190718-2-001.jpg

間接的に日本の敗戦を招いた日本海軍七つの悲劇

日本が大戦で敗れた原因は多岐に渡る。
直接的な原因はもちろん多くある。
例えば軍部の思想の落後、戦艦の重視。
しかし、今回は間接的な原因のコピペを見つけた。
多くの日本軍人も酷かったと考える「日本海軍七つの悲劇」
どれが一番重要で、致命的だっただろうか?












1.17メートル艦載魚雷艦型の艦艇の改良を上層部が認めなかった。

2.畝傍の沈没
スレ主:これはわけがわからない。

畝傍 (防護巡洋艦) -wikipedia-
畝傍(うねび)は、大日本帝国海軍の防護巡洋艦である。フランスで建造された最初の日本海軍軍艦で、1886年(明治19年)10月に完成、日本に回航される途中、同年12月上旬にシンガポール出発後、消息不明となった。


3.「陸奥号」の自爆
スレ主:これもどういうことなのだろう?

陸奥 (戦艦) -wikipedia-
陸奥(むつ)は、大日本帝国海軍の戦艦。艦名は青森県から福島県にかけての旧国名・陸奥国を名前の由来に持つ。姉妹艦「長門」とともに帝国海軍の象徴として、長く日本国民から親しまれたものの、1943年(昭和18年)6月8日に主砲火薬庫から爆発を起こして沈没した。

4.旧日本海軍の月月火水木金金
スレ主:日本には土曜日曜が足りていなかったのか?

5.駆逐艦が軍艦ではなかった・・・
スレ主:多くが兵員輸送用だったのだ。

6.ゴマすり重視で、能力に関係のない人事をやった・・・
スレ主:優秀な人材の意見は握りつぶされた。

7.潜水艦を輸送艦として使っていた・・・
スレ主:敗戦まで半分も戦闘に投入されなかったそうだな。





1.とある中国人

そんな細かいことを話してどうする。
ひとつの原爆が広島を、もうひとつが長崎を攻撃した。
これだけだよ。
投降しなければ日本列島は沈没していただろう。




2.とある中国人

実は主な原因はアメリカが強すぎたことにある。




3.とある中国人

アメリカのせいとしか。
8年の抗戦もアメリカ無くして日本が投降したとは思えない。
中国に倍の戦力がなければ無理だっただろうな。




4.とある中国人

ソ連軍がいなければその倍だ。




5.とある中国人

米軍、ソ連軍がいなければ、可能性すらなかったよ。




6.とある中国人

こんなんじゃなく原爆のせいだろ・・・




7.とある中国人

日本はハワイを攻撃しただけなのにな。
アメリカ本土にすら辿りついていない。




8.とある中国人

>>7
気球爆弾などの裏歴史の科学の過去があるぞ。
実際の効果は大きくなかったけどね。




9.とある中国人

もうひとつ足すべき。
最初に空母を作った国なのにその価値を見出せなかった。
巨大戦艦を必死に作ってリソース割いていたからだな。




10.とある中国人

戦艦を重視したんじゃないでしょ。
工業がアメリカに及ばなかった。
日本は当然のように空母を重視していたはずだよ。




11.とある中国人

日本を高く評価しすぎだろ。




12.とある中国人

潜水艦を輸送艦として使っていたけど、実際は更に多くの潜水艦を哨戒艦として使っていたぞ。
輸送はその副業だ。
それに海軍の潜水艦の配備は戦前の過激な思想を減らすためにやったことなんだよ。




13.とある中国人

月月火水木金金の問題については、本来は海軍がワシントン条約の後で、鬼畜米英の艦艇との戦力差を埋めるために兵士に厳しい訓練を課したものだ。
月月火水木金金はそのことについての兵士による皮肉だ。




14.とある中国人

月月火水木金金・・・これは海軍だけの問題ではなく日本社会全体の問題だ。
今日まで、日本の会社はずっとこんな感じ。




15.とある中国人

このスレを見ても、表面的には何の問題も見えないな。
だが一人の中国人として見れば、細かく見ればおかしなところがある。
これは日本に同情するということではないが、見ていて気持ちのいいものではない。




