210312-1-001.jpg

台湾問題における日本の役割とは具体的にどのようなものか?

報道によると、台湾の元海兵隊旅団少将の桂瑞華氏は、人民解放軍は「重・中・軽」の3つの方法で台湾を攻撃するだろうと述べたようです。 台湾社会には、「両岸戦争になれば、アメリカや日本の軍隊が助けに来てくれる」という一般的な印象がありますが、多くの人の「印象」は「実際」とは異なるかもしれません。別の報道によると、菅日本首相は上院予算審議で、台湾が世界保健機関(WHO)に参加する必要性を強調したそうです。 菅首相は、台湾を世界地図上の空白地帯にしてはならないとし、今後もこの問題について国際社会に向けて発言を続けていくと述べています。 また、台湾当局の農業委員会は、日本側が5000トンの台湾産パイナップルを発注したと主張し、台湾産パイナップルを「超おいしい」と評する日本のネット民が多く、他の日本のネット民は「自分の近くのスーパーで売られていた台湾産パイナップルが売り切れている」と不満を述べています。












台湾問題といえば、台湾とアメリカに注目が集まりがちですが、日本という無視できない重要な変数が存在しています。 以前、米国の大手シンクタンク、ランド・コーポレーションは、米国が台湾海峡紛争への軍事介入を主張した場合、米国の介入に直接同行するのは日本とオーストラリアの2カ国だけになると分析していました。 そこで、台湾問題において日本が実際にどのような役割を果たしているのかという問題を提起する必要があります。

歴史を振り返ってみると、日本は強い者と一緒にいることが多い。 日本の役割を考える上で参考になる歴史上の出来事として、アメリカと韓国に対する抵抗戦争があります。 第二次世界大戦の敗戦国である日本は、対米抵抗戦争が勃発した後、アメリカとの関係を早急に調整し、敵を味方に変える絶好の機会であると認識し、東アジアにおける米軍の最大の後方支援基地となり、前方作戦で米軍に数え切れないほどの戦争物資を提供し、その過程で日本は少なくとも3つのものを得ました。1つは、ドイツのように占領されたり分割されたりすることを避けられたこと、2つは、経済が が急速に回復したこと、そして3つ目は、米国にしがみつけるようになったことです。 この過程で、日本は断固として強者の側につくことを選択し、アメリカとの戦争の恨みをすぐに捨てました。日本は、受動的にせよ、能動的にせよ、非常に現実的な国であり、敗戦の影から早く抜け出すという目標を達成したと言わざるを得ないのです。


210312-1-002.jpg


1894年に日清戦争が勃発し清国政府が敗北し、1895年には日本に割譲され、日本が降伏して台湾の主権が中国に返還される1945年まで半世紀を要しました。 時期はそれほど長くないですが、日本の台湾への影響力は本物であり、悪名高い「台湾独立」活動家の李登輝は非常に親日的でした。 同時に、台湾海峡の両岸の再統一を日本が受け入れたくないことは間違いなく、強い中国は日本が強く拒否するものです。 通常の論理では、台湾海峡で何かが起きれば、日本は間違いなくアメリカを全面的に支援し、中国の統一努力を阻止することを最大の目的としています。


210312-1-003.jpg


日本が戦争に直接参加するかどうかはわかりませんが、その役割は少なくとも対米支援は相当なものになるでしょう。 台湾海峡で何かが起こり、人民解放軍が武力統一のプロセスを開始した場合、日本が軍事的に参加するかどうかは、そもそも米国に依存していることは間違いありません。 つまり、日本は米軍の最大の後方支援基地としての役割を果たし続けることは確かですが、軍隊を派遣するかどうかは、米国がどれだけの利益を約束できるかによって、具体的に考えなければならないかもしれません。 米国は、日本が再び普通の国になること、独自の軍隊を持つことなどを認めてくれるので、日本はリスクを取るように誘惑されるでしょう。 もちろん、日本は状況の進展に応じて判断しますが、中国とアメリカの双方に賭けて、より多くの利益を得ることは間違いありません。


