Tag : 中国
191207-2-001.jpg

「大東亜共栄圏」が仮に成立していたとしても、日本の経済ではやはり自給自足はできていなかった

日本の「大東亜共栄圏」の目的は、今のEUのように圏内の各国を団結させ、日本主導の大規模な集団を作り、経済的な自立をすることだった。

では、仮に成立したとしよう。

まず貿易を見てみよう。日本は戦前の平和な時期にはアメリカやヨーロッパが提供するコムギ、綿、毛、木材、毛皮、鉄、訛り、同、石油、自動車の部品などに頼っていた。そして日本の輸出の最大の相手国はアジア各国だった。

中国の占領された地域では、日本の立場は更に悪くなっていた。日本は通国から多くの原材料や戦略資源を搾取したが、1937年以前よりも多く獲得することはできず、他国に頼ることになってしまったのだ。




中国の反応を読む

191207-1-001.jpg

安倍首相が訪中するぞおおおおおおお!!!

12月3日、日本の安倍晋三首相は政府と与党の連絡会議で、23日~25日の間に訪中することを発表した。安倍首相は成都で行われる中日韓首脳会議に参加し、中国、韓国それぞれの首脳と個別に会談を行う予定だ。

安倍首相は中日韓首脳会談の際に、「地域的な情勢と国際社会における課題について、率直な意見交換ができればと考えている」と語った。
日韓の首脳会談の時には、いわゆる徴用工訴訟に関する話し合いがどこまで進展するかが焦点となる。安倍首相と文在寅大統領は11月にタイで11分間の接触を持っている。正式な会談は2018年9月以来初めてだ。
安倍首相は同時に、12月15日~17日にインドを訪問し、モディ首相と会談を行っている。安倍首相は、「自由で開かれたインド太平洋の実現、安全保障、防衛協力、経済・人的交流の拡大に向けた連携などについて議論したい」と述べている。




中国の反応を読む

191206-1-001.jpg

日本の中国侵略による被害総数

日本の中国侵略の期間中に、中国の大部分が日本軍に蹂躙された。
900以上の都市が占領され、4000万の難民が発生し、軍・民の死傷者は3500万人を超えた。
日本に強制連行された中国人労働者4万人の内、約7000人が日本で死んだ。
日本軍は中国から3350万トンの鉄と、5.86億トンの石炭を奪って行った。




中国の反応を読む

191205-1-001.jpg

「東京の地価だけで米国全土が買える」という状態だった頃の日本ってどれだけすごかったんだ

80年代末、日本の経済発展は著しく、国民の生活レベルは硬度に発達し、経済も世界第二位とアメリカに次ぐ成長だった。

この時期の日本は、仕事も金も有り余るほどあった。専門家の計算によれば、もし当時の東京のすべてを売り払ったなら、アメリカ全土の土地と不動産を買えるほどの価値になっただろうということだ。
日本人は当時、当然海外で狂ったようにいろんなものを買いあさり、今の爆買いをする中国のおばさんも彼らには及ばないような勢いだった。記録によれば、当時とある作家がパリ旅行をしたとき、近くで日本のおばさん集団の声が聞こえ、パリの高層ビルを指さし、いくつ買うか、全部買ってしまうかなどと相談していたという。




中国の反応を読む

191204-1-001.jpg

最近の日本人は中国製好きすぎる。タピオカをファーウェイのスマホで撮ってTik Tokにアップしてる

中国人が日本メーカーを使っているように、日本人は中国メーカーを使っている。
とある番組のインタビューで、日本人に「好きな中国のブランドは何ですか」と聞いたところ、「ファーウェイ」「ハイアール」と答える人が多かった。
また、スマホアプリでも中国発のTik Tokと荒野行動が人気だ。

電子製品だけではない。
食べ物でも、日本ではタピオカミルクティーが流行っている。
タピオカミルクティーを飲むために、6時間待ちの列ができたほどだ。

中国のスマホ決済サービスやシェア自転車も、日本人を驚かせている。
本当に良い物を作れば、海外も中国を認めるのだ。
西洋のものよりも、今の「中国製」が、世界を席巻している。




