Category : 社会
210720-1-001.jpg

正直なところ、抗日ドラマを観てる奴って楽しめてるのか?

毎回同じ設定、同じストーリーで鬼子を倒すだけ。
大半の人は嘘の歴史だって知ってるから滑稽でしかない。
我々に必要なのは真実の歴史ドラマだ。




中国の反応を読む

210705-1-001.jpg

国内のニュースが信用出来ないんだが・・・

例えば、アベノミクスが大成功して日本は史上最大の好景気に突入しているとCCTV(中国中央電視台)ニュースでやっていた。
でも日本のネットを見ると不満言ってる人も多いんだよ。
日本についての悪い報道は昔からよく見てきたが、最近は日本の良い報道ばかりな気がする。




中国の反応を読む

210622-1-001.jpg

中国にある日本人立ち入り禁止エリア

我が国には、日本人立ち入り禁止にしているところがある。
遼東半島の最南端に位置する旅順口区である。


210622-1-002.jpg


「侵略を認めない日本人立ち入り禁止」、こんな注意書きがされている。

抗日戦争では、多くの同胞がここで虐殺された。ここには世界各国から観光客が来るが、日本人観光客はまず見かけない。




中国の反応を読む

210620-1-001.jpg

日本人は本当のところ、抗日ドラマをどう思ってるんだろうか?



中国の反応を読む

210616-1-001.jpg

日本は中国の発展に対する見方を軽蔑から驚きへと変えた

2019年までに中国のGDPが日本を超えて10年になるが、GDPの総額が日本から大きく離れてしまったとき、日本の多くの人はまだ中国のデータには信憑性がないと考えていた。日本の経済的な総量は中国に負けていないが、中国は低価格帯の製品の生産で優位に立っているだけで、ハイテクの分野では日本や米国が絶対的な優位性を持っていると考えていたのだ。 このことは、経済産業省の担当者や日本の経済評論家、そして一部の民間企業のコメントにも表れている。




中国の反応を読む

210507-1-001.jpeg

日本の先生が中国を馬鹿にするんだが、中国の学生としてどうすればいいの?

期末試験のために授業で小論文を書いたので、先生の主張に対する反論を書いて悔しさを晴らしました。試験ではAをもらい、席は一番前に座りました。 しかし、寮に戻って冷静に考えてみると、中国にはどれだけのものが欠けているのだろうかと考えました。 ただ、先生は間違いなく反中国の過激派だったと思います。先生はこれを起点にして、反中国の暴言をたくさん吐きました。そして、中国人からは簡単に稼げるからいつか行きたい、市場を選べばかなり稼げるはずだなどとも言っていました。クラスでは、アジア人と社会について議論します。 しかし、先生はずっと中国のことばかり話していました。 以前は、北京、上海、瀋陽などで仕事をしていたそうです。

ビジネスで何度も騙され(新華社にも騙されたそうです)、数年後に帰国したら、友人が同じ会社に騙されていたようです。翡翠の買取で偽の鑑定士に騙されたりしていました。 確かに中国はこの分野では非常に悪どいことをしていて、規制などが整っていませんが、先生の発言は一般化するには無理があります。中国人はお金にしか目がないと言っていました。

日本では近年、中国脅威論が蔓延しています。 しかし先生は、中国を強大な国とは絶対に認めないと言っていました。 中国は軍事力に頼り、国家間のゲームのルールを無視して、アジア諸国を圧迫しているのだと。そして、ベトナム船を襲ったもの、南シナ海を襲ったもの、釣魚島を襲ったものなど多くの例を挙げていました・・・
例えば、香港と台湾は中国の一部として見られたことはないです。 クラスの日本人に「マカオは中国です」と言ったら、ああ、そうなんですかと言われます(日本人の性格上、露骨に反論してくることはありませんが)。




中国の反応を読む

210427-1-001.jpg

日本の元首相がついに真実を語ってくれた!

「米軍の駐留は日本の主権と領土を侵害している」

報道によれば、東京裁判75周年を記念して、ロシア歴史協会主催の国際ラウンドテーブルがモスクワで開催された。 その際、鳩山由紀夫元首相は「日本は歴史を尊重し、クリミア問題でロシアに理解を示し、クリミアの現状を認めるべきだ」と提唱しました。 その一方で、鳩山由紀夫氏は、米国が軍事的プレゼンスを通じて日本の主権と領土を侵害しているため、日本は完全に自律的な外交を行うことができないと強調しました。 東京とモスクワは、アジア太平洋地域における米国の影響力の増大に対抗するため、連帯を強化すべきである」と呼びかけました。 "元ロシア副首相でロシア歴史学会会長のセルゲイ・ナリシキン氏は、「残念ながら日本の政治には日本の軍国主義への反省は存在しない」と語りました。 日本国内には、戦後日本が選択した平和的な道に不満を持つ強力な勢力がまだ存在し、これらの勢力は米国の支援を受けてより攻撃的な外交政策を選択しようとしており、これはアジア太平洋地域の平和と安定にとって何のプラスの意味もないと警告しました。




中国の反応を読む

210324-1-001.jpg

日本が良いと言うと罵ってくる奴ら

日本にも良い人はいる。
みんなが悪いなんてことあるわけないだろ。
それなのに客観的に評価しただけで罵倒されるのは何故?




中国の反応を読む

210323-1-001.jpg

警告!日本のメディアが中国に来て堂々と人民解放軍の情報をスパイしていた・・・

3月14日、日本のテレビ局「朝日新聞」(以下、テレビ朝日)は、「地図にない軍事基地~中国脅威の "最前線 "に迫る~」と題した独占ビデオレポートを公開し、「中国脅威論」を蒸し返そうとした。 このビデオは、「中国脅威論」という古い話題を蒸し返そうとするものだ。 しかし、ビデオを全部見てみると、日本のメディアの報道には事実を歪曲したものが多いだけでなく、彼らのスパイ行為にも警戒すべき点があることがわかった。




中国の反応を読む

210303-1-001.jpg

日本の外国人労働者は多すぎる、その4割くらいが中国人

日本のコンビニとかに行くと色んな国の人がいるから面白いぞ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事