Tag : コロナウィルス
200401-1-001.jpg

200401-1-002.jpg

200401-1-003.jpg

日本が武漢封鎖前とそっくり

日本人へのインタビュー。
「今から鳥取へ行きます。東京は新型コロナウイルスが蔓延しているけど、鳥取ではまだ感染者が出ていないから。鳥取の祖父母の家へ行きます」

この話、どっかで聞いた事あるぞ・・・
あ、武漢封鎖前に同じ事あったな・・・




中国の反応を読む

200308-1-001.jpg

武漢コロナは日本の生物兵器かもしれない・・・

日本の天才ウイルス学者・河岡義裕が開発したH5N1型インフルエンザウイルスを改造した新型ウイルスは、ワクチンが存在せず、人の免疫システムがまったく通用しない恐ろしいものだ。一説によると、このウイルスが一度世に放たれれば数億から数十億の犠牲者が出るとも言われている。
今回の武漢コロナ、何か怪しいと思わないか?


河岡 義裕(かわおか よしひろ、1955年11月14日 - )は、インフルエンザ、エボラウイルスを専門としているウイルス学者、獣医学博士(北海道大学)。ウィスコンシン大学マディソン校と東京大学医科学研究所の教授を務めている。神戸市中央区出身。

新ウイルスの生成
H5N1型を元にした新たなウイルスを生成したとされ、デイリー・メールオンラインによればそのウイルスは「4億人を死に至らしめることが出来る」と言われている。現在、効果が出るワクチンは発見されていない上、大騒ぎとなっているにも関わらず、「これは価値のある科学的研究の一部だ」と述べている。

ダン・ブラウンは小説『インフェルノ』の河岡の実験を述べた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/河岡義裕



中国の反応を読む

200304-1-001.jpg

日本留学中の中国人が告白・・・日本の新型コロナへの認識が常軌を逸していた

中国メディアの駐日記者をしている私のもとに届いた2通のメッセージ。
日本にいる中国人留学生の苦悩をご覧ください。


「私は今、日本の語学学校に通っています。
日本では、各学校は休校になっていますが、語学学校は休校になりません。
日本の語学学校の生徒は、ほとんどが中国人です。
そして、語学学校の教室は狭く、風通しが悪いです。それなのに窓を開ける事は許されません(なぜかは分かりません)。

また、うちの語学学校では、教師や学校スタッフがマスクを着用していません。
注意しても、「大丈夫だよ」と言うだけです。
しかし、私たち生徒は、新型コロナウイルスに感染しないか、とても心配しています。

学校が休校にならない限り、生徒は出席しなければなりません。
なぜなら、ビザの更新には規定の出席数が必要で、欠席するとビザの更新ができないからです。
毎日、閉鎖空間で四時間の授業を受けています。
一人でも感染者がいたら、みんなに感染ってしまいます。

日本では検査もロクにしてくれません。
毎日、授業を受けていても上の空です。
学校に聞いてみたのですが、休校にはできないとの事でした。」




中国の反応を読む

200301-1-001.jpg

コロナ流行ってるのに何故マスクしないのか日本人に聞いてみた結果

日本の渋谷で、「なぜマスクをしないのですか?」とインタビューしてみた。
以下、日本人の回答。

「マスクしても意味ないと思った。全員がマスクをしているから効果があるのに、してない人がいっぱいいるから」
「かかっても死にゃしない」
「免疫力が落ちてない人は大丈夫」
「仕事はマスコミ関係です。普段マスクをつける習慣がないのでつけていない。手洗いうがいもたまにしかしていない」
「マスク嫌いなのでしていない」
「マスクつけたところでたかがしれてる。かかる時はかかる。マスクは気休め。かかって死んだらそれが寿命だと思う」
「就活イベントがなくなってしまった。とても不安だ」
「シンガポールから帰って来たばかり。マスクが売り切れていて買えない」
「老人が家にいる人は対策が必要かもしれないが、老人がいなければ別に何もしなくていいと思う」
「コロナの心配はしていない。身近ではない感じがする」




中国の反応を読む

200226-1-001.jpg

日本人「日本の医療レベルと民度があれば新型コロナウイルスに勝てる。世界で勝てるのは日本だけだ」

日本の作家・櫻井よしこ氏がテレビ番組で言っていた事。
「日本の医療レベルと民度があれば、武漢ウイルスを克服できる。世界で日本だけがその可能性がある」




中国の反応を読む

200225-1-001.jpg

河南省に潜伏期間94日の症例?ウイルスの変異?

メディアの報道によれば河南省信陽に、潜伏期間14日を超える症例が見つかったようだ。専門家がインタビューに答えたが、2名の患者は普通の症例に属するものの、感染源などは明らかになっていない。
一人目の症例は1月14日に武漢から戻ってきた際に受診し発覚、34日経過しており、3度の核酸検査が行われた結果、陽性が2度出ている。
もう一人は去年11月13日に武漢から戻った人で、94日経過後の発症である。
上述の2例についてメディアでの報道が過熱しており、潜伏期間の長さが通常を遥かに超えるものだと騒がれている。




中国の反応を読む

200217-1-001.jpg

日本がとんでもないことやってる・・・

世界中が新型肺炎で騒いでいる中、日本では普通にマラソン大会が開催され、そして伝統の裸祭りが開催されたらしい。
情報統制されてるのか?



中国の反応を読む

200205-1-001.jpg

日本の小学校で配られた武漢肺炎関連のお知らせ

「新型肺炎で中国人へのいわれなき差別発言が懸念されます。正しい人権意識が育つようご配慮願います」と書かれている。

さすがは日本だ。




中国の反応を読む

200130-1-001.png

日本の民間企業から100万枚の防疫マスクが届いたぞー!

1月25日早朝、一機の飛行機が成都の飛行場に着陸し、日本の企業から100万枚のマスクが届いた。

武漢の肺炎は感染拡大を続け、中国各地でマスクが売り切れになっている。日本の民間企業は強い雪の中、100万枚の防疫マスクを武漢に届けてくれた。
中国の駐日本大使館は、今回の中国側へのマスクの支援を行ってくれたのは「イトーヨーカドー」だと発表している。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事