191010-1-001.jpg

中国がうかうかしている間に日本が第二世代水素自動車を開発してしまう・・・勢いは止められないのだろうか?

環境汚染問題が深刻化するにつれて、新エネルギー自動車が未来の自動車として発展する勢いも強くなっている。今大きくシェアを伸ばしている電気自動車以外に、水素電池自動車も将来の重要な技術のひとつと目されている。国内の自動車企業もこの趨勢を「追い越し」のチャンスと見て技術開発を進めている。

だが、中国企業が電気自動車か水素自動車かを決めかねている間にトヨタが水素自動車の第二世代を開発してしまった。日本メディアの報道によれば、トヨタの代表取締役会長である内山田竹志は、第二世代のMIRAIを来年発表するようだ。












水素電池でトップを行く

周知のように、トヨタは電池技術で深い蓄積を持ち、特にハイブリッド技術が突出している。新エネルギー発展の方向性については、トヨタの答えとしては「水素燃料電池自動車」である。


191010-1-002.jpg


水素燃料電池の新エネルギー車を選択するのは、無視できない優勢があるからである。電気自動車と比較すると、水素自動車はガソリン車のように補充から走行が早い。同時に、とても環境に良い。燃焼されて出るのはただの水であり、二酸化炭素や硫化物、粉塵などを出すことはないため、水素燃料自動車は技術の追求が続けられてきた。

トヨタに関しては、1992年に水素燃料自動車の研究を始め、当時は「FCV計画」と呼ばれていた。技術の限界もあり、FCV水素燃料自動車はガソリン車のプラットフォームに改造された。20数年後、トヨタは2014年12月に、世界で初めての水素自動車MIRAIを発表、MIRAIの日本での販売価格は26万元(約400万円)に達するものだった。


191010-1-003.jpg


MIRAIは伝統的なセダンとは違い、トヨタが「未来感」を体現する為に特別な設計をしている。大きなグリルでインパクトを与え、ふたつの「牙」を備える形となっている。大げさな設計ではあるが、空気力学を考慮しており、空気抵抗を最大限に弱めることができる。寸法に関しては、全長/全幅/全高が4890/1815/1535mmで、ホイールベースは2780mmで、カムリとカローラの間といったところだ。

そして技術では、「エンジン」は113kwの永久磁石によって発電し、最大トルクは335Nmである。FCスタックの最高出力は114kwで、日本のJCO8モデルでの測定では、航続距離は650kmで、実際の条件を総合すると483kmである。

日本も第二世代のMiraiを出そうというのに我々はなぜまだ変わろうとしないのか?

第一世代の水素燃料電池自動車Miraiは既に大きく進歩したものだった。そして来年出る第二世代のMiraiは、我々に王道を行くことの大切さを更に自覚させることになるだろう。


191010-1-004.jpg


現在の世界レベルでの水素燃料電池自動車の研究開発進度について言えば、トヨタはトップを走っている。ロシアの自動車企業も水素エネルギーや水素燃料電池の研究を進めてはいるが、水素のコントロール、備蓄、輸送などの面でまだまだ課題が残っている。技術やコストの面で制約をどうにか突破し、水素燃料電池自動車の市場を発展させなければならない。ゆえに、トヨタが技術的な進歩を実現すれば、ガソリンと変わらない時間で補充でき、航続距離が更に長くなる自動車の普及も夢物語ではなくなるだろう。


191010-1-005.jpg


トヨタのMiraiは、プリウスの次の、新エネルギー自動車領域への挑戦でもある。だが、プリウスのように世界に普及する車になるためには、多くの課題を解決する必要がある。水素燃料技術の未来はとても困難に満ちたものである。水素というのは元来「活発」な性質を有しており、燃えやすく爆発しやすい期待である。補充時でも運転時でも、リスクが伴うため、どうやって安全を確保するかが大きな問題のひとつだ。我々は環境の為に新エネルギーを推進するが、生命の安全すら保障できないのであれば、それは使うことはできない。そのうえ、水素スタンドの建設コスト、運輸、備蓄の難しさがガソリンや電気よりもずっと上であるため、水素燃料電池はまだまだ普及に時間がかかる段階であると言える。

現在の状況を見れば、トヨタの水素燃料電池自動車におけるリードは大きいと言える。だがガソリン車や電気自動車にとって代わる為には、まだ時間が必要だろう。様々な新エネルギー自動車の開発も進められているため、今後どうなるかはわからない。あなたは電気自動車、水素自動車、ガソリン車のどれが好きだろうか?





