Category : 雑談
211101-1-001.jpg

共産党は「資本主義は邪悪」と言うけど、多くの発明は資本主義から

みんなが知っているように、自転車、時計、望遠鏡、顕微鏡、電気の発見、電灯、電話、無線、電報、ラジオ、カメラ、電池、自動車、汽船、列車、飛行機、映画、バイク、テレビ、パソコン、ビデオ、ビデオカメラ、電気炊飯器、エアコン、冷蔵庫、ロボット、携帯電話、インターネット等はすべて資本主義によって発明された。
だが資本主義は腐敗し、堕落し、邪悪で、没落したものであり、正真正銘の邪道だと党は言う。
我々は中国的特色ある道を歩いているのに、なぜ彼らの邪悪な発明を使うのか?




中国の反応を読む

211031-1-001.jpg

211031-1-002.jpg

211031-1-003.jpg

日本軍の南京侵略の証拠

私は磁器を集めるのが好きで、ここ十数年、日本から買ってきたものは数千個ほどあるが、全部戦争と関係がある。
例えば、この小さな盃の中に六個の日本文字が書いてある「南京陥落記念」、盃の外面の文字は「昭和12年12月」、落款は「大久保村」。日本人はこのような記念のものが好きだが、私にとってはこれは血生臭いものだ。すごくきれいな外見でありながら、数え切れない中国の同胞の悲惨な人生、侵略した日本軍の悪の残滓がそこに含まれている。




中国の反応を読む

211028-1-001.jpg

なぜ人々はドイツを許し、日本を許さないのか?

とあるコメントを読んで思ったことだが、この問題は日本に謝罪させることが目的だと思うんだが、ドイツは本当に謝罪したのだろうか?
それとも、ドイツが直接中国を侵略しなかったからこそ、違った反応が起きたのだろうか。
現在、ドイツは第二次世界大戦に対してどのような態度をとっているのだろうか。




中国の反応を読む

211025-1-001.jpg

各国の国連分担金

国連の2019-2021年の分担金を見てほしい。
中国は3億4700万ドルを納めた。
分担割合は12%だ。




中国の反応を読む

211021-1-001.jpg

日本鬼子を○すための武器を大量に用意した

これをお前らに配ろうと思う。
戦争の準備をせよ。




中国の反応を読む

211020-1-001.jpg

なぜ香港人は中国に反抗的なのか?

自分を中国人だと認めない香港人は、なぜ中国から出て行かないのか!




中国の反応を読む

211019-1-001.jpg

抗日ドラマを評価する

抗日ドラマの中の日本人は馬鹿だ。
ということは、中国人は馬鹿と必死に八年戦ったってことか。
これは国辱であって、娯楽ではない。
監督たちよ、素手で馬鹿を引き裂くとかっこいいのか?
中国人を侮辱するな・・・




中国の反応を読む

211018-1-001.jpg

日本人は中華文明の真の継承者と主張している

日本の右翼は「崖山の戦いを境に中国が亡くなった、明の滅亡を境に華夏が亡くなった」という間違った歴史観を持っていて、日本こそ中国の伝統文化の真の継承者であり、日本は中国に負けたことはないと主張していることが、中国の中国人民大学国際事務研究所の所長王義木危(木へんに危)の証言で明らかになりました。日本は欧米列強の考え方を鵜呑みにし、中国を軽蔑しているとのこと。




中国の反応を読む

211017-1-001.jpg

日本は秩序が勝手に維持されている

要らないものが外に放置されても、誰も勝手に取ろうとしない。
だから回収して欲しい場合は、その旨のシールを貼らないといけない。
休日の公園前には、ベビーカーが整然と一列に並んでいる。
和服姿の人もよく見かけて、伝統文化がちゃんと受け継がれている。
先生は学生たちと同じテーブルで同じ料理を食べる。
校長先生だって例外ではない。
みんな法律を遵守し、倫理観もちゃんとしている。
政府機関の入り口や公園の入り口に警備員は必要ない。
政府が社会秩序を維持しようとしなくても勝手に維持される。




中国の反応を読む

211015-1-001.jpg

洗脳されてるのは日本人ではなく中国人

一般的に言えば、情報公開レベルと国家の発展レベルは比例するものだ。
北朝鮮は恐らく金家の人たちが神だと言えば一般人は信じるだろう。
そして日本のような国は、情報が相当量公開されている。
国民が騙されることも我々より多くない。
だから私は彼らの歴史に対する認識が我々の主流メディアが宣伝するようなものだとはどうしても信じられない。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事