Tag : 領土紛争
210319-1-001.png

なぜ政府は釣魚島に何も言わなくなったの?

報道によると日本は今では海上自衛隊艦艇で釣魚島を巡航してるそうだ。

我が国はずっと釣魚島が固有の領土だと強調し続けてきた。
我が国の政府は領土を守る決心と志を揺らしてはいけない。
日本の軍艦とトラブル起こすのを恐れているのかな?
今、我が国は違う状況に陥っている。
釣魚島にこだわり続けると、トラブル、あるいは戦争が起きる。
だが実際に行動を起こさなければプライドが守れない。
最近では飽きてきたのか話題にすらしなくなった。

普通であれば、今の状況は政府、中央の判断、戦略が完全に間違いだとわかるはず。
反省するべきだろう。
今の政府は民衆の信頼を徹底的に失っている。

日本が釣魚島を国有化しようとした時に、大きく動くべきだった。
ちゃんと対応できる人材に任せるべきだ。
日米の挑発によって、もう後戻りできない。
いつか彼らに取り返しのできない状況に追い詰められてしまう。
本当に我慢できなくなるまで我慢するつもりか?
人民の信頼を失った後に、動き出そうとするつもりか?

どんな結果になっても、責任のある政府がすべきことだ。
もう人民の立場に立てよ。
この周辺事態をもうそろそろ解決してくれないか?
一日一日を無駄にするなよ。
一つ一つの危機が多く重なってしまうじゃないか!




中国の反応を読む

210310-1-001.jpg

釣魚島での争い、日本自衛隊が極超音速滑空弾を使用へ

日本のメディアによると、最近、日本の与党自民党は防衛会議で、中国の海上保安庁の船が釣魚島に上陸しようとした場合、日本側が傷害的な「ハザードショット」を実行する可能性があるという威嚇的な発言をしたようだ。 この脅威は、中国に「釣魚島の巡航」をやめさせようとする米国防総省の要求に触発されたもので、日本のマスコミはすぐに騒然となり、日本の自衛隊が開発している超音速兵器システムと相まって、将来的には極超音速滑空爆弾を使って釣魚島周辺海域を攻撃するというシナリオもあり得ると主張している。




中国の反応を読む

200830-1-001.jpg

小日本はどうやらカイロ宣言を知らないっぽい

1943年、中国、米国、英国の首脳はエジプト・カイロで共同声明を発表した。
「1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占領した太平洋におけるすべての島を日本国から剥奪する。並びに満洲、台湾及び澎湖諸島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中国に返還する」と。
75年後の今でもその宣言は生きている。
歴史の改ざんは許されない。
記憶することは良い未来に繋がる!




中国の反応を読む

200815-1-001.jpg

日本、いきなり釣魚島に本気を出してくる・・・

日本の議員団体「釣魚島の「実効支配」を強化する立法に向けて動く」

日本の防衛省が、中国の巡視船の大型化が顕著になり、5年前から3000トン級が3席以上釣魚島に入ってきているということを伝えた。

NHKの報道では、中国の公務船が釣魚島(日本の呼称は尖閣諸島)周辺海域で頻繁に活動していることに対し、自民党の議員団体が、「実効支配」を強化し、「調査活動」を促進するための立法を進めることを決定したようだ。




中国の反応を読む

200209-1-001.jpg

本当に釣魚島だけでいいのだろうか?

琉球、日本列島は元々中国の領土だろ?
なぜなら、古代より日本列島に住む奴らを「小鬼子」と呼んでいた。
「小鬼子」とは「親不幸な子供」という意味だ!
だから戦争になれば、我々は大義の為に日本列島を征服し、領土を奪還する!




中国の反応を読む

190606-1-001.jpg

日本、領土を放棄していた・・・!

