Category : 社会
191211-1-001.jpg

日本のテレビ番組は自国賛美ばかり、いつも外国人に日本を褒めさせている

最近、日本のテレビ番組は低俗化は深刻だ。日本のある記者は「低俗なテレビ番組が増えている。日本にとって重要な国際情勢のニュースは報道しないのに」と嘆く。

欧米のテレビ局は、国際情勢をトップニュースとして報道している。しかし、日本のテレビ局はそういったことを全く報道せず、視聴者の求めるくだらない番組を放送している。簡単に言えば「日本第一主義」で、「外国人に日本を称賛」させたり、「日本がいかに世界から尊敬されているか」を紹介したり。

しかしながら、日本は世界で全く尊敬されていない。むしろ今は世界から無視されているではないか。その記者は、2014年にフランスで取材をしていたが、フランスのテレビ局は中国やアメリカの重大ニュースばかりを流し、CMは中国企業ばかりだったという。日本関連のニュースは全く目にしなかったそうだ。

また、アメリカのピュー研究所が発表した日米関係の世論調査によると、70%のアメリカ人が日本の今の首相が安倍晋三であることを知らなかった。多くのアメリカ人が、東京から北京までバスで直接行けると思っていた。日本の世界での存在感が薄れている事の証明だ。

日本は世界の眼中にはないのに、日本人は反省するどころか逆に「神の国」だと主張し自分たちを持ち上げている。これが日本が世界に目を向けない原因だ。




中国の反応を読む

191204-1-001.jpg

最近の日本人は中国製好きすぎる。タピオカをファーウェイのスマホで撮ってTik Tokにアップしてる

中国人が日本メーカーを使っているように、日本人は中国メーカーを使っている。
とある番組のインタビューで、日本人に「好きな中国のブランドは何ですか」と聞いたところ、「ファーウェイ」「ハイアール」と答える人が多かった。
また、スマホアプリでも中国発のTik Tokと荒野行動が人気だ。

電子製品だけではない。
食べ物でも、日本ではタピオカミルクティーが流行っている。
タピオカミルクティーを飲むために、6時間待ちの列ができたほどだ。

中国のスマホ決済サービスやシェア自転車も、日本人を驚かせている。
本当に良い物を作れば、海外も中国を認めるのだ。
西洋のものよりも、今の「中国製」が、世界を席巻している。




中国の反応を読む

191203-1-001.png

中国へ留学する日本人学生が10年で7割増加。中国企業への就職を目指す学生も。

中国企業が日本の大学卒業者の間で人気を集め、就職活動中の日本人学生で中国企業に目を向ける人がますます増えている。
規模の大きさと成長の可能性の大きさが、中国企業のもつ独特の魅力だ。
多くの日本人学生が中国語をコツコツと勉強し、日中の舞台で輝きたいという夢を抱いている。環球時報が伝えた。

報道によれば、日本の就活生の間で中国企業の人気が高まると、中国留学の人気も上昇した。
日本学生支援機構がまとめた統計データでは、17年度に中国に留学した日本人学生は約5千人で、10年前より70%増加した。
中国は米国、オーストラリア、カナダに次ぐ4番目の留学先だ。
日本人留学生は中国語専攻を選ぶ人が多く、経済学や医学などの専攻を選ぶ人もいるという。

日本の海外就職研究家の森山たつをさんは、「アリババ集団が記録的な売上を達成して話題になったり、華為(ファーウェイ)のスマートフォンが店頭に並んだり、中国企業が身近になってきた。日本人学生が抱くイメージも変わり、就職先の選択肢に入るようになったのだろう」と分析した。

しかし中国で生活し、働くのは容易なことではない。
中国政府の外国人へのビザ発給要件は学歴や仕事のキャリアなどによって異なる。
千葉の大学に通う女子学生(21)は父親の仕事の関係で中国に9年間住んでいたことがあり、流ちょうな中国語を話す。
取材に対し、「就労ビザの申請が難しかったので、卒業してすぐ中国企業で働くことはあきらめた。来年春から日本の金融業で働く予定だ。就労ビザ申請の条件が整ったら、中国企業に転職するつもり」と話した。




中国の反応を読む

191202-1-001.png

日本の企業「弊社は中国人を採用しません」 中国人「小日本はいまだに20世紀を生きてるな」

中国人に対する印象が前世紀で止まっている日本人も少なくない。
この20年で、中国人と中国社会は激変した。
しかし、日本人にとっての中国人のイメージは、80年代90年代のままだ。

先日、東京大学の特任教授である、とある日本人社長が「弊社では中国人は採用しません」とSNSに書き込んだ。
この書き込みは炎上し、東京大学が「この書き込みは東京大学とは関係ありません」と公式発表した。
しかし、この社長に同意した日本人も多数いた。

80年代90年代の日本は、中国の一般庶民にとっては憧れだった。
日中関係も良好で、文化も似ていた。
日本はバブルに沸いていて、中国は文化開放が始まったばかり。
その頃の中国人は、日本へ行ってお金を稼ぐことが目標だった。

日本人は「中国人は採用しない」と言っているが、問題はそこではない。
問題は、中国人はすでに「日本で働こうと思っていない」のだ。

今の中国の経済力は、日本を超えている。
中国の都市部は急速に発展し、スマホで出前を頼み、スマホで料金を支払い、移動はシェア自転車という生活をしている。
これはすでに中国の日常であるが、日本では非日常の段階だ。
また、東京のスタバと北京のスタバでは同じ味のコーヒーを飲めるし、日本のコンビニにあるものは中国のコンビニにもある。

