Category : 日本政治
200624-1-001.png

安倍首相、日本国民の為にメチャクチャ働く最高の首相だった

日本の安倍晋三首相は既に連続147日仕事をしており、東京都のとある病院で健康診断を受けたようだ。コロナ対策の長期的なプロジェクトの事も考慮し、健康の確保のために半年に一度は健康診断を受けているという。
時事通信社の21日の報道では、安倍首相の前回の休日は1月25日で、それ以来、緊急事態宣言関連やアベノマスクの配布、コロナ対策の仕事のため、ずっと忙しくしていて週末や祝日も首相官邸で働いたり、各種会議に参加しているようだ。
安倍首相は6月21日、148日ぶりに休暇を取ったという。

コロナ発生以前、安倍首相は食事会によく参加していた。だが多くの人が集まり感染リスクが高いことを考え、ここ3か月ほどはそういった会合に参加していない。ただ、日本政府は19日に規制を緩和していて、麻生副首相と菅官房長官は会食を行った。安倍首相も近いうちに元の生活スタイルに戻るかもしれない。
安倍首相は2019年10月から半年ごとに健康診断を行い、健康維持に努めている。2006年に1度目の首相に任命されたが、2007年に潰瘍性大腸炎で辞職、入院治療を行っている。




中国の反応を読む

200302-1-001.jpg

日本の北海道知事がイケメンでハイスペックだと我々の中で話題に

新型コロナウイルスの感染者が出たため、「緊急事態宣言」をした北海道知事。
知事の名前は鈴木直道、38歳。
日本で最年少の知事だ。

彼は高校の時に両親が離婚し、生活苦に陥ったものの、アルバイトをして家計を助け、さらに勉強し、東京都の公務員試験に合格。
合格後は夜間大学に通った。
ボクシングが趣味で、大学時代にはボクシング部の首相も務めた。

2011年から8年間、夕張市(財政破綻後)の市長となり、自らの給料を減額、年収250万円で市長を務めた。
昨年、北海道知事選挙に立候補し、高い得票率で当選した。




中国の反応を読む

200227-1-001.jpg

哲学者みたいな日本の政治家がいると話題に

日本語能力試験 【読解】
問題1.この男性は反省していますか。

日本語分かる奴は説明してくれ。




中国の反応を読む

191118-1-001.jpg

日本人は何故天皇に反抗しないのか?

日本の天皇は実際の権力を持っていないが、神聖な存在とされているため、どんなに反体制的な日本人でも天皇に反抗しようとしない。明治政府は改革を進めるために、まさにそういうところを利用して、天皇名義で様々な政令を頒布した。それとともに、明治政府は天皇を神格化することで、日本人に自分たちは神の子孫であると信じさせることで、日本人の劣等感を消し去った。戦争中、天皇陛下のために死ねる人がたくさんいたのはまさにそのためだった。そういったことがさらに天皇陛下の神格化を加速させた。

明治政府はさらに憲法で天皇陛下は日本の元首と定め、日本の国歌を天皇讃えるものにし、国旗を天照大神を象徴する日の丸にした。天皇の神秘性を保つため、皇室のメンバーはあえて一般人とある程度の距離感を保つようにしていた。それに、明治政府はわざわざ天皇を日本各地に巡遊させ、天皇陛下に会った人はみんなお辞儀をするように義務づけた。

日本では、菊の花は高貴な皇室の象徴であり、刀は侍の象徴である。その刀を思うように操れるのはその菊の花であった。後に軍人が権力を握るようになり、彼らの欲求を満足するためにたくさんの戦争を発動した。とりわけ第二次世界大戦の日本はアジアでやりたい放題だった。天皇が軍人を止めていたら、そんなことにはならなかっただろうに。東京大空襲はたくさんの死傷者をもたらし、広島と長崎に投下された原子爆弾は日本人の抵抗意志を完膚なきまでに叩きつぶした。数日後、玉音放送が流れ、日本国民は彼らが尊敬していた神様が実はこんなに無力だということに初めて気づいた。人々は幻滅しました。戦後の日本はアジアで最も貧しい国になってしまった。明治維新を経た日本はアジア一の強い国になったことは否定できない。今の日本では天皇陛下を神様だと信じている人はいないが、誰もが十分に敬意を払っている。