16.とある中国人

日本は一部の熱血分子にコントロールされ、戦略上大きく間違えたんだよな。
同時に多くの戦場を作り出してしまったのが敗因だ。




17.とある中国人

我々の歴史書には中国の抗戦の勝利は主に共産党の功労で、国民党は抗戦に消極的で、後ろで縮こまっていたと書いてある。




18.とある中国人

ミッドウェーでニミッツに勝てなかったのが敗因だろう。




19.とある中国人

日本の敗戦の原因はパールハーバーを攻撃したことだ。
その結果ドイツも負けてしまったという・・・




20.とある中国人

人口にも問題があるだろ!
後期になって、日本は15、6、7歳の子供すら戦場に出していたんだぞ。
人がいなくなったんだ。
子孫を絶やしたくないなら負けを認めるしかなかったんだ。




21.とある中国人

最も主要なのは国力の問題だろ。
日本の能力はアメリカの5分の1くらいだったんじゃないか?




22.とある中国人

野心が大きすぎたんだよ。
間違いを犯したからアメリカにやられたってだけ。




23.とある中国人

侵略戦争をすれば負けるのは当然のことだ。




24.スレ主

ああ、そうだそうだ。
米軍が強大すぎたな・・・






 









コメント

419198. フロムのゲーム
  • 2019/07/21 12:23:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
まあいろんな要因が複雑に絡み合うだろうけど率直いって国力だろな
419199. 肛太郎
  • 2019/07/21 12:30:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
早期講和できなかった時点で負けだろ

よう知らんけどw
419200. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:34:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
軍部と当時の国民の勝てるやろ思考じゃないのかい?当時の政治家はアメリカはヤバいって認識出来てた
419201. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:40:08
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
牟田口廉也みたいなアホが指揮してたからだよ
419202. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:44:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
政府軍部がマスコミ操作→日本強い世論→今更戦争止めたら自分たちが洗脳した国民たちに殺される→自業自得の無条件降伏へ
419203. 名無し
  • 2019/07/21 12:45:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
そもそも太平洋戦争の原因からして陸軍と海軍の権力争い
日中戦争で陸軍ばかりが活躍して発言力が強くなってるのを恐れた海軍派閥が始めた戦争だからな
片手間でアメリカ相手に戦争で勝てるわけがない…

結局大本営が腐ってたのが一番の敗因
419204. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:47:58
  • #3fP8K/.I
  • 編集
▼このコメントへ返信
大東亜戦争は中華国内問題から始まった。
第二次上海事変で日本租界を包囲侵攻したのは国民政府軍+中共。
日本の敗戦分析をやるのはともかく、漢人に戦争責任をとやかくいう資格は無い。
盗人猛々しいとはまさにこのこと。
419205. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:51:57
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦略目的や勝利条件が曖昧だったからだろ
無秩序に戦線拡大してアホの極み
419206. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:57:44
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
先見性がなく、数字に出る国力差を直視できず、専制政治と民主政治の性格を理解しない奴らが軍権を持ってた。
これにつきるんじゃね?
419207. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:57:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
糅てると思ってやってないからな。
真珠湾攻撃で宣戦布告の通知が贈れた事が痛すぎた。
宣戦布告さえ届いてたら早期の講和が実現出来てたのかもしれない。
419208. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:57:55
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
海軍は米軍との戦闘から何も学ばなかった。
だから徐々に米軍対策がまとまってきた陸軍とは違い、海軍は戦争末期に米軍に打撃を与えていない。
ベリリューでも硫黄島でも沖縄でも、米軍に打撃を与えたのは陸軍であって海軍ではない。
フィリピンでは海軍が米空母を撃沈したとか誤報を流し、しかも誤報に気付いても訂正せず、
それを信じた陸軍は作戦を変更してしまい、沈んだはずの米機動部隊の餌食になってしまった。
フィリピンで戦果が挙がらずあっさり明け渡すことになったのは、海軍が誤報を訂正しなかったせいだ。
しかも戦後のNHKのインタビューでそれを指摘されても海軍の参謀は「そういうことはあったかもしれないが、覚えていない」と抜かす始末。
なのに戦後、海軍が評価されてきたという不条理。
419209. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 12:58:20
  • #3fP8K/.I
  • 編集
▼このコメントへ返信
※419205
停戦合意を破って国民政府軍が攻めてくるので反撃&追撃の繰り返し。
反日プロパガンダと中華市場をめぐる各国の思惑が日本経済封鎖につながり
戦時国際法に則った日本が南進。真珠湾奇襲はその支作戦に過ぎない。
物量で圧倒されたのはべつに日本の責任ではないし、東京裁判史観を認めるということは、
国際法を遵守していた国家が攻められても逆にそれを封鎖し、核兵器をぶち込み、脅迫し
降伏条件を呑ませて事後法で裁いて歴史も文化も書き換えることが正義と認めるようなもの。
419210. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 13:11:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
空母を最初に作って運用したのは日本だよ
419211. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 13:38:51
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
仲間殺ししてでも軍部の有能なリーダーによる権力集中が急務だったかもね
419212. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 13:49:55
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那人が帝国海軍について語るな。汚らわしい。
419213. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 13:58:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
開戦から3ヵ月以内にハワイ超えて
アメリカ本土へ侵攻する国力無かった時点でどうやっても無理だからな

