Tag : ドイツ
201016-1-001.jpg

日本とドイツ、総合力はどっちが上?

日本とドイツ、両国とも資源に乏しい小国なのに、西洋・東洋のトップの国だ。
今回は様々な点で二国を見てみよう。

【ドイツの衣】
目鼻立ちがはっきりしているヨーロッパ人だが、服装はとても質素である。汚いスニーカーを履き続けているのが残念なところか。

【日本の衣】
日本人はファッションに世界一うるさい。老若男女、全ての人がファッショナブル。お年寄りでも化粧をして出かけるのだから、若い女性は尚更化粧にこだわる。髪型、アクセサリー、全身に拘りがある。


【ドイツの食】
高い有機野菜を買うか、安い野菜を買うかの二択。ドイツ料理で有名なのは、ステーキ、ソーセージ、パン。

【日本の食】
国産の高い有機野菜は買っても、安い輸入食品は買わない。日本人は自分たちの料理が最高、自分たちの食品が最高だと思っているから。寿司、天ぷら、ラーメン、世界的な人気は日本の圧勝だろう。


【ドイツの住】
ドイツのハンブルクの中心部では、一戸建てを借りると、毎月1200~1500ユーロ。

【日本の住】
日本はドイツよりも都市に人口が集中している。ハンブルクは日本の神戸に該当するが一戸建てを借りると、毎月20万円はかかる。約1650ユーロ。ドイツよりも高額だ。


【ドイツの科学技術】
ドイツは重工業、機械工業において世界一流の技術を持っている。また、ドイツは自動車帝国でもある。シーメンス、ポルシェ、ベンツ、BMW、アウディなどが有名だ。

【日本の科学技術】
日本は科学技術の研究・開発を重視している。日本の有名企業はトヨタ、松下、ソニー、キヤノン、日立などがあるが、国際素材・部品市場において最も高いシェアを占めているあまり知られていない「隠れ王者」企業も多い。


【ドイツの経済】
ドイツは世界第三位の経済大国。ドイツの生活レベルは高い。

【日本の経済】
日本の経済は停滞し、円安が続いている。


【ドイツの世界的地位】
ヨーロッパのリーダー、ドイツ。世界への影響力は、日本とは比べ物にならないくらい強い。世界で強い発言権を持っている。

【日本の世界的地位】
日本の政治的地位と経済力とは全く比例していない。国連での日本の発言権はないに等しく、ただ国連へ会費を納めているだけである。




中国の反応を読む

200923-1-001.jpg

中国で無双した日本軍は実はドイツ軍どころかイタリア軍以下だった

米英への宣戦布告をしてから、日本軍は電光石火の勢いで東アジアの大半を占領した。
アメリカもイギリスも青天の霹靂だっただろう。
そんな凄まじい戦果のためか、日本軍の兵器は優れていたという人がいる。
しかし、当時の日本ではいくら研究・開発に力を入れたところで、島国根性と資源の乏しさで、本当に優れた兵器を作ることはできなかった。ただ単に日本以外の国の兵器が弱すぎたのだ。




中国の反応を読む

200427-1-001.jpg

もし日本がドイツと一緒にソ連を倒してたら

日本軍が中国とアメリカを無視してソ連に侵攻してたら、ソ連は降伏、もしくは国力衰退して戦線離脱。
アメリカは参戦の機会を失って結果が大きく違ってたんじゃ?




中国の反応を読む

200309-1-001.jpg

ドイツの街頭インタビュー「中国と日本どっちが強い?」ドイツ人の回答がおかしかった

日本と中国は同じアジアの国であり、歴史的にも深いつながりがある。ゆえに世界の人々も我が国と日本の比較が好きなようだ。ではドイツ人がどういった評価をしているかみなさんはご存知だろうか?
ドイツで街頭インタビューをしたところ、とても興味深い回答が得られた。




中国の反応を読む

200306-1-001.jpg

首相の態度の違いから分かる日本とドイツの違い

1970年、西ドイツのヴィリー・ブラント首相がポーランドで跪いて謝罪したことをきっかけに、ドイツは世界に受け入れられるようになった。
それに対し、2013年、安倍晋三首相の靖国参拝で、日本は世界に冷たい目で見られるようになった。




中国の反応を読む

200103-1-001.jpg

滅亡に向かっている日本と未来が明るいドイツの差は、過去の歴史に向き合ったかどうかの差

日本は少子化高齢化で、経済は悪化の一途を辿り、滅亡に向かっている。
一方のドイツは、経済も良好で、EUのリーダー、今後の未来は明るい。
歴史問題と国家の繁栄には深い関係がある。




中国の反応を読む

191022-1-001.jpg

ヒトラーの一番の過ちは日本と同盟したこと

第二次世界大戦で、ヒトラーは二つの大きなミスを犯した。
一つは日本との同盟で、もう一つはソ連に侵攻したことだ。
日本は中国を倒せないままにアメリカに攻撃したことでドイツを巻き込んでしまった。
本当に一つのミスで一生の後悔を伴うということを証明してくれた。




中国の反応を読む

191006-1-001.jpg

人類を代表する技術を持っている企業は日米独にしかない

アメリカ:GE、ボーイング、軍需産業全般。
日本:三菱重工業、HITACHI、重工業・精密機械・化学材料全般。
ドイツ:シーメンス、製造設備機械・電気全般。
本当のスーパー企業ははこれらの企業だ!




中国の反応を読む

190909-2-001.jpg

大戦後、日本が短期間でドイツを大きく引き離したのは何故?

両国とも戦争で壊滅的な打撃を受けた。
両国とも米国の援助を受けた。
両国には米軍が駐留した。
ドイツは隣国が豊かという有利な条件があった。
日本は朝鮮戦争で特需があった。
両国の条件は大体同じだ。
元々の産業基礎ではドイツは日本よりかなり良かった。
しかし、なぜ日本はドイツを引き離して発展したのか?




中国の反応を読む

190801-1-001.jpg

我々は中国が製造大国だと思い込んでるけど

第一の製造大国はドイツか日本だ。
中国は加工・組み立て大国である。
数千万数億の自動車の中で一体どれだけ中国メーカーの物があるだろうか。
世界的な中国アパレルブランドがあるだろうか。
スマホの基盤とOSに中国のものはあるだろうか。
中国の富裕層は中国ブランドのものは一切購入しない現実を見よう。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事