Category : 歴史
211003-1-001.jpg

南京大虐殺がどうとか口先で言っても意味はない

「吠えてないで、直接攻撃してみろよw」

日本のネットではだいたいこのような論調である。
全く死を恐れていない様子で、日中はどんどんと離れていく。
アジア連合は夢物語だろう。




中国の反応を読む

211001-1-001.jpg

正直なところ、南京大虐殺についてどう思ってる?

日本人は戦争の罪を認めず、靖国神社の参拝を続け、釣魚島は返還しない。
日本の首相が、ドイツが謝罪したことに学ばないなら、我々中国人は復讐を選択するしかない。
我々が殺人を好んでいるのではない。
我々が基本的な謝罪の気持ちさえ受けられないから、復讐を選ぶことを強いられているのだ!
今日のような日本に対し復讐をしないなら、世界から中国人が見下されるだけだ!




中国の反応を読む

210930-1-001.jpg

大日本帝国海軍の凄まじい海軍力

大日本帝国海軍の第一隻目の「鳳翔」から数えて、第二次世界大戦が終わるまで日本は25隻の航空母艦を作った。
そのうち15隻は改造されて空母なったものだ。

[艦隊航空母艦]
赤城、加賀
蒼龍級:蒼龍、飛龍
翔鶴級:翔鶴、瑞鶴
飛鷹級:飛鷹、隼鷹
雲龍級:雲龍、天城、葛城
大鳳
信濃

[軽型航空母艦]
鳳翔、龍驤、龍鳳
瑞鳳級:瑞鳳、翔鳳
千歳級:千歳、千代田

[護衛航空母艦]
神鷹、海鷹
大鷹級:大鷹、雲鷹、沖鷹

水上飛行母艦には
若宮、能登呂、日進
瑞穂、秋津州、神威

凄まじい海軍力である。




中国の反応を読む

210929-1-001.jpg

思い出したくない歴史

西暦1555年、たった53人の日本人が、中国の浙江、安徽、江蘇の3省で略奪を行い、その後さらに南京城を攻撃し、明朝の4000人以上の官兵を殺し、震撼させた。
驚いたのは、中国のとんでもない弱さだ。
そもそも、日本人はどうして朝鮮を攻撃せず、こっちへ来たのか?

後期倭寇 -wikipedia-
後期倭寇の構成員の多くは私貿易を行う中国人であったとされる。後期倭寇の活動は交易と襲撃の両方、いわゆる武装海商である。主な活動地域は広く中国沿岸であり、また台湾(当時未開の地であった)や海南島の沿岸にも進出し活動拠点とした。また当時琉球王国の朝貢貿易船やその版図(奄美、先島含む)も襲撃あるいは拠点化しているが、しばしば琉球王府に撃退されている。また当時、日本の石見銀山から産出された純度の高い銀も私貿易の資金源であった。

『明史』日本伝には「(中国人)賊首毛海峰自陳可願還,一敗倭寇於舟山,再敗之瀝表,又遣其黨招諭各島,相率效順,乞加重賞」。また大太刀を振りかざす倭寇の戦闘力は高く、後に戚継光が『影流目録』と倭刀を分析し対策を立てるまで明軍は潰走を繰り返した。




中国の反応を読む

210927-1-001.jpg

1945年、故宮での日本軍投降式の珍しい写真

1945年10月10日。
故宮(紫禁城)での日本軍の投降式の珍しい写真だ!




中国の反応を読む

210922-1-001.jpg

日本「南京大虐殺被害者30万人は嘘」

日本外務省の見解では多くとも1万人程度だ。
どちらが本当のことを言ってるのか・・・




中国の反応を読む

210919-1-001.jpg

日本の歴史教科書

高等学校の世界史の教科書だ。
とても詳しく書いてある。




中国の反応を読む

210912-1-001.jpg

1946年の日本の惨状をおさめた珍しい写真

軍国主義は人の心を惑わす。
対外的に戦争を発動し、他者を害するが、最後には自分自身も害するのだ。この写真は1946年の日本を反映したものだ。投降協定によれば、日本は連合国の占領を受けることになっていたが、実際にはアメリカによる占領だった。日本経済は1939年に停滞した、敗戦後、日本経済は20年代のレベルにまで落ち込んだのだ。多くの人が帰る家をなくした。




中国の反応を読む

210910-1-001.jpg

日本降伏後に日本に駐留した米軍の写真

戦後の日本では、在日米軍の居心地は最高に良かったのは想像に難くないだろう。

1945年8月15日、日本が降伏し、マッカーサー連合国軍が日本に進入した。これらの連合国軍兵士による日本の一般女性に対する強姦事件が予測されたため、日本国政府は「日本女性の貞操を守る犠牲として愛国心のある女性」を募集し、連合軍向けの慰安所を設立。




中国の反応を読む

210907-1-001.jpg

ナチスが勝ち取った絶対的な優勢を日本が台無しにした

ナチス・ドイツが負けた理由はたくさんあるが、この2つだけは言わなければならない。1.天候。2.アメリカの参戦。どれもヒトラーのせいではなかった。イタリアと日本はドイツの計画を台無しにした。イタリアはドイツ軍の進軍を遅らせ、日本はアメリカを戦争に招いた。1対4のドイツが負けたのも仕方ないことだ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事