Tag : 戦争
201001-1-001.jpg

日本軍が行った第二次大戦で最も非人道的な作戦:金馬計画

第二次世界大戦で最も非人道的な作戦は、日本軍医学博士金馬が発案した「STD(性病)兵器を使った金馬計画」に他ならない。

日本軍は真珠湾でアメリカに奇襲攻撃を行い、太平洋のたくさんの島々を占領した。しかし、米軍の反撃を受ければ、苦労して占領した島々を失うことになるのは日本軍もよく理解していた。




中国の反応を読む

200831-1-001.jpg

日本とは友好的にしないと・・・

まぁネットの軍事専門家の話だから鵜呑みにするわけではないんだが、もし日本と開戦すれば中国海軍は2時間で消滅し、国内は内乱が起こって、中国はバラバラになるそうだ。
やはり戦争はダメだ。




中国の反応を読む

200512-1-001.jpg

日本と戦争になれば日本国内のパニックは確実

昨日ニュースで見たが、日本を研究している学者達の間では日本は二度と戦争を起こさないという意見で一致していると言っていた。
そもそも日本は戦争出来る状態ではないので、戦争になれば日本国内はパニックに陥ると彼は主張していた。




中国の反応を読む

200204-1-001.jpg

日本人の友人と食事した

彼は99%の日本人が中国との戦争に反対だと言っていた。
「どうしても戦争を避けられない状況になっても?」と聞いたら、彼は「日本は絶対に戦争にならないよう努力を続ける」と言っていた。




中国の反応を読む

190907-1-001.jpg

もし日米と全面戦争になったら

お前ら行くの?




中国の反応を読む

190814-1-001.jpg

日米連合軍と戦争が始まったら誰が戦場に行くの?

今の戦争はそんなに多くの人は死なない。
内戦で死ぬ人数の10%にも及ばない。
どの国も同じだ。
経済戦争が終われば経済は健全になり発展も早くなる。
南韓や日本がその例だ。
主に戦争の結果は政治体制に直接影響する。
本当に参戦しても専門の兵士を呼ぶ必要もない。
四方が敵だらけの中、当局が攻撃できるとは限らない。
損害と経済が心配なのだ。
10億人が呼びかけても攻撃する勇気はないぞ。




中国の反応を読む

190802-2-001.jpg

今の中国と日本が戦えばどっちが勝つ?

誰か教えてください。
よろしく。




中国の反応を読む

190725-2-002.jpg

日本が第二次世界大戦で侵略した地域がヤバすぎる

沖縄、台湾、朝鮮半島、東北、中国の三分の一、南洋諸島、インドシナ、マレー半島、シンガポール、インドネシア・・・




中国の反応を読む

190717-2-001.jpg

日中戦争が勃発すれば一ヶ月での決着は不可能、自衛隊は想像以上に強い

1.自衛隊は10万人の兵士しかいないが、ナチスドイツ軍のやり方を取り入れて兵士を訓練している。
戦争が始まれば予備役まで含めた兵士が士官になり、徴兵で新兵を集める。
1人の士官が30人の新米を率いることが出来るので、そうやって300万人の軍隊に生まれ変わる。

2.中国軍は毎日訓練をしているのに対して、徴兵された素人は戦闘能力を持たないという意見もあるが、軍事に疎い素人の意見だとしか言えない。
第二次世界大戦直前のドイツは10万人の軍隊しかなかったが、戦争が始まると300万人になり、その300万人の「素人」がよく訓練された300万人のイギリス軍、フランス軍に大損害を与えた。
それは近代的戦争において、1人の兵士の戦闘能力より、指揮官の能力こそ戦争の結果を左右することの表れでもある。

日本の空軍は規模が小さいと言う人もいるが、島を巡る作戦においては航空自衛隊の力はずば抜けている。
その前に日本は海軍大国である。
第二次世界大戦で戦艦10隻、空母10隻を作れるほどの底力があったんだから、現代なら1~2ヶ月で空母編隊を作るのも難しくないはずだ。
それに加えて、自衛隊のヘリコプター軽空母はF-35を搭載できるので、実質空母と変わらない。

4.中国の空軍は規模は大きいが、海上で勝負したいのであれば吉林、北京、天津あたりからテイクオフしなければならないので、数が大きく制限されることになる。
F-35Bが搭載された空母を有する日本は、海上での作戦範囲は中国を上回っている。
中国の完敗だ。

中国軍のミサイルで日本まで届くのはICBMだけ。
コストは数百億元もかかる。
それを使うってことはほかに打つ手がなくなったということで、中国が亡国の危機に瀕するということを意味する。
さらに、たとえICBMにより東京の軍需工場が破壊されたとしても、ミサイルのコストを考えると割に合わない。
最後に、ICBMは核兵器を搭載させるための道具に過ぎないので、お役御免になれば牙を抜かれた虎のようになる。




中国の反応を読む

190502-1-001.jpg

なぜ日本人の愛国心は世界最低なのか

「国の為に戦うか?」という質問で「はい」と回答した人の割合だ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事