211008-1-001.jpg

ミズーリでの日本の降伏調印式は有名なのに南京での降伏調印式は誰も知らない

1945年9月2日、東京湾に寄航していたアメリカのミズーリ戦艦で、日本は降伏文書に調印した。
その戦争で中国軍民は14年も戦い、3500万人もが死亡した。
そして最終的には勝利し、南京で降伏文書に調印した。
しかし、みんなの脳裏に浮かぶのはミズーリの方ばかりだ。












211008-1-002.jpg

211008-1-003.jpg

211008-1-004.jpg


1.とある中国人

14年って何だ?




2.とある中国人

>>1
近年一部の学者は八年の抗戦ではなく十四年の抗戦だと主張し始めた。
抗戦は1931年の九一八事件(満州事変)から数えるべきだという主張。
それはその時に中国人が抵抗し始めたからだそうだ。




3.とある中国人

その当時に中華人民共和国はなかったから。




4.とある中国人

抗日戦争の日軍はソ連がやってきてから逃げて行ったからなぁ。




5.とある中国人

肝心なのは自分を強くすることだよ。
政府は清廉で庶民の生活がよければ大丈夫だと思う。
中国が強い時は日本は挑発してこない。
歴史に何回も侵略があるのは、中国が腐敗して庶民が怒って軍閥割拠している時に、日本は中国に侵略してきている。
彼らはずるくて、前期に必ず緻密な調査を行い、優勢があると確信してから動く。
外国に対抗する前に内部を統一する。
内患をなくせば、外患も自然に解消する。




6.とある中国人

今になってみると、日本侵略者より弱い国民のほうが憎たらしい。
赤ちゃんのミルクの安全も保障できないのに、人を噛んだ犬を謝らせてどうする。
犬と喧嘩するなんて、毒ミルクをどれだけ食ったんだ?
本気なら、犬を殴ればいい。
自分が駄目なのに、犬が雑交することを批難するなんてあり得るか。
まず自分の病気をなんとかしろよ。




7.とある中国人

アメリカの戦艦に投降したんだよ。
中国のではない。
それが日本が中国を甘く見る原因だ。
我々中国人は日本人の目にうつっていない。
もし再び戦争になったら、わが中国はまた失敗するぞ。
軍費は汚職されている。
何を持って日本と戦うのか。
日本を地球から消したら、中国は海に出る道が現れる。
だが、我が中国にはそんな度胸はない。
我慢するばかりだ。




8.とある中国人

両国の抗戦は国の総合的な実力と関わってくるしなぁ。
戦争の準備をし、敵対国を反抗できないほど叩き潰したら敬われる。
そうしてこそ長い平和を維持できる。
失望することに、今の国民は目覚めていない。
日本の商品は中国の市場に氾濫し、中国は自分の市場で技術を換えるつもりだが、技術を学ばずに市場を失った。
金も日本人に取られた・・・




9.とある中国人

また戦争になったら今度は日本を滅ばそう。
投降なんてさせないよ。




10.とある中国人

中国が戦勝国に見える?




11.とある中国人

全部日本軍が悪い!
日本軍は中国で罪を犯した。
それが原因で中国人の道徳が落ち、環境が悪化し、汚職が多くなり、就職が難しくなった。
毒食の時代に生きて、病などにかかれば全財産がかかる。
日本軍を恨まないわけがあるか?




12.とある中国人

良知のある中国人は歴史を理解し、3500万の同胞の血の教訓を理解する。
日本軍との戦闘での死者は多めに見積もって1000万人。
じゃあ2500万はどこから来たんだ?
ハハハ。




13.とある中国人

>>12
これは内緒だけど、その後の国民党との戦いも含まれてる。




14.とある中国人

日本は中国で戦争やってたんじゃなくて略奪と虐殺してただけだから。




15.とある中国人

日本が侵略してこなければ共産党が台頭する事もなかったからな。
この点で日本は恨まれているという事を理解して欲しい。




16.とある中国人

はっきり言ってやろう。
国の命運はわずか一部の権力者の手に握られるんだよ。
政治権力のないお前達が何を言おうと国を変えられない。
民主主義ではないんだから。




17.とある中国人

中国の代表もミズーリ艦上にいたから。




18.とある中国人

>>17
そうだったのか。
初めて聞いた・・・






 










ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事