Category : 日本のニュース
200528-1-001.jpg

なぜ日本は世界に先駆けてコロナを終息させ緊急事態を解除できたのか

日本政府は25日に北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道府県で緊急事態宣言を解除した。

報道によると、安倍首相は関係閣僚と新型コロナの状況を分析した。加藤厚生労働大臣は、医療体制については解除の条件を満たしていると語ったようだ。
緊急事態宣言は、新型コロナウイルス特別措置法に基づいて発表されており、残りの5都道府県が解除されれば全国的な解除となる。

加藤大臣はNHKの番組内で「新規感染者数は減少しており、宣言継続の地域も同様だ。医療期間の緊張もかなり緩解してきている。」と語った。
宣言解除の基準の一つとして、日本政府は「直近1週間での新規感染者が10万人あたり約0.5人以下」があり、医療、検査体制などの状況を総合的にみて判断するようだ。政府の立場は、数値が目標に達していなくても、医療、検査体制が十分に確保されていれば宣言解除も可能というものだ。

日本政府は4月7にいに7つの都道府県に宣言を発表し、16日に拡大した。5月4日には31日まで期限を延長し、14日には39の県に解除宣言を出し、21日には近畿3府県に解除を、残る5都道府県は現在まで宣言が継続している。




中国の反応を読む

200526-1-001.jpg

コロナで日本が仕事や学校を停止した結果・・・

イギリスのガーディアン紙によると、日本の4月の自殺率は昨年よりも20%減少し、ここ5年で最大の減少幅だったようだ。専門家によれば、その原因は新型コロナウイルスで学校や会社が休みになり、家にいる時間が増えたからかもしれないという。

日本では4月に1455人が自殺しており、去年の同時期に比べ359人減少している。新型コロナの影響で、約4割の自殺防止組織が窓口を開けていないか対応時間を短縮しており、自殺の可能性のある人へのサポートが不足していた。

最新のデータによれば事実は異なっているようだ。自殺防止機関で働く人にとっては、少し安心だろう。日本の職場はストレスの高い場所とされており、職場での仕事が減り、リモートワークが増えたことでストレスが軽減されたのだろう。




中国の反応を読む

200429-1-001.jpg

中国籍の女子校生が西東京市にマスク2万枚を寄贈、贈呈式を「私一人でできたことではない」と固辞

画像:中国の女子校生と西東京市長の記念写真

西東京市に住む中国籍の女子高生が、市役所の市長を訪ね、二万枚のマスクを寄贈したことで、市職員らは驚いた。マスクは市内の高齢者向け施設や保育園などで活用してもらう方針だという。

東京新聞によれば、4月8日、「私たちは、日本で育った東京在住の中国籍の高校生です…」という投稿から始まり、高齢者をコロナから守ろうというタイトルでネット上において募金活動を行っていた。女子高生はパソコンの得意なクラスメイトのサポートを得て、中日英3か国語で状況を説明し、たった1日で百人以上から52万円の募金を集めた。特に中国と日本からの募金が多かったようだ。

女子高生は自ら西東京市中国製品輸入専門の会社を訪ね、交渉を行った。経営者は「そんなに良い事ならうちで半分支援するよ」と言い、最終的には2万枚のマスクが集まった。

以前女子高生の母親が、マンションの管理人にマスクを送り、感謝された様子をみて「自分にも何かできることはないか」と考えたのがこの活動の始まりだ。西東京市は彼女からマスクを受け取りすごく驚いた。もともとメディアを通じて贈呈式をする予定だったが、女子高生は「私一人でできた寄付ではない」と固辞し、匿名の形式で寄付を行った。




中国の反応を読む

200217-1-001.jpg

日本がとんでもないことやってる・・・

世界中が新型肺炎で騒いでいる中、日本では普通にマラソン大会が開催され、そして伝統の裸祭りが開催されたらしい。
情報統制されてるのか?



中国の反応を読む

190407-2-001.jpg

日本が31年ぶりに商業捕鯨を再開するぞ!

