Archive
170430-1-001.jpg

中国人は韓国人よりも日本好きだったと話題に・・・

「日本信頼できる?」韓国13%中国16%

公益財団法人新聞通信調査会は、米英仏中韓タイの6カ国で今年2月、各約1千人から回答を得た「対日メディア世論調査」の結果を発表した。

「日本を信頼できる国だと思いますか」とたずねたところ「とても信頼できる」「やや信頼できる」と答えた人の割合は韓国で13・8%、中国で16・9%。
昨年比でそれぞれ3・4ポイント、0・7ポイント下落した。
米では76・7%、英は65・4%、仏は80・4%、タイは89・0%だった。

知っている日本人の名前を1人挙げてもらったところ、米国では安倍晋三首相が80人で1位に。
2年前の調査で安倍首相を挙げた人はゼロだったが急浮上した。
2位は昭和天皇(55人)、3位はイチロー(11人)だった。
中韓タイでも安倍首相が1位。
英仏では昭和天皇がトップだった。
政治家や文化人が各国で上位に入ったが、タイではドラえもん(111人)が2位と「健闘」した。

昨年の米大統領選などで事前の世論調査が結果と食い違ったことなどを受けて「世論調査の結果は、人びとの意見を正しく反映していると思いますか」との質問も新設した。
「そう思う」「ややそう思う」と答えた人の割合は中国とタイで80%前後だったが、残る4カ国では50%を下回った。大統領選を控える仏は最も低い31・1%だった。




中国の反応を読む

170428-1-002.jpg

いつから中日が仲良くなることがおかしい事扱いになったのか

中日の間の文化的交流はとても深い、日本側のことは知らないが、中国は日本文化の影響を大きく受けている。友達と討論したことがあるのだが、なぜ多くの人が日本へ旅行に行くのかと。ほとんどみんなが日本に感情を寄せているのだ。

色んなところから日本がとても発展していてとても美しいという話を聞く。そして多くの人が行くようになっている。それはいいことだとは思うが、母国に怒りを覚えるのはおかしいと思う。

今、多くの人が日本のどこどこは中国よりも優れているという話をする。完全に隣の芝は青いといった様子だ。生活の不満にぶつかると国を恨み、そして移民をしたがる。そして日本へ行けば、色んな辛さから逃げることができ、何か優越感のようなものを得るのだ。もともとは素晴らしい文化の交流だったが、そういう人たちのせいでおかしな感じになってしまった。

私は小さいころから日本文化に触れて育ってきた。漫画もアニメも大好きだ。日本も中国も好きなのだが、それは衝突するものではない。だが最近では恨みを持つ人たちの影響で、両立は難しいような気がする。
いつか日本文化を純粋に評価し、羨望や嫉妬がなくなるような風潮になることを望む。




中国の反応を読む

170428-1-003.jpg

中国初の国産空母が進水式 日本ネット民「俺たちは80年前にとっくに造ってたけど?」

2017年4月27日、環球時報は中国初の国産空母進水に対する日本のネットユーザーの反応を伝えた。

26日午前9時ごろ(現地時間)、遼寧省大連市の造船所で中国初の国産空母の進水式が行われ、各国メディアの注目を集めた。
環球時報は記事の中で、NHKや日本経済新聞、読売新聞など日本のメディアが空母進水に「懸念」を示したと伝えている。

また、「日本のメディアが“懸念”だとすれば、日本のネットユーザーのコメントは“嫉妬”にあふれている」と指摘。
「中国の国産空母はただ古いもののコピーにすぎない」「日本は80年前にすでに10隻以上造っていた」といったコメントが出ていることを紹介する一方で、「少数の客観的なユーザーは、こうしたコメントを看過できなくなった」とし、上記のコメントに対して「コメント欄が嫉妬の嵐だな」「中国は着実に空母建造の技術を蓄えている。上海で建造中の(第3の)空母こそ本命」などの反論が出ている、と伝えている。




