Tag : 身長
201107-1-001.jpg

日本人の身長が155cmで名実ともに小日本だったのは1200年間肉を食べてなかったから

日本人と聞くと、みんながまず思い浮かぶのは「日本人は背が低い」ということだろう。
現在の日本人の身長は決して低くないが、昔の日本人は155cmくらいしかなかった。
その理由は、1200年間、肉を食べていなかったから。
栄養が足りていなかったのだろう。




中国の反応を読む

200920-1-001.png

昔の日本人の身長がいくらなんでも低すぎる

武士は弓よりも小さい。
この世のものとは思えないほど背が低い。
なぜ日本が倭と呼ばれるようになったかよく分かる。
有名な本多忠勝は140㎝しかなかったらしい。
刀を持っている姿も、背が低すぎて、大剣を振り回す人気ゲームのキャラのようだ。
夫婦が並ぶと同じくらいの身長。
米軍兵と並ぶと、背が低い事がよくわかる。




中国の反応を読む

191114-1-001.jpg

日本人の身長が中国を超えて「小日本」と呼べなくなる

中国では、「小日本」は日本人への蔑称のひとつである。中国語の「小」には侮辱の意味が含まれる、だが「小日本」という言葉には「日本の国土の小ささ」や「日本人の身長の低さ」を馬鹿にする意味が含まれているのだ。しかし最近、日本人の平均身長は中国人よりも高くなっている。これには多くの中国人が驚いた。
ある日本のウェブサイトで中国メディア今日頭条の文章がシェアされた。中国の著者が「今後日本人に対し小日本という言葉は使えなくなった」と語る内容のスレッドだ。

スレッド内容では、明治維新前の日本人の平均身長は男女合わせて150cm程度と低い水準だった。戦国時代の武将もとても低かったようだ、実際の身長に関する正確な記録はないが、武将が使用した甲冑からおおよその身長は判断できる。今著名な武将と大名はみんな150cm程度の身長だったのだ。

スレ主によれば、日本人の身長が低かった原因は、四足獣の肉食を忌避したことでたんぱく質不足に陥ったからだそうだ。長期的な飲食習慣が身長に大きく影響したという。同時に、近年の日本人は身長が大幅に伸びており、平均身長は170cmを超えていて、中国人の平均身長よりも高い。その理由は、日本人が肉を多く摂取するようになったことにある。給食でも提供されることになり、栄養状態は良くなったことで一世紀の間に急速に身長が伸びた。中国人が言う「小日本」はネットのみならず、実際の生活の中でも蔑称として使われる。「小」の意味は背が低いというだけではないが、少なくとも今の日本人は絶対に「小さ」くはない。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事