Tag : 漢字
190324-2-001.jpg

主義、社会、経済などは日本語から来た中国語。使うべきではない

100年近く前に、「主義」「社会」「経済」などの日本語の単語が中国に入ってきた。
その時、中国人はこれらの単語を使う事に反対したが、それは徒労に終わった。
しかし近年、「日本語から来た中国語」を排除しようとする動きがある。

科学、幹部、指導、社会、主義、市場、背景、化石、環境、芸術、医学、交流、否定、行程、仮設、反対、高潮、解放、供給、説明、方法、共同、階級、公開、希望、活動、命令、失踪、投資、抗議、化粧品、銀行、空間、警察、経験、経済、恐慌、現実、元素、建築、雑誌、国際、時間、市長、失恋、宗教、集団、新聞、記者、接吻、蛋白質、抽象、通貨膨張、電子、電報、電話、伝染病・・・

これらは全て「日本語から来た中国語」である。
現代では、これらの単語を使わずに表現する事ができなくなってしまった。
愛国者たちは、どう表現していくつもりなのだろうか。




中国の反応を読む

190118-1-001.jpg

日本人は中国の漢字を使いながら中国人を罵るけど

それって道理から外れてないか?




中国の反応を読む

181226-1-001.jpg

日本にはカタカナやひらがながあるのに何で漢字を使ってるの?




中国の反応を読む

181018-1-001.jpg

日本人「漢字って偉大だな。中国のおかげだ」

上の写真を見てください。
漢字4文字で表現できることを、英語だととても長い文になる。これを見たある日本人は、「全部中国から来た漢字のおかげだ。漢字は偉大だ」と言った。それに対して、日本人はこうコメントした。




中国の反応を読む

180516-1-001.jpg

よく日本人は中国はパクリ大国だって言ってるけど、日本人こそ漢字をパクっただろ

以下、日本人のコメントです。




中国の反応を読む

180407-2-001.jpg

日本人は中国がパクリばかりしているというけど、日本人だって漢字をパクってるよな

1、日本のネット民

良い方向に持ってくか悪い方向に持ってくかやで




中国の反応を読む

180311-1-001.jpg

今の日本の若者は漢字を書けないらしい

とある日本人ユーチューバ―の検証動画。
街で日本の若者に、漢字を書いてもらうというもの。
「戦闘」「翻訳」「献立」「賄賂」を書いてもらったが、書けない人が多い。
これに挑戦した日本人は、
「漢字は難しい。ひらがなだけでいい」
「中学までの漢字でも、難しいものが多い」
「賄賂って字は難しかったな」
「本を読んで漢字を見ているが、実際に書けと言われると、書けない」
とコメントしている。




中国の反応を読む

170416-1-001.jpg

ドイツ人が日本にブチ切れ!「独という字は差別!」 日本人「中国に文句言えや!」


1:日本人

それだけ漢字を愛するシュミッツさんが嫌いな漢字が、ドイツの当て字「独」だ。獣偏を使っていることに、差別視がうかがえるという。
「漢字を知るドイツ人としては、この文字は変えてほしい」。白川さんも生前、シュミッツさんの主張を聞いたとき、「それが日本人の
中華思想ですよ」と、差別意識が文字に表れていると同意したという。

新聞を読んでいて、ドイツの出来事を報じた記事の見出しに「独」があると悲しい気持ちになる。



中国の反応を読む

170412-1-001.jpg

百田尚樹「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」

日本はなぜ、中国の脅威を感じながらも適切な対抗策を取れないのか。
作家の百田尚樹氏は、その背景には日本人の勘違いに基づいた「中国への憧れ」があると語る。

中国の尖閣諸島への“侵略”は日に日にエスカレートしています。
ただし、意外かもしれませんが、尖閣周辺の東シナ海や南シナ海で暴れ回る中国に対峙しようという時に、もっとも弊害になっているのが日本人の「中国への漠然とした憧れ」です。

皆なんとなく『史記』が好きだし、時代作家は『三国志』を書きたがる。
江戸時代の儒学者はとくにそうですが、長い間、日本人の間には中国は「歴史ある偉大な国」「文明的ないい国」だという誤解があった。

そもそも、なぜ学校で「漢文」の授業があるのか。
英語と違って使う機会なんてないし、あれは趣味の世界だと思うんです。
子供の頃から誰でも知っている「中国4000年」という言葉も、あの国への無意味な憧れを生んでいます。

それらが醸成する漠然とした「中国への憧れ」があるから、「なんだかんだ言っても、最後は仲良くできる」「全面戦争は仕掛けてこない」という幻想が生まれているのだと思います。

実際の中国は、異民族が次々に侵入してきては王朝を打ち立ててきた歴史です。
易姓革命で王朝が変わるたびに民衆の大虐殺が行われてきた。
そんな歴史のどこがいいというのでしょうか。
今、中国が本気で日本を奪りに来ていることは誰の目にも明らかです。

そもそも中国文化は根本的に日本人には合いません。
例えば故事にある「宋襄(そうじょう)の仁」は、紀元前の宋の国の襄公という人が、参謀から「敵が川を渡っている最中だから、今攻めれば勝てる」と進言されたのに、「そんな卑怯なことはできん」と相手が川を渡り終えてから正々堂々と戦って、負けたという話です。
無用な情けということで、中国では「大バカ者」という意味です。

上杉謙信の美談となっている「敵に塩を送る」なんてメンタリティは中国人には通用しません。
どんな手を使っても、とにかく勝ちさえすればいいというのが中国の文化なのです。

かつての日本は、今よりももっとうまく中国とつき合ってきました。
中国の力が強大だった時は遣隋使や遣唐使を遣って制度や文化を取り入れましたが、それも平安時代になったら「もう中国の文化はいらん」とやめました。

中国の文化も、すべてを受け入れたわけではありませんでした。
生身の人間の肉を少しずつ切り落としてじわじわ殺す凌遅刑は残酷だからとシャットアウトしたし、科挙も宦官も入れなかった。
纏足の習慣も日本では根付きませんでした。
朝鮮半島はそれらすべてを無条件に受け入れましたが、日本は取捨選択をキチッとして独自の文明を育んだのです。

それを考えれば、現在も中国に対する漠然とした憧れを持つことはやめるべきだし、そんな勘違いを育む漢文の授業も廃止したらいいのです。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事