Tag : バブル
191205-1-001.jpg

「東京の地価だけで米国全土が買える」という状態だった頃の日本ってどれだけすごかったんだ

80年代末、日本の経済発展は著しく、国民の生活レベルは硬度に発達し、経済も世界第二位とアメリカに次ぐ成長だった。

この時期の日本は、仕事も金も有り余るほどあった。専門家の計算によれば、もし当時の東京のすべてを売り払ったなら、アメリカ全土の土地と不動産を買えるほどの価値になっただろうということだ。
日本人は当時、当然海外で狂ったようにいろんなものを買いあさり、今の爆買いをする中国のおばさんも彼らには及ばないような勢いだった。記録によれば、当時とある作家がパリ旅行をしたとき、近くで日本のおばさん集団の声が聞こえ、パリの高層ビルを指さし、いくつ買うか、全部買ってしまうかなどと相談していたという。




中国の反応を読む

190901-1-001.jpg

中国バブルと日米バブルの違い

日米の不動産バブルは経済発展で得た大量の資本が不動産市場に流入した為だが、中国は景気が低迷している時にお金を大量に刷ることによりバブルになった。
明らかに危ない感じがする。




中国の反応を読む

180513-1-001.jpg

日本の不動産バブル後期はどんな様子だったのか?

日本の不動産バブルは80年代中期に発生し、92,93年まで続いた。プラザ合意の後、日本円は上昇トレンドに入り、国内外からの資本が日本の不動産市場と株式市場に集まった。日本経済も不動産市場の成長に頼るようになり、日本円の持続的な上昇から、日本人は誇らしげにロックフェラーセンターのビルを購入した。最も狂っていた時期には、東京のひとつの区の不動産価格だけでアメリカが買えるほどだった。これが日本のバブルの始まりである。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事