Tag : 内閣総理大臣
191007-1-001.jpg

結局のところ、安倍って何がしたいんだ?核武装?

過去の失敗から学んで、自衛隊は文官が統制することを徹底しているが、軍国主義を推し進める安倍はそれを変えようとしている。
歴史を美化し、改憲を推進し、潜水艦や空母を増やしている。
このままでは間違いなく核武装まで向かうだろう。
日本のニュースを見ると、民衆はあんなに安倍反対デモしているのに、彼はどうして政権を維持出来るのだろうか?




中国の反応を読む

190710-2-001.jpg

安倍みたいな首相がいることは日本にとって最大の不幸だ

頭のおかしい首相と閣僚たちがいることは日本人にとって最大の不幸だ。靖国神社に対して曖昧な態度を持つ安倍総理と、ユダヤ人犠牲者追悼碑の前で跪くドイツ首相のあまりにも歴然とした差で日本に侵略されたアジア諸国は怒り心頭に発す。尖閣諸島などの問題も加えて、私たちが日本と云う国に言及する時は眉をひそめざるをえない。
このように過去も現在も過ちを認めようとしないと同時に、高い民度とイノベーションのある国をどういう風に見ればいいのか?




中国の反応を読む

190704-2-001.jpg

安倍がやっている最も危険なことは改憲推進ではない!

安倍晋三の最も危険な挙動はメディアコントロール、民主主義の破壊だ!
こんな状態では、日本はそのうちアジアに災禍をもたらすことになる。




中国の反応を読む

190611-1-002.jpg

安倍の就任期間が伊藤博文を超えそう・・・日本の歴史上最も「長寿」の首相になるか

一度目の就任も含めると、安倍晋三の執政日数は6月7日で2721日になった。初代首相の伊藤博文を超える日数である。戦後の首相の中で、第三位にランクインする長さだ。今年11月20日まで続けば、歴代最長となる。

2006年9月、安倍晋三は第90代首相となった。だが2年目の7月、参院選の惨敗や健康状態の悪化などが原因で退いた。首相の「寿命」は366日だった。2012年、安倍は再度首相に就任、二度目の内閣を組閣した。2014年と2017年の衆院選で勝利し、現在内閣は4期目に入っている。

2012年12月以来、安倍の連続在任日数は6月7日で2355日となる。これは佐藤栄作の2798日の次に長い日数だ。もし2020年まで政権が続けば、一位に上り詰めるだろう。




中国の反応を読む

190604-1-001.jpg

一日だけ安倍晋三になれたら、あなたは何をしますか?

以下、日本人のコメントです。




中国の反応を読む

190211-1-001.jpg

安倍首相がキャッシュレス支払いを体験「初めてだったので緊張したが、意外と簡単」

安倍晋三首相は2日午後、東京都品川区の戸越銀座商店街を訪れ、現金を使わずに買い物する「キャッシュレス決済」を体験した。
政府は10月からの消費税増税に伴う景気下支え策としてキャッシュレス決済時のポイント還元を実施する予定。普及状況や利便性を自ら確認した。

首相はまず、コンビニで電子マネーを作成し、鮮魚店でこれを使って刺し身を購入。
この後、生花店でスマートフォンのQRコードを用いた決済サービスを利用し、花束と鉢植えを買った。
首相はQRコード決済について「初めてだったので緊張したが、意外と簡単だった」と語った。




中国の反応を読む

181023-1-001.jpg

なぜ支持率の低い安倍が首相を続投できるの?

彼は民心を得ていないのではなかったのか?
日本は民主主義ではないのか?
安倍の支持率は低いのになぜまだ選ばれるんだ?




中国の反応を読む

181011-1-001.jpg

我々が安倍晋三をどんな嫌おうと、日本国民は選挙によって安倍を支持している

今は日本政治史上初の三期目の首相になっている。
彼は紛れもない日本人民の代表だ。




中国の反応を読む

180503-1-001.jpg

安倍が反省したぞ!!!

昭恵婦人やモリカケ問題に関する議論の際に、安倍首相は「国民の疑義には道理がある。」「認識が不十分だったことで国会に混乱をもたらしてしまった。」と責任を認めたが、解散については「私の頭の中には全くない。はっきりと申し上げておきたいと述べた。

安倍夫人の「モリカケ問題」に関しては、財務省、防衛相、文科省から文句が出た。安倍9月から自民党総裁を続投しているが、形成に変化が表れてきている。25日、野党が「内閣不信任案」を提出する準備をしており、自民党国会対策委員長は「もし不信任案を提出したら、解散も選択しに入れる」と警告した。




中国の反応を読む

171025-1-001.jpg

安倍晋三はまた選挙で勝利したが、我々は彼の4つのことを警戒しなければならない

案の定、安倍晋三がまた勝ってしまった。

さまざまなスキャンダルが起き、さまざまな批判を受けたにもかかわらず、日本の政界で彼の地位を揺るがすことができる人は一人もいない。

彼は経済政策に長けている。投票当日まで、日経平均株価はずっとあがりっぱなしだった。ここまでできる政権は滅多にない。

当然ながら、中国では、安倍晋三が笑いのネタにされていることが多い。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事