Category : 中国政治
191019-1-001.png

ある辛い出来事

姉の娘はまだ4歳なんだけど、彼女は抗日ドラマの影響で日本鬼子や小日本などとたまに言っている。
それを聞くと辛くなる。
まだ幼いのに日本への恨みを植え付けられたのは可哀想だ。
これは国家にとって望ましくないことなんじゃないか。
広電局と政府のプロパガンダは好きにすればいいが、歴史を正しく認識しろって言いたい。
歴史は恨みを煽るためのものでもなければ共産党の偉大さを宣伝するためのものでもない。


広電局 -wikipedia-
国家新聞出版広電総局は中華人民共和国国務院の直属機構で、中国全土のテレビ・ラジオ・新聞・出版社を管轄する機関。




中国の反応を読む

190925-1-001.jpg

最強戦艦大和は実はポンコツだった?

戦艦大和は人類史上最大の戦艦だった。極東の島国だった日本がそれを建造できたのはなんとも不思議なことだった。しかし、当時好戦的だった日本だからこそそんな馬鹿げたプロジェクトを進めることができたのかもしれない。

戦艦大和には日本海軍すべての希望が託され、あの時代もっとも優れた造船技法が凝縮されていた。ただし、日本の国力ゆえ、戦艦大和が技術的に遅れたものになったのは避けられない。進水して4年間も経たないうちに、戦艦大和は航空母艦に取って代わられただけではなく、技術的にもアメリカの戦艦に大きく遅れを取った。大和型の没落は避けられないことだった。




中国の反応を読む

190921-1-001.jpg

なぜ日本人は外国人に優しくないのか?

欧米人が集まるネット掲示板から。


Alienboy:
私は中国語と日本語を勉強している。元カノは大阪人だったから、日常会話の日本語くらいは大丈夫だが、大阪人の彼女と別れた後、日本語を勉強しなっくなったから、今から勉強を再開しようと思っている。
今の私は中国で英語教師として働いている。昨日、ちょっとした試みをしてみた。他人への態度が友好的なのは中国人なのか日本人なのか、調べてみたかったからだ。

私はSkypeで20人の日本人女性と2人の中国人女性に英語でメッセージを送った。ひとりの中国人女性からすぐ返信が来た(私は中国人女性のほうが友好的だと思っている)。・・・結果は予想通り!
私が送ったメッセージはエロでもなんでもない。ただ自己紹介と言葉を勉強したいと言うことを書いただけだ。20人の日本人女性からは誰一人返信が来ず、誰一人俺をSkypeに追加することもなかった。しかし中国人女性の片方は俺に返信をくれ、片方は追加してくれた。

私は昔は日本も中国も好きだったが、この経験から、日本人はあまり好きではなくなった。日本人は長く付き合えばそれなりに優しいが、知らない人へはとても冷たい。相手がどれだけ友好的でもだ。

これは日本の文化の一部だと理解しているが、やはり冷たくされると悲しい。前に付き合っていた中国人の彼女の方が、日本人の彼女よりも優しい。よく日本人女性が優しいと耳にするが、実際のところそんなことはないと思う。私は日本と中国、両方住んだことがあるが、中国人の方が外国人や他人に優しい。
みんなはどう思う?


Venger:
君のちょっとした習慣が日本人の気を悪くさせたのかもしれない。日本人は礼儀にうるさいから。


Alienboy:
>>Venger 
俺は“引きこもり”に関する本を読んだことがあるが、日本人の外国人への態度って、引きこもりと似ている気がする。日本は鎖国をしていたけれども、先進的な文化のある国。しかし、日本人は外国への興味がない。外への興味がないんだ。
俺が中国に住んでいた期間、中国でそのように感じたことはない。俺みたいな外国人を理解しようと接してくれる。中国も外国の文化を取り入れはじめたのは最近なのに。

俺は日本人が冷たい理由は2つあると思っている。ひとつは日本には外国人がすでにたくさんいて、外国への興味が薄れていること。もうひとつは日本人が保守的だからだ。俺は日本を好きになろうとしたが、日本人が俺を毎回失望させるんだ。だから俺はもう日本語は勉強しない。


Fnord:
スレ主が言っている事、俺も感じたことあるな。俺はフィリピン人のほうが友好的だと思う。彼らはとても人情味に溢れていて、家で食べ物をごちそうしてくれる。しかも豪華な料理をだ!


faerie_queene87:
外国語能力と民族性の問題かな。俺は日本と中国両方行ったことがあるし、2か国の人と深く関わったことがあるけど、俺は日本人が冷たいとは思わなかった。彼らは外国語や外国人との交流に積極的だった。

でも俺と同じくらいの教育水準の人で、中国人の英語は流暢だったけど、日本人の英語はとてもお粗末だった。発展途上国は英語教育に力を入れているんじゃないかな。日本の高校の英語教科書の内容って、中国の中学校の英語教科書と同じくらいのレベルだし。外国語能力が外国人との意思疎通に影響することは言うまでもない。

先進国と発展途上国、外国語を学ぼうという熱意には差があると思う。北米やオーストラリアの人が他の外国語や先進的文化を学ぼうとしているのを見る事は少ないし。


heatherbk:
日本と韓国の学生が英語圏に留学するのってもう普通のこと。お金持ちの韓国人はみんな海外留学してる。私のいとこ兄弟はみんなアメリカに留学している。
日本と韓国の人にとって、外国人との交流は日常のもので、特に興味のあることではないんだと思う。
中国では、とてもお金持ちか、とても賢いかじゃないと、海外留学なんてできない。



