Tag : 日本
210412-1-001.jpg

なぜ日本人は国家のために戦おうとしないのか?

戦争になったら国家の為に戦うという人の割合は、日本が世界ダントツの最下位である。
日本人に愛国心はないのだろうか?




中国の反応を読む

210411-1-001.jpg

日本人は「小日本」の意味を分かっていない

中国語の「小」というのは侮蔑の意味を持つ使い方をされる場合が多いが、日本人からすれば「小」は「可愛い」などの意味で捉えるそうだ。




中国の反応を読む

210410-1-001.jpg

中国人、日本人、韓国人を見分ける方法

何となく「日本人っぽいな」「韓国人っぽいな」ってのは分かるんだけど、上手く説明できない・・・




中国の反応を読む

210409-1-002.jpg

日本は誰の目から見ても尊敬できる国である

日本は小さな島なのに、現在のように発展した。これは尊敬に値する。日本は東アジアで最も早く近代化が行われた国だ。戦争で方向を見失い、アジアのリーダーとなる機会を失ったが、日本は近代においてアジアへの影響は大きかった。中国が現代化する時も、たくさんの事を日本から学んだ。戦後、日本は世界第二位の経済大国になり、世界に商品を輸出していた。

日本社会には秩序がある。1964年の東京オリンピックの際、日本の清潔さに世界が驚いた。日本人はとてもプロフェッショナルで、細かなところにも気を配る。

当然、日本にも解決が難しい問題がある。日本の今後の発展規模は限りがあるが、中国の発展は計り知れない。もし中国が順調に真の現代化を実現できれば、中国の影響力は非常に大きなものとなる。

日本と中国は同じレベルで戦っているのではない。中国人として日本に恨みを持つというのは、全く無意味なことで、日本の先進的な部分を学び、最終的に新しい日中共存の方法を探し出すほうがよほど有意義だ。反日を叫び、抗日ドラマを見ているだけでは、何の解決にもならない。それでは中国が遅れていることを証明するだけで、現実には何の役にも立たない。




中国の反応を読む

210408-1-001.jpg

東日本大震災後の韓国の様子

日本5chに立ったスレから。
東日本大震災の後、韓国はこうなっていたようだ。




中国の反応を読む

210407-1-001.png

韓国語が世界で一番美しい音の言語じゃない?

歴史の先生が言っていたんだけど、私はそれに同意する!




中国の反応を読む

210404-1-001.jpg

日本が国内の黒人問題を解決した方法が凄すぎる!

世界の歴史の中で、人類が最初に誕生したのはアフリカ地域で、黒人は最初の人類でした。最近では、人権や平等という考え方が人々の心に深く根付いており、人種や国籍、国を問わず、世界中の人々が平等であることは当然のことです。 しかし実際には、人類の発展段階の違いから、かえって多くの国に迷惑をかけてしまったのです。 特に、多くの国で黒人が大きな問題を起こしていますが、最も典型的なのは高度経済成長時代の日本です。多くの人が実際に興味を持っているのは、日本が当時、国内の黒人問題をどのようにして完全に解決したのかということでしょう。 実際には1つの技だけで完全に解決していました。




中国の反応を読む

210404-1-001.png

一人当たりのGDPで中国本土が日本に追いつく方法はあるのか?

総GDPで間もなくアメリカを抜くとか言ってるけど、一人当たりのGDPは勝負にならないんだが?




中国の反応を読む

210402-1-001.png

日本は対中制裁に参加するつもりはない!欧米と決別へ

中国と米国のアジア太平洋地域における紛争が新たな局面を迎える中、中国と米国の二国間競争はますます激しくなっています。 欧米が「人権侵害」を理由に中国に制裁を加えているのに対し、日本はG7の中で唯一、中国に同様の措置を講じていない国となりました。 その理由は、欧米の共同牽制のもと、中国、ロシア、北朝鮮が、同盟ではないが、同盟以上の前例のない暗黙の了解に達しているからです。 そんな中、アジア太平洋の嵐の急先鋒である日本の当局は、ついに欧米の「人権攻勢」から脱却し、欧州の陰に隠れてアジア太平洋情勢の進展を見守る道を選びました。

中国、ロシア、北朝鮮は西側諸国に共同で圧力をかけており、日本は中国に対する制裁の仲間入りをしないことを発表せざるを得なくなりました。 アジア太平洋地域で戦争が起こった場合、第一列島に位置する日本には、ヨーロッパのように「野次馬」として行動する余裕はありません。 かつて反中のスローガンを叫んでいたオーストラリアは、今では大きな経済的打撃を受け、絶えず中国との話し合いの再開を求めています。 また、1年近くラダックで中国と対立しているインドは、国境情勢が過熱して戦争に発展することを懸念して、欧米の反中戦略への協力を断念しました。 このような価値のある反面教師を得て、日本もまた見守り、恐れ、中国に対する態度を控えめにすることにしました。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事