Category : 軍事
200131-1-001.jpg

日本が核武装したら、まずどこに撃つだろうか?

私はアメリカだと思う。




中国の反応を読む

200104-1-001.jpg

なぜ中国があんな小さな小日本を恐れるのか?

小日本の国土は小さいが、経済と軍事力は大きい。この点は第二次世界大戦で実証済みだ。
工業技術と経済においては小日本にかなり勝っていたアメリカも、軍事力の面では負けていた。
戦後から現在に至るまで、アメリカは小日本のために平和憲法をつくり、日本が軍隊を持つ事を禁止している。アメリカはこのような手段を利用し、小日本がまた人を傷つける事を防いでいる。

中国の軍事力はすでに世界一流である。アメリカとロシアに肩を並べるほどだ。小日本の海軍のレベルは高く、将来的にはF-35を搭載する軽航空母艦を4隻所有するつもりだ。


200104-1-002.jpg


そして、小日本は核兵器も造ろうと思えば造れる技術がある。必要であれば、短期間に1500発もの核爆弾を造れる実力がある。
もし小日本の核所有が実現すれば、アメリカは小日本をコントロールできなくなるだろう。
今の小日本の右翼勢力は、戦後最大に盛り上がっている。小日本の一挙手一投足は、国際社会とくにアジア各国は注目しておくべきだろう。




中国の反応を読む

200101-1-001.jpg

日本と戦争しても勝てると楽観的に考えている馬鹿共に言いたい

最近のネットの書き込みを見ていると120年前の日清戦争前とそっくりだ。
日清戦争開戦前の強硬派は野山の猿狩りのような感覚で日本に勝つと豪語していた。
だが結果は、威海衛軍港はあっさり落とされ、北洋艦隊は全滅した。
陸軍も壊滅し、日本軍が平壌から山海関城へ悠々進軍してる時、この戦争を支持した大臣は何も言えなかった。
強硬派の大臣は一人も講話会談へ行くことはできず、全て李鴻章が対処した。
歴史は時に驚くほど同じになる・・・
30年でGDPはアジア一になり、人民解放軍艦隊はアジア一になり、世界六位の海軍になった。
陸軍は総勢150万だ。
しかし、中国が盲目で傲慢で強情だったら、戦争をやってもきっと日清戦争と同じ結果になるだろう
大衆が一心不乱に罵倒しても、しっかりと発展した経済と科学技術に裏付けされた実力には敵わない。
このままでは結果は見えている。




中国の反応を読む

191230-1-001.jpg

自衛隊の実力はアジア最強水準だが非常に歪な軍隊、中国を攻撃出来ない

日本の国防予算はアジアでは中国に次いで最高額。
豊富な予算で、兵士の練度は常に最高水準。
また、高性能な最新鋭兵器を取り揃えていて、海軍力ではアメリカと並ぶほどだ。
しかし、自衛隊は極度に守りに特化した軍隊であり、敵基地攻撃能力などは申し訳程度にしか揃えていない。
近代国家の軍隊としては、非常に歪な軍隊だ。




中国の反応を読む

191228-1-001.jpg

もし中国と小日本が戦争になれば鬼子はキムチを食べながらドブ水で喉を潤すことになる

小日本の食料自給率は極端に低く、ほとんどを食料輸入に頼っている。
中国への依存度も高い。
戦後約70年、平和な環境で過ごしてきた小日本は、局地的な紛争が起こっただけでも民衆の生活に多大な影響を与え、その影響は最初に食べ物に来るだろうと予測されている。
輸入ルートが一部でも制限されれば、小日本の食料品の価格は高騰し、そう長くない期間で貧乏鬼子から順に干上がるだろう。
入ってくるのはあいつらの兄弟である韓国からのキムチくらいだ。




中国の反応を読む

191123-1-001.jpg

中国海軍と日本海上自衛隊、どっちが強い?

日本海上自衛隊は強いと聞くが、中国海軍の発展も目覚ましいと思う。




中国の反応を読む

191112-1-001.jpg

99式戦車と日本自衛隊10式戦車はどっちが強い?

10式戦車には勝てないというコメントを見たけど・・・




中国の反応を読む

191028-1-001.jpg

30年以上戦争したことがない人民解放軍が日本とまともに戦えるわけがない

軍人が汚職するのはもう日常的なことで、階級もお金で買うのが普通になっている。
海外メディアでも、人民解放軍の将軍の地位を買うのに1000万元(約1億5千万円)だと報道されていたんだ。
この国はもう本当に終わってる。
人民はどれほど代価を払うのか。
だから中国は日本に確実に負けるだろう。




中国の反応を読む

190924-1-001.jpg

日本と戦争になれば、中国を助けてくれる国は2つだけ

パキスタン
2005年4月、中国と「相互互恵友好協力条約」に調印し、軍事・安全・経済・政治、教育・環境まで関わっている。パキスタンはすべての問題で中国と同じ側に立ち、中国の国家利益を支援する。中国の主権への侵略はパキスタンの主権への侵略と同じだと言っている。


北朝鮮
1961年7月11日、中国は朝鮮と「中朝友好協力相互援助条約」に調印した。これは中国が建国以来、外国と調印した唯一の軍事盟約だ。双方は外国からの侵略を防ぐため、共同策を取ることを約束した。どちらかの国が一つの国又は幾つかの国に攻撃された時、締約したもう一方の国が全力を尽くし、軍事やほかの援助を与える義務がある。中朝関係はだんだん冷えているが、戦争が起こったら北朝鮮も中国の友達だ。




中国の反応を読む

190920-1-001.jpg

中国空軍と日本空軍はどっちが強いの?

とりあえずアメリカは参戦しないという仮定で。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事