210312-1-004.jpg


いずれにしても、台湾海峡で何かが起きれば、日本にとっては台湾問題の具体的な方向性ではなく、その過程で政治的野心や国益をどう実現するかということに関心があるのでしょう。 そのため、日本のように不確実性の高い選手が増えている中で、いきなり刺されて、最終的には自分たちの大きなイベントを台無しにしないように、基本的な対応策を準備しておくことも必要だと思います。





1.とある中国人

十分な核戦力があれば、通常の戦争では、アメリカ、日本、オーストラリアに加えて、台湾省の4つに1対1で対抗できる。
合わせて5億人弱、中国の3分の1である。
喫緊の課題は、核兵器の開発である。
核は命を守る銃だから。




2.とある中国人

正解だ。
日米豪の傲慢さの主な理由は、我々が彼らに対して効果的な核抑止力を形成していないことである・・・
つまり、我々の核武装強化と核戦略の見直しが急務だ!




3.とある中国人

軍が台湾を奪還する頃には、原子力潜水艦が太平洋の東海岸を、空母戦闘群が台湾の東部を制圧していなければならない。
もっと海軍力強化しろ。




4.とある中国人

日本の参加は深刻な結果をもたらすよ。
これは、朝鮮戦争の時のような性質のものではない。




5.とある中国人

朝鮮戦争はアメリカとの戦争ではなかったから。
我々は手伝っただけ。




6.とある中国人

台湾を統一すれば、アメリカより日本の方が積極的に介入してくるのは間違いない。
最悪の場合、日本の核武装に備えないと!!!




7.とある中国人

中華民族の統一を妨害するような台湾への援助があった場合、交戦国とみなし、人民解放軍はその軍事基地を躊躇なく攻撃することを宣言しなければならない。




8.とある中国人

台湾が統一されれば、日本のエネルギーのシーラインは完全に中国に支配されてしまうから必死だろうな。




9.とある中国人

意志ある行動が必要だ。
だが中国に核兵器を使う勇気が果たしてあるだろうか????




10.とある中国人

>>9
政治家が皆、お前のように女々しいと思っているのか?
決められたプロセスに従って撃つだけだよ。




11.とある中国人

我々は核兵器の先制使用はしないと宣言してるけど、アメリカは先制使用するんだよね・・・




12.とある中国人

日本はアメリカが配備した核兵器を持っているだろ。




13.とある中国人

日本は米軍の最大の後方支援基地として機能し続ける。
台湾との武力統一、上記の役割を持つ日本は、基本的に核ミサイルで地球村から消滅させることになる。




14.とある中国人

台湾の問題では、日本は米国の意思に無条件に従うだけで、結局、中国が台湾を取り戻した後に、本当の意味で行動を開始するだろうね。
勝った方になびくだけ。




15.とある中国人

台湾問題は早く解決しないと・・・
新しい世代の台湾人が育つにつれ、統一に賛成する台湾人が少なくなり、後に台湾が敗北したとしても、連帯感が大きな問題となる。




16.とある中国人

遅ければ遅いほど、向こうの準備が整ってしまうというのに・・・




17.とある中国人

日本に撃ち込む為に中国の核兵器使用戦略を再調整することが最優先だ!
地球から消滅させろ!




18.とある中国人

台湾産パイナップル好きだったのに・・・






 









コメント

481793. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 21:14:56
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>歴史を振り返ってみると、日本は強い者と一緒にいることが多い。

日清・日露・WW2で日本が戦った相手見てもそれ言ってられるってのが異常だわ
481795. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 21:16:21
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>歴史を振り返ってみると、日本は強い者と一緒にいることが多い。

まーた意味不明なこと言ってるよ…
中国はアメリカのパパに泣き付いてたくせに〜
481796. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 21:33:04
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
支那人大杉。習近平は毛沢東気取りあるw
481798. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 21:51:09
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国コメントの一部の愚か者は日本に核攻撃を仕掛けて無傷と済むと思っているのか?

