Tag : 琉球王国
210829-1-001.jpg

琉球は独立して琉球王国に戻って中国と仲良くした方がいい

琉球人の祖先は福建省辺りの漁民だ。
だから琉球人は中国に親近感を抱いている。
琉球人は日本人のことがあまり好きではない。
琉球は独立したがっている。




中国の反応を読む

210523-1-001.jpg

近い将来、中国が琉球を強制的に独立させることは可能なのか?

例えば、沖縄で生まれ育った夏川りみのような歌手が日本で人気を博しているように、琉球と日本とのつながりはとても強くなっているように思います。
まるで一つの国になったかのような感覚です。
今後、中国が強くなった場合、琉球を日本から強制的に独立させることは可能なのでしょうか?




中国の反応を読む

210517-1-001.jpg

現在の沖縄県民は、中国に対してどのような感情を抱いているのだろうか?

当時、琉球は属国と言いながらも、日本が琉球でやっていたことに対して清国政府は何も対応しなかったわけだが。




中国の反応を読む

210514-1-001.png

香港、マカオ、台湾では多くの人が中国からの独立を望んでいるのに、なぜ琉球人は日本に対し強い帰属意識を持っているのか?

琉球はもともと日本とは別の民族で、侵略された。
しかし、今の琉球人は日本への帰属意識が強い。
もともと中国の領土だった地域は、常に独立を望んでいたはずだが、最近はそんな話も聞かない。




中国の反応を読む

210331-1-001.jpg

琉球は独立国家だったのか?

中国の一部だったのか、日本の一部だったのか?




中国の反応を読む

210118-2-001.jpg

沖縄人の中国への意識は内地の日本人とは大きく違っている。中国の属国であったことも覚えている

故・翁長知事は中国を訪問したことがある。
琉球王国以来、初めて沖縄の長が中国を訪れた歴史的な出来事だった。
北京を訪れた翁長知事は「沖縄と中国との経済交流が活発になることを希望する」と発言。
「琉球王国は代々中国との貿易で発展しアジア交易の懸け橋となっていた」とし、「琉球王国は明朝、清朝時代には属国の関係であり、明治政府が琉球王国を併合しようとしたことに抵抗した時も琉球の民は中国に助けを求めていた」と話した。

現在でも沖縄では多くの米軍基地反対デモが起こっており、内地の日本人とは意識が大きく違っている。




中国の反応を読む

201023-1-001.jpg

沖縄が日本から独立したい理由:20万人以上が犠牲になった琉球大虐殺

琉球(日本の沖縄県)は、1871年までは独立した琉球王国だったが、日本に併合された。

中国の明朝は代々、琉球王国の統治者に琉球王の称号を授けていたが、17世紀初頭、薩摩藩の島津が圧倒的武力で琉球王国に侵攻した。降伏文書にある「琉球は薩摩藩の領地」という文言を琉球人は受け入れざるを得なかった。ただ明朝の手前もあって、琉球は表向きは「独立国」として存在した。清朝になっても、琉球王国は清と薩摩藩の両方の間でバランスを取っていたが、清朝が大きく弱体化したのをきっかけに、1871年、日本は正式に琉球を併合し1879年に「沖縄県」となった。




中国の反応を読む

200630-1-001.jpg

琉球は古来より中国の領土だったことが判明

中国の歴史書に、琉球誕生の話が簡単に書かれている。隋~唐の時代に、一組の男女が琉球諸島に流れ着き、島内で生活を始めた。その後、徐々に島に人が増えていき、宋時代には琉球国が出来上がっていたという。

元朝末期、琉球は中山・山南・山北の三つの国に分裂していた。最も強かったのは中山国だった。1372年、明が琉球に使いを出し、この三か国は中国の属国となることを承認した。




中国の反応を読む

200416-1-001.jpg

10万人以上が犠牲になった日本軍の琉球での虐殺

1945年3月、劣勢を続けていた日本軍は防衛線を琉球まで下げ、琉球本島で米軍との決戦に挑む。
これが太平洋戦争での初の本土決戦になる日本軍は絶対に負けることを許されず、第二次世界大戦中でも最も熾烈な戦闘になり、琉球民間人を犠牲にするような無茶な作戦が多発した。
更には、負けが目に見えた日本軍は琉球民に向けて“玉砕令”を出し自決を強要する。
この戦闘で日本軍に虐殺された琉球民は10万人を超えている。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事