Tag : キャッシュレス
190901-2-001.png

日本でスマホ決済を普及させるのが難しいのは一体なぜ?

日本でも近年、盛り上がり始めたスマホ決済だが、その普及度合いを中国と比較すると、日本は随分遅れていると言わざるを得ない。
中国では商業施設はもちろん、街中の個人商店や露天商でもスマホ決済の環境が完備されていて、繁華街にいる物乞いの人も自分の口座に振り込まれるQRコードを貼り付けた缶をもっているほどだ。

中国メディアの一点資訊はこのほど、日本も徐々にキャッシュレス社会に向けて進んでいると紹介する一方、決済方法で一番多いのは今なお現金であることを強調し、「日本でスマホ決済を普及させるのがこれほど難しいのはなぜか」と問いかける記事を掲載した。

記事は、日本でスマホ決済が始まるずっと前から、中国人富裕層は「日本でスマホ決済が使えない」ことに不満を抱いていたと紹介。
その後、日本の商業施設側が中国人向けにスマホ決済の環境を整備し、徐々に日本国内でもキャッシュレス社会に向けた取り組みがスタートしたと紹介した。
だが、日本人の多くはクレジットカードや交通系ICカード、デビットカードなどを所有していながらも、いまだに現金決済が主流なのが日本社会であり、現金主義者が多いのが日本なのだと強調した。

続けて、日本人が現金での支払いを好む要因の1つに「現金の匿名性」があるとし、クレジットカードやスマホ決済では、誰がいつ、どこで何を買ったかという個人情報が記録されてしまうが、現金であればこうした情報をどこにも残すことがないと指摘し、日本人は個人情報やプライバシーに敏感だからこそ、現金払いを好む人が多いのではないかと考察。
また、日本は偽札が流通していないため、現金のやりとりに不安を感じないことも、現金払いが今も支持される要因だと指摘した。

日本は災害が多い国だが、スマホ決済をはじめとする非現金決済は、災害時や停電時にどれだけ使えるのかという不安を抱える人は少なくないだろう。
こうした不安を完全に払拭できない限り、すでにスマホ決済を利用している人でも現金払いから完全に非現金決済に移行することはできないのではないだろうか。




中国の反応を読む

190809-1-001.jpg

中国人のせいでセブンペイ9月末終了。本稼働からわずか4日。

セブン&アイ・ホールディングスは7月1日、セブン-イレブンで使えるスマートフォン決済「7pay(セブンペイ)」のサービスを開始した。
しかし、第三者の不正アクセスによる支払い被害が多発し、4日には新規登録を停止した。

同社は8月1日、このサービスを9月末に終了する方針を明らかにするとともに、発生した被害について全額を補償し、利用者の未使用残高を払い戻すことを説明。

同日午後には記者会見を開き、被害について謝罪した上で、自社電子マネーnanaco(ナナコ)のポイント付与率の見直しを検討することなどを説明した。

事件を受けて、7月31日までに808人の利用者から合計約3861万円の被害が出たことが分かっている。




中国の反応を読む

190711-2-001.jpg

中国「日本も早くキャッシュレス化しろよw」日本「できらぁ!」→結果www



中国の反応を読む

190309-1-001.jpg

現金決済王国の日本が中国人観光客のために変わる

2019年3月4日、中国紙・環球時報(電子版)は、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がこのほど、「現金決済王国の日本が中国人観光客のために変わろうとしている」とする記事を掲載したことを紹介した。

それによると、WSJの記事はまず「一般に中国のハイテクのモデルとみなされている日本は現在、隣国からキャッシュレス決済の方法を学んでいる。紙幣は日本で長らく支配的な地位にあった。だが中国国内と同様にスマートフォンで決済することを望む中国人観光客が大量に流入するにつれて状況は変わり始めている」とした。

そして、「これは成長を続ける中国の経済力が近隣諸国に徐々に影響を及ぼしていることを示す事象の一つだ」とし、「中国ではすべての決済が電子化されている。日本に来たばかりの頃はいつも現金を使わなければならないことに不満を感じていた。最近では、中国の消費者に合わせて電子決済サービスを始める所がますます増えてきている」とする東京の中国人留学生の声を紹介した。

