Category : 歴史
200126-2-001.jpg

欧米人「日本は中国よりも歴史ある国」

中国の伝統文化はとっくの昔に破壊されていて、ほんの少しだけ残っている数百年前の建築物以外の伝統文化を見ることができない。
欧米人は日本には5000年前の伝統が今でも残っていると思っている。




中国の反応を読む

200126-1-001.jpg

日本は遥か昔から中国の弱点に気付いていた

甲午戦争(日清戦争)の時の清国は「ハードウェア」では日本をリードしていたが、「ソフトウェア」では大きく遅れていた。
それは賄賂による腐敗だ。
支配層の制度上の混乱で有効な政策を打ち出せないばかりか、動員能力、行政効率、金融財政、国民の教育レベル、愛国精神などの弱点まで世界に曝け出していたのだ。
当時の著名なジャーナリスト宗方小太郎は「全民腐敗の国家がどうすれば日本の強烈な一撃に抗うことができようか」、こう述べている。




中国の反応を読む

200123-1-001.jpg

日本が第二次大戦に負けたのは米国のせいで、中国は無関係なの?

日本は原爆を2発食らって無条件降伏した。
つまり日本が負けたのは米国のせいであって、中国は無関係なのか?




中国の反応を読む

200113-1-000.jpg

日本の奇襲の歴史。なぜ日本は奇襲攻撃が好きなのか?

日本人にとって「奇襲攻撃」は基本的な戦術だった。
日本が内外で行った有名な奇襲攻撃を見てみよう。




中国の反応を読む

200109-1-001.jpg

第二次世界大戦後、なぜ中国は日本を占領する絶好のチャンスを放棄したのか?

日本のあるネット民が、中国のサイトに投稿された「第二次世界大戦後、なぜ中国は日本を占領する絶好のチャンスを放棄したのか?」という文章で「日本の投降後、連合国が日本を四分割する提案をし、アメリカ、ソ連、中国、イギリスがそれぞれ占領することで意見が一致した。だが実際には中国は占領を拒絶した。なぜ当時の中国は大きなチャンスを逃してしまったのか?」という内容が書かれていたことについて文句を言いたいようだ。




中国の反応を読む

200108-1-001.jpg

なぜ日本人は二文字の姓なのか?中国人と韓国人は一文字なのに

中国人の姓は基本的に漢字一文字だ。中国文化の影響が強い韓国人の姓も漢字一文字。
しかし、日本人の姓には漢字二文字が多い。
何故だろうか?




中国の反応を読む

200107-1-001.jpg

日本人は中国人の末裔なのか考証してみた

歴史に詳しい人なら、日本と中国の交流は唐時代から始まっていた事を知っているだろう。当時の唐は世界で最も強い国であった。
日本人が中国人の末裔かどうかについて、5枚の写真で真相を教えよう。




中国の反応を読む

200105-1-001.jpg

「日本が明が滅ぼした」って日本人が言ってたけど本当?

日本が朝鮮半島に侵略したことにより、明も朝鮮に派兵した。
日本、明、朝鮮は朝鮮半島で数年戦ったが最終的に講和。
明はこの戦争で大きな痛手を負い、それが引き金となって明は滅亡したと日本人が言ってたけど、本当なのか?




中国の反応を読む

200104-2-001.jpg

日本人に「侵略した中国に対して申し訳ないと思ってる?」と聞いた結果・・・

まずは回答を教えよう。

「日本人は全く申し訳ないと思っていない」

中国は元朝チンギス・カンの時代には軍事力が世界最強だった。ヨーロッパにまでその勢力は及んでいた。
今の中国人は、その時代に中国が侵略していった国と民族に対して申し訳ないと思っているだろうか?
「あの時代は世界で最も強かった」と自慢するだけだろう。

正に完全論破された。
自分が侵略されたと思っていても、強大な力を持ってる国にとっては領土拡大の通り道であって誇りの歴史でしかないのだ。




中国の反応を読む

200103-2-001.jpg

イギリスと似た条件の日本はなぜ世界覇権国家になれなかったのか?

世界地図を開き、イギリスと日本を対比すると、あることに気付くだろう。両国共、大陸に近い島嶼型の国家なのだ。しかし、なぜイギリスは世界を制し不落の帝国を築いたのに、日本にはできなかったのか。それは重要な原因が内在していた。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事