1.とある中国人

この車はまだ実用化には程遠い。
水素をどどうやって流通させるんだ?
危険性を考えれば水素なんて使わなくても電気でもいい。
車に爆弾を載せて走っているようなものだぞ!
事故が起きてしまえば大惨事になるんだぞ!




2.とある中国人

水素は機体を分離する装置から獲得するか、工業製品の副産物として得るものだ。
液体水素の運輸や備蓄はハイテク技術が必要。




3.とある中国人

水素は確保するのがカンタンだ。
それに多くのモノの生産過程の副産物でもある。
備蓄や運送もしっかり出来るレベルだ。
だがあまり便利ではないんだよな。




4.とある中国人

水素を運ぶ車はとても多くある。
水素を使う産業もたくさんあるからな。
普及はそんなに難しくないだろう。




5.とある中国人

水素エネルギーは未来のクリーンエネルギーのひとつだよなぁ。
技術的な課題をクリアすればコストは下がっていくはずだよ。




6.とある中国人

電気自動車こそ未来だよ。
電気を発生させる方法は多くある。
ただ今の技術と材料ではまだ成熟しきっていないだけだ。
今と十年前のスマホの電池を比較しても進歩のほどがわかるはずだ。




7.とある中国人

金属疲労を起こしたらその時はとんでもない大惨事になるだろうね。




8.とある中国人

水素燃料エンジンの車がどれくらいの値段になるかみんな知っているのか?
一般人じゃ到底買えないぞ。




9.とある中国人

これこそ新エネルギー自動車だ。




10.とある中国人

いやいや本物のミサイル自動車だろ。




11.とある中国人

>>10
ガソリン車が爆発しないとでも?
リチウム電池だって爆発するし。




12.とある中国人

中国は道を間違えたかもな。
電池では自動車の課題を解決するのは難しいかもしれない。




13.とある中国人

この車は安くても40万元以上するだろうな。
それに水素はガソリンの3倍は高い。
買ったとしてもどうやって維持するんだ?




14.とある中国人

これは時代遅れの技術だろう。
空気中の二酸化炭素をエネルギーに変えられるようになったらその時はハイテクと呼んでもいいと思うが。




15.とある中国人

国内ではまだ全力で電気自動車を研究開発しているよ。
電気自動車は数十年前の産物であり新エネルギーではないんだけどな。




16.とある中国人

水素自動車は電気自動車よりも良いものなのか。




17.とある中国人

電気自動車の電池は廃棄後に環境を汚染する。
水素燃料電池も同じく汚染するらしいが。




18.とある中国人

韓国では既に爆発が起きているぞ。
水素爆発は冗談じゃすまない。
中国人が運用するのは無理だ。






 









コメント

428468. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 21:24:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中東の産油国が全力で邪魔して来るから完成しないよ^^
428469. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:00:31
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人には無理だとのコメ
よくわかってらっしゃるw
428470. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:06:33
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
電気自動車はクリーンに見えるが、電気を作る過程で膨大なエネルギーが使われている。水素なら電気よりも安いコストで製造できる。
428471. 
  • 2019/10/10 22:10:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国には電車無いの?蒸気機関車から電車になったように 車も電気自動車のほうが ガソリンエンジンより登場したのは早いんだがな
ただ軌道上の電線から電気を供給できる電車に対して 大容量電池が当時はまだ無くて電気自動車からガソリンエンジンの内燃機関に変わったんやで
だから電気自動車が未来的とは思わんわ
水素の燃料電池車なら未来やけどな
428472. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:17:15
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
EV化が現状ほぼ不可能なトラック物流で水素普及したら、
一気に諸々のコストが下がって、一般でも使えるものになる可能性高いからな。

