Tag : インドネシア
211030-1-001.jpg

30万人ものインドネシア華僑が殺された事件

新華ネットが60年代のインドネシアの華人30万人虐殺のニュースを掲載した。この事件後、インドネシアは中国人を虐殺するニュースを封鎖したので、中国の大衆はほとんど知らない。当局は南京大虐殺事件を騒がせ、全国民が日本を恨むよう仕向けている。だが、同じ30万なのに、なぜインドネシア華人大虐殺は恨まない?


9月30日事件 -wikipedia-
9月30日事件(尼: Gerakan Tiga Puluh September、通称9・30事件)とは、1965年9月30日にインドネシアで発生した軍事クーデターである。

(中略)

さらにその後インドネシア共産党書記長のアイディットをはじめとする共産主義者約50万、特に40万人の華僑に対する集団虐殺が起きた。「20世紀最大の虐殺の一つ」とも言われ、50万人前後とも、最大推計では300万人とも言われるその数は、今日でも正確には把握されていないが、こうした共産主義者を中心とした残虐な大虐殺は、事件直後の1965年10月から1966年3月ごろまでスマトラ、ジャワ、バリで続いたと見られる。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事