Tag : 中国
211011-1-001.jpg

民主主義国家である日本で、世襲の総理大臣が多数を占めるのはなぜか?

安倍晋三、福田康夫、麻生太郎、鳩山由紀夫、小泉純一郎など、父や祖父がいずれも日本の政治の要職に就き、中には総理大臣を務めた人もいるような人の息子は、国内の用語にだと「官二代」「官三代」と考えていいだろう。 最近のニュースでは、小泉純一郎氏の他の息子も政界入りを希望していることが明らかになった。 日本の国会議員の半数以上が『世襲』であり、世襲じゃないと要職につけないとまで言われている。 全体主義や権威主義の国だったら理解できるが、民主主義社会の日本で何故このようなことがまかり通るのだろうか。

同じ民主主義の国であるアメリカにも、ブッシュJr.、クリントン夫妻がいるが、日本に比べれば相対的な割合ははるかに低い。
同じ東アジア文明圏である韓国では、李承憲や朴槿恵はいるものの、日本ほど二世の政治家は多くはない。

では、日本の政界に二世の役人が多く存在するのは、制度のせいなのか、文化のせいなのか。
遺伝?それともただの偶然なのか?




中国の反応を読む

211010-1-001.jpg

日本と韓国ばかり比べるけど、中国と韓国を比べれば

韓国の物価は中国の都市と同じくらいだ。
給料は中国の何倍だ。
韓国の食べ物も中国よりいい。
中国の野菜は衛生ではない。
韓国のほうはきれいだ。
中華料理は油だらけだ。
健康にもよくない。
惨敗だよ。




中国の反応を読む

211009-1-001.png

実は日本の総合的な国力は韓国に負けてる

実は、日本の総合的な国力は、韓国に比べてあまり高くはない。
経済総量が総合的な国力を表していると思ってはいけない。
経済活動の総量は、生産のみを表し、消費は表さないものだ。
人が多ければ負担も大きくなる。
しかも、韓国はすべての面で独自の発展を遂げているが、日本は欧米に大きく依存し、独自の技術を持っていない。
日本の弱さは日韓貿易戦争にも表れていて、韓国が強く見える。
韓国は技術を支配し、日本は原材料の面で韓国を制限することしかできない。
これはやはり、韓国と日本の貿易では予想外の展開だっただろう。
だが日本が供給を停止した後、韓国はすぐに代替品を見つけ、全く影響を受けていない(例えるなら、米国がファーウェイに対して、米国の技術でファーウェイを供給することを認めず、ファーウェイの携帯電話事業を停止することしかできないことと同じ展開だ)。
しかし、日本は「原材料を売らない」としか言えない (日本がいかにローエンドであるかがわかるだろう) 。
この件から見ても、アメリカの支援と技術がなければ、日本は貧しい国になってしまうだろう。




中国の反応を読む

211008-1-001.jpg

ミズーリでの日本の降伏調印式は有名なのに南京での降伏調印式は誰も知らない

1945年9月2日、東京湾に寄航していたアメリカのミズーリ戦艦で、日本は降伏文書に調印した。
その戦争で中国軍民は14年も戦い、3500万人もが死亡した。
そして最終的には勝利し、南京で降伏文書に調印した。
しかし、みんなの脳裏に浮かぶのはミズーリの方ばかりだ。




中国の反応を読む

211007-1-001.jpg

日本軍が中国人に対して行った残虐な蛮行

日本人は残虐だと言えばその残虐という言葉を侮辱することになるほどの奴らだということが分かった。
苦難の同胞たちがいたというのに、今の日本政府の犬どもはどんどん調子に乗っている。




中国の反応を読む

211006-1-001.jpg

日本人とは思えない良識ある3人の日本人

日本と言えば、人々の頭にすぐ胸が詰まる単語がチラつく。
靖国神社、侵略、軍国主義・・・
しかし、今回はこんな人たちに注目してみた。
彼らは日本の間違った歴史観に挑戦している。
日本の右翼分子を不愉快にさせる存在だ。
こういう良識ある日本人は滅多にいない。
彼らは本当に尊敬に値する。




中国の反応を読む

211005-1-001.jpg

日本を警戒する必要なんてないのでは?

中国人民は現代の日本人を勉強し進歩するべきだ。
全人民が日本に警戒するなんて時間の無駄だ。
外部の潜在的な威胁への警戒や防犯は主に政府のやるべきことだ。
民衆のやるべきことではない。
民衆が警戒を高めてなんの意味があるのか?
自分で武器を作れるのか?
ナイフの所持すら実名制なのに。




中国の反応を読む

211004-1-001.png

日本のどこが軍国主義なんだ?

もし民主国家が軍事力を強化すれば、それも軍国主義であると考える人がいる。
これは明らかに概念の錯誤だ。
軍国主義というのは内政上は軍閥統治であり、国家を専制主義の「軍国」にする。
民主国家ではない。
軍事拡張を全国の最高目標とし、大規模な侵略戦争を発動する。
これこそが軍国主義だ。




中国の反応を読む

211003-1-001.jpg

南京大虐殺がどうとか口先で言っても意味はない

「吠えてないで、直接攻撃してみろよw」

日本のネットではだいたいこのような論調である。
全く死を恐れていない様子で、日中はどんどんと離れていく。
アジア連合は夢物語だろう。




中国の反応を読む

211002-1-001.jpg

日本のネットユーザー:「ああっ…もう日本は中国に負けたんだ…」って思った瞬間www

日本のあるネットユーザーが「『ああ、日本は中国に負けたんだ...』と思った瞬間www」というスレを立てた。かつて軽蔑していた中国のスマホが健闘しているのを見て、日本が負けたと感じたという。 このスレは、日本のネットユーザーの間で多くの議論を呼んだ。
以下に日本のネットユーザーからのコメントをご紹介する。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事