Category : 外交
200907-1-001.jpeg

中国は米国債大量に持ってるけど

これでアメリカに文句を言わせないんじゃなかったのか?
世界を支配する為にはアメリカを黙らせつつ成長していくしかないとか言い訳してた気がするんだが、現状は一体何なんだ?
アメリカに貸したお金はどうなっちゃうの?




中国の反応を読む

200820-1-001.jpg

インドが日本の味方になったらマジでどうなるの?

安倍政権はインドとの協力関係を強化し続けてる。
もちろんこれは中国を包囲するための国家戦略だ。
中国とインドは領土紛争を抱えていて仲良くはないが、経済関係は良好で特に利益は衝突していない。
しかし、油断することは出来ない。
よく考えておこう。




中国の反応を読む

200728-1-001.jpg

アメリカとの決着は避けられないけど、日本と対立する必要ある?

それとも、本格的な武力衝突になれば、日本は直接的に中国と戦争しないかな?




中国の反応を読む

200726-1-001.jpg

日本の中国包囲網って我々の被害妄想だったよな

テレビで毎日のように被害妄想のデタアメを語っている外交専門家達には本当にうんざりする。
日本とアメリカが中国を包囲しようとしているという話ばかりを大袈裟に語る。




中国の反応を読む

200722-1-001.jpg

安倍が中国脅威論を繰り返す理由

安倍が中国脅威論を繰り返すのは、中国を挑発して怒らせ、先に中国に開戦の一撃目を撃たせることが狙いだ。
そうなれば日本は最大限の軍備拡張をすることが出来る。
中国が挑発に乗って一発目を撃ってしまえば、安倍の目的は達成されてしまう。




中国の反応を読む

200716-1-001.jpg

日本「防衛白書」で初めて、中国に対し「執拗」と表現

14日の報道によれば、日本の河野太郎防衛大臣は内閣の会議中に2020年版「防衛白書」を報告した。その中で、新型コロナウイルスによる感染拡大を契機に、中国が「自らに有利な国際秩序・地域秩序の形成や影響力の拡大を目指した国家間競争をより顕在化させている」と指摘、今年の釣魚島と周辺海域における中国の巡航は往年よりも多く、「一方的な現状変更の試みを執拗に継続している」と記載されている。日経新聞の報道では、これは日本の「防衛白書」に初めて「執拗」という単語が使われたことになるという。これは安全保障の面で強い不安があることを強調しているのだろう。

報道によれば、2020年版の防衛白書では、中国の感染拡大がひどい国への医療専門家や医療物資の派遣に関する記述と共に、「感染拡大による国家社会の不安と混乱を契機に、ウソの情報を拡散する宣伝工作を行っている」と指摘、「影響力拡大のため、国家間の競争をより顕在化させ、日本の安全保障を崩そうとしてきている」「東シナ海、南シナ海での活動範囲を広げ続けている」などといった指摘もある。防衛白書では、「国際的な協調・連携が必要な中、中国の行為は周辺国家の反対を招くものだ」ともしている。




中国の反応を読む

200610-1-001.jpg

中国が認めなければ日本は国連常任理事国になれない

野心家の安倍は何としても国連常任理事国になろうとしている。
だが、中国が首を縦に振らない限りは不可能だ。
しかし、我が政府は何かと日本に甘い部分がある。
絶対に日本に譲歩してはいけない。




中国の反応を読む

200507-1-001.jpg

日本は親米と親中、どちらがメリットあるのか?

アメリカは最大の同盟国だが、日本の政治に口を出す。
中国は最大の貿易国だが、古代から仲が悪い。




中国の反応を読む

200422-1-001.jpg

何で日本って海外にお金をバラ撒きまくってるの?

それに、貿易黒字もそんなに多くないのに、どこからお金が出てくるんだ?




中国の反応を読む

200119-1-001.jpg

日本の中国包囲網ってどうなったの?

数年前は日本が頑張ってたと思うんだが。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事