Category : 歴史
190219-1-000.jpg

毛沢東「恨みどころか日本には感謝しかない」

1972年9月29日、周恩来総理と当時の田中角栄 日本内閣総理大臣が北京で日中共同声明に調印した。声明では、本日より大使級の外交関係を結ぶ、日本国と中華人民共和国との間のこれまでの不正常な状態はこの共同声明の発表とともに終了する、日本側は、過去において日本国が戦争を通じて中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を受け止め深く反省する、中華人民共和国政府は中日両国国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言するなどが書かれている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190213-1-001.jpg

米帝は日本を敵視し中国の味方だったのに何故こうなってしまったのか?

当時日本が東北を占領してから、偽満州国を認めた国の中にはドイツ、イタリアなどのファシズム国家があり、ロシアもあった。
アメリカは断固として偽満州国を国家とは認めなかった。
実際、1951年前、アメリカは中国を助けるため外国勢力の侵略を妨害するのに一生懸命だった。
なのにどうして米帝は今その道から外れて行動しているのか。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190127-1-001.jpg

中国は世界で最も歴史の長い国なのか?

中国は四大文明古国のひとつだ。
五千年の文化と自然は他の国に負けることはない。
私はそう考える。
中国は氏族公社から現在まで、少なくとも5、6千年は経っている。
世界で最も歴史の長い国なのではないだろうか?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190124-1-001.jpg

日本が中国侵略の時に出版した中国現状資源分布図

各地の資源、物産を標記してある。
注意すべきなのは、共産党根拠地を単独に列挙したことだ。
出版社は東洋協会調査部。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190110-1-001.png

君の故郷は日本軍に侵略された?

私が生まれ育った陝西省は日本に侵略されたことがない。
だが先祖の故郷の山東省は日本に侵略された。
みんなはどこの人か?
故郷は日本に侵略された?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190108-1-001.jpg

抗日戦争の中国空軍は割と頑張っていた!

八年の抗日戦争で中国空軍は1543機の日本戦闘機を撃墜し、330機を破損させた。爆撃、追撃、偵察、運送などを目的とした出動は18500機で、空戦での出動は4027機だった。どうやってこのような優秀な成績を残したのか?

1937年8月淞沪での戦争前に、日本軍は戦争に使える航空機は約2300機、用意していた戦闘機は約280機だ。その反対に中国の空軍を見ると、全部合わせて約600機、日本の七分の一にも及ばない。

戦争が始まって3ヶ月間、中国空軍は援助のない状況で、日本の戦闘機30機を撃墜し、パイロット327人を仕留めた。だが、中国空軍の残りの戦闘機はわずか30機だけだった。

1936年からソ連は中国に志願航空隊を援助する動きを見せていて、1937年10月から、1938年末までに、ソ連戦闘機471機が蘭州へ到着した。また1940年、ソ連はI-16(ポリカルポフ)戦闘機150機、Il-4(イリューシン4)爆撃機20機、Ar-2(アルハーンゲリスキイ2)急降下爆撃機30機を援助した。1940年に至る前は、中国の戦闘機は49機のみ。日本には960機以上の航空兵力があった。

日本側の分析は客観的だった。
二つの時期を対比した、日本が記した戦争の状況。

1942年7月から、中国に存在した航空機はますます活躍した。7月1日、9機のB-25爆撃機が九江と漢口を襲った。2日、3日も3機のB-25爆撃機が漢口の海軍を襲った。3日はまた5機のB- 25爆撃機、4機のP-40戦闘機が南昌の空港を襲った。6日自雲空港を襲った。9日また2機のP-40戦闘機が南昌の空港を襲った。

戦争の末期、中国空軍が制空権を得たのは、上記の通りアメリカのおかげだ。1945年1月、中国にいたアメリカ軍は32956人で、その内23960人が空軍兵だ。その後、毎月空軍の人数は増えていった。8月15日戦争が終結時、中国にいたアメリカ軍は60369人、空軍34726人。

参考資料
李玉贞『抗日戦争における中国の航空戦力』
王跃如『太平洋戦争、空軍における米中協力』





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

190104-1-001.jpg

なぜミャンマーは親日なのか

多くの歴史の資料によると、ミャンマーのミャンマー族居民は親日で反英的であり、北部の少数民族は反日で親英である。
ミャンマーを助ける為に中国が派遣した遠征部隊だが、英国植民地軍とともに作戦を行った中国の遠征部隊がミャンマーの内陸に行っても絶対にミャンマー族居民に歓迎されない。
これは先の大戦とも関係があり、アウンサンスーチーの父アウンサン将軍と日本軍の共同作戦で遠征軍を派遣したことや、日本が遠征軍に武器を提供したこととも関係がある。
現在のミャンマーの歴史書にはまず中国遠征軍の記述がなく、しかも当時のミャンマーにあったたくさんの遠征軍墓地は破壊されたのに、日本軍墓地はほとんど破壊されていないのだ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

181229-1-001.jpg

フランスの元首相ドゴール将軍の日本人への評価

フランスの元首相ドゴール将軍は二度の世界大戦に参加したことがある。
世界的に有名な軍事家であり政治家だ。
彼は日本人をこう評価していた。

「日本人は、陰険で狡猾で残忍な民族だ。この民族は地位や財産にとても弱く、その狂った血を好む気質は中世ヨーロッパの吸血鬼ドラキュラのようだ。奴らに弱点を見られれば、すぐに喉を咬みちぎられ、生存は不可能だ。」





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む




ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです