Tag : 靖国参拝
190617-1-001.jpg

靖国神社に戦犯はいない いるのは英雄だけだ


日本にある8万以上の神社の中で、靖国神社だけが第二次世界大戦時のA級戦犯を祀っていることで、長い期間に渡って争いの火種になっている。

しかし、靖国神社側は“戦犯”の存在を否定している。「祀られているのはすべて国の為に戦い自分の命を犠牲にした人。身分の高い低いの差はない。日本では戦犯と言う言い方はない。それが戦後70年間、これらの人たちが靖国神社に祀られている理由だ。」と。日本では近年、戦犯を“分祀”するという議論がされているが、靖国神社は「ありえない。」と否定している。

東京が国際化しているなか、靖国神社は戦争の記憶と政治的主張が充満している。入り口には各団体がポスターを貼るなどしている。ある日本の政治団体は数週間おきに旅行客からの署名活動を行い、政府に圧力をかけようとしている。慰安婦の存在と南京大虐殺を否認するのが目的だ。

“国の為に犠牲になった人を祀る”という名目のもと、靖国神社は“愛国主義”と民族精神の象徴となった。各祭日にはさまざまな祭事活動が行われている。靖国神社の発表によると、毎年約500万人が靖国神社を参拝しているという。

遊就館は靖国神社内にある遺品を展示・収蔵している戦争記念館である。館内の展示品の陳列方式と内容の紹介は、日本の軍国主義を美化するものではない。記者が館内に入りまず向かったのは映像ホールで、第二次世界大戦の記録フィルムが流されていた。フィルムは日本の兵士が国の為に尽くし、日本が被害者であるかのような印象を受けた。

遊就館の展示は“武士道”の発展を思わせる。しかし日本が近代において行った領土拡張のための戦争は、日清戦争、日露戦争、大東亜戦争も含まれる。展示品は正義感に溢れ、日本がアジア諸国に対して行った侵略は“日本がアジア諸国を救った”と思わせるものだった。具体的な事件に関する記述はなく、日本軍の罪については極力避けられている。“南京事件”の紹介では、平民を装った中国の兵士を倒しただけだ。松井石根は“厳格に軍のルールを守る”ことを司令し、日本兵が違法行為を行う事を禁止したと書かれている。

日本が戦争で被った被害の宣伝はあるが、館内には日本の戦争に対する反省は見受けられない。皮肉なのは、これらの悲劇を生みだしたのは、ここに祀られている戦争発動者であることだ。日中友好協会の副会長は、「戦死者の家族が参拝できる場所を望むのは理解できるが、内閣や政治家が靖国神社を参拝するのは問題である。戦犯を祀るというのは相応しくないこと、祀られている人たちは一度も靖国神社を訪れたことがないのだから。」と語る。靖国神社の戦犯を祀っている問題については、日本国内でも長年討論されてきた。一つの案として、戦犯のみ分祀するという案があったが、靖国神社は戦後一般宗教法人となっているため、決定権は神社にあり、政府が管理に口出しできないのだ。

靖国神社の広報は、「政治的要因から祭祀方法を変更するというのはありえない。道教の理念からみても、一度祀った英霊を分祀するのはありえない。」と言う。靖国神社の問題は、日本政府にとって主権を獲得するための交渉の道具となっている。




中国の反応を読む

190425-1-001.jpg

独断専行!日本の安倍晋三首相が靖国神社に供物奉納

新華社東京の4月21日の情報によれば、日本の安倍晋三首相は21日、「内閣総理大臣」の名義で靖国神社に「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。

靖国神社は21日から23日まで春季例大祭を行う。厚生労働大臣の根本匠、衆議院議長の大島理森、参議院議長伊達忠一なども「真榊」を奉納したようだ。

安倍首相は2013年12月の靖国参拝を最後に、これまで参拝はしてこなかった。だが毎年春季と秋季の例大祭期間には供物を奉納しており、「8/15」の敗戦の日には「自民党総裁」の名義で「玉串料」を奉納している。

長い間、一部の日本の政治家、国会議員は靖国参拝が日本と中国、韓国などのアジア国家との関係に緊張をもたらすと考えてきた。

靖国神社には侵略戦争の責任を負った第二次世界大戦のA級戦犯が祀られており、中国側は日本の間違ったやり方に反対してきており、日本側に侵略の歴史を正視し、深く反省すること、軍国主義と一線を画し、実際の行動によってアジア隣国や国際社会の信頼をえるべきだと促してきた。




中国の反応を読む

180807-1-001.jpg

日本の靖国神社って何なの?

中に何があるんだ?
誰か教えてくれ。




中国の反応を読む

170825-1-001.jpg

日本人右翼「我々はいつでも戦場に行く準備ができてる!」 小学生「おじさんバカなの?」

今年8月15日に、靖国神社を参拝した人たちの中には、右翼団体「国栄会」の代表がいて、「我々はいつでも戦場に行く準備ができている」と宣言していた。それに対して、小学生たちは何を言うのだろうか。

ある小4の女子小学生「靖国神社って賑やかだね」
ある男子小学生「ここに来て初めて戦争の残酷さがわかった。僕は絶対戦場に行かない」
ある男子小学生「平和がなければ、僕たちが毎日遊ぶ場所すら確保されない」


170825-1-002.jpg


お母さんと毎年靖国神社を参拝する男子小学生がいた。戦争史が好きで軍服のコスプレをしてた彼は、戦場に行きたいかと聞かれると、「行きたくないよ。おじさんバカなの?」と笑顔で答えた。




中国の反応を読む

170328-1-001.jpg

日本の天皇は、靖国神社にA級戦犯が祀られていることを知ってから一度も参拝したことがない

それは賞賛に値する行為だ。
だから鄧小平も胡錦濤も訪日するときは必ず天皇に会った。
しかしそのことを知らない国民はたくさん居る。
写真は鄧小平と卓琳が天皇皇后両陛下と会見する様子。




中国の反応を読む

170315-1-001.jpg

写真で見る本当の靖国神社

靖国神社は、東京都千代田区九段北にある神社である。その前身は東京招魂社で、明治天皇が戊辰戦争の戦没者の慰霊のために作ったものであった。1879年に靖国神社に改称された。

250万人の戦没者が合祀され、そのうち210万人は第二次世界大戦の戦没者である。14名のA級戦犯と、2000名ほどのB級、C級戦犯も祭られている。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事