Category : 雑談
190624-3-001.jpg

中国崩壊のシナリオが怖すぎる

30年後、資源(石油、石炭など)が枯渇し、環境も完全に破壊される。
資源と労働力を失った工場は一斉に倒産し、外資企業は次々と大陸から撤退する。
金持ちもみんな中国から逃げ出すだろう。
見渡す限り、建物の廃墟と餓死した死体。
日本は我々からたくさん奪ったが、あの時はまだ資源が残ってた。
みんな中国から出て行ったら我々はどうすればいいんだ。




中国の反応を読む

190623-1-001.jpg

お前らは日本に帰化したいと思ってるの?



中国の反応を読む

190621-1-001.jpg

日本の世界への貢献は中国より大きい?

中国は14億の人口問題を解決できれば世界への最大の貢献だという話があるが、言い換えれば、14億の人口が国の負担になっていて、馬鹿で価値のない動物みたいな連中を国家が養っているいうことになる。
これは事実か?
それなら、中国人民は偉大で、勤労で、創造力のある民族といえるか?
中国より遥かに少ない日本人がよほど世界に貢献しているという事なのか?




中国の反応を読む

190619-1-001.jpg

日本の軍国主義が復活するっ!お前らこのまま黙って見てていいのか!?

日本が軍事面でも復活しようとしている。
アメリカは日本を黙って見てはいないだろうが、中国は日本を抑えることはできないだろうし、西洋は日本を理解していない。
我が国はどうすれば良いのか。
日本の攻撃対象は何処の国だろうか。




中国の反応を読む

190618-1-001.jpg

東京人が大阪人を嫌いなのは、大阪に韓国人が多いかららしい

今日、日本にいる友達に尋ねた。
なぜ東京人は大阪人が嫌いなのか。
友達の回答では、大阪には朝鮮人(韓国、北朝鮮)が多く、大阪のイメージに影響しているからだそうだ。
みんなはどう思うだろうか。




中国の反応を読む

190615-1-000.jpg

日本は一体中国の何を恐れているのか?

中国脅威論って軍事力か?経済力か?




中国の反応を読む

190610-1-001.jpg

日本車を壊してた奴らってアホだよな。完全な嫉妬

日本車を越えたいなら、中国が世界レベルのブランドを立ち上げたらいい。
世界に名を馳せる名ブランドの日本車を壊すのは嫉妬でしかない。




中国の反応を読む

190608-1-001.jpg

日中の間に差が出る原因と比較

周知の通り、古代の中国は日本の先生だ。
日本の伝統文化はすべて中国と関係がある。
古代中国の強大さと繁栄に憧れ、日本は中国の後ろに1000年もついてきた。
しかし時代は変わった。
人も変わった。
世界は近代を迎えた。
列強が東アジアに侵入したときから、東アジアの分離が決まった。
中国・・・かつて一番強い帝国は列強に倒された。
そしてその倒した巨人の東に新しい新星が現われた。
この星が私たちの知っている日本だ。

なぜ近代化の流れに、封建国の日本と中国は違った結果になったか?
なぜ清の末期に国力が日本を越えていた中国は負けたのか?
当時の中国は鎖国政策で日本と同じ状況だった。
戦争に敗れたあと、両国の有識者は改革の道を模索した。
中国の光绪皇帝、日本の天皇、どっちも権力のない人だ。
中国の実権は慈禧の手に、日本の実権は徳川幕府の手にあった。
だが日本は中低の武士を蔑ろにしたから、大政奉還という変が発動され、国の権利は天皇の手に戻った。
当時日本の維新有識者の天皇をめぐった維新活動も効果があった。
だが当時の中国の維新派は自分の対象を変えていない。
実権のない皇帝を擁立して彼らの政策を実施し、実権を握った人は皇帝を忘れた。
だから中国の維新活動は失敗した。
日本の繁栄はその時からだ。
国のため、明治天皇は節約して金を借りて軍艦を造った。
中国の慈禧は自分の誕生日のために軍事費を使った。
両国の統治者を見ると、両国の運命がわかる。
工業時代の新興産物に対して、日本は積極的に受け入れたのにひきかえ、中国は勉強するどころか、排斥していた。
だから国が大きくても、いい兆候ではなかった。
優越な環境は国民に盲目の自負感を与え、乏しい日本は黙々と西方の文化を吸収した。
いつでも勉強し続ける精神こそ日本を中国の前に進ませた。
違った民族気質は両国の運命を違う道に歩ませた。

周知の通り、中国と日本は儒教文化だ。
同じ文化だけど、両者の内はぜんぜん違う。
中国の儒教文化体系は仁を中心に、日本は忠を中心だった。
これは中日両国の観念の違いの原因だ。
中国の儒教文化は三綱五常の礼製になり、日本は幕府の武家政治で武士道になった。
その結果、中国の儒学は試験のためになったが、日本は民族の魂になり、日常規範となった。
今の中国には儒学の遺風がない。
中国の儒学文化は科挙制度の排除とともに、なくなった。
日本社会で礼儀正しい人は彼らの魂に従っているのだ。
だから、唯物主義と無神論という科学的な潮流の中でも、ひとつの民族は自分の信仰と魂を持たなければならない。
国に自分の信仰がなければ、その民は無法で羞恥感がなくなる。

今の我が国では、偽りと詐欺が溢れている。
だが、多くの国民はGDP世界2位という偽りの繁栄にふけってる。
国民の素養は落ちている。
人性も麻痺した。
日本の社会は正常な軌道に乗っている。
もし中国が現状を変えられないと、我々の民族は世界に後れる。

長々と書いたけど、この文は祖国に私が期待してるってことだ。




中国の反応を読む

190603-1-001.jpg

日本人はケチすぎる民族だった

「一方有難、八方支援(一方で困難があれば、八方が支援する)」

災害が発生したときの私たち中国人の最初の行動は寄付である。
政府やメディアはこぞって寄付を募る。
ネット民は企業や有名人がいくら寄付したかに目を光らせている。
寄付しなかったり、少額であったり、寄付が遅れるとバッシングされる。
中国人はこのような団結心・愛があるが、日本人はこの方面に関してはとても“ケチ”である。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事