Tag : 中国
210921-1-001.gif

中日経済

2010年、中国の経済総量(GDP)は日本を超え世界第二位の経済体になった。
中国人は大いに喜んでいたようだけど、中国の経済が本当に日本を超えたのか・・・
実は違います。

中国の領土面積は日本より24倍広いから、24分の1の日本と比較してみよう。
中国は本当に勝っているか?
少なくとも経済が日本より24倍以上になれば、超えたと言えるよね。
もしくは一人当たりで計算すると日本は中国より何倍豊かかわかるだろう。

中国の人口は日本の11倍だ。
11倍の人口で日本と比べて、恥ずかしくないか?
日本の国は小さいけど、米国以外に世界には日本に挑戦する国が居ない。
第二次世界大戦で中国は勝利したとかいって自分を慰めないで。
実は日本人は心の中では中国の勝利を認めてません。
なぜでしょう?
皆、はっきりわかってるよね。




中国の反応を読む

210920-1-001.jpg

日本の家電はあんなに有利だったのに何故終わったのか・・・

ソニーやパナソニックなど日本の家電の恐竜は中韓の挟み撃ちによって大敗して、日本家電一強時代は終わってしまったよね?
日本経済はもう優勢ではなくなったの?
みんな討論しよう。




中国の反応を読む

210919-1-001.jpg

日本の歴史教科書

高等学校の世界史の教科書だ。
とても詳しく書いてある。




中国の反応を読む

210918-1-001.jpg

日本と中国は絶対に良き友人になれる

もし恨みがなければ。




中国の反応を読む

210917-1-001.jpg

日本の飲食店では「中国産原材料不使用」と表示している

多くの日本の飲食店では中国産原材料不使用と表示し、安全を保証している。
消費者の不安をなくすために中国の原材料は不使用であると注意書きをするというようなものだ。
「中国産原材料不使用食品」は日本で大人気。




中国の反応を読む

210916-1-001.jpg

どうしてみんな韓国が嫌いなの?

K-POPが好きなのって悪いことか?
最近の韓国車もなかなかいいよ。




中国の反応を読む

210915-1-001.jpg

なぜ中国人は日本に「奴隷労働者」になりに行くのか・・・

日本に3年技能実習にいけば15万~40万元の収入が得られ、その上先進的な技術、経営管理などを学ぶことができる。
しかし労働に従事しているのに労働者の身分ではないため、「労働基準法」といった行政の保護を受けることができない。
このような身分の誤りのせいで「技能実習生」は日本で廉価な労働力となり、日本における3K(きつい、きたない、きけん)の伴う業種を支えている。
個人の合法な権益もしょっちゅう侵害され、労働条件と生活状況は極めて劣悪で、人権も本当に憂慮される。




中国の反応を読む

210913-1-001.jpg

私は愛国青年だったけど日本に対する態度が変わった

実は、私も昔は愛国青年だった。
日本に対しては「憎しみ」しかなかった。
でも近年、日本文化との接触が増えた事がきっかけで、だんだん「政治偏見性のない日本」を理解したんだ。
我が国のほとんどの人は今の段階で、まだ前世紀80年代の日本と同じレベルだ。
日本の国民素質は基本的に高い。
彼らは公共の場でツバを吐かないし、大きな声で話しもしない。

彼らは何かをする前に、他人の生活に影響するかどうかをまず考える。
今の中国は世界の多くの公衆の場所で、どうして漢字で「禁煙」とか書いてあるのか、ようやく分かってきたレベルだ。
我が国の民度はまだまだ高める必要がある。

本当に日本政府に感心する。
資源、食料がなく輸入に頼る国家が、戦後の30年間で、どうやって世界第2位の経済大国になったのか。
我が国は最近になって日本を超えたが、我が国は資源も人も多く持ってるからだ。
比較すると、本当に恥ずかしい。




中国の反応を読む

210912-1-001.jpg

1946年の日本の惨状をおさめた珍しい写真

軍国主義は人の心を惑わす。
対外的に戦争を発動し、他者を害するが、最後には自分自身も害するのだ。この写真は1946年の日本を反映したものだ。投降協定によれば、日本は連合国の占領を受けることになっていたが、実際にはアメリカによる占領だった。日本経済は1939年に停滞した、敗戦後、日本経済は20年代のレベルにまで落ち込んだのだ。多くの人が帰る家をなくした。




中国の反応を読む

210911-1-001.jpg

なぜ韓国は短期間で先進国になれたのか

経済力はアジアで第2位だ。
軍事力は世界8位。
総合国力は世界第7位。
米中露独英仏に次ぐ強国だ。
韓国は1950年代には廃墟だった。
なぜこんなに短期間で発展し、60年ほどで欧米が数百年かけて歩んだ道を走り抜けたのか。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事