Tag : 中国
200330-1-001.jpg

北朝鮮を併合するのってどうなの?

金豚の孤立による暴走の脅威がなくなれば、日本と韓国から米軍がいなくなると思うんだが。




中国の反応を読む

200329-1-001.jpg

日本がどれだけ発展しているかを見れば、韓国が実際どれだけ劣っているかがわかる

韓国人の性格は比較的激しくせっかちで、日本人の性格は堅実、物事を継続する力がある。

今の日本の若者にはあの時代の気質がなくなってきているが、全体的な国力としてはやはり韓国よりもずっと先を行っている。

日本の労働力生産率はアメリカの11/12で、基本的にはアメリカと同等だ。生産力が高度に発達した社会であり、研究開発能力も世界で上位に入る。日本は2000年以降、10名の科学者がノーベル賞を受賞している。そしてその数では世界でもアメリカに次ぐ多さで、科学技術においては世界トップレベルだ。韓国は今に至るまで金大中大統領がノーベル平和賞を受賞したこと以外に、一人も受賞していない。中国ですら受賞数では韓国を超えている。

前世紀のバブル崩壊以後、日本経済は本当の意味での復活を果たしてはいないが、国民の経済発展レベルはずっと世界上位を歩んできており、科学技術でもリードし続けている。




中国の反応を読む

200328-1-001.jpg

中国は全てにおいて日本以下なんだから、日本の属国になればいいのに

人口と広さ以外、全てで日本に負けてるよな・・・
さっさとアジアの二番目だと認めた方が楽だよ?




中国の反応を読む

200327-1-001.jpg

日本は衰退してると言うけど実際はどうなの?

今の日本の本当の実力はどんなもんなの?




中国の反応を読む

200326-1-001.jpg

中国は歴史上他国を一度も侵略してないよね?

なんでなの?




中国の反応を読む

200325-1-001.jpg

日本と韓国は好きになる価値がない民族主義的な国

日本人は外国人に礼儀正しいが、実際には単一民族、単一文化の国だ。
日本にも少数民族は存在しているが、日本は保守的で閉ざされた国だから外国人が日本で生きていくのは難しい。
例えば、日本国籍を手に入れるなら、名前を日本式のものに変えなければならない。
西洋国家にも人種差別はあるが、西洋社会は基本的に多元文化社会だ。
韓国も同じだ。
日韓の民族主義は非常に強い。




中国の反応を読む

200324-1-001.jpg

なぜ日本は韓国やベトナムのように漢字を捨てないの?

日本人は外国をすぐ見下すけど、韓国とベトナムは漢字を捨て、自分たちだけの文字を作った。
それなのに、なぜ日本はずっと漢字を使用しているのか。




中国の反応を読む

200323-1-001.jpg

韓国が世界最貧国だった時代を見てみよう

韓国と言えば、多くの人が先進国、K-POP、韓流ドラマや映画を連想するだろう、貧乏さとはかけ離れているイメージだ。

それでは、戦後の韓国の貧乏だった時代を見てみよう。



200323-1-002.jpg


朝鮮戦争直後だ。
家も財産もなく、廃墟しか残されていなかった。
本当に何もなかった。




中国の反応を読む

200322-1-001.jpg

なぜ地球上で日本にだけ「贋金」がないのか?その理由を知ると驚きだった・・・

お金は世界で普遍的に使われているものだ。何でも買うことができる。だが電子決済の普及で、現実の生活における通貨のやりとりも少なくなってきている。そして以前はよく見られた偽札などの出現も減っているのだ。もちろん刑事罰を受けることになる偽札の製造もである。だが世界でも日本だけは贋金がそもそも存在していない。これはどういうことなのか?その理由を調べてみると、日本人をリスペクトせざるを得ない事情があった。




中国の反応を読む

200321-1-001.jpg

北海道は日本の領土ではない

北海道と言えば日本だという印象を持つ人が多いだろう。歴史に詳しい人なら、日本は北海道の島嶼を巡ってロシアと争っている事を知っているかもしれない。
しかし、北海道が日本になってから100年少ししか経ってないのはあまり知られていない。明治維新後の出来事である。北海道は距離的には中国東北部と近いが、中国は北海道に対して何もしていない、観客的立場であった。
記事タイトルを正確に言うと、北海道の端の島嶼は日本に属しているという訳ではない。これが日本とロシアの対立の原因である。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事