Tag : 日中戦争
210417-1-001.png

中国は単独で日本に勝てたのか?

お前らに聞きたい。




中国の反応を読む

210317-1-001.jpg

抗日戦争で中国は本当に日本を倒したの?教科書に書いてあることがおかしいんだが

第二次世界大戦の主戦場は太平洋戦線であり、アメリカが日本の野望を打ち砕いたと思ってた。
でも、教科書には中国共産党がゲリラ戦、地雷戦で大日本帝国の侵略を止めたと書いてあり、国民党は逃げてただけだと書いてある。
アメリカへの言及は2発の原爆の事だけが書いてあり、「後方」から日本軍の敗北を加速させたと。
最後におかしな結論が出ている。
抗日戦争は、ファシズム強大国と植民地支配に抗う弱小国の間の生き残りをかけた戦争だった。
弱く小さい中国が強く大きい日本を撃退したことは、弱国が強国を倒した稀有な例だ、と書いてある。
中国が小さくて日本が大きい?




中国の反応を読む

210301-1-001.jpg

何で日本は中国を侵略したの?

対米開戦は石油禁輸とかされてたから分かるんだけど。




中国の反応を読む

210223-1-001.jpg

敗戦後、日本政府に見捨てられて南京に残った日本人の生活

敗戦後、日本政府は中国残留日本人を見捨てるという前代未聞の恥知らず政策を発表した。南京にもたくさんの日本人が残っていた。中国人の恨みにさらされた彼はどんな生活をしていたのだろうか。

当時南京に居た日本人が2万人ほど。中国人からのとてつもない殺意から彼らを守るために、当時の中国政府は日本軍が使っていた兵営を改造し、彼らの居住地にした。




中国の反応を読む

210202-2-001.jpg

日本が中国で行った罪を認めない理由が分かった

日本は、アメリカ、イギリス、オーストラリアに対して罪を認めている。
イギリスとアメリカには悔い改める信仰がある。
欧米文化圏にいる人は、そういった信仰があって、懺悔を受け入れることが自分を強くすることと考えている。
しかし、ある日本の教授は「日本人は絶対に中国と他のアジア国家への罪を認めない。一旦、罪を認めたら、アジア人は懺悔の文化がないから報復されるかもしれないからだ。」と言った。
みんなはこんな理由を受け入れられるのか!?




中国の反応を読む

210127-1-001.jpg

中国は外国の支援なしで日中戦争に勝てただろうか?

もしアメリカやソ連の支援がなかったとすれば、日本に勝てただろうか?




中国の反応を読む

210117-1-001.jpg

ソ連は日本に宣戦布告した後、日本ではなく中国をメチャクチャにした・・・

1945年8月6日、9日の相次ぐ原爆で日本は敗色濃厚。
ソ連は8月9日に緊急に日本に戦争宣告して、外交を絶った。
そして中国東北地方に侵攻した。
ソ連軍が東北を占拠したあと、東北で1元、5元、10元、100元の紙幣を発行した。
いわゆる「赤軍紙幣」だ。
ソ連軍はそれを使って、農産物や金品を仕入れて、ソ連に運んだ。
ソ連軍が帰ったあと、その金はただの紙くずになった。
なぜ宣戦相手の日本ではなく中国がこんな酷い目に遭わなければならなかったのか?




中国の反応を読む

210113-2-001.jpg

日本軍の蛮行:済南虐殺

1928年に、日本は済南へ出兵し、北伐軍に干渉し、17名の中国外交人員を残害した。
外交員・蔡公時が暴行に反抗したが、耳鼻が削がれ、目と舌も裂かれ亡くなった。
北伐軍は済南から撤退し、日軍は全城を無理矢理に占拠し、殺した兵士と平民は何万人にもなったが、逆に中国が日本人を虐殺したと言っている。

済南事件 -wikipedia-
済南事件(さいなんじけん)は1928年(昭和3)5月3日、中国山東省の済南における、国民革命軍の一部による日本人襲撃事件、および日本の権益と日本人居留民を保護するために派遣された日本軍(第二次山東出兵)と、北伐中であった蒋介石率いる国民革命軍(南軍)との間に起きた武力衝突事件。藤田栄介青島総領事は、南軍による組織的に計画された衝突と述べている。



中国の反応を読む

201228-1-001.jpg

日本の中国侵略についての正直な思いを語ってけ

自由にどうぞ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事