開戦してすぐ欧州中から多くの技術者と膨大な金塊がアメリカに集結したのは知られてないよね
しかも日本が戦ったのアメリカだけじゃなくアメリカ大陸の国ほぼ全部とオーストラリアだし
時間掛けてる内にそっちも集結させちゃった
419214. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 14:08:53
  • #B5xJS3l2
  • 編集
▼このコメントへ返信
7.とある中国人

日本はハワイを攻撃しただけなのにな。
アメリカ本土にすら辿りついていない。

単に攻撃って意味で言っているようだから、潜水艦からの砲撃と搭載機からの空襲もあるんだよ。
史上唯一のアメリカ本土空襲、風船爆弾知っている人もいるのにな。
419215. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 14:21:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
どんな指摘かなとおもったら
粗さがしにもなってない意見すぎてスレ主はいったい何を調べたんだ?状態だわ
それに平時は訓練期間以外は普通に休みあったし
日本の駆逐艦が兵員輸送のみとかどんな勘違いだよ
潜水艦の初期の艦隊戦に使うような運用方法にツッコむならまだしも
追い込まれて仕方なくの兵員輸送にツッコんでもしょうがないだろ
畝傍とか時代自体が違うじゃねえか、あれちゃんと日本に来たところどうなるんだよ
419216. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 14:22:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※419202
この流れ、今まさにお隣さんがやってるんやなぁ……
真珠湾(戦端)多すぎて原因が分からんようになってるのがタチ悪い。
419217. 日本の敗因
  • 2019/07/21 14:29:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
一 戦時の指揮権・指揮官の人事権はGFが持つべきなのに、現実には軍令部が口出しをし、「ハンモック」人事や、GFと艦隊司令官の意思が齟齬していた.また法令上の統帥権は天皇にあったが、天皇は戦略の庇護報告を受けるにすぎず、陸海軍を統率する機関がなかった(第二次大戦では日本だけ).また終戦まで独立の空軍を持たなかった(陸海軍の反対で持てなかった)のも日本だけ.

二 アメリカの潜水艦の能力が予想以上に向上したため、南方の石油などの資源を本土に運ぶ動脈が機能しなくなった.

三 日本側は広い太平洋の戦略上の防衛ポイントを八つに分け、兵力を分散したが、アメリカは兵力を集中運用し、一個一個の拠点を順次につぶした.また広い洋上の補給が困難を極め、輸送船のほとんどが撃沈された.日本は駆逐艦まで輸送に使わざるを得なくなる.これに対し、アメリカは潜水艦や駆逐艦を大量に用い、戦闘後の洋上救助まで十分に行う余力があった(戦死者が多いと反戦論が起こるからでもあるが).