政府の国際捕鯨委員会(IWC)脱退通告を受け、和歌山県太地町や宮城県石巻市などの捕鯨業者でつくる日本小型捕鯨協会は24日、31年ぶりの商業捕鯨に7月1日から取り組むことを明らかにした。

協会に加盟する5隻の船団はこれまで、春から秋にかけて、東北や北海道沖でIWC管理鯨種のミンククジラの沿岸調査捕鯨をしてきた。
今年も4~6月は調査捕鯨をし、IWC脱退が正式に決まって商業捕鯨が可能となる7月1日から1週間、そのままミンククジラの商業捕鯨をする。
初日に北海道釧路市か青森県八戸市の港でセレモニーを計画している。

船団はその後、いったん解散。
各船で捕鯨をした後、9月に北海道で再び集合する予定という。

協会長を務める貝良文(かいよしふみ)・太地町漁協参事は「調査捕鯨と違って、商業捕鯨では脂ののった鯨を選んで捕獲できる。鮮度も良くなる」と話している。




中国の反応を読む

190314-1-001.jpg

日本の食べ物が口に合わず公園でカルガモを捕まえて食べようとしたベトナム人

NHKの報道によれば、東京江戸川区の公園にいた可愛いカルガモを近くに住むベトナム人が持ち去ったそうだ。警視庁は鳥獣保護法違反の容疑でこのベトナム人を書類送検した。ベトナム人の供述によれば「日本の食事は口に合わず、カルガモでベトナム料理を作りたかった」ということだった。

送検された男性は東京都江戸川区在住のベトナム人(32歳)で、技能実習生である。男性は捕まえた鴨を自転車の籠に入れ、帰宅する途中で警察の職務質問を受け、事実が発覚した。

この技能実習生は一昨年に来日し、まじめに仕事をしながら技術を学んでいた。警察の質問に対する供述では「日本食が合わず、鴨を使ってベトナム料理を作りたかった」と語っていた。捕まえられた鴨は死んでしまっており、付近の人は「とても可愛い見た目で、こんなことがあったなんて信じられません」と話していたようだ。




中国の反応を読む

180712-1-001.jpg

日本の大雨被害に「ざまぁw」と言っている中国人がいるのが悲しい

日本の大雨被害の様子が中国でも報道された。
みんなは「小日本ざまぁw」と言っていたけど、私はこういう時に相手を罵るのは良くないと思う。
相手がどんな事態になろうとも、日本というだけで罵るのが愛国なの?




中国の反応を読む

180618-1-001.jpg

「続きが気になるだろう…」=津波で亡くなった息子へ「少年ジャンプ」買い続ける母親に中国ネット感涙

2018年6月14日、宮城県名取市の女性が7年前の東日本大震災による津波で亡くなった息子(当時13)のため、息子が毎週小遣いで買っていた「週刊少年ジャンプ」を今も買い続けているという話が中国でも伝えられ、ネット上に感動の声が多く寄せられている。

中国のゲームサイト「遊民星空」は13日、朝日新聞の報道を引用。
この女性が、息子が「続きが気になるだろう」と、毎週新しいジャンプを購入し、仏壇に供えていることを伝えた。

女性は震災前、息子の古い漫画を勝手に処分したこともあったが、息子を失った後は捨てられなかった。
5月末に自宅を再建すると、2階7畳間を息子の部屋にした。
ジャンプを並べてみて3号分が欠けていると気づき、バックナンバーを注文したという。

遊民星空の記事は「息子さんが生きていれば20歳。天国できっと母親に感謝しているだろう」と伝えた。




中国の反応を読む

180526-1-001.jpg

沖縄県知事が米軍基地移設反対でノーベル平和賞の候補に

21日、日本の沖縄県市民団体によれば翁長県知事ら8人と2つの組織で作る団体が今年のノーベル平和賞候補にノミネートされたようだ。

これで米軍基地問題が国際社会の注目を更に浴びることになるだろう。ノーベル賞委員会は既に関係資料を受理しているようだ。

市民団体の代表は、「もし受賞したら世界に沖縄の米軍基地による負担の現状を知ってもらうことになり、基地の縮小や負担の軽減につながるだろう」と語っている。




中国の反応を読む

180508-1-001.jpg

東京に変な人いた。さすがは変態国家だ。

周りの人は、全く気にも留めていないみたいだ・・・
日本はやはり変態国家だ。
今日、俺はそれを確信した。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事