Tag : 中国
210114-1-001.jpg

日本の侵略は中国を研究したということなのに、我々は憎しみ、恨むだけでいいのか?

戦前、戦時、戦後を問わず、日本はいつも人力を惜しまず中国を研究してきただけだ。
それに引き換え、我々はいつも日本を醜く描き、侮辱するだけ。
ひいては世論を導き、日本を憎しみ、恨ませる。
だが日本を研究する人は少ない。
もし中日に戦争が起きたら、侮辱や罵倒などは何の役にも立たない。
研究は大きなメリットがある。
未来の勝敗も予測できる。
瓜を植えたら瓜を得る。
こういうことだ。




中国の反応を読む

210113-2-001.jpg

日本軍の蛮行:済南虐殺

1928年に、日本は済南へ出兵し、北伐軍に干渉し、17名の中国外交人員を残害した。
外交員・蔡公時が暴行に反抗したが、耳鼻が削がれ、目と舌も裂かれ亡くなった。
北伐軍は済南から撤退し、日軍は全城を無理矢理に占拠し、殺した兵士と平民は何万人にもなったが、逆に中国が日本人を虐殺したと言っている。

済南事件 -wikipedia-
済南事件(さいなんじけん)は1928年(昭和3)5月3日、中国山東省の済南における、国民革命軍の一部による日本人襲撃事件、および日本の権益と日本人居留民を保護するために派遣された日本軍(第二次山東出兵)と、北伐中であった蒋介石率いる国民革命軍(南軍)との間に起きた武力衝突事件。藤田栄介青島総領事は、南軍による組織的に計画された衝突と述べている。



中国の反応を読む

210113-1-001.jpg

中国にとって最も脅威となる国はどこか?

私はロシアだと思う
分析は以下

1. 中国には数千年の歴史がある。
今に至るまで内陸の面積960万㎢のうち多くが争いあるものだ。

2. ロシアの歴史は数百年だ。
以前はモンゴル帝国ジョチ・ウルスの国に帰属していた。
ロシア人の祖先は東スラブ人の部族。
15世紀末、大公イワン三世は中央集権制国家を建てた。
モスクワ大公国だ。
1547年、イワン四世は自身を「ツァーリ」とし、その国号をロシアとした。
その前身がキエフ公国だ。
今のウクライナ一帯、面積は約67万㎢で、中国のひとつの省よりも小さかった。
人口は言うまでもない。
今の面積は(面積:1709.8242万㎢、人口:1.52億人)となる。
数百年でロシアは他国を呑みこみ60万ほどの面積を1,700万に拡大した。
中国には3000年以上の歴史があり、昔から大国だ。
小国に占領されたことはあるが、その種族はずっと発展を続けてきた。
今の中国は588万㎢の領土を失い、半分に近づいている。




中国の反応を読む

210112-2-002.png

なぜ日本は20世紀のまま時間が止まっているのか?

我々から見ると、IT技術の尽くを拒絶し、社会の進歩を嫌がっているように思う。
例えば、キャッシュレス決済だ。
日本ではまだ現金が主流で、現金以外使えない店もたくさんある。
スマホだけ持ち歩けばいい中国からすると、どうしても遅れている感を否めない。




中国の反応を読む

210112-1-001.jpg

なぜ多くの中国人は日本に移民してしまうのか・・・

そんなに日本って素晴らしい国なのか?




中国の反応を読む

210111-2-001.gif

日本人「元や清は中国の歴史ではない」

日本のネットでは度々このような言説を目にするが、これはどういうこと?
異民族王朝は私たちの歴史と認めてくれないのかな?




中国の反応を読む

210110-2-001.jpg

日本は慰安婦を強制的に連行したことを否定して恥ずかしくないのか?

こんな発達した現代においても、日本人はまだ慰安婦強制連行を認めないどころか、歴史から抹殺しようとしている。
被害者にとって、どれほど大きな屈辱だったか分かっていない。
戦争で一番弱い女を酷い目に遭わせて、歴史や世界に対して恥ずかしくないのか!




中国の反応を読む

210110-1-001.jpg

「小」日本、「中」国、「大」韓民国

どう思う?




中国の反応を読む

210109-2-001.jpg

日本は着実に中国の領土になりつつある

日本旅行する中国人観光客と言えば、「爆買い」が有名になったが、中国人観光客が買うのはブランド物や電化製品だけではない。
他に中国人が興味を持つのは「日本の土地」だ。
北海道や沖縄など地価が安いところは、中国人に大量に買われている。
一部の日本人は、そういう状況を危惧している。
国民に警戒を呼びかけるメディアも現れている状況だ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事