中国はすでに日本を超えた。
日本にあるものは中国にもあり、さらに日本よりも便利で快適に使うことができる。




中国の反応を読む

191129-1-001.jpg

日本人750人が論語を暗唱してギネス記録に認定されたらしい

江戸時代に藩校で論語を教えていた栃木県壬生町で24日、町民およそ750人が一斉に論語を暗唱し、同時に暗唱する人数のギネス世界記録に認定されました。

この挑戦は、江戸時代に壬生町にあった藩校で論語を教えていた歴史をPRしようと、町の教育委員会や漢文の専門家などが町の人などに呼びかけて行われました。
会場となった城址公園ホールでは学校で論語を習っている小学生を中心に、3歳から90代までの818人が参加しました。

挑戦は、孔子のことばを同時に暗唱する人数の最多記録に挑むもので、公式認定員の合図でスタートすると、参加者たちは拍子木のリズムに合わせ、論語の18の章句を一斉に暗唱していきました。
記録を達成するには暗唱が5分以上続く必要があり、計測した結果、途中でことばを忘れてしまった人を除く748人の暗唱で世界記録に認定されました。

家族で参加した40代の母親は「世界記録になってビックリです。頑張って良かったです」と話していました。
実行委員会の代表で壬生町教育委員会の田村幸一教育長は「大変うれしいです。練習してきた皆さんの今までの苦労が報われた気持ちになりました」と話していました。




中国の反応を読む

191124-2-001.jpg

地球上の鯨は日本人が絶滅させてしまうのか?

日本の捕鯨は、1000年以上の伝統文化で、古代日本人の目には、クジラは魚の一種だった。大きなクジラを仕留めることは勇者の証だった。
今年夏、日本はIWCを脱退して今は本格的な商業捕鯨を再開している。
今後、野生の鯨は日本人の手によって絶滅してしまうのかもしれない。




中国の反応を読む

191120-1-001.jpg

日本人は中国人に観光に来て欲しくないらしい

本当に中国人は馬鹿だよな。
嫌われてるのに何で行くのか。




中国の反応を読む

191117-2-001.jpg

なんで日本人は中国にネガティブな印象を持っているの?

第15回日中共同世論調査によると、日本に対して良い印象を持っている中国人は45.9%に達したのに対し、中国に対して良い印象を持っている日本人はわずか15%で、良くない印象を持っている人が84.7%に達した。
この結果は、日本在住の中国人が実際に肌で感じているようだ。
中国メディアの今日頭条は4日、日本に住む中国人の視点からこの問題を論じた記事を掲載した。

来日して長く、日本人女性と結婚したという中国人筆者は、日本人に中国や中国人に対するマイナスのイメージを植え付けたのは、日本のメディアだと分析している。
また日本人も中国にかかわる悪いニュースを好んで聞くので、メディアはより「偏った話を大げさに」伝えて悪循環になっていると主張した。

例えば、中国ですっかり定着したモバイル決済についても、人々の生活を便利にするというポジティブな話題であるにもかかわらず、日本では負の側面を強調しがちだという。
例えば「偽札が多いから」、「中国人は信用がないからクレジットカードが作れない」などのように、「中国の悪い面ばかりを強調する」と不満げだ。

ほかにも、監視カメラの多さや中国製のスマートフォンに関しても同じで、本来は中国の発展の表れなのに「日本メディアにかかれば、プライバシーが守られない、バックドアが仕込まれているという疑い、技術を盗んだなどのような問題にすり替わってしまう」と苦言を呈している。

こうしてみると、日本人の中国や中国人に対する態度は、中国で見られる反日運動のようなあからさまな反感とは違い、中国人が蔑視と感じるような言動に表れているのかもしれない。
筆者はその理由を、「経済が停滞している日本人は自信がなく、中国を見下げて日本を持ち上げようとしているのではないか」と分析し、「中国がすごいというのは時間が証明してくれる」と締めくくっている。

確かに、かつての中国のイメージを払しょくできず、真実の姿が見えにくくなっている状況はあるかもしれない。
とはいえ、中国人の「祖国の偉大さを証明したい」という愛国主義がこれに拍車をかけているとも言え、お互いの誤解によるところも大きいのではないだろうか。




中国の反応を読む

191111-1-001.jpg

アリペイが外国人でも使えるようになって日本人が歓喜!!

中国を訪れる外国人向けに、アリペイがサービスを開始した。
海外のクレジットカードから、アリペイにチャージできるようになった。
これでキャッシュレス難民にならなくなり、日本人がとても喜んでいるようだ。




中国の反応を読む

191108-1-001.jpg

日本のテレビ番組「沖縄宮古島を乗っ取る中国人観光客。ビーチにポイ捨て、スーパーで買占め、地元民は迷惑している」

日本のテレビ番組で、沖縄の宮古島を訪れる中国人観光客を紹介していた。
番組では、中国人観光客がゴミをポイ捨てしたり、スーパーで買占めをしたりして、地元住民を困らせていると紹介していた。
地元民は「ビーチにゴミがたくさん落ちている。ラベルが中国のものだから、中国人が落としている。時々、地元の人とゴミ拾いをしている」と話している。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事