Category : 歴史
201002-1-001.jpg

「小日本」という呼び方は結構最近になってから使われるようになったのを知ってる?

近代に入ってから、我々にとって日本は悪いイメージしかない。
だから小日本と罵倒したくなるのは分からなくもないが、小日本という呼称の歴史を知っているだろうか?




中国の反応を読む

201001-1-001.jpg

日本軍が行った第二次大戦で最も非人道的な作戦:金馬計画

第二次世界大戦で最も非人道的な作戦は、日本軍医学博士金馬が発案した「STD(性病)兵器を使った金馬計画」に他ならない。

日本軍は真珠湾でアメリカに奇襲攻撃を行い、太平洋のたくさんの島々を占領した。しかし、米軍の反撃を受ければ、苦労して占領した島々を失うことになるのは日本軍もよく理解していた。




中国の反応を読む

200930-1-001.jpg

日本人は自分たちは徐福の子孫ではなく始皇帝の子孫と主張しているが・・・

始皇帝の命令で不老不死の薬を探すために500人の子供を連れて長旅の末に日本にたどり着いた徐福。結局、不老不死の薬は手に入らず、このまま帰っても始皇帝に殺されると悟った徐福は、日本に住むことにした。こうして日本という国が出来た。

日本人がそんな徐福の子孫だというならまだ分かるが、ある日本人学者が、日本人の祖先は始皇帝であると主張している。
これはおかしくないだろうか?




中国の反応を読む

200921-1-001.jpg

アメリカが天皇の居る東京に原爆を落とさなかった理由

日本は大戦中、アメリカに2発も原爆を落とされた。知らない人はいないと思うが、広島と長崎だ。では、なぜアメリカは天皇がいて日本政府のあった東京ではなく、広島に原爆を落としたのか?




中国の反応を読む

200920-1-001.png

昔の日本人の身長がいくらなんでも低すぎる

武士は弓よりも小さい。
この世のものとは思えないほど背が低い。
なぜ日本が倭と呼ばれるようになったかよく分かる。
有名な本多忠勝は140㎝しかなかったらしい。
刀を持っている姿も、背が低すぎて、大剣を振り回す人気ゲームのキャラのようだ。
夫婦が並ぶと同じくらいの身長。
米軍兵と並ぶと、背が低い事がよくわかる。




中国の反応を読む

200915-1-001.jpg

もし日本が中国に併合されていたらどうなっていたか?

実は、第二次世界大戦後、中国は日本を併合するチャンスがあった。
戦後、中国・アメリカ・ソ連・イギリスの四ヶ国が共同で日本を管轄するという公約だったが、アメリカ軍がソ連軍の日本への駐軍を許さず、イギリスは復興について計画するのみだった。
このとき、中国だけがアメリカ軍と共同で日本を占領するチャンスがあったが、結局それをしなかった。
もしこの時、日本を併合していたら、どうなっていただろうか。




中国の反応を読む

200913-1-001.jpg

日本が国旗のデザインを変えたの知ってる?

日本国旗はみんな知っているだろう。白地に赤丸(正確には紅色)というシンプルなものだ。
日本国旗の正式名称は「日章旗」。一般的には「日の丸」と呼ばれている。
白色は神聖さ、平和、純潔、正義を表し、赤色は情熱、活力、愛を表している。

しかし、このシンプルなデザインも、1999年に修正されていたのである。




中国の反応を読む

200906-1-001.jpg

未開の中国土人は日本軍のおかげで列に並ぶようになった

中華民国時代、中国人は駅で切符を買う際、列に並ぶ文化はなかった。
しかし、抗日戦争が勃発し、日本軍が駅を占領してからは列に並ぶようになった。
何故か?
日本軍兵士が銃と刀をもって常に監視し、割り込む中国人がいると叱りつけたからだ。
お前らは恥ずかしくないのか!?




中国の反応を読む

200905-1-001.jpg

日本、やはり中国に降伏していた

日本人は中国に戦争で負けたことを認めないが、日本政府が公開した降伏文書には重光葵外務大臣と梅津美治郎陸軍参謀総長のサインが確認できる。




中国の反応を読む

200830-1-001.jpg

小日本はどうやらカイロ宣言を知らないっぽい

1943年、中国、米国、英国の首脳はエジプト・カイロで共同声明を発表した。
「1914年の第一次世界戦争の開始以後に日本国が奪取し又は占領した太平洋におけるすべての島を日本国から剥奪する。並びに満洲、台湾及び澎湖諸島のような日本国が清国人から盗取したすべての地域を中国に返還する」と。
75年後の今でもその宣言は生きている。
歴史の改ざんは許されない。
記憶することは良い未来に繋がる!




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事