中国の反応を読む

170426-1-001.jpg

アメリカ「尖閣諸島は日本のもの」

日本を訪問中のペンス米副大統領は19日、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)の原子力空母ロナルド・レーガン艦上で演説し、米国の対日防衛義務を定めた日米安保条約第5条の沖縄県・尖閣諸島への適用を明言、日米同盟の重要性を訴えた。

ペンス氏は「米国は力の道を選ぶ」との表現で、圧倒的な軍事力を背景に地域の安定を図る決意を表明。
軍事力の象徴である空母に自ら乗艦し、米軍の存在感を誇示した。
中国による人工島造成が進んだ南シナ海などで航行の自由も守ると強調した。

日本は魚釣島奪還のために、様々な方法をとっている。
アメリカの脚にしがみつけば、何とかなるとでも思っているのだろうか。
そもそも、魚釣島は古来より中国固有の領土なのだが。




中国の反応を読む

170425-1-001.png

日本は50年以内に人口が8800万人まで減るらしいぞ!

笑えるw




中国の反応を読む

170424-1-001.jpg

日本人に「中国についてどのくらい知っていますか?」と聞いた結果・・・

中国人「中国の首都はどこか知っていますか」
日本人「北京」「わからないです」

中国人「中国の都市、北京以外で知っていますか」
日本人「わからないです」「四川」「台湾って中国?」「香港しかわからない」「大連」「上海」

中国人「中国の有名人芸能人で知っている人はいますか」
日本人「卓球の馬選手」「ジャッキー・チェン」「毛沢東」「福原愛選手の旦那さん」

中国人「あなたが知っている中国語はありますか」
日本人「你好」「チョセヨ?これ韓国語?」「我愛你,謝謝」


中国人「中国に対してどんなイメージを持っていますか」
日本人「日本人はパーソナルスペースが狭いが、中国人はグイグイ来る」「中国人は精神的に強い。日本のニートみたいな人がいない」「自分の意見をしっかり持っている。身内を大事にする」「中国人は普通にしゃべっているのだろうけど、怒っているように聞こえる」「私の知り合いの中国人の男の子は、可愛い女の子が大好き」




中国の反応を読む

170423-1-001.jpg

日本はこういうところで中国に負けている

礼儀正しい国と言われている日本だが、中国に負けてるところがたくさんある。




中国の反応を読む

170422-1-001.jpg

1000年前の日本人の身長は110㎝くらいだった。今、やっと背が伸びてきた。

古い資料によると、漢時代以前の日本人の平均身長は、110㎝~120㎝だったらしい。
日本の成人男性が中国人の横に立つと、中国人の腰の辺りまでしかなかったらしい。
それが本当かどうかはわからないが、背が低いという事は、国家の発展に不利であっただろう。




中国の反応を読む

170421-1-001.jpg

日本のネット民も呆れる・・・安倍内閣がヒトラー「我が闘争」の教材使用を容認

毎日新聞「「我が闘争」の教材使用について、日本政府は曖昧な答弁をし、大きな議論を引き起こした。」

「我が闘争」を一部引用し、教材に使用している学校があることについて、民進党議員が国会で質疑した。
政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「我が闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した。民進党の宮崎岳志氏の質問主意書に答えた。


170421-1-002.jpg


日本のネット民「政府は狂っている」

日本政府のそのような閣議決定は、日本国内で大きな議論を引き起こした。「政府は狂っている」「日本政府は世界の敵だ。許せない」と言ったコメントも。




中国の反応を読む

170420-1-001.jpg

日本国内にいる中国人スパイ5万人の正体、女スパイは自衛隊員と結婚している

2017年4月18日、環球時報は、日本国内の週刊誌が「日本国内に5万人の中国人スパイがいる」との記事を掲載したと報じた。
同紙ウェブサイト上では「日本の雑誌がまた作り話を始めた」との見出しが付けられている。

