Tag : 支那事変
220106-1-001.jpg

戦争中の中国の子供と日本の子供を比較…中国の完勝

第二次世界大戦中、日本はあらゆる手段を使って我が国を支配しようとしていた。
それに対して、我が国の国民は大きな抵抗を見せた。
その主役の一つが、子どもたちだった。

画像は国を守るために、訓練を受ける中国の子どもたち。




中国の反応を読む

211227-1-001.jpg

抗日戦争中に日本軍に寝返った裏切り者200万人は戦後どうなったのか?

戦時中、一部の中国人は漢奸になり、日本軍に協力することを選んだ。

そして、日本が戦争に負け、日本側に立っていた漢奸たちは、唾棄すべき存在として国民からの罵詈雑言を浴びた。日本軍と違って、彼らは日本に行くわけにも行かなかった。その数はなんと200万人もいたという。




中国の反応を読む

211222-1-001.jpg

抗日戦争の時、日本の兵士数十人で中国の一つの町をコントロール出来てたそうだ

抗日戦争の時、大都市ほど重要性は高くなかった小さな町が中国にはたくさんあった。そういった町を攻略した日本軍は、わずか数十人を治安維持に残して次の目標に向かったそうだ。それなのにコントロールは完璧だった。

そんなわけないだろうと思う人がたくさんいるのだろう。では、真実はどっちなのか。

日中戦争を研究しているある学者によると、数十人の日本軍兵士で一つの町をコントロールできたのはまったく不思議な話ではないという。当時の日本軍は機動性が高い上、漢奸(売国奴)からの支援も受けていたそうで、そういった条件によって、数十人の日本軍兵士が一つの町をコントロールするということが実現できたそうだ。

では、なぜ一般人は日本軍に反抗しないのかと疑問に思う人もいるだろう。理由は簡単。彼らには武器がないため、屈強な日本軍兵士に反抗する力も勇気もなかったんだ。




中国の反応を読む

210824-1-001.jpg

ぶっちゃけ、中国を侵略した日本は誰に負けたの?

国民党か?




中国の反応を読む

210814-1-001.jpg

我々は本当に戦勝国なのか?

国民党の軍隊は日本軍44万人を殲滅したが、共産党の遊撃隊は821人だけしか殺していない。
2010年モスクワで行われた世界反ファシズム70周年の閲兵式では、中華人民共和国の軍隊の参加を拒否し、台湾の元抗日将軍を誘った。
中国共産党が第二次世界大戦の反ファシズム連盟に参加してないと世界に認められた瞬間だ。




中国の反応を読む

210424-1-001.png

「小日本」の写真を見てほしい

抗日神ドラマで、日本軍が虫けらのように殺されるシーンはよくある。
以下の写真を見て、「やはり日本軍は弱いじゃん」と思うかもしれない。




中国の反応を読む

210417-1-001.png

中国は単独で日本に勝てたのか?

お前らに聞きたい。




中国の反応を読む

210317-1-001.jpg

抗日戦争で中国は本当に日本を倒したの?教科書に書いてあることがおかしいんだが

第二次世界大戦の主戦場は太平洋戦線であり、アメリカが日本の野望を打ち砕いたと思ってた。
でも、教科書には中国共産党がゲリラ戦、地雷戦で大日本帝国の侵略を止めたと書いてあり、国民党は逃げてただけだと書いてある。
アメリカへの言及は2発の原爆の事だけが書いてあり、「後方」から日本軍の敗北を加速させたと。
最後におかしな結論が出ている。
抗日戦争は、ファシズム強大国と植民地支配に抗う弱小国の間の生き残りをかけた戦争だった。
弱く小さい中国が強く大きい日本を撃退したことは、弱国が強国を倒した稀有な例だ、と書いてある。
中国が小さくて日本が大きい?




中国の反応を読む

210301-1-001.jpg

何で日本は中国を侵略したの?

対米開戦は石油禁輸とかされてたから分かるんだけど。




中国の反応を読む

210223-1-001.jpg

敗戦後、日本政府に見捨てられて南京に残った日本人の生活

敗戦後、日本政府は中国残留日本人を見捨てるという前代未聞の恥知らず政策を発表した。南京にもたくさんの日本人が残っていた。中国人の恨みにさらされた彼はどんな生活をしていたのだろうか。

当時南京に居た日本人が2万人ほど。中国人からのとてつもない殺意から彼らを守るために、当時の中国政府は日本軍が使っていた兵営を改造し、彼らの居住地にした。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事