Tag : 中国
220401-1-001.jpg

沖縄戦の映画を観た

日本兵の服従性と戦闘意志の高さは敬服に値する。
しかし自分の実力を顧みないで強大な米国に奇襲をかけ、逆に自分が滅亡寸前になり、国家全体と民族を疲弊させた。
多くの人が悲惨な死に方をした。
自分が正しいと思い込んでいる指導者たちの為に無駄に自分を犠牲にした。
こういう歴史の経験があるのに、どうして日本はまた戦争に向かおうとしてるのだろうか?




中国の反応を読む

220331-1-001.jpg

あなたの先祖は、抗日戦争で日本軍のどんな悪行を見てきた?



中国の反応を読む

220330-1-001.jpg

南京人って日本や日本人についてどう思ってるの?

南京では、日本企業や日本製品がまともに生き残れないというイメージはないけど、無印良品のようなお店は南京にあるのか気になって調べた。
今のところ、「はい、かなり繁盛しています!」ということが分かった・・・




中国の反応を読む

220328-1-001.jpg

もし日本と戦争になったら、我々庶民は前線で戦う必要がある?

戦争になったらまず前線に行くべき人は政府の官僚と軍人と商人だ。
もし兵が足りないなら、その官僚や商人達の家族をまず行かせる。
庶民は彼らが国のために献身してるかどうかを監督するだけだ。
そうだよな?




中国の反応を読む

220327-1-001.jpg

同じ議会政治でありながら、ドイツの政治が日本より遥かに安定しているように見えるのはなぜか?

安定性というのは、戦後日本のように多い時で年内に何度も変わる内閣の実質的な責任者である首相が変わることがなく、比較的安定しているということだ。 戦後の日本の総理大臣50人あまりに比べれば、ドイツは10人足らずでしかないのだ。

コンラート・アデナウアー(1949~1963年)
ルートヴィヒ・エアハルト(1963-1966)
クルト・ゲオルク・キッシンジャー(1966年~1969年)
ウィリー・ブラント(1969~1974年)
ヘルムート・シュミット(1974年~1982年)
ヘルムート・コール(1982~1998年)
ゲルハルト・シュローダー(1998年~2005年)
アンゲラ・メルケル(2005年~)

同じ議院内閣制である両国の政治体制の違いは、その細部の違いによるものなのだろうか?
あるいは、両国の文化に大きな違いがあるのだろうか?
それとも他に理由があるのだろうか?
追伸:考えてみれば、日本は55年間も自民党が統治してきたわけだが、今回は、なぜこんなに早く首相や大臣が変わったのだろうか?
ドイツの首相交代は、政権交代と与党の失脚によるところが大きいようだが・・・




中国の反応を読む

220326-1-001.jpg

政治能力はさておき、ルックスのことだけ言うと・・・

日本の政治家では小泉純一郎が一番カッコいいと思うんだがどうかな?
彼のやった事とかには触れないでよろしく。




中国の反応を読む

220325-1-001.jpg

もし東アジアが団結したらどれだけ強くなるのか?



中国の反応を読む

220323-1-001.jpg

台湾統一すれば国名はどうなる?

もし統一されれば国名は変更されるのか。
国旗はどちらのものなのか、共産主義なのか民主主義なのか。
みんなどう思う?




中国の反応を読む

220322-1-001.jpg

反日感情

反日感情の地域差ってどう?
北部の方が反日感情がひどいらしいけど。




中国の反応を読む

中国人が最も恨む10人の日本人

220321-1-001.jpg

伊藤博文――――≪下関条約≫の悪例を作り出した人

任期中に中日甲午戦争を発動し、日本を東亜の強国の地位に昇り詰めさせた。
だが本質的には、彼は日本の統治集団の中ではやはり文治派だ。
彼の不朽の功績は生命力のある立憲制度を作ったことだ。
彼は日本人に秩序と平和を政治に寄ってもたらし、この変化の中で、民衆は参政の機会を得てそれを拡大していった。
これはとても意義のあることだ。
1909年10月26日9時、ハルビンで朝鮮の愛国者安重根に刺殺された。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事