Category : 歴史
170408-1-001.jpg

日本はもう昔の強かった日本ではない

日本は強国だと自分で思っているけど、今の中国と戦争したら、特に過去のような侵略戦争を起こしたら、日本が勝つことない。
日本軍は中国に上陸する少しの可能性さえもない。
中国の意思が固ければ、領土や領海で争っても、ひと粒の石さえ与えることはない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170407-1-001.jpg

旅順や南京での大虐殺や侵略に対する日本人の論理が狂ってる・・・

毎回中国人が、日本の中国に対する壮絶な大虐殺を批判する時、日本人は反論する。

・あなた達は趙国(周代の国名で戦国七雄のひとつ)の四十万人を殺した。南京大虐殺よりも多い。
・モンゴルは漢人に対し大虐殺を行っていないのか?
・清軍が殺した人数は日本人よりも多い。
・あなた達は大飢饉、文革で数千万人を殺したのではないか?
・秦の始皇帝、洪秀全、李鴻章それにチンギスハンは大日本帝国よりも狂ってはいないのか。

だから日本が旅順や南京で大虐殺を起こしても何のことはないということらしい。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170406-1-001.jpg

なぜ日本は中国への罪を認めないのか?その理由とは?

日本は、アメリカ、イギリス、オーストラリアに対して罪を認めている。
イギリスとアメリカには悔い改める信仰がある。
欧米文化圏にいる人は、そういった信仰があって、懺悔を受け入れることが自分を強くすることと考えている。
しかし、ある日本の教授は「日本人は絶対に中国と他のアジア国家への罪を認めない。一旦、罪を認めたら、アジア人は懺悔の文化がないから報復されるかもしれないからだ。」と言った。
みんなはこんな理由を受け入れられるのか!?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170401-1-001.jpg

また日本が南京大虐殺の犠牲者数を誤魔化そうとしている・・・

中国外務省の華春瑩報道官は24日の記者会見で、南京大虐殺の死者数に関して「人数は定まっていない」などの追記を求めた日本の教科書検定について、「日本政府が意図的に歴史を薄めたり、否定したりするのは極めて間違った無責任な行為だ」と非難した。

華氏は「南京大虐殺の犠牲者数は専門家の論証を経ている」と主張。
「日本政府が正しい歴史観を国民に教育し、決して誤った歴史観で次世代を間違った方向に導かないよう望む」と語った。

南京大虐殺の死者数について中国側は「30万人」と宣伝しているが、日本側の研究では根拠のない誇張された数字との見解が定着している。
中国側の研究者が「30万人」説について「政治的数字」「正確な人数は確定できない」と語ったこともある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170329-1-001.jpg

日本の女子高生コンクリート詰め殺人事件について

東京都足立区綾瀬のコンクリート殺人事件は日本の犯罪史に残る重大な殺人事件だ。少年の人数は多ければ7人で、被害者に監禁、陵辱、集団暴行、殺害などを行ったこの事件は日本人を震撼させた。事件の凄惨さに加え、犯人たちはいずれも当時未成年で、犯行期間も長期にわたっていたことが社会に大きな衝撃を与えた。

綾瀬コンクリート詰め殺人事件は1989年に発生、事件の17歳の女子高生古田順子さんは誘拐、監禁、陵辱、殺害されたうえで遺体を遺棄され、「女子高生コンクリート殺人事件」と呼ばれた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170328-1-001.jpg

日本の天皇は、靖国神社にA級戦犯が祀られていることを知ってから一度も参拝したことがない

それは賞賛に値する行為だ。
だから鄧小平も胡錦濤も訪日するときは必ず天皇に会った。
しかしそのことを知らない国民はたくさん居る。
写真は鄧小平と卓琳が天皇皇后両陛下と会見する様子。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170320-1-001.jpg

今の中国は本当に戦勝国なのか

中国国民党の軍隊は日本軍44万人を殲滅したが、中国共産党の遊撃隊は821人だけしか殺していない。
2010年モスクワで行われた世界反ファシズム70周年の閲兵式では、中華人民共和国の軍隊の参加を拒否し、台湾の元抗日将軍を誘った。
中国共産党が第二次世界大戦の反ファシズム連盟に参加してないと世界に認められた瞬間だ。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170309-1-001.png

海外のサイトに掲載されている、中国人を無理矢理土下座させる日本軍の写真

1937年に、河南省の通りを行進する日本軍。この写真はロシアのサイトに掲載されている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170305-1-001.jpg

第二次世界大戦最後の戦い:降伏一ヶ月後もなお中国人160人を虐殺した日本軍

日本降伏後、一部の日本軍はさらに作戦を続けていた。そのため、第二次世界大戦の本当の終わりがいつなのかを巡って、諸説ある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170305-1-003.jpg

村上春樹が「南京大虐殺はあった」と新作『騎士団長殺し』で主張している

村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』が2月24日、日本で発売された。
この本の中で、村上春樹氏は「南京大虐殺はあった」と主張している。

小説の登場人物のセリフに、
「そうです。いわゆる南京虐殺事件です。日本軍が激しい戦闘の末に南京市内を占領し、そこで大量の殺人がおこなわれました。戦闘に関連した殺人があり、戦闘が終わったあとの殺人がありました。日本軍には捕虜を管理する余裕がなかったので、降伏した兵隊や市民の大方を殺害してしまいました。正確に何人が殺害されたか、細部については歴史学者のあいだにも異論がありますが、とにかくおびただしい数の市民が戦闘の巻き添えになって殺されたことは、打ち消しがたい事実です。中国人死者の数を四十万人というのもいれば、十万人というのもいます。しかし四十万人と十万人の違いはいったいどこにあるのでしょう?」
というものがある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