Category : 歴史
210321-1-001.jpg

日本の教科書の南京大虐殺の表記がひどすぎる

南京大虐殺は日本では「南京事件」と柔らかい表現にしていて、「戦闘で捕虜や住民に多数の死傷者が出た」と説明されており、日本軍の責任はどこにも書かれていない。
こんなこと許されるのだろうか?




中国の反応を読む

210317-1-001.jpg

抗日戦争で中国は本当に日本を倒したの?教科書に書いてあることがおかしいんだが

第二次世界大戦の主戦場は太平洋戦線であり、アメリカが日本の野望を打ち砕いたと思ってた。
でも、教科書には中国共産党がゲリラ戦、地雷戦で大日本帝国の侵略を止めたと書いてあり、国民党は逃げてただけだと書いてある。
アメリカへの言及は2発の原爆の事だけが書いてあり、「後方」から日本軍の敗北を加速させたと。
最後におかしな結論が出ている。
抗日戦争は、ファシズム強大国と植民地支配に抗う弱小国の間の生き残りをかけた戦争だった。
弱く小さい中国が強く大きい日本を撃退したことは、弱国が強国を倒した稀有な例だ、と書いてある。
中国が小さくて日本が大きい?




中国の反応を読む

210313-1-001.jpg

日本は中国から略奪した財宝で戦後発展した

第二次大戦中、日本は中国はもちろんアジア各国で狂ったように略奪を行った。
研究によると、第二次大戦中、日本が中国から略奪したのは金6000トン、10万点もの貴重な文化財を奪っていった。
それらの奪った財宝で、日本は戦後の発展を成し遂げ、アジア諸国は貧困に陥った。

当時、中国での略奪に関わった人物が記者に語った内容によると、日本が中国から財宝を盗んだ手段はとても卑劣で、仏像を壊したり、お金持ちの家に押し入ったり、墓を荒らして死者が身に着けていたネックレスなども奪っていたという。

そして、日本が中国を侵略していた期間に中国から奪ったお宝の一部は、日本の博物館に堂々と展示されている。
東京上野公園のそばにある東京国立博物館東洋館には、中国の文物や紀元前の銅鐸や鉄鍋、南宋官窯琮形瓶などがある。
これらには“重要文化財”との表記がされ、写真撮影は禁止されている。




中国の反応を読む

210308-1-001.jpg

30万人虐殺した日本に怒るのに、3000万人虐殺した奴を英雄扱いする国

チンギス・ハン率いるモンゴル帝国が虐殺した中国人は3000万人に上る。
当時、四川の人口は1300万人以上いたのが80万人にまで減った。
ロシアも被害国だがモンゴル帝国の虐殺を記憶する施設があるのに対し、同じ被害国である中国ではチンギス・ハンは英雄扱いだ。
それは何故かというと、チンギス・ハンは我が国を100年以上も支配することに成功したからだ。
もし日本が中国侵略に成功していたら南京大虐殺なんて誰も覚えてなかっただろう。
我々は強者に媚びる奴隷根性溢れる民族なのだから。




中国の反応を読む

210304-1-001.jpg

日本「1000億ドル払います」 中国「いらない」

大戦中、8000万人が被害に遭い、4兆ドル以上の資産が消えた。
大戦後、ドイツはソ連に120億ドル、ユダヤ人には600億ドルの賠償金を払った。
中国は日本からの1000億ドルの賠償金を放棄した。
一方、甲午農民戦争(日清戦争)後、清は日本に2億の銀を賠償として支払った。




中国の反応を読む

210301-1-001.jpg

何で日本は中国を侵略したの?

対米開戦は石油禁輸とかされてたから分かるんだけど。




中国の反応を読む

210223-1-001.jpg

敗戦後、日本政府に見捨てられて南京に残った日本人の生活

敗戦後、日本政府は中国残留日本人を見捨てるという前代未聞の恥知らず政策を発表した。南京にもたくさんの日本人が残っていた。中国人の恨みにさらされた彼はどんな生活をしていたのだろうか。

当時南京に居た日本人が2万人ほど。中国人からのとてつもない殺意から彼らを守るために、当時の中国政府は日本軍が使っていた兵営を改造し、彼らの居住地にした。




中国の反応を読む

210219-1-001.jpg

海外「古代中世の中国はずっと強大だったのに、なぜ日本を侵略しなかったのか?」→韓国人のコメントが秀逸

日本は古代から中国を虎視眈々と狙っている狼だ。




中国の反応を読む

210214-1-001.jpg

日本人「日本は最も古い国で2600年の歴史がある。中国は70歳」

中国の歴史は確認されているだけで5000年あることは周知の事実だが、日本では「日本は最も古い国で2600年の歴史がある。中国は70歳」というのが通説だ。
頭がおかしいようだ。




中国の反応を読む

210211-1-001.jpg

福沢諭吉が100年以上前に中国に向けて言った正論

私がずっと考えて来たことがある。
「中国はほとんどの時代で最も強大で世界で最も人口が多い国だったのにどうして大きく立ち遅れたのか?」
その疑問を解決する日本・福沢諭吉の言葉を発見したので見て欲しい。

福沢諭吉は著書の中で、最も嫌うべきは中国の思想家の偽善であると言っている。

「中国の思想家は、四徳(忠、孝、仁、義)を説くが、自分が為政者になるとそれを無視してしまう。」

彼は「日本は様々な文化や伝統を中国に学ぼうとしていたが、中国は自分の伝統にのみ固執し、世界の学問を許容する力がないが故に、西洋の侵略に直面したとき対応できなかった」と指摘してる。

中国以外の人類の思想の進歩は儒学から無関係なところで進歩してきた。
しかし、中国人は勉強せず、役人になり、退職したら騒ぐ以外に何も成し遂げなくなった。
日本は19世紀、20世紀、現代と変化し続け、世界の最先進国に仲間入りした。

今の中国はまだゆっくりとした現代化の途中だ。
福沢諭吉が100年以上前に指摘したことを、中国は現在に至っても成し遂げていない。
これが中国人の日本に対する憧れ、日本が好きな原因なのかもしれない。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事