四 情報の軽視.開戦と同時に陸軍はソ連領に侵入すべきだった(条約違反?勝てば問題ない)のに、実際は南方作戦を重視し、満蒙国境に精鋭6万を張り付けたまま動かなかった.日本に対ソ侵攻の意思が無いことはスパイを通じてソ連側に漏れ、ソ連の参謀総長ジューコフは対日専用のシベリアの投棄専用師団を根こそぎ対独戦に回し、ドイツ東部戦線崩壊の糸口を提供した.また、アメリカはガ島奪回を反撃のきっかけとし、ここに陸海軍の全力を投入していたのに、日本は局地戦としか見ず、兵力の逐次投入と言う最悪の対応をし、米軍反撃のきっかけを作った.もし日本陸海軍がここで決戦を行い、アメリカh軍に数万人以上の出血を強い、ミッドウェイ及びハワイ諸島の攻略に着手すれば、アメリカはグアム・フィリピンからの日本軍撤退と引き換えに講和に応じた可能性があった(アメリカはハワイやアメリカ本土西海岸への攻撃を恐れ、その本格的防備を行っていた).しかし日本海軍はアメリカ太平洋艦隊との決戦と言う戦略構想を捨てることが出来ず、自ら勝機を失った.

五.アメリカ太平洋艦隊司令長官ニミッツ東郷提督を尊敬し、アメリカ海軍兵学校は薩摩式の「詮議」という問答法まで行っていた.指揮官もタイプの違う者を集め、トップには人事畑が専門のニミッツが先遣を振るった.他方、日本海軍は田舎の秀才を集めた官僚集団に過ぎず、兵学校や海軍大学の卒業時席次に拘り、教科書通りの戦略と作戦、部隊の運用を行った.

六.日本は燃料などの資源が無いのに、命知らずの将兵頼みに戦争を始めたが、戦争の結果はその通りになった.燃料が枯渇したまま、将兵の生命だけが失われた.

七 以上、日本は敗れるべくして敗れたが、草むし水ついた将兵の栄誉だけは永久に残る. 
419218. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 14:41:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
「月月火水木金金」は兵士じゃなくて将校のつぶやきからで、しかも後に軍歌になったり、超過勤務の批判でなく礼賛に使われた言葉

>>419210
最初の全通甲板空母は1918年に就役したイギリスのアーガス、鳳翔は「最初から空母として設計された艦の中で最も早く完成した艦」

419219. 満州入り大ミス
  • 2019/07/21 14:45:47
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
露戦勝利でイエロゥモンキー敵が白ヒト競争世界へ割込んだ状況となるも認識できず 入満が大ミス泥沼入り戦乱期支那は日本が征服しないと安定化できない。第一次大戦後には米がダントツ世界一となるも日本は認識不足 不対立の米対策が最重要だった。露からとった満州権益は米に売却すべきだった。
陸海軍対立など日本まとまりも悪い 東条総理はミッドウエィ大敗を3月後まで知らなかった。勝-敗-停戦-終戦処理を初めから考えなければならなかった。
419220. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 15:09:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
熱血馬鹿が暴走したせいだろ
なのに今でも企業はこぞって体育会系を採る…
419221. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 15:26:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
大日本帝国憲法の下で陸海軍が国家機関から独立して、天皇の下においたのが根本的な問題だったと思うぞ。元々は薩長派閥政治に利用されないように中立させるつもりだったんだろうけど、天皇の名をかたることで独断で兵力を動かすようになった。昭和天皇は立憲君主制のもとでは自分の意思で軍を統率してはいけないと思い込んで、軍のいいなりだった。軍部の暴走と言われるが、帝国憲法に欠陥があったのだよ。
419222. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 15:35:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
一部に正しいのもあるけど、なんでそれって、というのもあるみたい・・。
一番は戦線の拡大だよね補給路を確保してから作戦行動なのに
兵站を無視した作戦ばかりだったからね、そして中国人の云う通り
戦艦を大切にし過ぎて出番を逸した大和なんかスクラップ目的の
出港だものね。
しかし帝国海軍も共産主義の中国人に負けた原因を評論される
なんてね、なんと間抜けなって。

