201020-1-001.jpg

韓国人が決めたアジアの名将ランキング、1位は意外な人物だった



中国の反応を読む

201019-1-001.jpg

なぜ昔の中国は日本放置で朝鮮半島ばかり侵略してたのか?

近代の日本は中国を侵略し、中国に大きな災いをもたらした。
しかし歴史上、中国が日本を侵略することはほとんどなかった。
唯一の例外は異民族王朝である「元」だけだ。




中国の反応を読む

201018-1-001.jpg

日本が発展出来たのは中国人と朝鮮人のおかげ

日本の歴史は2000年以上と長く、伝統と歴史ある国だ。
日本は独自の言語、文字、文化があり、茶道、華道のようば伝統芸術があり、伝統的な武道も多い。
しかし、日本文化が発展することになったのは朝鮮人と中国人のおかげである。




中国の反応を読む

201017-1-001.jpg

大韓民国って何で「大」が付いてるの?

考えてたら眠れなくなった。




中国の反応を読む

201016-1-001.jpg

日本とドイツ、総合力はどっちが上?

日本とドイツ、両国とも資源に乏しい小国なのに、西洋・東洋のトップの国だ。
今回は様々な点で二国を見てみよう。

【ドイツの衣】
目鼻立ちがはっきりしているヨーロッパ人だが、服装はとても質素である。汚いスニーカーを履き続けているのが残念なところか。

【日本の衣】
日本人はファッションに世界一うるさい。老若男女、全ての人がファッショナブル。お年寄りでも化粧をして出かけるのだから、若い女性は尚更化粧にこだわる。髪型、アクセサリー、全身に拘りがある。


【ドイツの食】
高い有機野菜を買うか、安い野菜を買うかの二択。ドイツ料理で有名なのは、ステーキ、ソーセージ、パン。

【日本の食】
国産の高い有機野菜は買っても、安い輸入食品は買わない。日本人は自分たちの料理が最高、自分たちの食品が最高だと思っているから。寿司、天ぷら、ラーメン、世界的な人気は日本の圧勝だろう。


【ドイツの住】
ドイツのハンブルクの中心部では、一戸建てを借りると、毎月1200~1500ユーロ。

【日本の住】
日本はドイツよりも都市に人口が集中している。ハンブルクは日本の神戸に該当するが一戸建てを借りると、毎月20万円はかかる。約1650ユーロ。ドイツよりも高額だ。


【ドイツの科学技術】
ドイツは重工業、機械工業において世界一流の技術を持っている。また、ドイツは自動車帝国でもある。シーメンス、ポルシェ、ベンツ、BMW、アウディなどが有名だ。

【日本の科学技術】
日本は科学技術の研究・開発を重視している。日本の有名企業はトヨタ、松下、ソニー、キヤノン、日立などがあるが、国際素材・部品市場において最も高いシェアを占めているあまり知られていない「隠れ王者」企業も多い。


【ドイツの経済】
ドイツは世界第三位の経済大国。ドイツの生活レベルは高い。

【日本の経済】
日本の経済は停滞し、円安が続いている。


【ドイツの世界的地位】
ヨーロッパのリーダー、ドイツ。世界への影響力は、日本とは比べ物にならないくらい強い。世界で強い発言権を持っている。

【日本の世界的地位】
日本の政治的地位と経済力とは全く比例していない。国連での日本の発言権はないに等しく、ただ国連へ会費を納めているだけである。




中国の反応を読む

201015-1-001.jpg

中国侵略中の日本鬼子が水瓶を見つけると歓喜した理由

この写真で注目してほしいのは日本鬼子ではなく、彼らが囲んでいる水瓶だ。
彼ら水瓶をとにかく嬉しがった。
なぜなら、彼らはそれをお風呂にしたからだ。




中国の反応を読む

201014-1-001.jpg

見ると嫌な気持ちになる日の丸にはどんな意味が込められているのか?

みんなは日本の国旗が嫌いだろうが、あれにどんな意味が込められているか知っているだろうか?
そもそも、日本には1999年まで法定の国旗がなかった。

日本国旗は日の丸とも呼ばれる。

続日本紀の朝賀の儀に関する記述において、701年正月元旦に儀式会場の飾りつけに「日像」の旗を掲げたとあり、これが日の丸の原型で最も古いものといわれている。左の日は青龍と朱雀、右の月は玄武と白虎、真ん中には太陽を象徴する金色の輪がある。




中国の反応を読む

201013-1-001.jpg

日本人は変な民族、なぜか多くの日本人は自分たちが第二次大戦の被害者だと思っている・・・

日本人は変な民族である。
彼らは先の大戦において侵略者なのに、自分たちを被害者だと思っている。




中国の反応を読む

201012-1-001.jpg

日本の科学技術は完全に落ちぶれた、中国こそアジアのリーダーだ

今の中国は科学技術において、世界で最も突出した国である。
参考に、公平を期すために日本側のデータを引用すると、日本科学技術政策研究所によると、非引用科学研究論文の平均シェアでは中国の論文が19.9%で米国を抑えて1位だ。
10年前のこのデータでは、中国は3%で10位だった。
また、日本は10年前は6.4%、現在は4.2%で4位となっている。
当時の専門家は、「日本は論文の質では中国に勝っている」と言っていた。
日本は足踏み状態だが、中国はずっと進歩している。

日本はもうアジアのリーダーではない。中国こそリーダーである。




中国の反応を読む

201011-1-001.jpg

『日本』になる前の日本の国名が恥ずかしすぎる・・・日本人は知らない方が幸せだろう

日本は少しでも進歩しようと、数千年前から中国の文化を吸収し続けてきた。
日本と中国の交流は三国時代に遡る。
だが、当時はまだ統一しておらず日本という国名がなかった。
「倭国」というのは「倭人の国」程度の意味で、当時の中国を訪れた日本の使者の属する政体の名称だ。
2世紀末、日本は小さな国が乱立していて、その中で吸収を繰り返して最も大きくなった国は「邪馬台国」だった。
邪馬台国の支配下にならなかった国は一つだけだった。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事