ロシア「日本は既に北方四島がロシアの不可分の領土だと認めている」

ロシアのラブロフ外相は5月31日、1956年の日露による「共同声明」で、東京側は当時南千島群島(日本側の主張では”北方四島”)がロシアの不可分の領土であると表明していると主張した。

TASS社の31日の報道によれば、ラブロフ外相はインタビューの際に、ロシア側は1956年の共同声明の執行を拒絶していないと語っているようだ。ラブロフ外相は日本側のアメリカとの1962年の軍事同盟条約で、アメリカがひっ迫した状況のもと、共同声明を行っていることを批判した。ラブロフ外相は、プーチン大統領の就任以来同じ態度を取り続けてきたことも強調した。

ラブロフ外相は、声明の規定に基づくと、日ロ双方が平和条約に同意するのは「第二次世界大戦」の結果を認めることを意味すると語る。声明はさらに、平和条約締結後、モスクワは領土問題解決に関し、善意の姿勢で臨み、日本人の利益にも配慮するものと規定している。ラブロフ外相は、声明に署名した際、双方ともに北方四島はソ連の不可分の領土であることに同意している。もしこの事実を認めないなら、宣言を基礎とする平和条約は進まなくなると主張した。

ロシアと日本は第二次世界大戦終結後、平和条約を結んでこなかった。日本は1855年に締結した日露和親条約に基づき、南千島群島四島、択捉島、国後島、色丹島と歯舞島の返還を要求、平和条約締結の条件としてロシア側に主張した。モスクワ側の立場としては、南千島群島は第二次世界大戦の結果ソ連の領土となっており、主権に関する紛争は存在しないというものだ。

1956年の日ソ共同宣言によれば、ソ連は平和条約締結後、南千島群島の歯舞島と色丹島を日本に渡すことを考慮した。だが宣言では国後島と択捉島の帰属問題について言及されていなかった。昨年11月14日、ロシアのプーチン大統領が日本の安倍首相とシンガポールで会談をおこなった。日本の首相はその際、日ソ共同宣言を基礎に平和条約を結ぶことについて談判を進めた。現在、日本政府としては四島の返還の要求、そして返還されれば平和条約締結を検討するという立場である。




中国の反応を読む

190407-1-001.jpg

日本の教科書が南千島群島を「固有の領土」と表記 駐日ロシア大使が反論

駐日ロシア大使ガルージンは3月27日東京で、日本の小学校で2020年度から使用される教科書に南千島群島(日本側の呼称では北方領土)が「固有の領土」であると表記されていることに対し不満を示した。彼の主張では南千島群島はロシアの正式な領土であり、「日本側のこういった不正確な主張は認められない」ということだ。

日本共同社3月28日の報道によれば、菅内閣官房長官が27日の記者会見で「日本政府の北方四島についての法的立場に変化はない。国民に不正確な情報を発信することはしない。」と反論した。

それ以外に、安倍首相はロシアとの会談への影響を避けるため、国会答弁などの場では南千島群島への「固有の領土」という発言を控えていた。ガルージン大使はこの対応について「公開の場で使わなくても、多くの学生たちに伝わるのであれば同じことだ。このやり方は矛盾している。」と批判、日本政府のロシアに対する経済協力については、ガルージン大使は「日本からの投資を受けてもそれが島を渡すことには繋がらない。」と強調した。




中国の反応を読む

190318-1-001.jpg

Googleのソフトが北方領土をロシアの領土だと言っているんだが

広く知られているように、日本とロシアの間には小さいとは言えない領土問題が存在する。
日本は当該島嶼を「北方領土」と呼んでおり、双方が自分たちの領土だと認識している。
最近、日本のネット民がグーグルアシスタントに北方領土はどの国のものか聞いたら、グーグルは「ロシア」と回答したそうだ。
これに関し、ネット民たちが議論を繰り広げた。




中国の反応を読む

190128-1-001.jpg

120年前、日本は釣魚島を盗んだ

1894年、中日甲午戦争で、中国が失敗した。
1895年、日本政府は内緒で釣魚島を日本領土に入れた。
日本の内閣が釣魚島を強引に占領しようと再び討論した。
実は釣魚島は昔から中国固有領土だった。
日本のいわゆる占領って、実は盗んだのだ。
釣魚島は中国のものだ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事