419223. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 15:38:40
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
当時の軍部による国力見積もり。
日清戦争 日本:清=1:3~4
日露戦争 日本:ロシア=1:10
大東亜戦争 日本:アメリカ=1:20以上

講和したがってた国民党の代わりに、それを邪魔する中国共産党を壊滅させ、
欧州を相手にアジアの独立戦争だけを行うのが唯一の手だったかも。
まあ一番悪いのは、近衛文麿の優柔不断さと面倒になったら軍部に丸投げしちゃった内閣だろうなあ。
419224. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 16:01:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※419223
しかも大戦の中期ごろから更に米国との国力の差が広がったからね
最初から化け物だったのに欧州から財力吸い取って更に怪物になった
419225. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 16:24:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
アメリカが国力が上だからと言う人間が結構いるが
国力を物量って意味で言ってるなら全然違う
仮に物量が同じでも日本は負けただろう
大陸での戦いでも、単純な戦闘では兵や兵器の質の差で勝ってたが
アメリカとやり合わなくても果たして決着つけれたかどうか
ベトナム戦争のときのアメリカみたいになっただろう
419226. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 16:33:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日英同盟を継続できなくなった時から、戦(略)では負けている
継続していれば、原油の禁輸も避けられたし
ナチスとも手を組むこともなかった。

日英同盟が終わるときに誰も騒がなかった
419227. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 16:37:01
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人達が日本の敗戦理由を話し合うというのが面白い。韓国人のように単純に国のプロパガンダを信じる者ばかりじゃ無いようだ。
419228. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 17:15:08
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
潜水艦は一次大戦の頃から「敵の輸送路を寸断するため輸送船を狙う」というのが常識になっていたのだけど
日本海軍は潜水艦は戦艦を狙う秘密兵器扱いで決戦のために温存し続けたり
常識的な考えでは非武装の輸送船を狙うのは卑怯であると考えて通商破壊戦をしなかった。
(むしろアメリカの方が「自軍は不利である」と考えて日本の輸送船をガンガン沈めた)

まあ、むしろ日本側として失敗だったのは徴用した民間商船の輸送船を
船団を組まず、護衛不足のままガンガン沈められたという方がシャレになっていないが。
419229. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 17:24:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
・・・だよね。
中国におけるイギリスの勢力圏を、理由はどうあれ蚕食する動きをしてしまった・・・
419231. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 17:59:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※419226
英国は第一次大戦の戦費調達で米国に大きな借金があったからね。米国が日英同盟存続を望んでないことを悟り、同盟の更新を諦め、軸足を米国側に置いた。日本としてもそんな英国の立場を理解していたので、敢えて同盟関係継続の主張はせず、ワシントン協調体制の維持がその代替になるものと思っていた。

