Category : 歴史
170824-1-001.jpeg

カナダが「南京大虐殺記念日」制定へ、日本の阻止は徒労に

2017年8月21日、中国メディアの海外網は、カナダ東部のオンタリオ州で「南京大虐殺記念日」を制定する動きがあることについて、日本がそれを阻止しようとしているが、徒労に終わる可能性が高いと伝えている。

日本メディアによると、9月からのオンタリオ州議会で旧日本軍が南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める法案を審議する可能性があることを受け、自民党の複数の有志議員が6月16日付で、同州議会に対し、「関係国間で好ましくない論争を引き起こし、日本人や日系カナダ人への風当たりが強くなり、政治的な緊張が生じる」などと懸念を伝える意見書を送付したという。

中国メディアの参考消息網が日本メディアの報道を引用して伝えたところによると、法案提出議員による昨年12月8日の趣旨説明の際は賛成意見が相次いだという。
韓国系議員も「日本軍は約30万人の中国人を冷酷に虐殺し、中国人女性と子供2万人以上をレイプした」「人類史上、最も大規模で非人道的虐殺の一つだった」などと賛意を表明。
これに対し、現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を始めたが、同州は中国系人口が集中しており、成立する可能性が高いという。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170823-1-001.jpg

なぜ日本は中国のことを33年間も「シナ」と呼んだのか?そしてなぜ急にその呼び方をやめたのか?

清の時、日本は中国のことを「清国」と呼んでいた。中華民国になると、日本は中国のことを「シナ(支那)」と呼ぶようになった。これはなぜなのか。

「China」を日本語で発音すると、「シナ」になるからだ。明治維新で、日本は西洋文化を取り入れる際に、中国の呼び方も英語の呼び方に統一しようと言うことで、「シナ」になった。軽蔑的な意味はまったくなかった。

しかし、国民党政府とやりとりするときは、日本は中国のことを「シナ共和国」と呼んでいた。「中国」という言葉は、「中心にある国」という意味なので、中国にはふさわしくないと日本人が判断したからだ。そのため、その時から。「シナ」という呼び方には軽蔑的な意味が含まれるようになった。

ちなみに、あの時の日本は自国のことを「日出ずる国」と呼んでいたらしい。よくそんな呼び方ができたものだ。

「シナ」という呼び方に、国民党政府は我慢することにした。なぜならあの時の中国は弱すぎたからだ。しかし、1930年に、堪忍袋の緒が切れた国民党政府は、二度とその呼び方を使うなと日本政府に通告した。

正式文書でこそその呼び方をやめた日本は、自国ではその呼び方をやめなかった。

戦後、戦争で中国に負けた日本は、「シナ」という呼び方がついに消えてしまいました。最初の頃には一部のマスコミで「シナ」が引き続き使われていたが、中国とアメリカの抗議によって、日本政府はついにその呼び方を公式に禁止した。それでも中国のことを見下す日本人は、プライベートでその呼び方を使い続けた。

「シナ」という言葉が本当の意味で死んだのは、朝鮮戦争以降だ。あの強いアメリカを負かした中国を再び尊敬するようになった日本は、「中国」という呼び方で呼ぶようになった。

戦後生まれの日本人にとって、「シナ」という言葉が見られるのは、辞書の中ぐらいだろう。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170821-1-010.jpg

中国人「綾瀬はるかが中国侵略戦争のために毒ガスを作った日本人を取材しているぞ」 日本人「俺たちの綾瀬はるかにそんな事やらせんな!」

TBSは、終戦の日である8月15日(火)の『NEWS23』を30分拡大して、特別企画『綾瀬はるか「戦争」を聞く~地図から消された秘密の島~』を放送した。
この企画は2010年から放送しているが、今年は“うさぎ島”として国内外から観光客が大勢訪れる広島県の大久野島を取材した。

広島県・竹原市沖に浮かぶ大久野島。
放し飼いにされている700羽のうさぎを目当てに、国内だけでなく海外からも観光客が殺到する平和な島だが、かつてこの島で、日本軍により毒ガスが製造されていた。
戦時中、大久野島は「秘密の島」であり、島での作業は口外厳禁。
地図からもその存在は消されていた。
番組では、広島に残る「もうひとつの戦争の爪痕」を取材し、島で毒ガスを作った人々の苦しみと平和への思いを伝えた。

劣悪な環境のもと作業に従事した人々は、時に毒ガスを吸い込みながら毒ガスの製造に励んだ。
悲劇が起きるのは戦争が終わってしばらくしてからのこと。
毒ガスを吸い込んだ作業員たちは次々と病気になったのだ。
今もその苦しみは終わっていない。