ガチで使える電池技術がでてきたら、水素関連装置の部分を電池に置き換えりゃいいだけだし。
428473. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:18:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素自動車って本当に安全なのか?
燃やしても爆発したりしないよな?
428474. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:20:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ガソリンって本当に安全なのか?
燃やしても爆発したりしないよな?
428475. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:24:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
固体化した金属水素ではダメなのか
428476. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:25:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素は水を電気分解して作れるからね。電池の代わりにもなる。
自動車に限らず発電施設で使えるわけだ
428477. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:31:28
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
止まるんじゃねえぞ
428478. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 22:43:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
がんばってくれ
ガソリンが削減できるのは中東にアドバンテージをもてるだろ
428479. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:02:34
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素自動車というと直接水素をエンジンで燃焼させるもの(武蔵工業大学のレシプロエンジン、マツダのロータリーエンジン)も含まれるから燃料電池車のほうが適切では?
それはさておき EVも燃料電池車も動力はモーターであり電力を電池の形で持つのか水素の形で持つのかの違いでしかない
だから問題は充電に時間のかかる電池の問題が解決されるのか、扱いずらい水素をいかに安全に流通させられるかの勝負になるかもね 
あ あとそれぞれの車の値段がどのようになるかも関係してきそうだね

個人的には燃料電池車が覇権を握ってくれると嬉しいんだけどね 
428476さんが書き込んでいるように水素は電気を形を変えてストックしているようなものだから不安定な再生可能エネルギー発電でも水素の形で貯蔵して置けて良いのじゃないかと…
428480. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:05:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
バッテリーすら爆発する国に水素の危険性を問われても
428481. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:05:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
日本が自動車で逆転できるとしたら水素だろうな。
電気は世界から見ると、もう日本は同等かむしろ遅れているくらい。
428482. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:06:05
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
コストを考えると世界に普及させる必要はまだ無い
国内のガソリン消費量を減らす事が大切
428483. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:06:35
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素を燃料できたら、石油が国内で産出されたに等しい。
さらに、エネルギー貯蔵を電池に頼らなくてよい。

この2点がエネルギー革命なんだろう。
だから本命は電気自動車ではなく燃料電池車なんだよな。
428484. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:08:34
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
なんとしても開発するべきは水素を生み出す方法です、水を電気分解して水素を取り出すならエンジンを動かす燃料は無限です、電気分解の電気を太陽光や風力その他の自然エネルギーで賄えればエネルギー問題はなくなります、石油を燃やした時の排気の問題もなくなります、
あとはその水素をどうやって安全に保管できるのかと言う問題です、エネルギー問題と環境問題の最終到達点としては正解だと思います。
428485. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:21:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
ガソリンだって充分危険ですよ。なにせエンジンルーム内で爆発させてんだし
428487. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:24:38
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
別に中国はうかうかなどしていない
何処かの国が発明しなければ中国がパクることは出来ない
428488. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:34:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>液体水素の運輸や備蓄はハイテク技術が必要。

そういうのが日本の得意分野
428489. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:41:36
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素は金属のタンクに貯めておける。
電気はレアアースを使った蓄電池を使わないと貯めておけない。
再生可能エネルギーを普及させるにしろ、水素技術は必要。
428490. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:54:42
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>液体水素の運輸や備蓄はハイテク技術が必要。

今の日本は運賃上昇の為、液化水素の運搬・備蓄にどんどん切り替わってるぞ
一度に5~10台分運べるし、お客さんの敷地に100倍くらい大量にストックできるからね
428491. 名無しの日本人
  • 2019/10/10 23:58:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素方式は、まだ完成形ではないよ。
次に来るナトリウムorカリウムバッテリーと合わせて、
真のMIRAIができる。
低コスト・低燃費・環境に適した、人類史を変える自動車の完成やで。
この技術を応用すれば、様々な動力機関に適用できるし、日本が世界に対して大きくリードできる。
資源がない代わりに技術を進化させてきた日本が、やっと対等に世界と渡り合えるようになるのだ。

