Tag : 捕鯨
200626-1-001.png

日本人はクジラを食べる時に罪悪感とかないのか?



中国の反応を読む

200614-1-001.jpg

日本では子供に鯨解体現場を見せている

鯨は人類の友達だが、多くの種類の鯨が絶滅の危機に瀕している。国際社会も早いうちから商業捕鯨を禁止している。だが日本は世界最大の捕鯨国であり、毎年捕鯨の季節が始まる前には、小学生のグループが鯨を屠殺する現場を見学する。




中国の反応を読む

200503-1-001.jpg

日本人はいつから鯨を食べていたのか?

それは日本の魚食文化に大きく関係している。島国という地理条件と歴史背景による必然の結果である。第40代天皇天武天皇が命令した肉食禁止令以降、日本新政府の明治に牛肉が解禁されるまで約1000年間、日本人はずっと魚を食べて生きてきた。その為、海で最も大きな魚類である鯨は、高タンパク質、低カロリーの美味しい肉として日本人の心を掴んで離さなかった。

一般的には、和歌山県の太地町が日本の捕鯨産業の発祥地とされている。1606年、人々は熊野灘の鯨を組織的に捕らえ始めた、同時に近代日本の捕鯨史の最初のページが始まった。

しかし、組織的な近代捕鯨産業が形成される前、日本人はとっくに鯨肉を食用にしていた。旧石器時代の「貝塚」(人類が捨てた貝類魚類の残飯廃棄場)の中、弥生時代の遺跡の中にも小型の鯨の歯の化石が見つかっている。歴史上、日本は何度か宗教的な理由で「肉食」を禁止しているが、鯨だけは魚類として食べていた。日本最古の歴史書「古事記」には「712年に神武天皇が鯨肉を食べた」と記載されている。

つまり、日本人は有史以前のいつだか分からないくらい昔から鯨を食べていたということだ!




中国の反応を読む

200209-2-001.jpg

日本のイルカ漁の映画を観て泣いた・・・まだあんな酷いことやってるの?

いくらなんでも日本は残酷すぎる!




中国の反応を読む

191124-2-001.jpg

地球上の鯨は日本人が絶滅させてしまうのか?

日本の捕鯨は、1000年以上の伝統文化で、古代日本人の目には、クジラは魚の一種だった。大きなクジラを仕留めることは勇者の証だった。
今年夏、日本はIWCを脱退して今は本格的な商業捕鯨を再開している。
今後、野生の鯨は日本人の手によって絶滅してしまうのかもしれない。




中国の反応を読む

190720-1-001.jpg

日本人の捕鯨を批判するけど

中国人は犬食べてるじゃないか。




中国の反応を読む

190407-2-001.jpg

日本が31年ぶりに商業捕鯨を再開するぞ!

政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退通告を受け、和歌山県太地町や宮城県石巻市などの捕鯨業者でつくる日本小型捕鯨協会は24日、31年ぶりの商業捕鯨に7月1日から取り組むことを明らかにした。

協会に加盟する5隻の船団はこれまで、春から秋にかけて、東北や北海道沖でIWC管理鯨種のミンククジラの沿岸調査捕鯨をしてきた。
今年も4~6月は調査捕鯨をし、IWC脱退が正式に決まって商業捕鯨が可能となる7月1日から1週間、そのままミンククジラの商業捕鯨をする。
初日に北海道釧路市か青森県八戸市の港でセレモニーを計画している。

船団はその後、いったん解散。
各船で捕鯨をした後、9月に北海道で再び集合する予定という。

協会長を務める貝良文(かいよしふみ)・太地町漁協参事は「調査捕鯨と違って、商業捕鯨では脂ののった鯨を選んで捕獲できる。鮮度も良くなる」と話している。




中国の反応を読む

181230-1-001.jpg

日本がIWCを脱退

2018年12月26日、菅義偉官房長官は、日本が国際捕鯨委員会(IWC)から脱退し、日本の領海と排他的経済水域(EEZ)で商業捕鯨を2019年7月から再開することを決定したと発表した。89カ国が加盟するIWCは、クジラを保全し、世界の捕鯨を管理することを目的とする国際機関で1946年に設立。1986年には商業捕鯨を禁止している。




中国の反応を読む

180929-1-001.jpg

日本、国連を無視して捕鯨を続ける

国連から日本に南極での鯨狩りの停止を要求したが、日本は無視している。
狩った鯨は最後に日本のスーパーへ流すそうだ。




中国の反応を読む

180926-1-001.jpg

世界中から非難の声があっても何故日本人は「捕鯨」にこだわるのか

中国は食の大国とも呼ばれ、広東料理に代表されるようにあらゆるものを食材とする多彩な食文化を持っている。しかし、その中国からしても「クジラを食べる」という日本の文化は不思議であるようで、中国メディアの網易はこのほど「なぜ日本人は世界から反対されても、鯨を食べることをやめないのか」と問いかける記事を掲載した。

記事は、「かつて鯨は日本人にとって貴重なたんぱく源となっていた」とする一方、「現代では牛肉も豚肉も十分に供給されているというのに、なぜ日本人まだ鯨肉を食べようとするのだろうか」とした。確かに国際的に見ると捕鯨に対する風当たりは厳しいものがある。

続けて、日本人の鯨肉に対する見方や背景をいくつかの側面から紹介している。日本でも現在は鯨肉を食べることのできる店は数少なくなっているとしつつも、鯨肉を提供している飲食店は存在するとし、鯨肉を提供する店に通う60代の日本人男性の話を取り上げている。この年配の常連客の出身は捕鯨船が多く出入りする大きな港のある場所であったゆえ、子どもの頃は肉と言えば鯨を指したというほど身近な食べ物であったとした。このように日本には鯨の味に慣れ親しんだ世代がいて、現在でも築地などで取引がされているとしつつある。

しかし15年の統計によると、日本人が年間で口にする1人当たりの鯨の量は30グラム程で決して多い量ではない。それゆえ、「なぜ日本人はそこまで鯨を食べることにこだわるのか」と疑問を投げかけても、当の日本人もはっきりとして理由を持ち合わせていないのが現状と伝えている。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事