中国の反応を読む

190902-1-001.jpg

日本や米国みたいな雑魚では中国を崩壊させられない

米国に中国を崩壊させることは出来ない。
日本も中国を崩壊させることは出来ない。
いかなる外的要因も雑魚すぎて中国を崩壊させることは出来ない。
彼らは確かに中国と軋轢があるが、世界の平和を乱すことは出来ない。
では中国を崩壊させられるのはどんな人か?
それは国富を盗み放題な人。
内紛を扇動して社会を不安にする人。
意図的に矛盾した事件を起こして、自ら敵を作る人。
こういう人たちは強敵だ。




中国の反応を読む

190826-1-001.jpg

国家が豊かで人民が貧しいのは良いことなのか

国は人民に利益を譲るべきだ。
過去は、国家も貧しいかったから、税金が高くて民間企業が国産企業に利益を譲るのはしょうがなかった。
でも今は国営企業は、もうずいぶんお金を儲けたが、人民は相変わらず貧しい。
人民に利益を譲らなかったら、納得できないよ。




中国の反応を読む

190823-1-001.jpg

日米軍事同盟は中国と戦争をしたがっているのか?

トランプはずっと中国を徴発しているが・・・
今世紀に入ってから、世界の「軍事同盟」は既に意義が薄れつつある。
しかし米国は、アジア太平洋の安定を維持するために、日本の未来の立場と世界の軍事バランスの為に同盟と軍事力を強化する、という態度を明らかに示している。
日米のこういった動きは、両国の一体化と依存関係を表している。




中国の反応を読む

190728-3-001.jpg

中国に民主主義は必要ない

バカな人民が政治に参加したところで碌なことにならない。
住宅問題、医療問題、養老問題を解決した人が我々のリーダーだ。
それらの問題を解決できたら、民主主義かどうかはもう重要ではないだろう。




中国の反応を読む

190709-1-001.jpg

日本はなぜ中国を敵視し戦争しようとするのか



中国の反応を読む

190616-2-001.jpeg

なぜ中国人は政治討論が好きなのか

中国の強大さは反省にある。
中国は第二次大戦の戦勝国だ。
だが戦後何を得ただろうか?
仮に第三次世界大戦があるなら我々はどうすれば勝利できるだろうか。
勝てないとすればどうやって自身を保全できるだろうか。
もし自己保全ができないならどうすれば避けられるだろうか?
今はどうやって周辺国と相対すべきだろうか?
どうやって国際的な影響力を高めるべきだろうか?
どうやって信用し信用されるのだろうか。
もしかしたら我々の子孫もこんなに多くの事は考えないかもしれない。
だが我々は子孫に以前の歴史を理解させ反省させるべきなのだ。
国家の未来は国家の歴史を背負って歩み続ける。
歴史から逃げ歴史を改ざんしてはダメだ。
日本は謝罪をしないと言うが、あなた達は反省したことがあるのか?
政治から目を背けず力を集めることで正しい道を歩めるんだよ。
これも中国がどんどん強くなっている原因なのだから。




中国の反応を読む

190607-1-001.jpg

中国人学者:たとえ中国の軍事力がアメリカを超えても、日本を制圧することは不可能

中国国内には「中国が強大な経済力を持てば、軍事力はアメリカを超え、日本は自然に降伏し、日中関係も解決する」と思っている人が少なからずいる。
これは政府の考えではなく、第二次世界大戦後の日米関係を観察した結果の民間で生まれた意識だ。
これは本当にそうなのだろうか?

中国はアメリカが日本に対して強大な軍事力を発揮するのを見ていた。
日本が投降したのがその強大さを表している。
しかし、戦後アメリカの日本に対する態度は“制圧”というものではなかった。
現在の日米関係が築かれているのも、アメリカの統率力が素晴らしかったためだ。

戦前の1913年、アメリカの工業生産量はイギリスの2.9倍であった。
1938年にはイギリスの6倍にもなった。
しかしアメリカはイギリスに成り代わり世界のトップに立とうとはしなかった。
第二次世界大戦が始まると、世界の反ファシズム国家はアメリカがリーダーとなることを希望した。
アメリカはアメリカ領土が攻撃を受けてやっと、戦争に参加することを決意した。
アメリカが世界のリーダーになることは、周りが望んでいたことである。

日本はアメリカに対して複雑な感情を持っている。
日本はアメリカ文化を崇拝しているが、日本はアメリカの覇権政策に抵抗している。
安保条約の反対運動や、基地反対運動、集団的自衛権の反対運動も行われている。

現在の日中両国の民衆は、強い民族意識を持っている。
中国は日本に対し、抗日の記憶がある。
日本は中国に対し、中国を制圧した喜びがある。
今に至るまでの長い間、この相反する国家の記憶は継続して存在し続けてきた。

その一方で、21世紀の今、世界の政治力の対比は、西太平洋地区の発展がめざましいというのが現実であり、日中関係も矛盾を抱えながらも発展している。
今日の日中関係の複雑な背景を正視し、“制圧”という考えは放棄するのが、両国にとって現実的な選択ではないだろうか。

(杏林大学教授 劉迪)




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事