これほど、わくわくする展開あるだろうか?
日本を強い国にするために、切磋琢磨してきた先人に感謝やね
428492. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 00:17:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
爆発するのはガソリンもリチウムイオンも同じ
爆発力もそこから得られる走行に使われるエネルギーとほぼ同じ
爆発した場合の複生成物が水だけの水素は比較的マシと言える
428493. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 00:25:20
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人はノーベル賞は、韓国人と同じで取りにくい民族性がある
無駄とか効率とか、即金性で研究を考える民族にはノーベル賞は縁がない
428494. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 00:58:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素社会になってくれれば、日本は他国から資源を買う量も減らせるし、環境にも優しくて良いところ尽くし。オイルだのガスだのが出て資源豊かな国には分からんだろう。
428495. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 02:21:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
爆発しそうって言ってる人、LPガス車が普通に走ってるって知ったら腰抜かしそう
428496. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 03:35:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
こんなことよりも、さっさと中韓の技術スパイを止めることを考えないとどうにもならんだろ
頭悪い団塊経営者は、この二十年間まったく対処法をうたずボケーとしてやがる
出版社が海賊対策を全くせずに、ボケーと放置してたのと待ったく同じだな。
政府にやってもらうまで何もできねー糞餓鬼の団塊経営者は無能だから何もできやしねえ
428497. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 05:17:25
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
石油などの輸入燃料からの脱皮が日本の悲願。これに頼っている限り外交で強気にいけない。天然資源からの脱皮は単なる金儲けや環境っていうより安全保障なんだよね。
428498. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 05:53:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
危険って言っているけど水素ってガソリンより安定しててそのままエンジンで燃やすのは難しいと聞いたのだが
428499. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 07:14:19
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
自分も水素はないと思っていたけどわからないな。
豪州の水分が多い石炭を現地で水素を取り出し専用船で日本へ輸入するプロジェクトが進んでる。
専用船は既に建造中だし現地でのプラント建設も始まってる。
428500. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 08:55:37
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※428473
みんなが乗ってるタクシーも液化プロパンガスで動いてるってご存知?
428501. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 11:05:48
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
究極のエコカー 水を電気分解して水素を作り、水素から得た電流を運動エネルギーに変換、最後に水素と酸素を還元して水に戻す永久機関とする。水素を安全に多量に持ち運べる技術が必要
前段階のエコカー メタン電池で、炭素原子一つに水素原子4つを吸着した安全な状態で電気分解して水素を使用する。海底のメタンハイドレートから掘削する場合、海中にメタンが溶けて温暖化しないよう注意が必要。
現在 電池に電気を貯めて使用する。
ついでに空気中の二酸化炭素を吸着して酸素と炭素に分解する装置も付けて、温暖化が防げたら言う事ないけど、量が焼け石に水過ぎる。
428503. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 13:32:45
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>生命の安全すら保障できないのであれば、それは使うことはできない。
穴掘って埋めたらエエんやで~。
428504. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 13:44:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>>ガソリン車が爆発しないとでも?
   リチウム電池だって爆発するし。

いや、中国では全てが爆発するだろ
428505. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 13:55:29
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
EVは充電ステーションに高圧線を引き直さなければならない。
30分充電のEVでエアコン150台分の電力が必要。
一つの充電スタンドに10台一度に充電するのに1500台分のエアコン電力がいる。
全国にある給油スタンドは25000件。
単純に2500万キロワット分の高圧線が必要。
さらに発電用に原発25基が必要。
428506. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 15:54:10
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素社会はアイスランドが先行しているとのこと。
地熱発電の電力で水素を生み出している。日本も温泉が沢山あり可能性はあるのだが、既得権というか温泉業者からの反対が根強いとのこと。
岩手県の松川温泉の地熱発電所では水素を作り出す実証実験はしていないのかな。
428508. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 19:05:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国はドローンで先行しているし、量子コンピューターで先行しているし、さらには5G通信でインフラ込みでアメリカを凌駕しようとしているし、科学技術や宇宙開発等々の研究開発企業化で、日本の相当先を走っているのが中国です。日本が数十年かかったリニア新幹線の開発を、わずかの年数で開発建設しようとしているのが今の中国だ。日本の方こそ、かなり焦ってると思うよ。日本の資金力は宇宙開発予算や軍事予算を見れば、桁違いなのが分かるはずだ。企業の投資だって、日本は悲惨だよ。会社にストックしても、企業の研究所なんてどんどん潰して、まともに資金を遣うところがなくなってしまっている。そして、企業自身が自分の首を絞めつつ自社の体力を弱らせながら、寄生虫みたいな株主に貢いでるのだから。中国は偉いと思うよ。
428527. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 21:41:07
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
水素燃料電池車も電気自動車の一種だから
どれも共存するんだろうね。
トラックとか長距離輸送系は水素燃料電池車になるかもね。
428554. 名無しの日本人
  • 2019/10/11 22:54:30
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那人は死ね。でなくば元の土人やってろ。
428681. 名無しの日本人
  • 2019/10/13 14:03:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※428473
火がつかなきゃガソリンだって安全だろ
水素だって蓄えてる風船が破裂するだけなら安全だ

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する



ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事