Category : 日本のニュース
190407-2-001.jpg

日本が31年ぶりに商業捕鯨を再開するぞ!

政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退通告を受け、和歌山県太地町や宮城県石巻市などの捕鯨業者でつくる日本小型捕鯨協会は24日、31年ぶりの商業捕鯨に7月1日から取り組むことを明らかにした。

協会に加盟する5隻の船団はこれまで、春から秋にかけて、東北や北海道沖でIWC管理鯨種のミンククジラの沿岸調査捕鯨をしてきた。
今年も4~6月は調査捕鯨をし、IWC脱退が正式に決まって商業捕鯨が可能となる7月1日から1週間、そのままミンククジラの商業捕鯨をする。
初日に北海道釧路市か青森県八戸市の港でセレモニーを計画している。

船団はその後、いったん解散。
各船で捕鯨をした後、9月に北海道で再び集合する予定という。

協会長を務める貝良文(かいよしふみ)・太地町漁協参事は「調査捕鯨と違って、商業捕鯨では脂ののった鯨を選んで捕獲できる。鮮度も良くなる」と話している。




中国の反応を読む

190314-1-001.jpg

日本の食べ物が口に合わず公園でカルガモを捕まえて食べようとしたベトナム人

NHKの報道によれば、東京江戸川区の公園にいた可愛いカルガモを近くに住むベトナム人が持ち去ったそうだ。警視庁は鳥獣保護法違反の容疑でこのベトナム人を書類送検した。ベトナム人の供述によれば「日本の食事は口に合わず、カルガモでベトナム料理を作りたかった」ということだった。

送検された男性は東京都江戸川区在住のベトナム人(32歳)で、技能実習生である。男性は捕まえた鴨を自転車の籠に入れ、帰宅する途中で警察の職務質問を受け、事実が発覚した。

この技能実習生は一昨年に来日し、まじめに仕事をしながら技術を学んでいた。警察の質問に対する供述では「日本食が合わず、鴨を使ってベトナム料理を作りたかった」と語っていた。捕まえられた鴨は死んでしまっており、付近の人は「とても可愛い見た目で、こんなことがあったなんて信じられません」と話していたようだ。




中国の反応を読む

180712-1-001.jpg

日本の大雨被害に「ざまぁw」と言っている中国人がいるのが悲しい

日本の大雨被害の様子が中国でも報道された。
みんなは「小日本ざまぁw」と言っていたけど、私はこういう時に相手を罵るのは良くないと思う。
相手がどんな事態になろうとも、日本というだけで罵るのが愛国なの?




中国の反応を読む

180618-1-001.jpg

「続きが気になるだろう…」=津波で亡くなった息子へ「少年ジャンプ」買い続ける母親に中国ネット感涙

2018年6月14日、宮城県名取市の女性が7年前の東日本大震災による津波で亡くなった息子(当時13)のため、息子が毎週小遣いで買っていた「週刊少年ジャンプ」を今も買い続けているという話が中国でも伝えられ、ネット上に感動の声が多く寄せられている。

中国のゲームサイト「遊民星空」は13日、朝日新聞の報道を引用。
この女性が、息子が「続きが気になるだろう」と、毎週新しいジャンプを購入し、仏壇に供えていることを伝えた。

女性は震災前、息子の古い漫画を勝手に処分したこともあったが、息子を失った後は捨てられなかった。
5月末に自宅を再建すると、2階7畳間を息子の部屋にした。
ジャンプを並べてみて3号分が欠けていると気づき、バックナンバーを注文したという。

遊民星空の記事は「息子さんが生きていれば20歳。天国できっと母親に感謝しているだろう」と伝えた。




中国の反応を読む

180526-1-001.jpg

沖縄県知事が米軍基地移設反対でノーベル平和賞の候補に

21日、日本の沖縄県市民団体によれば翁長県知事ら8人と2つの組織で作る団体が今年のノーベル平和賞候補にノミネートされたようだ。

これで米軍基地問題が国際社会の注目を更に浴びることになるだろう。ノーベル賞委員会は既に関係資料を受理しているようだ。

市民団体の代表は、「もし受賞したら世界に沖縄の米軍基地による負担の現状を知ってもらうことになり、基地の縮小や負担の軽減につながるだろう」と語っている。




中国の反応を読む

180508-1-001.jpg

東京に変な人いた。さすがは変態国家だ。

周りの人は、全く気にも留めていないみたいだ・・・
日本はやはり変態国家だ。
今日、俺はそれを確信した。




中国の反応を読む

180401-1-001.jpg

日本でサリン事件を偲ぶ記念活動 主犯はまだ死刑執行されていない

サリン事件は当時の日本の新興宗教オウム真理教が起こした事件で、何年も逃げ続けた被疑者も捕まり、審判を受けた。教祖の麻原彰晃を含め、13年の被疑者が今年1月に死刑判決を受けた。被疑者たちは死刑囚用の監獄で執行を待つ日々を過ごしている。




中国の反応を読む

180315-1-001.jpg

中国人が日本で暴動?渋谷「シュプリーム」近くで警備員を集団暴行、目撃者が経緯語る

2018年3月12日、東京都渋谷区のファッションブランド店前で発生した暴行事件について、中国のメディアでは現場にいたという中国人客による目撃情報などが紹介されている。

東京都渋谷区にあるファッションブランド「シュプリーム」の店舗前で9日、男数人が警備員1人に折りたたみ椅子で殴ったり蹴ったりするなどの暴行を加える様子を撮影した動画がネット上で拡散している。
日本のメディアは加害者を「中国人とみられる」とし、「店が整理券を配布する際、警備員が身分証明書をチェックしていたところ、男らとトラブルになった」と伝えている。
警察は現在、傷害事件として逃げた男らの行方を追っているという。

中国の自メディア(新興メディア)・東京新青年は、トラブルになった詳しい経緯について現場にいたという中国人客の証言を紹介している。
この中国人客は「行列は徹夜で並ぶ必要があった。未成年者や有効な身分証明書がない人は列に並べない。加害者たちはそれを知らず、身分証を持たずに並んでいた。指摘されて、車に身分証を取りに行って警備員に見せたようだが、警備員は元の位置には入れなかった。常連ならこの店の警備員の態度があまり良くないことを知っていると思うのだが、やりとりのなかで口論がつかみ合いになったようで、そこから集団暴行に発展した」とした。

また「加害者の大半は留学生ではなく、小さい頃から日本で育った人で、そのうち何人かは未成年だったようだ。私が並んでいたところから離れていたので、彼らが提示した身分証が有効だったかまでは分からない」とも証言しているという。

記事は「本当にそのブランドが好きなら、ルールや指示を守って列に並ぶべき。証明書を取りに行ったことで最後尾に回されるというのは決して不条理ではない。そして本当の常連客なら、最終的に抽選で購入権が決まること、列の前後に大きな意味はないことを知っていたはず」とした。




中国の反応を読む

180313-1-001.jpg

日本の新幹線は車よりも遅かった

日本人男性が高速道路で235キロを出し新幹線よりも速いスピードで走行




中国の反応を読む

180202-1-001.jpg

テレビ朝日が成田空港中国人国歌合唱暴動事件を報道。「航空会社側も悪い」

テレビ朝日『羽鳥慎一のモーニングショー』が、成田空港での中国人暴動事件について報じた。
成田空港で中国人と警備員がもみあいとなり、逮捕者も出た事件だ。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

5/11
どうにも検索的によろしくないみたいなので、タイトルスタイル変更
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
フリーエリア

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事