Category : 歴史
190614-1-001.jpg

これが本当の日本鬼子だ。抗日ドラマに騙されるな

よく抗日神ドラマでバカにされる旧日本軍だが、本当の彼らはとても強かった。




中国の反応を読む

190611-1-001.jpg

アジアには多くの国があるのになぜ日本だけが工業立国になれたのか?

アジアには多くの国があり、世界人口の60%を占めている。
なぜ日本だけが工業で強国になれたのか。
日本は19世紀の明治維新で、西洋の工業革命の波に乗り、西洋の列強に肩を並べることができた。
当時のアジア諸国は貧窮する後進国か、西洋列強の植民地だった。
だが日本は列強の仲間入りに成功し、第二次世界大戦後は経済的に急成長し、長期にわたって世界第二の経済大国だった。
アジア唯一の先進国だ。
後から追ってきたシンガポール、韓国などの新興国は本物の先進国ではない。
西洋が認めるアジアの国は日本だけなのだ。
中国ですら新興工業国という認識だ。
これはどうしてなのだろうか?




中国の反応を読む

190612-1-001.jpg

日本の陶器の作り方は中国から学んだ

九谷焼は彩色磁器だ。
日本の九谷で始まったため、そう名づけられた。
350年の歴史がある。
明朝末、中国の彩色磁器が日本に輸入され、当地の人に好まれ急速に発展した。
そのため中国風が感じられる。
製作の過程は採石、粉砕、ふるいで選別、澱み、成形、焼き、素焼き、絵画、施釉、燃やし、彩色で描いてまた焼きなど10数の工程がある。
古九谷焼で作られた磁器は柔らかで、色合いが強く、赤、黄、緑、紫、靑五色を運用し、大胆に構図し、ラインが自然流暢、豪放、秀麗、華奢な工芸品だ。




中国の反応を読む

190529-1-001.jpg

戦争当時、日本軍は内モンゴルまで占領し、延安まであと一歩のところだった

冬だと黄河は戦車でさえ平気で渡れるほど凍るため、日本軍は黄河を渡り延安を攻略することは簡単だったはずなのに、重慶ばかり空爆し、延安に手を出さなかったのはなぜだろうか?


延安=長征の到着地であり、中国共産党の聖地。日中戦争当時の共産党の拠点。



中国の反応を読む

190523-1-001.jpg

村上春樹の父親は中国を侵略した軍人だった

作家の村上春樹さんが「文藝春秋」6月号で亡き父親の従軍体験をつづっている。この中には村上さんの父親が、自分の所属していた部隊が捕虜の中国兵を軍刀で「処刑」したことを打ち明ける描写がある。

村上さんの寄稿が掲載されているのは「文藝春秋」6月号。「猫を棄てるー父親について語るときに僕の語ること」と題されたエッセイだ。作家として活動していくうちにだんだんと疎遠になってしまった父親のことを、海辺に雌猫を一緒に棄てに行ったエピソードなどを通じて回顧している。

産経新聞によると、村上さんが家族について詳しく語るのは初めて。

この中で、父親の従軍体験について描写がある。村上さんの父親は、仏教の学習を専門とする学校に在籍していたが、1938年、20歳の時に事務手続き上の手違いで徴兵される。そして、軍馬の世話などにあたる輜重(しちょう)兵第十六連隊に配属され、中国の地を踏む。

父親は、当時小学校低学年だった村上さんに一度だけ「処刑」の記憶を明かしている。本人が直接手を下したかどうかは明らかになっていない。

村上さんは父親がこの話をしたことについて『このことだけは、たとえ双方の心に傷となって残ったとしても、何らかの形で、血を分けた息子である僕に言い残し、伝えておかなくてはならないと感じていたのではないか』とつづり、エッセイの最後には、それぞれの歴史を受け継ぐことの大事さに言及している。




中国の反応を読む

190510-1-001.jpg

第二次世界大戦後、中国は日本と同じスタートラインだったのに何故あんなに違ったのか

第二次世界大戦後、イギリスやフランス、西欧全体的には、ドイツとそこまで離れていない。
でも中国と日本はまったく違う世界だった。
韓国や台湾等の地方にも、遥かに置いていかれていた。
政府は本当に反省すべき。




中国の反応を読む

190508-1-001.jpg

もし明治維新が起こらなかったら、今の日本はどうなってる?

完全に今の日本とは違ってるかな?




中国の反応を読む

190424-1-001.jpg

日本人はチンギスハンを尊敬してるみたいだけど、唐朝と元朝ならどっちが好きなんだ?

私は唐だと思う。
両国の文化交流も非常に活発だったからね。
でも今の日本ではチンギスハンを尊敬してるみたいなんだけど、これはどうしてだろう?
わけがわからない。




中国の反応を読む

190419-1-001.jpg

日本人が南京で駅への行き方を聞いた結果・・・

中国人はとても友好的だった。
過去80年来、「南京」と「日本」は、悲劇の象徴の単語である。
とある日本人が、南京で「街の人に駅への生き方を尋ねる」という実験を行った。
当初の予想では、南京の人々は冷たくあしらうと思っていたが、人々はとても親切に駅への行き方を教えていた。

日本人「私は日本から旅行に来ました。南京へ行きたいです。どうやって行けばいいですか」
中国人「あっちに駅があるよ。案内するから一緒に行こう

日本人「南京の人は日本人を助けないと思っていました」
中国人「南京大虐殺の事は知っているが、日本人を嫌いな南京の人なんて極一部」
中国人「私達中国人は、日本人に友好的だよ」
中国人「日本人が南京に来たら危ない、って事は無いと思う。絶対にそんな事は無いよ

日本人「あなたは南京人ですよね?日本人は嫌いですか?」
中国人「別にそんな事ないよ。好きでも嫌いでもない」
中国人「日本人嫌いなら、話しかけられて立ち止まらないよ」




中国の反応を読む

190404-1-001.jpg

戦勝国が『靖国神社にA級戦犯を祀るな!』って抗議するべき。なんで抗議しないの?

靖国神社は240万人の戦争で亡くなった兵士を祀っている。
そして、14名のA級戦犯も祀っている。
中国と韓国は、日本の首相や政治家が靖国神社を訪れるのは、日本が戦争を後悔していない証拠だとしている。
中国・アメリカ・イギリス・ロシア・韓国などの戦勝国が、日本に対して「靖国神社にA級戦犯を祀るな!」と抗議するべき。
なんで抗議しないの?




中国の反応を読む




ニュース



ブログについて
主に中国本土の掲示板やニュースポータルから日本に関連する書き込みを翻訳してまとめています。

6/10
リンクサイト、アンテナサイト様へ
SSL化してから上手くアクセスを送れていないところがあるので、気付きましたら対応していただけますと。
連絡はコチラ

HN:中国反応
asiareaction★gmail.com

最新記事
カテゴリ

PICK UP


ニュース

オススメ

オススメ記事


ブログ内ランダム記事


オススメ記事