記事は、日本のある週刊誌が「きちんとした反スパイ法がない日本では先進国で最も諜報活動がしやすい国になっており、中でも中国のスパイは3万人とも5万人とも言われる。留学生や社員、文化人、飲食店や風俗店員などに扮して巨大なネットワークを作っており、自衛隊基地周辺には大量の女性スパイが潜伏している。中国人スパイに誘惑された国会議員も数多い」などとする記事を掲載したことを紹介し、「このような『スパイの脅威』を煽り立てる行為は、日本においてかなりのマーケットが存在する」と伝えた。

中国社会科学院日本研究所の盧昊(ルー・ハオ)氏は「まず、記事が掲載されたのはゴシップ系週刊誌であることで、その信ぴょう性が下がる。多くの在日中国人がスパイであるという話は全く根拠に欠けるものだ」と指摘。
「実際は、両国国民の密接な交流が日中関係安定の基礎というのが、日中両国における主流派の声だ」と説明した。

また同氏は、「日本のメディアが中国人スパイ論を煽り立てる行為は、日本の保守勢力や極右勢力が世論に介入する手段としての要素が大きい」と分析。
「中国との競争や対抗に関するオピニオンは、その真偽にかかわらず、彼らにとって格好の素材。日中間におけるこの手の雑音がここ数年ますます大きくなっているのは、両国の経済力が逆転したことで、日本における対中認識のネガティブ化が起きているからだ」と論じている。




中国の反応を読む

170419-1-001.jpg

NHKが日の丸を中国国旗の下に 岸信夫外務副大臣「あってはならない」

NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していたことが13日、わかった。
岸信夫外務副大臣は同日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えた。

自民党の有村治子参院議員の質問に答えた。映像は航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で使用された。
有村氏は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判した。

NHK広報部は産経新聞の取材に対し「上空を飛行する中国機に対し、スクランブルをかける自衛隊機のイメージをわかりやすく示すため、両国の国旗と機体の画像を使って放送した。国の上下関係を示す意図はなかった」と説明した。




中国の反応を読む

170417-1-001.jpg

今の日本の政治的な問題について

戦後日本の政治はずっとアメリカの言いなりだった、今の日本の民衆はアメリカに頼りっきりの現状をどう思っているのだろうか?やはりアメリカとは手を切りたいのだろうか?

だが、侵華戦争から言えば、日本人は罪深いなどとは思っていないようだ。それも若い世代の日本人はそれらの教訓を見失い、好き放題にしているらしい…本当にそうなのだろうか?

みんなはどう思う?




中国の反応を読む

170417-1-001.png

日本投降後、中国人に養われた中国残留孤児の多くは日本に帰りたくないらしい

日本が敗戦し、中国から去っていくとき、数千名の子供たちが中国に残された。
その子供たちは、その後、中国人に養われた。
彼らは日本へ帰りたくないらしい。
一度日本へ戻っても、また中国へ戻って生活している人が多い。




中国の反応を読む

170416-1-001.jpg

ドイツ人が日本にブチ切れ!「独という字は差別!」 日本人「中国に文句言えや!」


1:日本人

それだけ漢字を愛するシュミッツさんが嫌いな漢字が、ドイツの当て字「独」だ。獣偏を使っていることに、差別視がうかがえるという。
「漢字を知るドイツ人としては、この文字は変えてほしい」。白川さんも生前、シュミッツさんの主張を聞いたとき、「それが日本人の
中華思想ですよ」と、差別意識が文字に表れていると同意したという。

新聞を読んでいて、ドイツの出来事を報じた記事の見出しに「独」があると悲しい気持ちになる。



中国の反応を読む

170415-1-000.jpg

なぜ小さな日本が第二次世界大戦では中ソ米国相手に戦争ができたのか

日本と言えば、「小さい国だ」なんてイメージが湧くかも知れないが、それは誤解だ。確かに中国と比べれば、人口も国土面積も日本のほうが下かもしれないが、戦争でものを言うのは総合実力だ。それに関しては、日本は決して小さい国とは言えないだろう。




中国の反応を読む

170414-1-001.jpg

日本を黙認し続けるアメリカって何考えてるの?

