Category : 歴史
200704-1-001.jpg

日本を一人で征服した中国人とアメリカ人

日本は歴史上、二度だけ征服された。島国である日本にとって、この二人の人物は文明をもたらしてくれた神のような存在であり、そして日本の恩人である。




中国の反応を読む

200701-1-001.jpg

日本文化が中国に与えた影響を知らない人は多い

歴史的に、中国は確実に日本に影響を及ぼしているが、日本が中国文化に与えた影響も大きいということを知らない人は多い。




中国の反応を読む

200630-1-001.jpg

琉球は古来より中国の領土だったことが判明

中国の歴史書に、琉球誕生の話が簡単に書かれている。隋~唐の時代に、一組の男女が琉球諸島に流れ着き、島内で生活を始めた。その後、徐々に島に人が増えていき、宋時代には琉球国が出来上がっていたという。

元朝末期、琉球は中山・山南・山北の三つの国に分裂していた。最も強かったのは中山国だった。1372年、明が琉球に使いを出し、この三か国は中国の属国となることを承認した。




中国の反応を読む

200627-1-001.jpg

戦後日本からの膨大な経済援助を知ってるか?

日本との国交樹立で、中国は対日戦争賠償を放棄した。
しかし、1979年から2004年まで、日本政府が中国人民に対し行った25年に渡る経済援助の総額は1649億元(約3兆円)に達する。
90年代、日本経済はバブル崩壊により危機に陥ったが、それでも中国への援助を続けた。
中国の鉄道、道路、港、空港および農村開発、環境保護などを助け、援助プログラムは中国各省に恩恵を与えた。




中国の反応を読む

200625-1-001.jpg

戦後10年目の日本の写真がヤバすぎる

1955年の日本の写真だが、本当に敗戦国なのか?
中国の1980年代よりも発展してる。




中国の反応を読む

200621-1-001.jpg

なぜ日本と韓国は中国式ベッドを取り入れずに床で寝てたのか?

古来より中国の先進文化は、日本と韓国に大きな影響を与えてきた。
基本的には、中国で流行したものを日本と韓国はパクっていた。
しかし、中国式ベッド(牀)は伝わっていない
近代になって、日本が開国した後、西洋式ベッドが入ってきた。
そのため、日本にはベッドを表す言葉はベッドという外来語しかない。




中国の反応を読む

200617-1-001.jpg

日本が中国を占領してやりたかったこと

日本は明治維新後、他の東アジア諸国とは比較にならないほど急速な近代化を遂げ、侵略戦争によって中国や朝鮮などの周辺国家の土地を手に入れてきた。




中国の反応を読む

200604-1-001.jpg

中国と日本の対立の発端って何なの?

日本との対立は抗日戦争が原因ではないと思う。




中国の反応を読む

200527-1-001.jpg

彼氏(日本人)の祖父が日本陸軍の中佐だった

私は上海の日系企業で働いている。私の上司は彼氏でもあって、仕事で関わるうちに恋人関係になった。彼が上海に来たばかりの頃、私は彼の見た目に魅かれていた。彼は礼儀正しくて善良な人だった。
私たちの交際は上手くいっている。私の両親も彼氏が日本人だと知っていたけれど、干渉はしてこなかった。私の叔父の誕生日に親戚で集まった時、彼氏を正式に紹介した。

叔父さんは彼氏の家庭環境について根掘り葉掘り聞いていた。彼は両親は教師をしていると言ったので、親戚たちは彼の家庭環境に満足していた。でも、何故そうなったか分からないけど、親戚が彼に「おじいさんは何をしていたの?」と聞いた。彼氏は「軍人だ」と答えた。親戚の顔色は変わった。親戚は「どの部隊だったの?」と聞いた。彼氏は「日本陸軍第六師団で中佐だった」と答えた。その時、父親の顔が凍り付いたのを見た。

第六師団とは日本軍の主力部隊で、日中戦争で戦い、南京大虐殺を行った部隊のひとつらしい。
その後、父親は一切しゃべらなくなって、雰囲気が悪くなってしまった。

私は今後どうしたらいいの?頭が痛い。




中国の反応を読む

200525-1-001.jpg

米国は日本に原爆投下みたいな鬼畜なことをせずに投降させれば良かったのに

戦争を仕掛けたのは日本の一部の軍国主義者であって、一般人に罪はないんだぞ?
チラシを配るとか、ラジオ放送で投降を勧めるとかしたらよかったのに。
日本を海上封鎖し、外界との連絡を絶てば、自ら投降したんじゃないの?




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事