む2名の中国人にインタビューを行った。そのうちの一名は永住権を有しており、もう一名は日本国籍を取得している。「中国の生活レベルは日本よりも低い」という時代は既に過去のものだが、日本に住む中国人たちの本音はどんなものだろうか?

記事によれば、十数年前、日本国籍を持つ人は羨ましがられたそうだ。日本のパスポートもそうだった。だが今、日本での生活を選んだ中国人たちは本当に願いを叶えたのだろうか?

日本の法務省の2017年のデータによれば、日本国内には256万人の外国人がおり、そのうち中国人は73万人で全体の約3分の1を占めている。彼らは日本でどんな生活をしているのだろうか?

東京都内のある大企業で働く20代の女性朱麗さん(仮名)にインタビューした。彼女の家族は全員上海で仕事し、月給はみんな2万元(約32万円)を超えている。彼女の日本での給与を超えているそうで、それについて深い衝撃を受けた。日本企業での低い報酬に彼女は不満を感じている。

彼女は記者に話した「日本は本当に魅力のある国と思う?風景と商品がいいというだけなのでは?この国は生活や仕事がすごく辛いですよ。」

確かに、今の上海での生活は日本よりかなり便利だ。スマホにアプリを入れておくだけで色んなサービスが受けられる。上海の街中は「明るい未来」の雰囲気があふれている。そして日本は少子高齢化で暗い雰囲気なのだ。

朱麗は半分冗談のように「私も上海に戻りたい」と言っていた。知らず知らずのうちに、中日両国の生活レベルは逆転してしまっていたのだ。この点については、もう一人の回答者も同じように感じていた。彼は埼玉県に住む50代の東島勇(仮名)という男性で、日本に来て15年、日本国籍を取得している。中国の富裕層はどんどん多くなっている、その一方で中国から日本に来た人には難題が降りかかっているのだ。

彼は記者に対し、全身エルメスの「金持ち」の友人を紹介した。その友人は彼にとても同情していて、高級レストランでの食事も友人が支払っていた。「真面目な話、私は彼にお返しをしたいけど、私の財力ではそれも難しいんです。」
東島勇は悩んでいた。15年前日本に来る選択をしたときには中国の方がこんなに発展するとは思わなかったのだ。たった十数年で、中国経済は日本を凌駕した。自分が国内にいる友人と比較してこんなに「素朴」な生活をすることになるとは思いもしなかったのだ。

今、多くの在日中国人が日本を選んだことを後悔している。彼らの考え方は様々だが、中国と比較して今の日本は「お金」がないということは一致しているようだ。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181112-1-001.jpg

日本の人口問題が国家の命運を脅かすレベルに、各地でゴーストタウンが発生

(環球ネット総合)日本は輸出大国の地位が日に日に怪しくなっているだけではなく、年々減少している人口の数はもしかすると日本が直面する最大の難題になるかもしれない。現在、出生率の低下に高齢化が加わって、日本は何万という村や町で人が減ってきており、老朽化した建物やインフラなどが今にも崩れ落ちそうになっており、荒れた「ゴーストタウン」になり始めている。
日本の安倍晋三首相がトップを務める自由民主党であれ、その対抗勢力であれ、まだ「地方を振興する」方法を思いついてはいない。これは日本の何代ものリーダーが数十年という長きに渡り既に悩んできた問題である。数多くの地域が若者を惹きつける努力をしてきたが、地方都市の「ゴーストタウン」への変貌は防げておらず、ただじっと見ているしかない状況だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181105-1-000.jpg

東京はどこを見渡しても老人ばかり、日本の高齢化が深刻

東京の地下鉄の駅内では、スーツを着てビジネスバッグを持った年配男性が行き来している。
他の先進国に比べて、日本は働く高齢者が多い。
定年退職する年齢になっても、仕事を続け、若者と同じように、毎日電車に乗って通勤している。

日本は世界で最も高齢化が深刻な国の一つだ。
2017年の統計によると、65歳以上の老人は3514万人で、割合は27.7%に上る。
日本では、どの業界でも、働く高齢者がおり、東京でも、定年退職した後も何かしらの仕事をしている老人が多い。
日本では定年退職の年齢を65歳にし、企業は65歳まで働きたい人を引き続き雇用する義務がある。

新宿のラーメン店では、白髪のおじいさんが、若者に混じってラーメンを急いで食べていた。
渋谷のドラッグストアでは、老人がレジを打っていた。
六本木の果物屋では、老婦人が働いていた。
東京の街を走るタクシー、運転手は白髪のおじいさん。