核武装すらも容認しそうな勢いだよ。




中国の反応を読む

170413-1-001.jpg

もし日本の軍事力がもっと強くなったら、日本はアメリカに報復すると思う?それとも真っ先に中韓を潰すと思う?

中国と韓国が日本を嫌いなのは、日本が中国と韓国を侵略したから。
でも、日本はアメリカに原爆2発を落とされたのに、アメリカと仲良くしている。
もし日本の軍事力がもっと強くなったら、日本はアメリカに報復するだろうか?




中国の反応を読む

170412-1-001.jpg

百田尚樹「中国文化は日本人に合わぬ。漢文の授業廃止を」

日本はなぜ、中国の脅威を感じながらも適切な対抗策を取れないのか。
作家の百田尚樹氏は、その背景には日本人の勘違いに基づいた「中国への憧れ」があると語る。

中国の尖閣諸島への“侵略”は日に日にエスカレートしています。
ただし、意外かもしれませんが、尖閣周辺の東シナ海や南シナ海で暴れ回る中国に対峙しようという時に、もっとも弊害になっているのが日本人の「中国への漠然とした憧れ」です。

皆なんとなく『史記』が好きだし、時代作家は『三国志』を書きたがる。
江戸時代の儒学者はとくにそうですが、長い間、日本人の間には中国は「歴史ある偉大な国」「文明的ないい国」だという誤解があった。

そもそも、なぜ学校で「漢文」の授業があるのか。
英語と違って使う機会なんてないし、あれは趣味の世界だと思うんです。
子供の頃から誰でも知っている「中国4000年」という言葉も、あの国への無意味な憧れを生んでいます。

それらが醸成する漠然とした「中国への憧れ」があるから、「なんだかんだ言っても、最後は仲良くできる」「全面戦争は仕掛けてこない」という幻想が生まれているのだと思います。

実際の中国は、異民族が次々に侵入してきては王朝を打ち立ててきた歴史です。
易姓革命で王朝が変わるたびに民衆の大虐殺が行われてきた。
そんな歴史のどこがいいというのでしょうか。
今、中国が本気で日本を奪りに来ていることは誰の目にも明らかです。

そもそも中国文化は根本的に日本人には合いません。
例えば故事にある「宋襄(そうじょう)の仁」は、紀元前の宋の国の襄公という人が、参謀から「敵が川を渡っている最中だから、今攻めれば勝てる」と進言されたのに、「そんな卑怯なことはできん」と相手が川を渡り終えてから正々堂々と戦って、負けたという話です。
無用な情けということで、中国では「大バカ者」という意味です。

上杉謙信の美談となっている「敵に塩を送る」なんてメンタリティは中国人には通用しません。
どんな手を使っても、とにかく勝ちさえすればいいというのが中国の文化なのです。

かつての日本は、今よりももっとうまく中国とつき合ってきました。
中国の力が強大だった時は遣隋使や遣唐使を遣って制度や文化を取り入れましたが、それも平安時代になったら「もう中国の文化はいらん」とやめました。

中国の文化も、すべてを受け入れたわけではありませんでした。
生身の人間の肉を少しずつ切り落としてじわじわ殺す凌遅刑は残酷だからとシャットアウトしたし、科挙も宦官も入れなかった。
纏足の習慣も日本では根付きませんでした。
朝鮮半島はそれらすべてを無条件に受け入れましたが、日本は取捨選択をキチッとして独自の文明を育んだのです。

それを考えれば、現在も中国に対する漠然とした憧れを持つことはやめるべきだし、そんな勘違いを育む漢文の授業も廃止したらいいのです。




中国の反応を読む

170411-1-001.jpg

中国文明の真の継承者は日本と韓国どっちなの?

