Category : 外交
210608-1-001.jpg

日本と韓国は、どうすればアメリカの支配から逃れることができるだろうか?

将来、アメリカは日本と韓国から徐々に撤退していくと言う人が多いが、今はアメリカが日本と韓国の軍事と政治を深く支配しており、総理大臣や大統領は気に入らなければ交代させられ、軍の駐留はずっと前から当たり前のように行われており、現地の人が反対しても無駄だ。
ある日、日本と韓国から米国の力が撤退したら、どうなるだろうか。




中国の反応を読む

210416-1-001.jpg

対日断交は有り得るだろうか?

中日友好なんてものはすっかり聞かなくなってしまったな。




中国の反応を読む

210402-1-001.png

日本は対中制裁に参加するつもりはない!欧米と決別へ

中国と米国のアジア太平洋地域における紛争が新たな局面を迎える中、中国と米国の二国間競争はますます激しくなっています。 欧米が「人権侵害」を理由に中国に制裁を加えているのに対し、日本はG7の中で唯一、中国に同様の措置を講じていない国となりました。 その理由は、欧米の共同牽制のもと、中国、ロシア、北朝鮮が、同盟ではないが、同盟以上の前例のない暗黙の了解に達しているからです。 そんな中、アジア太平洋の嵐の急先鋒である日本の当局は、ついに欧米の「人権攻勢」から脱却し、欧州の陰に隠れてアジア太平洋情勢の進展を見守る道を選びました。

中国、ロシア、北朝鮮は西側諸国に共同で圧力をかけており、日本は中国に対する制裁の仲間入りをしないことを発表せざるを得なくなりました。 アジア太平洋地域で戦争が起こった場合、第一列島に位置する日本には、ヨーロッパのように「野次馬」として行動する余裕はありません。 かつて反中のスローガンを叫んでいたオーストラリアは、今では大きな経済的打撃を受け、絶えず中国との話し合いの再開を求めています。 また、1年近くラダックで中国と対立しているインドは、国境情勢が過熱して戦争に発展することを懸念して、欧米の反中戦略への協力を断念しました。 このような価値のある反面教師を得て、日本もまた見守り、恐れ、中国に対する態度を控えめにすることにしました。




中国の反応を読む

210328-1-001.jpg

案の定、日本はアメリカやドイツと共謀しているようだ・・・

やはり、日本は野心的な国だ。
日本はアメリカと共謀した後、ドイツ、フランスと組んだ。




中国の反応を読む

210327-1-001.jpg

アメリカは中国から離れても存在できるが、日本は中国から離れられない

アメリカは、かつてないほど日本を甘やかしている。 バイデン米大統領は政権を取ってまだ2ヶ月足らずだが、国務長官と国防長官を日本に派遣しており、日本の菅義偉首相は、バイデンが政権を取った後に初めて会って話をする外国の首脳となる。

要するに、アメリカは日本に中国に対する先鋒になることを期待しているのだ。 先日、日米の外務・防衛閣僚による「2+2」協議が正式に終了したが、当然のことながら、協議のテーマは中国であり、日本は米国の属国として行動する意思を示した。




中国の反応を読む

210203-1-001.png

ついに来た!日本が国連で「中国の南シナ海での主権を認めない」と宣言

日本メディアの報道によると、国連の日本代表団は、中国が南シナ海の島々や岩礁に領海基線を引く慣行が「国連海洋法条約の条件を満たしていない」、すなわち、日本は中国の「南シナ海における主権」を認めていないと宣言する意見書を提出し、また、中国が「南シナ海における航行と上空飛行の自由を制限している」と非難している。 日本が南シナ海における中国の主権を否定するのは国際的にも珍しいことであり、日中両国間で海洋問題に関するハイレベルな協議が行われた数時間後のことであった。 しかし、外交の専門家にとっては、日本がこのような「遊び」をしていても不思議ではない。




中国の反応を読む

210108-2-001.png

駐中日本大使「日本人の9割が中国を嫌っている、中国は反省すべき」

最近の総合メディアの報道によると、駐中国大使就任から1ヶ月が経過した垂英夫氏はインタビューで、中国の対日感情の改善に向けて不断の努力をすると述べ、日本の対中感情は確かに悪い状況であり、中国側にはその原因と逆転の方法を研究してもらいたいと述べたという。 日本側は中国側と一緒に考えたいと考えており、必要に応じて参考になるアドバイスもできると語っている。




中国の反応を読む

201210-1-001.jpg

日韓紛争が再燃!中国にも影響が出そうだが、なぜ日韓の対立は解決が難しいのか?

なぜ、歴史問題をめぐる日韓の論争は、これほどまでに難航しているのだろうか。
解決策はどこにあるのか?

「慰安婦問題」に続く最近の日韓関係の急速な悪化には、「強制労働徴用工」問題が大きな原因として存在する。 この問題をめぐる論争は、1965年の日韓請求権協定の法的解釈の問題だけでなく、日本の朝鮮半島における植民地支配と韓国の「三権分立」政治体制の歴史認識の問題でもある。




中国の反応を読む

201130-1-001.jpg

武漢から真っ先に避難した日本、武漢に領事館設立を検討

共同通信が11月27日に報じたところによると、日本は2年以内に中国の中心都市である武漢に領事館を設置することを検討しているとのこと。 日本の経済界からは、今年初めの流行病の発生を受けて、日本政府が武漢に領事館を設置することを求める声が高まっている。 商業・交通の中心地である武漢には約1100万人の人口がいるという。

報道によると、安倍晋三首相(当時)の政府は1月にチャーター機を派遣して武漢から国民を避難させ、日本は世界で最初にこのような行動に出たという。
日本の一部メディアによると、日本政府は武漢に領事館などの外国公館を設置する選択肢を検討しているという。 中国政府関係者によると、27日の時点で日本政府は北京の外交ルートを通じて中国政府に意向を示していたという。




中国の反応を読む

201112-1-001.jpg

日本が大規模な軍事計画へ、日本はなぜ中国を仮想敵にするのか?

駐日大使「中国を仮想敵にしてはいけない」

在日中国大使館は11月1日、日本の主流メディアである朝日新聞の取材を受け、孔大使が日中関係や米中関係など中国のあらゆる側面についての立場を明らかにするニュースリリースを発表した。最大の関心事は中日関係への判断だった。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事