中国の反応を読む

191104-1-001.jpg

日本人の理屈:靖国神社に戦犯はいない

靖国神社に祀られているのは国のために命を捧げた英雄たちであり、日本の立場では戦犯ではないという。
だから戦犯を分祀する考えはなく、過去の過ちへの反省も出来ないのだ。




中国の反応を読む

191101-1-001.jpg

日本の官房長官に会ったけど、「日本はキャッシュレスの面ではとても遅れている」と言っていた

私は中国メディアの日本駐在記者をしている。
この前、東京のお店で中国人が「封筒を財布代わりに」していた。
中国では財布を持たないのが当たり前だからだ。
日本は未だに現金社会で、少し前に日本の菅官房長官にインタビューした時、彼は「日本はキャッシュレスの面ではとても遅れている」と言っていた。
日本もキャッシュレスに向けて努力しているが、中国との差は大きい。
この間私が北京へ帰った時、「ウィーチャットペイを持っていない」と言ったら、タクシーの運転手に嫌な顔をされた。




中国の反応を読む

191021-1-001.jpg

そもそもの話、なぜ日本人は戦犯を参拝するんだ?

侵略された国の人に限らず、日本国民も戦犯たちの暴挙によって大きく被害を受けたわけだろう。
戦犯は侵略された国にとっての仇だけではなく、日本国民や全人類の敵だ。
世界の人々は一致団結して戦犯を崇拝する人たちに立ち向かわなければならない。




中国の反応を読む

191007-1-001.jpg

結局のところ、安倍って何がしたいんだ?核武装?

過去の失敗から学んで、自衛隊は文官が統制することを徹底しているが、軍国主義を推し進める安倍はそれを変えようとしている。
歴史を美化し、改憲を推進し、潜水艦や空母を増やしている。
このままでは間違いなく核武装まで向かうだろう。
日本のニュースを見ると、民衆はあんなに安倍反対デモしているのに、彼はどうして政権を維持出来るのだろうか?




中国の反応を読む

190929-1-001.jpg

日本で一番人気のあるヤバい右翼「日本は侵略などしていない。日本は中国に投資して発展させただけ」

日本の代表的な右翼であり歴史修正主義者・田母神俊雄は、「日本は侵略していない。ただ朝鮮、台湾、中国東北部に投資して発展させただけだ。従軍慰安婦も韓国の捏造。」と言う。
日本の若者は慰安婦を信じていらず、戦争をこの目で見てきた世代が亡くなっている今、歴史修正主義は主流となっている。

田母神俊雄氏は、元航空自衛隊の航空幕僚長、2014年東京都知事選に出馬し60万票を得て、得票順位は第4位であった。
彼の支持者はほとんどが20歳から30歳の若者で、この年代の4分の1近い人が田母神氏に投票していた。
もちろん、そのほとんどがアジア侵略の歴史を美化する歴史修正主義者たちだ。




中国の反応を読む

190825-2-001.jpg

宮崎駿は安倍の愚かな過ちに気付いている

宮崎駿は2015年に行われた記者会見で、日本が中国に発動した侵略戦争を認めることを安倍首相に促した。
そして戦争で中国にもたらした苦難に対し反省することも。

彼は、今の日本は戦争に対する責任が曖昧になったと言った。
ダメなことはダメだということをはっきり認識すべきだ。
国の利益のための戦争を、どんな理由があっても美化してはいけない。
この原則は守らなければならない。つまり侵略は禁止だと。

憲法改正について:安倍の行動は愚かだ。

宮崎は続けて、
軍事力で中国を制することはできない。
他の方法を考えなければならない。
そのため、我々は平和憲法を作った。
安倍について宮崎は、彼は憲法を変えることによって歴史に名を残せると思ってるかもしれないが、それは愚か極まりないといった。
同時に、彼は与党自民党が日本の民意を代表できないことを責めた。
そして議員の質も低下し、彼らは国会の多数席を占めてることで強引に平和憲法を変えようとしている。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事