Category : 歴史
170609-1-001.gif

中国が今のようになったのは日本が負けたせいだ!

もし日本があの時中国を侵略しなかったら、中国は蒋介石の天下になっていた、
今より何倍も繁栄してるはずだ。
抗日前、蒋介石は500万ほどの兵力を持っていた。
それに対し、毛沢東は20万しか持っていなかったからだ。
その時に安内攘外政策(※)をしていたら、毛沢東が勝つ機会は絶対に無かった。
抗日戦争時期は、両軍は同じくらいのレベルだった。
もし日本人が中国に攻撃をして中国が負けても、国は終わってしまうかもしれないが、生活水準は今よりずっといいと私は信じている。
ところが、日本が負けて蒋介石が潰されたことによって、毛沢東のターンになってしまった。
だから今の中国のようになったのは日本が負けたせいだと私は思う。

※安内攘外=「内を安んじ、外を攘う」の意味で、この場合は先に共産党を殲滅して国内を安定させてから日本軍を追い払うという戦略。




1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170607-1-001.jpg

アパホテル、東京五輪時も「南京大虐殺」否定の書籍撤去しない方針

2017年6月3日、央視新聞によると、日本のビジネスホテルチェーン大手のアパホテルが南京大虐殺を否定する書籍を客室に置いた問題で、同書籍の著者で同グループ代表の元谷外志雄氏は2日、20年の東京五輪開催時にも本を撤去しないと表明した。

元谷氏は著作の発表会に出席し、問題の書籍について「東京オリンピックだからといって撤去する意志はない。私のホテルに私の書籍を置いて何がおかしいのか」と答えた。

この問題をめぐっては中国、韓国の世論が強く反発していた。
東京五輪期間中、都内のホテルは満室になると予想されるが、アパホテルの今回の対応を受け、中国や韓国からの予約は減るとみられる。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170601-1-001.jpg

南京大虐殺の歴史を否定しようとする日本人がねつ造した一枚の写真がひどすぎる件

これは日本の歴史教科書に使用されている写真だ。「昭和12年12月、日本軍は南京を占領した。戦火からおばあちゃんを助け出し、安全なところにまで運んだ日本軍兵士がいた。」というのは日本側の説明だ。

この写真の目的は言うまでもなく、日本軍の罪を隠すためだ。「中国を侵略したのも、南京を占領したのも、中国を助けるためだ」と日本人は学生たちに教えている。
この写真をよく見てください。助ける側が満面の笑みだが、助けられた側はなぜか顔がこわばっている。
詳しく検証した結果、この写真が日本の従軍記者の作品であり、日本軍の罪を隠すために撮ったものであることがわかった。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170521-1-001.jpg

徐福が日本の神武天皇である10の証拠

神武天皇は日本の初代天皇であり、日本の天皇制度の創始者である。
神武天皇の出自は、日本においては謎である。
彼は天から降りてきた神だとされているが、彼を中国から来た徐福だとする説もある。

最初に神武天皇が徐福説を唱えたのは、清時代の詩人であり学者の黄遵憲である。
1950年、彼は『徐福が日本を建国した』という本を香港で出版した。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170517-1-001.jpg

なぜ日本は中国にだけ謝ろうとしないのか?

第二次世界大戦中、日本は中国であらゆる罪を犯し、その極めつきが南京大虐殺だった。それなのに、他の国に謝罪した日本は頑なに中国に謝罪しようとしない。なぜだろうか。

抗日ドラマを見て育った私達。果たして抗日戦争は抗日ドラマにあるように、そんなに楽なもんだったろうか。ある99歳のベテランが抗日ドラマを見て、「こんなに日本人が弱かったら、苦労しなかったよ」と語った。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170512-1-001.jpg

日本人「日本人と韓国人の祖先は中国人なのだが、韓国人はそれを死んでも認めたくないらしい」

中国は四大文明が生まれた国のひとつで、5000年の歴史がある。
中国に近い日本と韓国は、ずっと自分たちの起源について研究してきた。
日本の起源に
ついては、日本の学者は早くから起源は中国だと言っていた。
たくさんの学説がそれを証明しているのだが、詳しく分析してみると、やはりまだ正確な事はわからない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170506-1-001.jpg

日本は中国と西洋に学んだが・・・

古来より日本は中国の儒家から思想を数千年学んだが、今はその思想はほとんど残っていない。
そして明治維新前後から西洋に数十年学んだら世界有数の強国になった。

それはなぜなのか?

西洋の民族は視野が広く、向上のために努力し革新する。
冒険好きで好奇心旺盛、民族的性格は狼のように勇猛果敢だ。
チャンスへの嗅覚が鋭く何事にもチャレンジ精神旺盛。
それに対して、保守的すぎる儒家思想は何度も中国を滅ぼす寸前だった。(すでに何度か滅ぼしているとも言えるが)
歴史はこの教訓をしっかりと心に刻む必要がある。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170502-1-001.jpg

なんで長崎と広島は原爆落とされたのに人が住めるの?原爆は偽物だったの?

1945年、アメリカは日本に原爆を投下した。
長崎と広島は焼け野原となり、日本政府はこの2都市の爆心地から半径10kmを、半世紀もしくは一世紀の間居住不能エリアとした。

原爆の威力は、テレビで見るほどひどくなかったのかもしれない。
当時の原爆は、アメリカが世界で初めて製造したもの。
威力は現在のものとは比べ物にならないくらい小さかった。
私たちは、あのきのこ雲の写真を見ているから、威力が大きかったと思っているのかもしれない。

長崎と広島は、海に近く、風も吹いているため、核汚染物質が海に流れ出ていて、都市部での生活では、核汚染の影響は低いのかもしれない。
今は戦後70年経っているので、汚染状況も改善されているのかもしれない。
しかし、放射能による病気の発症は、10何年後だ。
安心してはいられない。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170428-1-003.jpg

中国初の国産空母が進水式 日本ネット民「俺たちは80年前にとっくに造ってたけど?」

2017年4月27日、環球時報は中国初の国産空母進水に対する日本のネットユーザーの反応を伝えた。

26日午前9時ごろ(現地時間)、遼寧省大連市の造船所で中国初の国産空母の進水式が行われ、各国メディアの注目を集めた。
環球時報は記事の中で、NHKや日本経済新聞、読売新聞など日本のメディアが空母進水に「懸念」を示したと伝えている。

また、「日本のメディアが“懸念”だとすれば、日本のネットユーザーのコメントは“嫉妬”にあふれている」と指摘。
「中国の国産空母はただ古いもののコピーにすぎない」「日本は80年前にすでに10隻以上造っていた」といったコメントが出ていることを紹介する一方で、「少数の客観的なユーザーは、こうしたコメントを看過できなくなった」とし、上記のコメントに対して「コメント欄が嫉妬の嵐だな」「中国は着実に空母建造の技術を蓄えている。上海で建造中の(第3の)空母こそ本命」などの反論が出ている、と伝えている。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む

170417-1-001.png

日本投降後、中国人に養われた中国残留孤児の多くは日本に帰りたくないらしい

日本が敗戦し、中国から去っていくとき、数千名の子供たちが中国に残された。
その子供たちは、その後、中国人に養われた。
彼らは日本へ帰りたくないらしい。
一度日本へ戻っても、また中国へ戻って生活している人が多い。





1日1回応援いただけるとありがたいです!

中国の反応を読む






ニュース




ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事



ブログ内ランダム記事


オススメ記事


応援ありがたいです





オススメ