同時に中国本土も核攻撃されることになるのだが。
481799. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 21:58:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
私は台湾の防衛で絡む国は日本、アメリカ、オーストラリアだけではないと思うが。
つまり、中国本土と同規模の人数と戦力を準備するのは可能ということだ。
481800. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 22:23:26
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国人は、長らく孤立していたせいで、同盟という連携の概念が理解できなくなっている。
強きになびくのは中国人の習性じゃないか。奴隷のように従うことが楽しいくせに。
中共の貴族階級たちに逆らってみろよ。
481801. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 22:25:12
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
核は脅迫の道具なのであって実戦で使うものではないのだよ
481802. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 22:58:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
チナ豚をどう料理しようか
481803. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 23:22:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
台湾有事の日本の役割は情報収集と後方支援と在日米軍基地防衛だよ。米軍からすれば自動防衛システム完備の浮沈空母。それが日本
481804. 名無しの日本人
  • 2021/03/12 23:30:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国潰すのに核なんかいらない
地球村で村八分されればすぐ潰れる
現在も進行形じゃん!
481805.  
  • 2021/03/12 23:59:50
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>もちろん、日本は状況の進展に応じて判断しますが、中国とアメリカの双方に賭けて、より多くの利益を得ることは間違いありません。

情報統制されてるチナ愚民は知らんのだろうが、国際的にジェノサイド認定されてる中共政府に賭けるのなんかもう無理やぞ
そんなセンスの無い事をするのは世界でも韓国ぐらいだ
481808. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 01:26:46
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
>アメリカと韓国に対する抵抗戦争

なにかと思ったら朝鮮戦争のことかよ
自国中心、共産党中心史観が行き過ぎて全体が整理されてない
歴史のすりあわせ放り投げるわけだわそりゃ
481809. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 02:37:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
暴戻ナル支那ヲ膺懲スベシ
481810. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 03:04:52
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国が台湾問題で日本を黙らせる唯一の方法は平和的統一だけだ。日本はバシー海峡が中国の勢力下に落ちることを許容できない。武力統一を実行しようとした途端に日本からの激しい妨害(武力行為以外)を受けるだろう。そして日本の船舶の撃沈や拿捕を行った時点で自衛隊も戦闘状態に入るだろう。まあ、日本の船舶を撃沈する犯人は中国軍を装った他国かもしれないが。
481811. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 04:50:29
  • #LpYejibU
  • 編集
▼このコメントへ返信
韓国の代わり
481816. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 09:21:14
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
中国が直接日本の領土に攻撃しない限り支援に留まるだろう。
481820. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 16:08:32
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
※481800
目から鱗だわ。
そうか、「同盟」って概念が無いということに気が付かなかったわ。
合従策とか連衡策とかって言葉があるから、今の中国人にもあると思ってたわ。そういや別人種だったわ。
481823. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 20:15:00
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
台湾の独立に関しては昭和天皇の悲願でもあられたので
それを全世界に伝えるべき
481824. 名無しの日本人
  • 2021/03/13 20:17:58
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
よく日本人は強い方につくなどと言うが、全然日本人を分かってない。

日本人は常に大義と共にある。

台湾を見捨てる事は無いし、まして米国と中国を天秤にかけるなど笑えるほどあり得ない。
481904. 名無しの日本人
  • 2021/03/14 19:34:02
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
 平和と繁栄…日本国憲法 改正します             

【新 日本国憲法】   

【繁栄】 美しい文化と歴史 偉大なる民族 日本 
【国軍】 尖閣・竹島には 最強艦隊で 総攻撃
【軍法】 立憲民主と民団 国家反乱罪 公開処刑     
【愛国】 大和民族団結 
481942. 名無しの日本人
  • 2021/03/15 03:37:22
  • #-
  • 編集
▼このコメントへ返信
台湾による再度大陸制定に尽力する

コメントの投稿

お名前:
パスワード 管理者にだけ表示を許可する



ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事