少なくとも中国じゃないのは確かだ。




中国の反応を読む

170410-1-001.jpg

日本の捕虜に対し最もひどい行為をしたのはソ連でもアメリカでもない、アノ国だった!

第二次大戦は激しいもので、ほとんど世界中が巻き込まれた戦いだった。ドイツは単独でヨーロッパと、日本はアジアを代表して戦っていた。だが人々の目には実力が突出した大国ばかりが見えていたが、一部の国はひどいことをしていたのだ。捕虜と戦犯への残忍さで言えば、特に罪深い日本の捕虜に対しては、アメリカは容認していた。日本人に対しては有用だからだ。ソ連はかなり暴力的で、多くの日本人捕虜を殺した。中国は最も人道的で、ほぼ無傷で彼らを帰国させた。だがある国が最もひどい扱いをしていた。

オーストラリアだ。




中国の反応を読む

170408-1-001.jpg

日本はもう昔の強かった日本ではない

日本は強国だと自分で思っているけど、今の中国と戦争したら、特に過去のような侵略戦争を起こしたら、日本が勝つことない。
日本軍は中国に上陸する少しの可能性さえもない。
中国の意思が固ければ、領土や領海で争っても、ひと粒の石さえ与えることはない。




中国の反応を読む

170407-1-001.jpg

旅順や南京での大虐殺や侵略に対する日本人の論理が狂ってる・・・

毎回中国人が、日本の中国に対する壮絶な大虐殺を批判する時、日本人は反論する。

・あなた達は趙国(周代の国名で戦国七雄のひとつ)の四十万人を殺した。南京大虐殺よりも多い。
・モンゴルは漢人に対し大虐殺を行っていないのか?
・清軍が殺した人数は日本人よりも多い。
・あなた達は大飢饉、文革で数千万人を殺したのではないか?
・秦の始皇帝、洪秀全、李鴻章それにチンギスハンは大日本帝国よりも狂ってはいないのか。

だから日本が旅順や南京で大虐殺を起こしても何のことはないということらしい。




中国の反応を読む

170406-1-001.jpg

なぜ日本は中国への罪を認めないのか?その理由とは?

日本は、アメリカ、イギリス、オーストラリアに対して罪を認めている。
イギリスとアメリカには悔い改める信仰がある。
欧米文化圏にいる人は、そういった信仰があって、懺悔を受け入れることが自分を強くすることと考えている。
しかし、ある日本の教授は「日本人は絶対に中国と他のアジア国家への罪を認めない。一旦、罪を認めたら、アジア人は懺悔の文化がないから報復されるかもしれないからだ。」と言った。
みんなはこんな理由を受け入れられるのか!?




中国の反応を読む

170405-1-002.jpg

よく言った!村上春樹:歴史修正主義的な動きとは闘っていかなくてはいけない。物語という形で闘っていくことは可能

2月に長編小説『騎士団長殺し』(第1、2部、新潮社)を刊行した作家の村上春樹さんが、毎日新聞などのインタビューに応じた。
新作に込めた思いや小説家の役割について聞いた。

「騎士団長」はモーツァルトのオペラ「ドン・ジョバンニ」の登場人物に由来する。
オペラの冒頭で殺されるシーンがあるが、執筆前にまず『騎士団長殺し』というタイトルが浮かんだという。

「言葉の感触の奇妙さに引かれた。最初にあったのはタイトルと、(主人公が住む神奈川・)小田原の山の上というシチュエーション。画家というのは書いているうちに出てきた」

妻と別れ、喪失感の中で描くべき絵を求める主人公が住んだ山の上の家は、友人の父親で高名な日本画家のもの。
92歳の日本画家は高齢者養護施設に入っており、空き家になっていた。
その屋根裏で「騎士団長殺し」と題する絵を発見した後、主人公は不可解な出来事に巻き込まれていく。