中国の反応を読む

191202-1-001.png

日本の企業「弊社は中国人を採用しません」 中国人「小日本はいまだに20世紀を生きてるな」

中国人に対する印象が前世紀で止まっている日本人も少なくない。
この20年で、中国人と中国社会は激変した。
しかし、日本人にとっての中国人のイメージは、80年代90年代のままだ。

先日、東京大学の特任教授である、とある日本人社長が「弊社では中国人は採用しません」とSNSに書き込んだ。
この書き込みは炎上し、東京大学が「この書き込みは東京大学とは関係ありません」と公式発表した。
しかし、この社長に同意した日本人も多数いた。

80年代90年代の日本は、中国の一般庶民にとっては憧れだった。
日中関係も良好で、文化も似ていた。
日本はバブルに沸いていて、中国は文化開放が始まったばかり。
その頃の中国人は、日本へ行ってお金を稼ぐことが目標だった。

日本人は「中国人は採用しない」と言っているが、問題はそこではない。
問題は、中国人はすでに「日本で働こうと思っていない」のだ。

今の中国の経済力は、日本を超えている。
中国の都市部は急速に発展し、スマホで出前を頼み、スマホで料金を支払い、移動はシェア自転車という生活をしている。
これはすでに中国の日常であるが、日本では非日常の段階だ。
また、東京のスタバと北京のスタバでは同じ味のコーヒーを飲めるし、日本のコンビニにあるものは中国のコンビニにもある。

中国はすでに日本を超えた。
日本にあるものは中国にもあり、さらに日本よりも便利で快適に使うことができる。




中国の反応を読む

191201-1-001.jpg

日本の天皇って女性はなれるのか?

皇族だけじゃなくて、民間人でも良いのかな。
俺は蒼井そらがなればいいと思う。
みんなはどう思う?




中国の反応を読む

191130-2-001.jpg

日本人は中国に戦争で負けたことはないと思ってる

中国は第二次世界大戦の戦勝国なのに、日本人は認めないようだ。
日本が負けたと思ってるのはソ連、アメリカと中華民国国民党政権であって、今の共産党政権の中国に負けたわけではないと。
歴史的にも、中国は2度日本に負けていて、1度も勝ったことはないと。
実際どうなの?




中国の反応を読む

191130-1-001.jpg

多くの日本に恨みを持つ人がこう言う

人間性がなく残虐だ!などといった類の言葉を使う。
日本人は我々の土地で罪を犯した。
これは確かにほとんどの人の恨みを買う行為だ。
でも、戦争ってそういうもんだぞ?




中国の反応を読む

191129-1-001.jpg

日本人750人が論語を暗唱してギネス記録に認定されたらしい

江戸時代に藩校で論語を教えていた栃木県壬生町で24日、町民およそ750人が一斉に論語を暗唱し、同時に暗唱する人数のギネス世界記録に認定されました。

この挑戦は、江戸時代に壬生町にあった藩校で論語を教えていた歴史をPRしようと、町の教育委員会や漢文の専門家などが町の人などに呼びかけて行われました。
会場となった城址公園ホールでは学校で論語を習っている小学生を中心に、3歳から90代までの818人が参加しました。

挑戦は、孔子のことばを同時に暗唱する人数の最多記録に挑むもので、公式認定員の合図でスタートすると、参加者たちは拍子木のリズムに合わせ、論語の18の章句を一斉に暗唱していきました。
記録を達成するには暗唱が5分以上続く必要があり、計測した結果、途中でことばを忘れてしまった人を除く748人の暗唱で世界記録に認定されました。

家族で参加した40代の母親は「世界記録になってビックリです。頑張って良かったです」と話していました。
実行委員会の代表で壬生町教育委員会の田村幸一教育長は「大変うれしいです。練習してきた皆さんの今までの苦労が報われた気持ちになりました」と話していました。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事