結果としては、中国の暴挙とそれに屈した米国の単独行動が発端となってワシントン体制は崩れ去り、平和的協調を目指した幣原外相の目論みは外れた。
その後、孤立し、外交による解決手段を失った日本は、自国の軍事力だけが唯一の頼みの綱となってしまう。
419239. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 21:35:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
種々の要因が絡み合ったとしか…あそこまでやらざるを得ないところまで自国を追いやった時点で戦争に負けてたんだろう
中国はなんだかんだ(一応)国を取り戻してるしやっぱり外交はうまいな
もっと外交のうまい国がいたら(中国に限らず)食い尽くされるだけだが
419250. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 21:59:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
これらはまさしく帝国海軍7つの汚点
けど敗戦に至る原因かといわれると人事以外はそうでもないかなあ
1つ目は多分回天の話
2,3はそれぞれ原因不明で重要艦を亡失してる
4は後の時代にも続く文化だけど、高度経済成長期までは仕方ない面もあったかなとは思うよね
5は駆逐艦は「艦」ではなく「艇」として扱われていたというお話。文字通り格が違うから、現場としては不満が少なからずあったろうね
6はまあ今も変わんないお話
7は敵に制海権を握られ孤立している味方上陸部隊への補給を潜水艦で懸命に行ったが、片端から沈められたという案件
潜水艦による輸送そのものよりも、大本営の南洋戦略の事前の甘さが悲劇的
419270. 名無しの日本人
  • 2019/07/21 23:09:36
  • #mQop/nM.
  • 編集
▼このコメントへ返信
※419199
その意見に同意します。
緒戦で勝ちすぎたため講和する時期を誤った。
定説では緒戦で勝ちを収め早期講和する予定だった。
山本五十六さんもその線で作戦を練ったのが真珠湾攻撃。
その後のミッドウェーは杜撰な作戦だった。
419278. 名無しよん
  • 2019/07/22 00:41:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦争全体をみた場合、元板の中国人たちの感覚は正しい。「日本海軍7つの悲劇」とやらがすべて存在しなかったとしても、だからといって、原爆はもちろん、中国や東南アジアでの戦線の膠着〜後退を防ぐことができたはずはないんだ。
もっとも、このネタを書いた人の問題意識は、おそらくだが、
「対英米で、短期間の圧倒的な戦果により、有利な状況での早期の講和にもちこむ」
「その上で、中国の広範な領域を支配下・影響下においておく」
という、最初のムシのいい構想を前提として、「それが実現できなかったのはなぜか」という発想なんだろうな。
「ミッドウェーで勝ててれば戦争全体も勝ててた」というようなのよりは、わずかにマシという程度だ。
419282. 名無しの日本人
  • 2019/07/22 01:18:53
  • #qbIq4rIg
  • 編集
▼このコメントへ返信
このままでは陸軍に予算を全部とられると危惧した海軍が
アメリカとの戦争に無理やりもっていった
419285. 名無しの日本人
  • 2019/07/22 02:12:23
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
戦前の日本は用心して外交暗号を4回変更したが、米国は4度とも数日で解読に成功している。
戦時中も、断信して決行した真珠湾攻撃を除き、軍事作戦の大半が米軍側に筒抜けだった。
物量差は言うに及ばず、情報戦においても日本は開戦のずっと前から米国に大きな差を付けられていたよ。
419296. 名無しの日本人
  • 2019/07/22 09:02:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国の人なのに『月月火水木金金』の意味がよくわかるな。
月曜日は『星期一』とか呼ぶと習ったけど?
419357. 名無しの日本人
  • 2019/07/22 15:43:06
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
丁度、今の韓国が戦前の日本の雰囲気なのだろうと容易に想像できる。

日本の発展に伴い経済摩擦・外交摩擦が発生するが、愚民は日米の国力・技術力の差を理解せず米英に追いついたと妄想。
実際はソビエトをけん制するために技術供与されただけなのに(例えば戦艦金剛は英ヴィッカース社製)。

都合の悪いことは全て相手のせいにし、景気よく勇ましいことを言う扇動政治家に支持が集まる。
日米の国力差など現実を見ろというと、臆病者、売国奴などと言われる。

まさに今の韓国、そのものだ。

だから韓国と日本の未来はこうなる。

世界から相手にされなくなり、貿易も制限される。
相手、特に日本と張り合うため軍拡路線に舵を切る。

歴史をなぞるなら、こうなる。




419431. 名無しの日本人
  • 2019/07/23 04:45:40
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※419357
まったくの見当違い。

外因(諸外国)をすべて無視して内因(日本)のみに焦点を当て、しかも一部(慢心)を取り上げてさも全体がそうであったかのように誇張し、そこから結論(日米衝突)を導き出そうとしても、正しいものになるはずがない。

間違った認識を修正するためにも、歴史の勉強をやり直した方がいいぞ。

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する



ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事