Category : 歴史
220115-1-001.jpg

我々が日本に対して行った稀代の蛮行

1886年、清朝北洋水師の軍艦が日本の長崎港に入港し、5名の水兵が女遊びをしようとしたが、外国人だからという理由で待たされた事に腹を立て、売春宿を潰した。
日本の警察はその水兵たちを逮捕したが、軍艦の仲間の水兵達が警察を襲撃し、大砲を長崎市街へ向けた。
この脅しに対して、日本側は謝罪し、賠償金を支払った。




中国の反応を読む

220111-1-001.jpg

日本人は非武装の民間人を虐殺した米国を恨んでいないのか?

1945年、米国は日本に原爆を2発投下し、22万の日本の民間人を虐殺し、生き残った人にも深刻な放射能の後遺症を残した。
日本軍の獰猛で恥知らずな蛮行に対する報復の手段だとしても、一般人に対してそこまでなされるべきではないと思う。
さすがに残忍すぎる。
いくら小日本に邪な心があるとしても、そこまでやる残虐性はないだろう。
原爆の事を考えると、日本への恨みが和らいでしまう・・・
それなのに日本人は米国を恨んでいないのか?




中国の反応を読む

220106-1-001.jpg

戦争中の中国の子供と日本の子供を比較…中国の完勝

第二次世界大戦中、日本はあらゆる手段を使って我が国を支配しようとしていた。
それに対して、我が国の国民は大きな抵抗を見せた。
その主役の一つが、子どもたちだった。

画像は国を守るために、訓練を受ける中国の子どもたち。




中国の反応を読む

211228-1-001.jpg

原爆が日本を救った?ソ連の恐ろしい作戦計画

原爆のおかげで、日本は降伏した。しかし、もし原爆がなければ、ソ連が立てた「富士山爆破計画」が実行されていたかも知れない。そしたら日本は地球上から消えていただろう。




中国の反応を読む

211227-1-001.jpg

抗日戦争中に日本軍に寝返った裏切り者200万人は戦後どうなったのか?

戦時中、一部の中国人は漢奸になり、日本軍に協力することを選んだ。

そして、日本が戦争に負け、日本側に立っていた漢奸たちは、唾棄すべき存在として国民からの罵詈雑言を浴びた。日本軍と違って、彼らは日本に行くわけにも行かなかった。その数はなんと200万人もいたという。




中国の反応を読む

211226-1-001.jpg

日本と韓国が戦後の焼け野原から素早く発展した理由って何?

日本は全国への都市空襲と2発の原爆で焼け野原だったのに、10年足らずで復興して経済成長の道を歩み始め、30年経たずに世界有数の経済大国になった。
韓国は朝鮮戦争で焦土化し、国土が分割されたにも関わらず、今では日本には及ばないものの先進国と呼んでも遜色ない豊かな生活をしている。
中国は何をやってたんだよ?




中国の反応を読む

211224-1-001.jpg

今の日本人は戦後生まれで、彼らに侵略戦争の責任は一切ない

こういうことを考えもせずに、毎日「復讐しよう」と言ってる人たちは何を考えているのか、さっぱり分からない。
抗日戦士の実績を否定したいのか?
戦後生まれの日本人たちに復讐したいのか?




中国の反応を読む

211222-1-001.jpg

抗日戦争の時、日本の兵士数十人で中国の一つの町をコントロール出来てたそうだ

抗日戦争の時、大都市ほど重要性は高くなかった小さな町が中国にはたくさんあった。そういった町を攻略した日本軍は、わずか数十人を治安維持に残して次の目標に向かったそうだ。それなのにコントロールは完璧だった。

そんなわけないだろうと思う人がたくさんいるのだろう。では、真実はどっちなのか。

日中戦争を研究しているある学者によると、数十人の日本軍兵士で一つの町をコントロールできたのはまったく不思議な話ではないという。当時の日本軍は機動性が高い上、漢奸(売国奴)からの支援も受けていたそうで、そういった条件によって、数十人の日本軍兵士が一つの町をコントロールするということが実現できたそうだ。

では、なぜ一般人は日本軍に反抗しないのかと疑問に思う人もいるだろう。理由は簡単。彼らには武器がないため、屈強な日本軍兵士に反抗する力も勇気もなかったんだ。




中国の反応を読む

211202-1-001.jpg

1951年に降伏した日本兵の小隊

戦後、太平洋にある小さな島に6年間もいた日本の軍人が白旗を掲げている写真。通信機器が故障したため、日本降伏の情報を彼らは得られなかった。1951年になってやっと日本敗戦の情報が伝わった。食糧がとっくに底をつき、ズボンすら履けるものがほとんどなくなった日本軍兵士の状況を、降伏式に来た米軍兵士が目にした。




中国の反応を読む

211130-1-001.jpg

中国がいなければ日本は戦勝国だった

戦後、日本の軍国主義者は中途半端な制裁しか受けなかった。そういう彼らは第二次世界大戦における中国の貢献を否定し、戦勝国として中国を認めようとしない。
太平洋戦場前夜、「インド洋に居るドイツ軍と合流し、イギリスを降伏させた後、全力でアメリカに対抗する」という計画を日本が立てた。とても素晴らしい構想ではあったが、中国の反ファシズム勢力のおかげで水の泡になった。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事