Tag : 日本
190720-1-001.jpg

日本人の捕鯨を批判するけど

中国人は犬食べてるじゃないか。




中国の反応を読む

190719-2-001.jpg

日本の医療は中国より進んでるって

本当か・・・?




中国の反応を読む

190716-2-001.jpg

この日本での中国人観光客のトイレ問題、どうするべきだったと思う?

少し前の話だが、東京・銀座で子供に立ち小便をさせていた中国人親子が問題になったという記事を見た。
確かに立ち小便は良くないけど、かといってパンツに漏らさせるわけにもいかないし・・・




中国の反応を読む

190717-2-001.jpg

日中戦争が勃発すれば一ヶ月での決着は不可能、自衛隊は想像以上に強い

1.自衛隊は10万人の兵士しかいないが、ナチスドイツ軍のやり方を取り入れて兵士を訓練している。
戦争が始まれば予備役まで含めた兵士が士官になり、徴兵で新兵を集める。
1人の士官が30人の新米を率いることが出来るので、そうやって300万人の軍隊に生まれ変わる。

2.中国軍は毎日訓練をしているのに対して、徴兵された素人は戦闘能力を持たないという意見もあるが、軍事に疎い素人の意見だとしか言えない。
第二次世界大戦直前のドイツは10万人の軍隊しかなかったが、戦争が始まると300万人になり、その300万人の「素人」がよく訓練された300万人のイギリス軍、フランス軍に大損害を与えた。
それは近代的戦争において、1人の兵士の戦闘能力より、指揮官の能力こそ戦争の結果を左右することの表れでもある。

日本の空軍は規模が小さいと言う人もいるが、島を巡る作戦においては航空自衛隊の力はずば抜けている。
その前に日本は海軍大国である。
第二次世界大戦で戦艦10隻、空母10隻を作れるほどの底力があったんだから、現代なら1~2ヶ月で空母編隊を作るのも難しくないはずだ。
それに加えて、自衛隊のヘリコプター軽空母はF-35を搭載できるので、実質空母と変わらない。

4.中国の空軍は規模は大きいが、海上で勝負したいのであれば吉林、北京、天津あたりからテイクオフしなければならないので、数が大きく制限されることになる。
F-35Bが搭載された空母を有する日本は、海上での作戦範囲は中国を上回っている。
中国の完敗だ。

中国軍のミサイルで日本まで届くのはICBMだけ。
コストは数百億元もかかる。
それを使うってことはほかに打つ手がなくなったということで、中国が亡国の危機に瀕するということを意味する。
さらに、たとえICBMにより東京の軍需工場が破壊されたとしても、ミサイルのコストを考えると割に合わない。
最後に、ICBMは核兵器を搭載させるための道具に過ぎないので、お役御免になれば牙を抜かれた虎のようになる。




中国の反応を読む

190716-1-001.jpg

日本で長年暮らしている、何か質問ある?

日本の政治やネット文化にもそこそこ詳しいぞ。




中国の反応を読む

190715-2-001.gif

中国人がこんなにも日本の事を好きだとは知らなかった・・・

俺はお前らに失望してる。
中国人がこんなにも日本の事を好きだとは知らなかったよ!
日本人はかわいいだとか、民度が高いとか。
それはそうかもしれないし好きだと言うのは問題ない。
だけど親日厨の奴らは、自分たちの同胞を責めるのだけはやめてもらえないかな!?
自分の好きなものだけ好きでいればいいだろ。
俺が日本人は歴史を受け入れないと言ったら一斉に出てきて俺を責めるのはやめてくれないかな!
今では中国を侵略した日本人よりも親日厨の方がもっと嫌いだ!
これが戦時下だったら漢奸(売国奴)だぞ!




中国の反応を読む

190715-2-001.jpg

日本はなぜ中国にビビってるの?

俺は中国の何が悪いのかわからない・・・




中国の反応を読む

190715-1-001.jpg

日本は毎年500回以上、中国の領空侵犯をしていた

人民解放空軍少佐がCCTVのインタビューで、日本はP-3C、EP-3などの大型偵察機を年間500回以上、我が国の沿岸に派遣していると述べた。こういった飛行は中国の安全保障に大きな脅威となっている。




中国の反応を読む

190714-2-001.jpg

なんで日本は抗日戦争で敗けたの?

中国はバラバラだったのに。




中国の反応を読む

190714-3-001.jpg

「男たちの大和」という映画を観た

80年前にこんなもの作ってたってヤバいよな。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事