Tag : ラーメン
200201-2-001.jpg

なぜ日本人は中国が嫌いなのにラーメン食べたり漢字を使うのか?

どういうことなんだ?




中国の反応を読む

191220-1-001.jpg

日本のテレビが中国の「一蘭パクり店」を発見 完全にパクりなのにオリジナルブランドを語る

日本のテレビ局が中国の某ラーメンブランドについての番組を放送したが、このラーメンブランドは日本の有名なラーメン店「一蘭」にとても似ていた。「一蘭」は豚骨スープと赤い調味料が特徴的な博多の人気ラーメンチェーンである。海外での人気も高いが、中国に全く同じようなパクリ店が現れたのだ。一蘭が特許を取得している味集中カウンターもパクられているのだろうか?問題の店舗は中国浙江省杭州市にあった。一蘭のロゴは赤い円の中に「一蘭」と店名が書かれているが、この店も同様の字体で「蘭池」と書かれていた。店舗の入り口には「美味しそがある」「喜ばれるさよ」などと奇妙な日本語も書かれていた。

正規の一蘭では紙に味の濃さや麺の固さなど細かい好みを書く方式になっていて、隣の人を気にせずラーメンに専念できるように仕切りがある「味集中カウンター」を設置している。中国の「蘭池」にも似たような「味集中カウンター」がある。それに「うんちく」がかかれた板や、コップとナプキンの位置、どんぶりの底に文字が書かれているのも一蘭と全く同じだ。この件について蘭池の店員に聞いてみた。

日本の一蘭と内装がとても似ていますね。
-そうです。社長は日本に十数年住んでいました。
「蘭池」と「一蘭」はどんな関係ですか?
-何も関係ありません。我々はオリジナルブランドです。

この件について日本のネット民たちが次々とコメントを寄せた。




中国の反応を読む

171006-1-001.jpg

日本にたくさんの「支那そば」店があるけど、支那って中国に対する蔑称じゃないの?

侵略戦争前後、日本は中国を支那と呼び、中国人を支那人と呼んだ。
戦後、支那は差別用語だとして、1946年以降、使われる事はなくなった。
しかし、本当に支那という呼称はなくなったのだろうか?
この写真を見てくれ。

全て日本のお店だが、「支那そば」と書かれている。

数日前、日本のサイトで「「ラーメン」「中華そば」「支那そば」は何が違うのか」という記事を見た。
その記事では、「南京そば、支那そば、中華そばはすべて『中国のそば』を意味し、この3つは同じものを指しています。第二次世界大戦後”支那”という言葉の使用が自粛され“中華そば”に変化したそうです。」と書かれていた。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事