「騎士団長殺し」と題する絵の背景には、ナチスのホロコーストや南京虐殺事件にまつわる歴史の傷も影を落としている。
どのような著者の思いが込められているのか。

「歴史というのは国にとっての集合的記憶だから、それを過去のものとして忘れたり、すり替えたりすることは非常に間違ったことだと思う。(歴史修正主義的な動きとは)闘っていかなくてはいけない。小説家にできることは限られているけれど、物語という形で闘っていくことは可能だ」




中国の反応を読む

170404-1-001.jpg

日本の調査捕鯨って何を調査してるんだろう・・・

調査捕鯨船、南極海から下関に帰港 ミンククジラ333頭捕獲

日本の捕鯨船団が南極海(Southern Ocean)での調査捕鯨を終え、捕鯨船5隻のうち調査母船「日新丸(Nisshin Maru)」を含む3隻が3月31日、山口県下関市の港に帰港した。
水産庁が発表した。捕鯨船は昨年11月に南極海に向けて出港し、当初の計画通りミンククジラ333頭を捕獲した。

調査捕鯨活動はこれまで、国際水域で反捕鯨団体「シー・シェパード(Sea Shepherd)」による妨害をたびたび受けてきた。

しかしある水産庁職員は、今回はシー・シェパードのメンバーから捕鯨船の安全を脅かすような妨害行為は受けなかったと述べ、理由の一つとして、捕鯨船団を守る監視船の派遣を開始したことを挙げた。




中国の反応を読む

170403-1-001.jpg

中国と日本の差は40年以上あると言うけど

中国人の平均寿命、第一産業のGDPの比率、赤ちゃんの死亡率、エンゲル係数などは日本の40年前のレベルに留まっている。
だが様々な方面では日本との差は大きくない。
それに日本より優れている領域もある。
例えば教育水準は、日本と10年ほどの差だろう。
電化製品は、日本と差はない。
華為、連想、中興などは世界市場へ進出してるからね。
自動車も日本と差はない。
上海は東京以外の都市を超えている。
北京、上海、広州、深圳、香港は世界に誇れる都市だ。
農村でも、中国には豊かな村が多い。
例えば華西村とか。
東部の農村なら日本との差は小さい。
中西部の農村は日本と20年ほどの差があるかもしれない。
宇宙開発の面では、我が国は日本より発展してる。
そして軍事工業も。
日本はアメリカに制されているが、我が国には殲20や殲30がある。(戦闘機の名称)
日本のより優れている。
そして空母もある。
最新の原子力空母も建造中だ。
要するに、中国と日本の差はネットで言われているほどではないということ。
総合的に見れば10年か15年程度の差に過ぎないのだ。


華西村(かせい-そん)は中華人民共和国江蘇省無錫市江陰市華士鎮に位置する村。2009年には中国世界紀録協会により中国で最も豊かな農村として認定され、「世界一豊かな農村」と呼ばれている。
画像の村、億万長者がたくさん住んでいるそうです。




中国の反応を読む

170402-1-001.jpg

日本海上自衛隊はアジア最強だと自分で言ってるけど

もう中国の相手にならないだろ。




中国の反応を読む

170401-1-001.jpg

また日本が南京大虐殺の犠牲者数を誤魔化そうとしている・・・

中国外務省の華春瑩報道官は24日の記者会見で、南京大虐殺の死者数に関して「人数は定まっていない」などの追記を求めた日本の教科書検定について、「日本政府が意図的に歴史を薄めたり、否定したりするのは極めて間違った無責任な行為だ」と非難した。

華氏は「南京大虐殺の犠牲者数は専門家の論証を経ている」と主張。
「日本政府が正しい歴史観を国民に教育し、決して誤った歴史観で次世代を間違った方向に導かないよう望む」と語った。

南京大虐殺の死者数について中国側は「30万人」と宣伝しているが、日本側の研究では根拠のない誇張された数字との見解が定着している。
中国側の研究者が「30万人」説について「政治的数字」「正確な人数は確定できない」と語ったこともある。




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事