Tag : 中国
201009-1-001.jpg

冷静に考えると、中国を侵略しようと思った日本の勇気って凄くないか?

人口は10倍、領土は20倍の相手だぞ。
もし中国の人口の10倍、領土20倍の超大国があったら戦おうなんて思うか?




中国の反応を読む

201008-1-001.jpg

日本と韓国、中華文化の真の継承者はどっち?

中国に何も残ってないのだけは分かるんだが。




中国の反応を読む

201007-1-001.jpg

米国って何を考えて日本のやることを黙認し続けてるの?

空母も持たせてるみたいだし、核武装も認めそうな勢いだが。




中国の反応を読む

201006-1-001.jpg

なぜ日本メーカーのスマホ使ってる日本人はほとんどいないのか、その理由

日本メーカーの家電製品を使っている日本人は多いのに、日本のスマホを使っている人は全然見ない。
iPhoneを使っている人ばかりだ。
なぜだろうか?

これはスマホが普及する前の日本の携帯電話市場が原因だ。
日本の通信キャリアは、顧客囲い込みのためにSIMロックをかけることが常識であった。
そのため、日本の携帯電話は海外では使えなかった。

また、日本の携帯電話事情は特殊で、市場を掌握しているのは端末メーカーではなく通信キャリアである。
携帯電話を買うためには、通信キャリアショップで買うしかなかったため、端末だけを買う事が出来なかった。
日本の端末メーカーが中国に参入したこともあったが、結局成功せずに撤退していった。

そして2010年頃から、スマホ市場が急速に発展し始めた。
しかし、日本メーカーは日本国内に向けてフューチャーフォンを製造し続けた。
そして、日本市場はアップル、サムスン、ファーウェイ、小米などのメーカーが占領するようになった。
世界中で大盛況だった当時のスマホ端末展示会などでは、日本メーカーのブースには人が集まらず、誰も気にする人がいなくなってしまった。

日本は販売手法を考え直すべきだと思う。
そうすれば、今のアップルやサムスン並に市場を独占できると思う。
まぁ、それでも中国の愛国者は日本メーカーのスマホは使わないが。




中国の反応を読む

201004-1-001.jpg

小日本が軍事で中国の先を行っているものってある?

ミサイル、航空機、空母、戦車、ドローン全てで中国の方が勝ってるよね。
小日本は米国の後ろ盾がなかったら、飛行機ひとつ飛ばせないんだから。




中国の反応を読む

201003-1-001.png

なぜ日本は細かい礼儀は重視するのに大義ある謝罪は嫌うのか?

あるネット友達が聞いてきた、「なぜ日本は細かい礼儀は重視するのに大義ある謝罪は嫌うのか」と。
日本という国は中華文化の影響を深く受けている。唐代に、日本の遣唐使が中国に来て学んだ。彼らは古代中国の思想と文化を好んでいて、深く影響を受けていることがわかるだろう。それに代々の伝承と発展を通じて日本独自の表面的な礼儀を形成した。現代の日本が他者に与えるイメージは礼儀正しく秩序があるという「民度が高い」印象なのだ。




中国の反応を読む

201002-1-001.jpg

「小日本」という呼び方は結構最近になってから使われるようになったのを知ってる?

近代に入ってから、我々にとって日本は悪いイメージしかない。
だから小日本と罵倒したくなるのは分からなくもないが、小日本という呼称の歴史を知っているだろうか?




中国の反応を読む

201001-1-001.jpg

日本軍が行った第二次大戦で最も非人道的な作戦:金馬計画

第二次世界大戦で最も非人道的な作戦は、日本軍医学博士金馬が発案した「STD(性病)兵器を使った金馬計画」に他ならない。

日本軍は真珠湾でアメリカに奇襲攻撃を行い、太平洋のたくさんの島々を占領した。しかし、米軍の反撃を受ければ、苦労して占領した島々を失うことになるのは日本軍もよく理解していた。




中国の反応を読む

200930-1-001.jpg

日本人は自分たちは徐福の子孫ではなく始皇帝の子孫と主張しているが・・・

始皇帝の命令で不老不死の薬を探すために500人の子供を連れて長旅の末に日本にたどり着いた徐福。結局、不老不死の薬は手に入らず、このまま帰っても始皇帝に殺されると悟った徐福は、日本に住むことにした。こうして日本という国が出来た。

日本人がそんな徐福の子孫だというならまだ分かるが、ある日本人学者が、日本人の祖先は始皇帝であると主張している。
これはおかしくないだろうか?




中国の反応を読む

200928-1-001.jpg

日本はまともな国になりたいなら米国と手を切れ

米国を切り捨てて、歴史を正視し、責任を負うことで日本はまともな未来を得られるのだ。
でなければ、日本は永遠に歴史の恥辱の柱にはりつけられたままだぞ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事