一方で、大久野島で製造された毒ガスが、日中戦争で実際に使われていたことを知り、自分たちは「加害者」でもあったことに気がつく。
戦後70年以上を経ても癒えない傷、そして平和への思いに、綾瀬が迫った。

綾瀬はるかは次のようにコメントしている。
「今回は毒ガスを作っていた藤本安馬さんのお話を聞きました。藤本さんは、毒ガスの被害者ですが、一方で日本が中国で加害者だったことも全て受け止めて、91歳になる今も戦争を絶対に繰り返さないようにしようという強い思いを持って、自分の体験を伝え続けています。そんな藤本さんのお話を聞いて、戦争がどんなに怖いものなのか、そして平和のありがたさを改めて感じるいい機会になりました。多くの人に藤本さんのお話を聞いて欲しいと思いました。


この番組に対して日本のネット民は、「俺たちの綾瀬はるかにそんな仕事やらせんな」「日本の悪行を広めたいんですね」などとコメントしている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170819-1-001.jpg

かつて中国を見本にしていた日本が、なぜこれほどまでに中国のことを恨むようになったか

中国の近代史は、日本と緊密な関係を持っている。中国と日本の付き合いは西漢時代まで遡る。唐の時代では、日本は中国に遣唐使を送ったりして、中国を見本にしていた。ではなぜそのような日本は、明治維新以降は中国を目の敵にするようになったのか。

まず一つに、日本は明治維新で工業化を達成した。そういう状況に合った日本は、イギリスとフランスのように、さらなる発展のために侵略の道に進むことを選んだ。そういう日本は、朝鮮半島を拠点に、中国を侵略しようとしていた。

日中関係をさらに悪化させた事件はもう一つあった。それはいわゆる長崎事件だった。簡単に言えば、1886年に長崎港に入港した北洋艦隊の水兵が長崎の警察官ともみあいになった事件だ。北洋艦隊は軍事力を持って、日本側が妥協しなければ長崎を砲撃すると脅迫した。当時軍事力で清国に劣った日本政府は妥協することを選び、清国に賠償金を払った。その事件で、日本全国は清国を目の仇にするようになった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170818-1-001.jpg

日本が真珠湾攻撃しなかったら、アメリカは参戦しなかったのでは?

アメリカ合衆国は満州事変など中国大陸への侵出を進めつつあった日本軍の動きを警戒して、1932年にアメリカ艦隊の主力を本土基地からハワイの真珠湾(パールハーバー)へ移動させていた。
太平洋のほぼ中央に位置し、日本に対する示威的・牽制的軍事基地として重要な位置を占めていた。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170817-1-001.jpg

日本軍兵士はどれくらい強い?アメリカ将官「米軍兵士5人でやっと日本軍兵士1人に立ち向かえる」

現代では、抗日神ドラマ(皮肉)というものが流行っている。そういったドラマでは、中国軍兵士が一人で大量の日本軍兵士を殺したり、機関銃で戦闘機を撃墜したりするシーンがよく見かける。

が、実際は日本軍兵士は、アメリカ軍ですら太刀打ちができないほど強かった。

マッカーサーが部下との会話でこう言っている。「日本軍はドイツ軍より獰猛な獣だ」。日本軍の強さが窺える。

第二次世界大戦では、日本軍の装備は決しては最強ではなかった。しかし、その団結力と、一人一人の兵士の強い戦闘力を持って、連戦連勝した。

その強さの証拠の一つとして、ガーナの戦場では、米軍の死傷者が7000人だったのに対して、日本軍はわずか3000人だった。2人の米軍兵士でやっと一人の日本軍兵士に太刀打ちできると言うことになる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170813-1-001.jpg

小日本は軍事同盟が大好きだ

小日本の戦略思想は、まず強国と組んで別の強国に対抗する。
彼らが軍事同盟を強調しだせば歴史的に要注意である。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170810-1-001.jpg

日本から中国への低利子融資の真実

1979年以来、日本は中国に低利子で支援を続けて、その総額は3200億元に達する。
中国に対して最大の支援国であり、中国が対外的に受けた支援額の7割を占めている。
北京の地下鉄、空港、鉄道4600キロメートルの電気化改造、中国にある470の大型漁港の内、約60が日本の支援で作られたもの、もしくは建設中である。
専門家は「中国の都市設備の中で日本の支援が関係していないものはない」とまで言っている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170807-1-001.jpg

大戦後、日韓が素早く発展した要因って何?

日本は都市空襲と2発の原爆で焼け野原だったのに、10年足らずで復興して経済成長の道を歩み始め、30年経たずに世界有数の経済大国になった。
韓国は朝鮮戦争で焦土化し、国土が分割されたにも関わらず、今では日本には及ばないものの先進国と呼んでも遜色ない豊かな生活をしている。
中国は何をやってたんだよ?





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