駐車場の係員、ショッピングセンターの警備員、スーパーの店員、これらすべて老人も働いている。
90代の老人が働いているケースもある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181103-1-001.jpg

中国人が日本の水源地を買い占めてるというニュースを見たんだが

日本の北海道などは既に大半の土地を中国資本が所有しているそうだ。
そんなに中国の水不足は深刻なのか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181101-1-001.jpg

日本人の民度!ハロウィン後の渋谷がまたゴミだらけ

東京の渋谷で自然発生しているハロウィン仮装行列。
ハロウィンが終わった後は、街中ゴミだらけ。
ゴミの他にも、窃盗、器物損壊、セクハラなどの事件が毎年発生していて非難の的となっている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181031-1-001.jpg

同性婚を認める国、認めない国を見ると差は歴然

同性婚を認める国と認めない国を見ると、その差は歴然であるということがわかる。認めているほとんどが西洋国家で、東洋国家のほとんどは認めていない。この話題について日本のネット民たちが議論を白熱させた。

同性婚を認める国
アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、フランス、カナダ
スウェーデン、デンマーク、フィリピン、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクなど。

同性婚を認めない国
中国、日本、韓国、ロシア、インド、サウジアラビア、イラク、イラン、ソマリアなど。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181030-1-001.jpg

日本人が自ら驚愕!江の島花火大会がごみだらけ

2018年10月24日、中国の自メディア・東京新青年は、江の島花火大会後の会場でごみが散乱する様子を紹介し、「日本人自身も衝撃を覚えている」と伝えた。
記事は、「20日に行われた江の島花火大会で打ち上げられた美しい花火の様子を、多くの人がツイッター上に掲載した」とする一方、花火大会終了後の海岸付近の様子が「日本自身も衝撃を受けるものだった」とし、あるツイッターユーザーがごみだらけの会場の写真をアップし「これが日本人。このままじゃ来年の花火大会無くなっちゃうよ」と書き込んだことを伝えた。

そして、「ツイッター上に江の島花火大会後の惨状を掲載したのはこのユーザーだけでなかった」とし、多くのユーザーが海岸や片瀬江ノ島駅前の道路などに散乱するごみの写真をアップしたほか、翌日になっても掃除されずに放置されたごみが至る所に散乱していたと紹介している。

さらに、「惨状」を見た日本のネットユーザーから「ひどすぎる」「もう他国のマナーをとやかく言う資格はない」「小さい子が見たら、ごみはポイ捨てしていいと思うだろうな」「こんなことになるなら来年はやめたほうがいい」との批判的な声が相次いだことを伝えた。

さらに、花火大会だけにとどまらず、間もなくやってくるハロウィンでも、以前、路上にごみが散乱する光景が紹介されたと指摘。
ただ、そちらについては翌日の朝にボランティア組織がごみを片付けたと紹介している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181008-1-001.jpg

181008-1-002.jpg

中国はこれだけ世界遺産があるのに、なぜ日本人は中国に来たがらないのか

所有する世界遺産が10を超える国ランキング。
上位5位:イタリア、中国、スペイン、フランス、ドイツ

四大文明の一つである中国には、世界遺産がたくさんあり、文化的に中国に近い日本人には人気の行き先になってもおかしくない。しかし毎年たくさんの中国人が日本に旅行するのに対して、中国に旅行しに来る日本人はそれほど多くない。なぜなのか。

それに対して、日本人はこう思っているようだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181006-1-001.jpg

日本への中国人観光客が爆増するも、日本人は嬉しくないみたいだ・・・

2018年10月2日、中国の今年の国慶節(建国記念日)連休で日本が一番人気の海外旅行先になったとのニュースについて、環球網は日本の一部ネットユーザーから「迷惑」などの声が上がったと報じた。

記事は連休初日の1日、日本で「国慶節の海外旅行、日本が一番人気でその次がタイ」などと報じられたことを紹介した上で、台風24号の影響で日本では大規模停電が発生したり、交通が大混乱したことなどを説明。
「このような状況でも大勢の中国人観光客が依然として日本に押し寄せる」とした。

その上で、日本のネット上に「迷惑」「他の国に行ってほしい」「(大勢訪れると)一般市民が市営バスに乗れなくなる」「観光なら歓迎だけど、あまりたくさんは」「マナーだけはちゃんと守っていただけるようお願いします」などのコメントが寄せられたことを伝えた。

記事はこの一方で、わずかではあるが「ようこそ」など歓迎する声が聞かれたと指摘している。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです