Tag : ゴミ
190126-1-001.jpg

中国の女性が日本でゴミを勝手に収集 622回警告されてもやめず、現行犯逮捕

日本では、ごみは厳格な分類と処理が行われている。そのため道端のゴミも勝手に持ち去ってはいけない。最近、日本でゴミを収集したことによって逮捕される案件が発生した。45歳の中国籍の女性がアルミ缶などのゴミを拾ったことで、622回も警告されていたがやめず、最終的に逮捕されたのだ。

日本の読売新聞の報道によれば、18日、熊本県警は中国籍の職業不詳の女性(45歳)を廃棄物処理条例違反容疑で現行犯逮捕したようだ。発表では、同日午前7時20分頃、同市西区城山下代2のごみ置き場で、市長から資源物収集の禁止命令を受けたのにアルミ缶などが入ったビニール袋2袋を収集した疑い。市はこれまでに、女に注意や警告などを計622回行ったが、やめなかったため、県警に告発した。容疑を認めているという。




中国の反応を読む

181030-1-001.jpg

日本人が自ら驚愕!江の島花火大会がごみだらけ

2018年10月24日、中国の自メディア・東京新青年は、江の島花火大会後の会場でごみが散乱する様子を紹介し、「日本人自身も衝撃を覚えている」と伝えた。
記事は、「20日に行われた江の島花火大会で打ち上げられた美しい花火の様子を、多くの人がツイッター上に掲載した」とする一方、花火大会終了後の海岸付近の様子が「日本自身も衝撃を受けるものだった」とし、あるツイッターユーザーがごみだらけの会場の写真をアップし「これが日本人。このままじゃ来年の花火大会無くなっちゃうよ」と書き込んだことを伝えた。

そして、「ツイッター上に江の島花火大会後の惨状を掲載したのはこのユーザーだけでなかった」とし、多くのユーザーが海岸や片瀬江ノ島駅前の道路などに散乱するごみの写真をアップしたほか、翌日になっても掃除されずに放置されたごみが至る所に散乱していたと紹介している。

さらに、「惨状」を見た日本のネットユーザーから「ひどすぎる」「もう他国のマナーをとやかく言う資格はない」「小さい子が見たら、ごみはポイ捨てしていいと思うだろうな」「こんなことになるなら来年はやめたほうがいい」との批判的な声が相次いだことを伝えた。

さらに、花火大会だけにとどまらず、間もなくやってくるハロウィンでも、以前、路上にごみが散乱する光景が紹介されたと指摘。
ただ、そちらについては翌日の朝にボランティア組織がごみを片付けたと紹介している。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事