さらに「日本政府の2016年の調査によると、クレジットカードとデビットカードを使用しているのは日本の消費者の5人に1人にすぎない。プライバシーに対する日本人の懸念とクレジットカード手数料の支払いに対する企業の消極的な姿勢が、日本でクレジットカードの普及の程度が低い主な理由だ」「18年には800万人を超える中国人観光客が訪日し、その多くがアリペイやウィーチャットペイなどのアプリとともにやってきた。彼らの消費額は140億ドル(約1兆5600億円)に達し、日本の売り場のスマホ決済導入を促している」「安倍政権は日本がこの分野で中国に後れていることを認め、キャッシュレス決済比率を27年までに(今の2割程度からその倍の)4割程度まで高めることを望んでいる」などと伝えているという。




中国の反応を読む

190303-2-001.jpg

日本「深センは世界最先端の都市。QRコードで何でもできる」

中国南部の深セン。
秋葉原をまねて作られた巨大な電気街やIT企業などの高層ビルが乱立し、「中国のシリコンバレー」と呼ばれています。
街なかの小さな屋台でさえ、ハイテクが進んでいます。
現金を使う人はほとんどいません。

「世界最先端都市」とまで呼ばれるこの深センを象徴する企業があります。
今年1月には、時価総額でFacebookなど名だたる企業を抑え、世界5位に登りつめた「テンセント」です。
この会社が手がける中国版LINE「wechat」のユーザーは10億人。
電子決済機能が付き、爆発的に普及しました。

昨年できたばかりの新社屋を訪ねると…。
眺めの良い社員食堂。
最先端のIT技術が使われています。
テーブルにはQRコードが貼られ、社員は会計を自社の電子決済で行います。
部屋の入り口には、独自開発された顔認証システムが導入されていました。
社内には、社員が無料で利用できるジムやボルダリング施設まで。
平均年齢29歳という、若い人のアイデアが会社を支えているといいます。

取材中、4年前に起業したという若者に出会いました。
男性:「起業のために来た。深センは起業するための環境が良い。夢の実現まではまだ遠いですが、かなえる道を歩んでいます」




中国の反応を読む

190215-1-001.jpg

日本人「何でもスマホQR決済の中国ww電池切れたらどーすんだよwww」中国「自販機に充電器付けた」




中国の反応を読む

190211-1-001.jpg

安倍首相がキャッシュレス支払いを体験「初めてだったので緊張したが、意外と簡単」

安倍晋三首相は2日午後、東京都品川区の戸越銀座商店街を訪れ、現金を使わずに買い物する「キャッシュレス決済」を体験した。
政府は10月からの消費税増税に伴う景気下支え策としてキャッシュレス決済時のポイント還元を実施する予定。普及状況や利便性を自ら確認した。

首相はまず、コンビニで電子マネーを作成し、鮮魚店でこれを使って刺し身を購入。
この後、生花店でスマートフォンのQRコードを用いた決済サービスを利用し、花束と鉢植えを買った。
首相はQRコード決済について「初めてだったので緊張したが、意外と簡単だった」と語った。




中国の反応を読む

190208-1-001.jpg

日本人が中国のキャッシュレス社会を体験して衝撃を受ける!

日本のテレビ朝日の中国駐在記者が、北京でキャッシュレス社会を体験した動画。
自転車、ファストフード、市場でもキャッシュレスであることを体験した。
この記者は、「中国のキャッシュレス社会はとても便利だ」と語っている。


動画
https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000144772.html



中国の反応を読む

180429-2-001.jpeg

なぜ先進国ほどキャッシュレス社会に反対するのか

多くの先進国の民衆はなぜキャッシュレス社会に反対するのか?背後には深い考えがあった!わが国でも様々な電子決済が普及しており、キャッシュレス社会も実現に向かっている。だが先進国では電子決済の発展がなかなか難しい状況にある。人々がキャッシュレスへの疑いを持つ原因は一体何なのだろうか?




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事